ドラマル

『監察医 朝顔』9話のネタバレ感想!つぐみちゃんがお利口で可愛いすぎる!

2019年9月9日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、朝顔の幼なじみ三郎の妻・結衣が解剖室に!
三郎は朝6時くらいに物音で目を覚ましたら、階段の下で結衣が倒れていたと証言するが…。

関連記事

『監察医 朝顔』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『監察医 朝顔』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』9話のあらすじネタバレ

興雲大学の法医学教室の解剖台にいたのは「さぶちゃん」(もんじゃ焼き屋)の店主・浅井三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)でした。
朝顔(上野樹里)と安岡光子(志田未来)は、つい先日、万木家で一緒に夕食会をして花火を見ていた仲だけに驚愕します。
手が震えメスを落とす朝顔を見て、夏目茶子(山口智子)は、邪魔だから解剖室から出ていくよう命じます。茶子も、あの日、結衣と一緒に万木家で食事していましたが、仕事に支障をきたすようなことはありません。――友達のように、家族のように丁寧に大切に解剖をしてきた朝顔でしたが、いざ、本当の友達を眼の前にするとダメ。震える手で遺体を妙に傷付けては遺体に失礼です。今までの信念は何だったのかと、自身の気持ちを疑う朝顔。――後日、結衣の遺体の再解剖を願い出る朝顔を茶子は拒否。平(時任三郎)も、三郎と知り合いなので、捜査から外れるよう係長の山倉伸彦(戸次重幸)に申し渡されます。

結衣は、自宅の階段下で頭を打って死亡していました。背中から落ちたようで、仰向けの状態でした。第一発見者は夫の三郎。――解剖の結果、頭蓋骨と頸椎の骨折が明らかになります。二階から階段を転がり落ちたにも関わらず背中の傷が少なく上腕も無傷。これは、一歳の次男・陽斗(遠藤千空)を抱いたまま転落したからと思われます。

法医学教室では、野毛山署強行犯係刑事の岡島浩司(斉藤陽一郎)が結衣の遺体発見時の状況説明。森本琢磨(森本慎太郎)も「腕の中の子(陽斗)は無傷」だったことなど補足説明。検視官の丸屋大作(杉本哲太)は、誰かに突き落とされた可能性はないかと夏目茶子に尋ねます。が、朝顔は、三郎が結衣を殺すはずがないと強い口調で訴えます。

平と森本は、結衣の夫・三郎から事情を聞きます。事故の前日、三郎は、団体客が入って忙しかった為、疲れ切って直ぐに寝てしまったと言います。そして、朝6時頃、大きな物音に目を覚まし、そこで階段下に倒れていた結衣と陽斗を発見したとのこと。

つぐみを保育園に迎えに行く朝顔。保育士・まい(田中シェン)に、お遊戯会の出し物「眠り姫」の台本を渡されます。リス役です。――その日の夜、桑原真也(風間俊介)は、県警本部で新しく相棒になった神崎譲治(市川右團次)の人遣いの荒さをコボしつつ、神崎が昔の相棒の平と飲みに行きたがっていると伝えます。そして、結衣が死んだことを知らされる桑原。

翌日、休みを与えられた朝顔は、余分に弁当を作って、それを三郎に届けます。そこで、結衣の両親が、子供二人を車で連れ去る場面を目撃します。「お前のせいだ。お前が結衣を殺したんだ」と結衣の父に言われていた三郎。裸足で車を追う三郎。どうにもならない苛立ちを抱える三郎を前にして、朝顔は弁当を持ち帰ります。――最近になって、陽斗が入院したり、そして、健(阿久津慶人)も怪我をした状態で保育園に来るなど、それで虐待を疑われて児童相談所の訪問を受けていた三郎。
児童相談所としては、三郎の容疑が晴れるまで、三郎とは切り離して、一時保護が必要と考えています。そんな児童相談所に対して、祖父祖母(結衣の両親)が子供を引き取ると申し入れたのでしょう。

