ドラマル

2019年3月7日

『ハケン占い師アタル』8話のネタバレ感想!カナリヤ放鳥シーンが大炎上

2019年3月7日に放送されたドラマ『ハケン占い師アタル』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、毒母・キズナ(若村麻由美)とアタルとの親子回。まさかの母親に対してのアタルの行動が最大の見どころ!

関連記事

『ハケン占い師アタル』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハケン占い師アタル』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ハケン占い師アタル』8話のあらすじネタバレ

アタル(杉咲花)のアパートに押しかけてきた母・キズナ(若村麻由美)。
キズナはアタルを連れて帰ろうとするも、アタルは戻る気などないと突っぱねます。
それでも諦めないキズナはアタルの職場へとやってきました。

なんとかアタルを辞めさせたいキズナは、この職場にアタルは必要ないでしょ?と主張するも、Dチームのメンバは、アタルがいてくれたおかげで救われたと感謝の言葉を口にします。
けれどキズナは、占いのチカラのおかげだと限定し、職場での必然性を否定します。それを受けて、アタルの細やかで正確な雑務を評価するも、そんなことは誰でもAIでもできる、と一蹴します。

ならばと、アタルは「占い以外でも、私でなければできない仕事があると証明してみせる」と啖呵を切り、できなかったら家に戻るという約束をしてしまいました。

そんなとき代々木匠(及川光博)から、ゼネコンのCSRイベントコンペの話が挙がります。これはアピールするチャンスだと、アタルは懸命に案を出します。けれどどれも現実的ではない、と却下され意気消沈するアタル。普段の雑務でもヤル気が空回りし、ミスを連発する始末。

アタルは突破口がみつからず、周りの人に「自分の仕事で誰にも負けないことはある?」と聞きまくるも、無いとか、聞くだけ無駄とか、望んだ答えがまるで返ってきません。

完全に行き詰ってしまうアタル。キズナへの答えが見出せず、仕事はミスばかり、終いには、自分は占い以外何もできないのだと自己不信に陥り、仕事を諦めようとします。
そんなアタルにDチームのみんなが、アタルを占うと申し出ます。

アタルは彼らに「この会社でわたしに何ができると思いますか?」と尋ねます。
これに対し出された答えは「自分にできることというのは、見つけるものじゃなく、コツコツと時間かけて地道に作り上げることだ」でした。だから一緒に働いて見つけていこう、アタルにその気があるのなら自分たちはアタルをサポートするから、と励まします。
仲間から心強い言葉を貰ったアタルは、自分の気持ちをキズナにぶつける決意をします。

キズナからの「見つかった?」の問いに、アタルは「まだ見つからない」とするも「自分に一体何ができるのか、ここにいる皆と一緒にもがきながら探していきたい」と答えます。
それでも難色を示すキズナ。アタルは埒が明かないと、キズナを占うことにします。

アタルが占い始めると、キズナが小学校の頃、両親に捨てられいじめにあっていた映像が映し出されました。いじめっ子に「悪いことが起こる」と呪いの言葉を吐く幼いキズナ。それがまぐれにも当たり、それがキッカケで占い師になったのだと。それ以来、自分の利益のために占っているフリをしていたキズナ。アタルは「あんたはニセモノだ!」と言い放ちます。

キズナはその責めを受け入れ、偽者だと自認するも、アタルが生まれたことでホンモノを手に入れることができた、と主張します。それがアタルの束縛に繋がり、アタルの自由を奪っていました。

アタルは、高校に通ったり、働いたり、遊んだり、ふつうの人と同じことがしたかったと訴えると「ママから卒業させて」と懇願します。
そこでふいに「あ!」と閃いたアタルは、職場へと戻り、イベント案として「バラバラになった被災地の学生のために卒業式をやるのはどうか」と提案します。すると、いいアイデアだと賞賛を受け、採用されることに。
その姿をみて、キズナは「ここで働くこと、それがあなたの幸せなのね?」と念を押すと、アタルはきっぱりと「はい」と答えます。
キズナはアタルを束縛から解放すると約束するとともに、信者も解放し、修行しなおしてホンモノの占い師になってみせると宣言して帰って行くのでした。

イベントコンペは大成功し、みんなで祝杯をあげます。
そしてアタルは飼っていたカナリアを空に放すと、鳥かごを捨てたのでした。

その後、アタルはふらつき、倒れてしまいます。

スポンサーリンク

『ハケン占い師アタル』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今まで何でもそつなくこなし、冷静に周りを分析していたアタルが、いざ自分のこととなると、周りが見えなくなったり、頑張りすぎて空回りしちゃったり、気弱になったり、そういう泥臭い人間らしさがすごく新鮮で魅力的でした!

