ドラマル

『決してマネしないでください。』4話のネタバレ感想!馬場ふみかが可愛すぎ!抱きしめ返す飯島さんに胸キュン

2019年11月16日に放送されたドラマ『決してマネしないでください。』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、掛田くんが飯島さんへの好感度アップに奮闘!
しかし、逆に掛田くんは飯島さんに誤解を与える言葉を口にしてしまい…。

関連記事

『決してマネしないでください。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『決してマネしないでください。』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『決してマネしないでください。』4話のあらすじネタバレ

映画『ミッション:インポッシブル』のイーサン・ハントよろしくワイヤレスイヤホンを装着。
自らの世界の命運を賭けミッションクリアに挑む工科医大理工学部の学生・掛田理(小瀧望)。

遡ること数時間前。
学食を訪れた掛田は、想いを寄せるパート・飯島さん(馬場ふみか)にレジで話しかけられ、上手く話せませんでした。
早速、工科医大理工学部の学生・有栖伊音(今井悠貴)とテレス(ラウール)に相談。
クイズ形式で好感度を上げる女性との会話をシミュレーションします。
医学部教授・白石(マキタスポーツ)が、「正解だけが答えじゃない」と掛田にアドバイスを贈ります。

掛田は、有栖とテレスを伴ない再び学食に戻ります。
飯島さんに話しかけようとする掛田でしたが、思うようにいきません。
テレスは荒療治を講じ、掛田と飯島さんをふたり切りにします。
掛田が数式を呟き、勉強と勘違いした飯島さんは仕事に戻ります。
なんとか話そうとする掛田は、ケチャップが固まり困っていた飯島さんを思い出します。

固まったケチャップの出し方を掛田が実演すると、飯島さんに喜ばれます。
浮かれる掛田はハートを描く数式を諳んじ、うっかり告白してしまいます。
逃げるように学食を後にした掛田は、ケチャップを持って帰ります。

好感度を上げてから告白するはずだった掛田は、後悔の念に苛まれます。
研究室にいる面々をよそに、パンチングバッグを叩き、跳ね返ったパンチングバッグに倒されます。
アメリカの偉人・ベンジャミン・フランクリンが見え、次から次に出てくる名言に掛田は畳みかけられます。
何でもするつもりでしたが、具体的に何をするのか分かりません。
そんな掛田に、見るからに分かるところ意外を褒めると好感度が上がると白石はアドバイス。
「じゃあ、飯島さんは褒めるところがないじゃないですか。」
掛田はキレ気味に反論します。
ドアの閉まる音に掛田が振り向くと、ケチャップを持った飯島さんが立っていました。
研究室を飛び出した飯島さんを捜しましたが、見つけることができませんでした。
落ち込む掛田に、テレスがお土産を持って謝罪することを提案します。
そこへ、広島出張から帰って来た理工学部教授・高科(石黒賢)が現れます。

そして、恒例のお土産争奪戦が、研究室で始まります。
ミッション:インポッシブルさながら、レーザーポインターに連動した罠を掻い潜り、お土産を取りに行きます。
チャンスは1人3回、じゃんけんの結果、トップバッターは掛田になります。
上の空の掛田は、1回目を失敗。
2回目にお土産がもみじ饅頭と知り、やる気になります。
もみじ饅頭は、飯島さんの好物でした。
しかし、再び失敗。
ラストチャンス、自らの世界の命運を賭け挑みましたが失敗します。
風船は割れましたが、炭酸グレネードは不発に終わります。
座り込みうなだれる掛田に疑問を感じた高科が話しかけると、白石がことの顛末を説明します。
掛田は、見るからに可愛く性格の良い飯島さんを、他にどこを褒めれば良いか分からなかったのです。
すると、ゾンビちゃんの着ぐるみから飯島さんが顔を出します。
ゾンビちゃんに誘われたものの、どんな顔をして良いか分からずにいた飯島さんに、ゾンビちゃんが着ぐるみを貸しました。

誤解は解け、みんなでもみじ饅頭を食べることなります。
飯島さんがお茶を淹れようと歩き出した時、誤ってグレネードを蹴ります。
咄嗟に掛田が庇い、飯島さんを抱きしめます。
自らの行動に驚き離れましたが、飯島さんが掛田に抱きつきます。

そんなふたりを見て、ベンジャミン・フランクリンは名言を残し研究室を後にするのでした。
「よき言葉より、よき行い。」

『決してマネしないでください。』4話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

「小鹿のゾンビちゃんの正体が、もう?」
一瞬、ゾンビちゃんが、学食のパート・飯島さんなのかと思った驚き。
そして、その驚きと相まって、ゾンビちゃんの着ぐるみから顔を出した馬場ふみかの可愛さが、衝撃的で忘れられません。

ゾンビちゃんが争奪戦にあまり絡まず、変だとは思っていました。
ただ、声はするので考え過ぎかと無視。
まんまと騙されました。

薄暗い中、ゾンビちゃんの中の人の横顔がチラッと映っていましたが、姿を現すのでしょうか。
掛田と飯島さんの恋のゆくえ並みに、気になります。

馬場ふみかが可愛すぎ!抱きしめ返す飯島さんに胸キュン


https://twitter.com/jesrau__/status/1195717419915866112

馬場ふみかさん演じるヒロイン・飯島京子が可愛すぎるとの声が殺到!
特にゾンビちゃんから出てきて、髪下ろしてる飯島さんが可愛いと話題を集めています。

馬場ふみかさんのふわっとした演技がドラマに合っていて、掛田くん演じる小瀧望さんと絶妙の雰囲気を作り出しています。

最後、掛田くんが爆発から守ろうと飯島さんを抱きしめます。が、爆発が起こらないので掛田くんは飯島さんを離します。
ですが、なぜか飯島さんが抱きしめ返すシーンには「ドキッ」としましたよね?
思いがけぬ急接近!どういった意味があったんでしょう。

さて、1つ気になることが…。
着ぐるみをゾンビちゃんから借りた飯島さんは、ゾンビちゃんの正体を知っているはず!
暗がりで横顔が少し映りましたが、一体誰なんでしょうかね?
ひじょーに気になります。

『決してマネしないでください。』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『決してマネしないでください。』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

掛田くん(小瀧望)は飯島さん(馬場ふみか)から抱きつかれたことへの動揺がおさまらない。自分に自信をもとうとする掛田くんだが、飯島さんに元カレが復縁を迫っているという衝撃の展開が待っていることなど予想ができるはずもなかった! 偉大な科学者チューリングに自分を重ね、掛田くんは前向きに進もうとするが、飯島さんの元カレは掛田くんのきわめて身近な人物だったのでは、との直感が掛田くんを襲う。どうなる掛田の恋!

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/ketsumane/html_ketsumane_story.html