安岡光子(志田未来)が、アルバイトの熊田祥太(田川隼嗣)を使って階段落ちの実証実験を始めます。臨床検査技師の高橋涼介(中尾明慶)、それに、藤堂雅史(板尾創路)、絵美(平岩紙)も加わります。
足を踏み外した場合、階段を滑り落ちることになって、背中とか腕に傷を負います。それが少ないということは、勢いよく突き飛ばされ、頭から一気に落下した可能性が高いことが分かって来ます。

そんな折、三郎が野毛山署強行犯係に出頭(自首)して来ます。――死因鑑定を手伝わせてくださいと茶子に願い出る朝顔。平も、山倉係長に捜査復帰を求めます。そんな平に、もう一度、改めて実況見分を一緒にやりましょうと検視官の丸屋大作が声を掛けます。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

余りのことに遭遇して、何が何だか分からなくなり思考停止。
とにかく、「よく覚えていない」と言うだけの三郎。居るだけで良い、生きているだけで良いと思っていた人が突然に死んで、気持ちの整理が付かない。そういう部分では、三郎は、朝顔と平と一緒。それなのに、死んだ妻の親に「お前が結衣を殺した」と言われてしまう三郎は辛すぎます。

それに引き換え、里子の父、嶋田浩之(柄本明)を平は苦手にしていましたが、今では、少しずつ雪解けムード。平としては、是非、結衣の階段落下の真相を解明して、三郎を救いたい。朝顔も、幼馴染みの三郎を救いたい。出頭した三郎を救う手立てとは何なのでしょうかね。

次回は、実況見分を一緒にやろうと言う検視官の丸屋が、何かを発見してくれることになるのでしょうかね。

つぐみちゃんがお利口で可愛いすぎる!

加藤柚凪ちゃん演じる桑原つぐみちゃんが可愛すぎると話題を集めています。

真也(風間俊介)と一緒に平と朝顔の話を邪魔しないように、長時間おとなしく階段のところでじっとしていたり、「みんな喋らないの?」と言ったりと、空気が読めるしお利口さんすぎますね。
また真也のズボンを履いたりと、子どもらしい可愛らしさから癒されるという声が殺到しています。

さて次回、そのつぐみちゃんのお父さんである桑原君こと真也に、死亡フラグが…。
ドラマとしては劇的な展開となるのでしょうが、本人はもちろん、朝顔やつぐみちゃんのことを思うと死なないで欲しい!

『監察医 朝顔』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『監察医 朝顔』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

朝顔(上野樹里)は、三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)の死因鑑定を手伝わせてほしいと茶子(山口智子)に申し出る。もしまた手が震えたら、茶子や藤堂(板尾創路)、光子(志田未来)が代わってほしい、と訴える朝顔。その思いを受け止めた茶子は、朝顔の願いを聞き入れる。一方、平(時任三郎)も捜査への参加を直訴し、今回の案件に違和感を抱く丸屋(杉本哲太)とともに改めて実況見分に向かう。

警察は、結衣が次男・陽斗(遠藤千空)への授乳中に眠ってしまい、顔を圧迫された陽斗が病院に運び込まれた件で虐待を疑われたことを掴んでいた。その際、三郎は結衣を叱責したという。また、1週間前、結衣が自転車で転倒したというケガも、三郎によるDVではないかと疑っていた。

三郎の家を訪れた朝顔と茶子は、階段の高さや角度だけでなく、壁なども丹念に調べていく。結衣のスマートフォンなどを押収した平と丸屋は、不審者が侵入した可能性も考え、家全体の指紋を採取する。

法医学教室に戻った朝顔たちは、ダミー人形を使って落下実験を行う。その結果、1階にミルクを取りに行く際に足を滑らせたのではないかという三郎の証言や、三郎が2階から突き落としたとする警察の見立てのどちらも、傷の付き方や倒れていた姿勢と矛盾することが判明する。

一方、桑原(風間俊介)は、県警本部がマークしていた建設会社に関わりがあるらしい刺殺事件を追うことになるが……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao/story/index.html