ドラマル

『監察医 朝顔』8話のネタバレ感想!「Snow Man」渡辺翔太の登場にファンコメ殺到!

2019年9月2日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、体に異常がなく突然死したご遺体が運ばれてくる!
医療ミスを疑う遺族に朝顔たちは寄り添い死因を探るが…。

関連記事

『監察医 朝顔』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『監察医 朝顔』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』8話のあらすじネタバレ

朝顔(上野樹里)は、母の里子(石田ひかり)が愛用していた手袋の発見以来、働き詰めの日々を送っている父の万木平(時任三郎)が心配です。やらなくて良い仕事、人に任せるべき仕事も率先して引き受け駆け回っているようです。里子の手袋発見以来、何かを紛らわせるために仕事に没頭しているように見えます。

朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、藤堂雅史(板尾創路)が、別途に早朝バイト料を払って、臨床検査技師の高橋涼介(中尾明慶)と学生アルバイトの熊田翔太(田川隼嗣)に息子の夏休みの宿題をやらせています。それを見た雅史の妻の絵美(平岩紙)は、激怒。息子に甘い夫を叱ります。

自宅で死んでいる妻を発見したという通報を受け、野毛山署強行犯係が現場に駆け付けます。遺体は23歳の主婦、山本莉奈(小林由依)。自宅で倒れているところを夫の山本達哉(渡辺翔太)が発見。――係長の山倉伸彦(戸次重幸)から司法解剖依頼が入って、夏目茶子(山口智子)は、朝顔と安岡光子(志田未来)に執刀を指示。

遺体は脳底部の内頸動脈が細くなっているだけで、外傷や病変はありません。全て正常値で死因を特定できません。
ただ、太いはずの内頸動脈が細いということは、その回りの細い血管が増えることを意味していて、それをMRI画像で診ると、そういう細い血管が出来ている部位がモヤッとします。それで、別名が「もやもや病」。
あとは、脳を残すのみで一通りの検査終了。一旦、ホルマリン投与で摘出した脳を保存します。ホルマリン固定後に再検査をすることになります。が、それも異変無し。「不詳の死」判定を避けたい朝顔は、更に脊髄を調べたいと茶子に言います。朝顔のたっての希望で再解剖されますが、それでも、何ら直接的な死因は特定できません。執拗に安岡光子(志田未来)が、再々解剖を求めますが、茶子は、それにストップをかけます。遺族のお別れの時間が短くなるだけなので、そこで区切りを付けます。

莉奈は、亡くなる前に貧血とめまいで倒れたようです。病院側は検査入院を勧めていましたが、3歳の娘がいること、入院費が払えないことを理由に通院を希望。法医学教室にやって来た夫の山本達哉は、莉奈は医療ミスで死んだと言い出します。
莉奈は造血剤を使っていたようですが、とりあえず、健康なのに死んだことになりますので、夫としては、病院の対応を疑うことになっています。

一方、野毛山署強行犯係から神奈川県警(捜査一課)に異動した桑原真也(風間俊介)。初出勤の日。そこで桑原が出会ったのは、かつて平とコンビを組んでいた神崎譲治(市川右團次)。彼が桑原の相棒になります。

山倉係長の命で休めと言われて休暇を取ることになった平。つぐみ(加藤柚凪)と一緒に朝早くから赤レンガ倉庫が見える公園を散策です。――その日、「不詳の死」が確定して悔しがっていた朝顔と光子。「死体検案書」を茶子に提出した朝顔が、「あのう、おなかすきません?」と言って、茶子と光子を自宅に誘います。「大したものできませんけど」と朝顔。そこに平とつぐみも公園から帰宅。茶子は、万木家が実家であるかのように振舞っています。
朝顔の携帯(スマホ)が鳴って、もんじゃ焼き屋「さぶちゃん」の店主・浅井三郎(きづき)からの電話です。それを茶子が取って、「あなたも、朝顔さんのおうちに来て食事しましょう」と誘います。三郎の妻の結衣に、二人の子供、健(たける)、陽斗(はると)、更に、店員の小野佳代(喜多乃愛)も浴衣姿で万木家を訪れます。ただし、佳代は、彼氏との花火大会デートということで万木家を退散。

夕食中、つぐみの左手甲に描かれた「星」のマークを見て、それは何かと尋ねる結衣。朝顔が、保育園で流行っている星マークだと説明します。――食事が終わって、二階窓から花火を見上げる朝顔たち。浅井三郎の家族も一緒。花火を見終わって下に降りた時、結衣の右手甲のイタズラ描きを見つける朝顔。それは、つぐみが油性ペンで描いた星マーク。三郎はそのイタズラ描きにより、結衣と健と陽斗に、同じところにホクロがあることを発見して喜びます。
遺伝って凄いねと結衣も言います。