アタルもやっぱり人の子だったんだなぁ~と。すごく可愛かったです。

そしてそんな行き詰って沈み込んだアタルを、今度はDチームのみんなが救ってくれるという展開もアツかった!
アタルと同じように「質問は3つまでね」からはじまって、わざと乱暴な物言いをしたときにはクスッと笑っちゃいました。ほんとみんなお茶目で良い人たちで、こんな職場で働いてみたいな~と思ってしまいます。

アタルのお母さんも可哀想な人でした。自分の持っていないものを持って生まれたアタル、唯一の肉親に、縋りたくなる気持ちも理解できます。そんな彼女にも幸せになってほしいなと願うばかりです。

50代男性

濱本哲治

職場のみんなを占いで救ってきた的場中(杉咲花)ですが、母親であるキズナ(若村麻由美)とのギクシャクした関係にペースを乱され、混乱してしまいます。
しかし、占い師の中が職場のみんなに占われてしまい、自分自身に気づきます。
そしてついに母親を占い、母親から自由になります。
家族からの束縛から自由になることは、自分自身の思考から自由になることの次に難しいことですね。

決められた未来を生きなければならないことは、とても辛いことでしょう。
そうなれば気づくことなのでしょうが、未来が見えない時はなんとか見えないかともがいてしまう、無い物ねだりが人間なのかもしれません。

自分自身にどんな才能や能力が授けられているのかは、生涯かけて自分自身で見出していくものでしょうね。

20代女性

スイ

アタル(杉咲花)が自分にしかできないことを必死に探してる姿を見て、わたしも自分にしかできないことってあるのかなって考えました。
世の中の仕事の大半って、その人じゃなきゃダメってことはなくて、アタルみたいな才能がある人はその仕事をするのが一番幸せなのかなってキズナ(若村麻由美)に洗脳されそうになりました。
だけど、それをDチームのみんなとアタルが払拭してくれた!
仕事って結局は、自分が楽しいと思えるかどうかが大切なんだなって考えさせられました。
楽しいからこそ人のために動けるし、それがみんなを幸せにすることに繋がるんだなって勉強になりました。
キズナもキズナで、お金儲けのためにアタルを利用してたところもあったと思うけど、一番はアタルにだけは捨てられたくないって気持ちがあったんだろうなと、母親目線でも感情移入してしまいました。

40代女性

saly

アタル(杉咲花)の母キズナ(若村麻由美)を見返すために、初めてアタルが仕事らしい仕事をしようとするも結果はさんざんで、やはり占いを取ったら世間知らずの女の子なんだなと感じた。
一生懸命自分にしかできないことを探すアタルがけなげで可愛らしかったです。
アタルの存在がチームのバランスを崩したり社内のパニックを引き起こしたりと、占いという特殊な能力を持つってかわいそうだなって感じました。
アタルがチームのみんなに弱音を吐いた時のみんなの励ましの言葉がよかった!これまでと立場が逆転し、チームのみんながアタルを占うも結構グダグダで、でも優しくてアタルに仲間ができてよかったです。
アタルがキズナを占うなんて、この手があったか!とテンションが上がりました。さすが母親、手ごわかったけど何とか説得できたのはよかったです。

8話で最も話題になった出来事

カナリヤ放鳥シーンが大炎上

カナリヤ放鳥シーン(CG・エンドクレジット有り)の賛否で、放送後ネットが炎上しました。

「許せない!」「こういう演出ダメ!」「お断りのテロップ流したからってダメ」「アタルちゃんカナリヤをお外に逃したら駄目」「飼われてた鳥に野生の生活は厳しい」と、厳しい批判の声が溢れました。

一方、「わざわざテロップまで入れたからいいでしょ」「ただ騒ぐんじゃなくて周りに教えて伝えるってことが必要なんじゃ」「ドラマなんだから…」と、批判する声をいなす人達もいました。

まあよくある演出なのですが…鳥を放してしまう人が世の中に多くいるならば、不適切なシーンであったかもしれせん。

調べてみたところ、カナリアは放鳥してしまうと、捕まえるのは難しいようですい、カラスや猫に捕食されてしまうかもしれないようですので、「自由=辛いこと」としても、あまりに過酷な未来ですので、放鳥はすべきじゃないですね。

『ハケン占い師アタル』9話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ハケン占い師アタル』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 占いはやめて、イベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームで働き続けることを決意した的場中=アタル(杉咲花)が、過労で倒れた! 母・キズナ(若村麻由美)によれば、アタルは占いをすると、相手の不安や苦しみ、健康状態を引き継いでしまうらしい。そうとは知らず、これまで何度も占ってもらっていたDチームの面々は恐縮すると同時に、アタルの心身を心配。チーム内に占い禁止令を掲げる。
 ところがちょうどその頃、Dチームのメンバーはそれぞれ人知れず、新たな悩みに直面していた。神田和実(志田未来)と目黒円(間宮祥太朗)、上野誠治(小澤征悦)と田端友代(野波麻帆)のニューカップルは今後の付き合いについて、部長・代々木匠(及川光博)と品川一真(志尊淳)は各々の仕事について、そして課長・大崎結(板谷由夏)は義母の介護問題について…。しかし、占いをやめたアタルをはじめ、誰にも相談することができず、一斉に深いため息をつく7人。その姿を目の当たりにしたアタルは、言葉を掛けたくなる自分をぐっと抑えるのだが…。
 そんな中、Dチームは“豪雨災害で学校をなくした子どもたちのための卒業式”という、アタルが発案したCSRイベントの準備を開始。ところが、主催者である建設会社は新しい復興支援の形に共感し、企画を採用したはずなのに、イベントの趣旨を度外視した身勝手な要望を押し付けはじめ…!
 やがて、卒業式イベントの日がやって来た。しかし初っ端から、Dチームが顔面蒼白になるようなトラブルが続発することに…! そんな中、アタルの心にも制御不能の大きなうねりが生まれる――。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ataru/story/0009/