花火を見る一団と離れて平と茶子が会話していました。――孫との公園デートを語っていた平。幸せ過ぎて里子にすまない。里子に孫との幸せを味あわせたかった。
手袋が見つかって、どうして良いか分からなくなってしまった平。手袋が発見されたからには、その発見現場付近を徹底的に探索すれば良いのは頭では分かっても、それが出来なくなっていました。
だから、無理やり仕事を引き受けて、それで、向こう(被災地現場)に行けない言い訳にしていた平。それに対して、自分の本当の声に辿り付く為の旅、それが人生なのではないかと平に伝える茶子。

遺された3歳の娘の検査を達哉に薦める朝顔。――「もやもや病」とは、ウィリス動脈輪閉塞症のことで、これは遺伝します。
莉奈の母は若くして急死しています。遺伝的な危険を抱えている娘に対しての緊急措置を薦めます。バイパス手術で危険が回避されることなると達哉に伝えます。
結局、「検案書」は、「不詳の死」にはなりましたが、遺された娘を救う手立てを、法医学者として父親に伝えます。

その日、帰宅した平が朝顔に言います。――お母さんを探すのを止めない。見つかるまで探す。いずれ、向こうに住んで探し続けることになる。――娘が言葉を返します。「分かった。やりたいことをやって」、と。

その翌朝。――法医学教室の解剖台に、浅井三郎の妻・結衣が乗せられています。右手甲には、つぐみが描いた星マークがあります。朝顔は動揺してメスを取り落とします。「邪魔です、外に出ていなさい」と茶子に命じられます。
次回、夫の三郎に突き落とされ殺害されたという疑惑が浮上するようです。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』8話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

今回、事件性も無く盛り上がりの少ないストーリーという見方もあるのでしょうが、未だ憂いを拭い去れない震災家族の日常を淡々と描くという趣旨に沿っています。

茶子先生が、「自分の本当の声に辿り付く為の旅、それが人生」と平に言い、つまり、個としての真実の探求の大切さを示唆します。平のやっていることを肯定します。「それで好いのだ」精神が説かれていて、全体的な常識に捉われません。

そんなわけで、何事も無く終わるかと思わせておいて一転。朝顔の馴染みの店、もんじゃ焼き屋「さぶちゃん」店主、三郎の妻・結衣が解剖台にいて驚かされます。何があったというのでしょうか。

「Snow Man」渡辺翔太の登場にファンコメ殺到!

死んだ妻を思う旦那・山本達哉役を演じた渡辺翔太さん(Snow Man/ジャニーズJr.)に感激の声が殺到しましたね。

ファンからは、「月9ありがとう」という声も呟かれています。
妻を失い悲観している旦那の気持ちが伝わってきました。

深夜の『簡単なお仕事です。に応募してみた』でもグループメンバーと出演中の渡辺翔太さん。これからもいろんなドラマで活躍しそうですね。

『監察医 朝顔』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『監察医 朝顔』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

興雲大学の法医学教室に解剖の依頼が入った。指示を受け、準備をする朝顔(上野樹里)や光子(志田未来)たち。だが、運び込まれた遺体を見た朝顔は目を疑った。遺体は、朝顔の幼なじみでもある三郎(きづき)の妻、結衣(松長ゆり子)だった。

朝顔は、気を落ち着かせて解剖を始めようとするが、手が震えてしまい、メスを落としてしまう。その姿を見た茶子(山口智子)は、邪魔だから解剖室から出ていくよう朝顔に命じた。

結衣は、自宅の階段前で頭を打って死亡していた。背中から落ちたようで、仰向けの状態だったという。第一発見者は三郎だった。解剖の結果、重篤な損傷は、頭蓋骨と頸椎の骨折。2階から落ちたにも関わらず背中の傷が少なく、上腕にはまったく傷がなかったのは、1歳の次男・陽斗(遠藤千空)を抱いたまま転落したからではないかと考えられた。
検視官の丸屋(杉本哲太)は、誰かに突き落とされた可能性はないか、と茶子に尋ねた。事件性があれば現場を調べる必要があるからだ。すると朝顔は、他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがない、と訴え……。

同じころ、平(時任三郎)と森本(森本慎太郎)は、三郎から事情を聞いていた。三郎は、前夜、団体客が入って忙しかったため、帰宅後すぐに寝てしまったが、朝6時くらいに大きな物音がして目を覚ましたら階段の下で結衣が倒れており、横で陽斗が泣いていた、と証言するが……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao/story/index.html