ドラマル

『監察医 朝顔』7話のネタバレ感想!視聴者ボロ泣き!朝顔親子の心に胸を打たれる!

2019年8月26日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、母の手がかりが見つかったことを知った平が東北へ向かう!
一方の朝顔は、ある事件の控訴審に、鑑定証人として出廷することに…。

関連記事

『監察医 朝顔』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『監察医 朝顔』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』7話のあらすじネタバレ

朝顔(上野樹里)のもとに、母の里子(石田ひかり)が被災時に身に着けていたと思われる手袋が見つかったとの知らせが届きます。
朝顔の中学時の手袋で朝顔の名前が記されています。それを母は愛用していました。遺骨らしきものも手袋の中にありました。
朝顔からその知らせを受けた万木平(時任三郎)は、その翌日、野毛山署強行犯係長の山倉伸彦(戸次重幸)にその旨を報告し、休暇を願い出ます。
桑原真也(風間俊介)に、改めて朝顔とつぐみ(加藤柚凪)を頼むと言い残し、義父の嶋田浩之(柄本明)の住む東北へと車を走らせます。

そんな折、朝顔は、鑑定証人として控訴審に出廷します。「疑惑の女、資産10億の美魔女」とマスコミに注目されている被告人・白川亜里沙(有森也実)は、3年前に会社社長だった夫(野田登)が病死して4億3千万円の遺産を手にし、そして、そのたった1年後、資産家男性(池内正)と再婚。その僅か3ヶ月には、またもや夫が病死。今度は6億円もの遺産が転がり込んでいました。池内の死はいかにも不自然に思えますが、とりあえず、東横大学法医学教室での鑑定で、池内は病死。

白川亜里沙は状況証拠のみの殺害容疑で逮捕されますが、法医学教室の病死判定によって一審無罪。検察は即、控訴。検事の石田希子(山本未來)は、改めて、興雲大学法医学教室の朝顔に再鑑定を依頼します。――依頼を受けた朝顔に対して検視官の丸屋大作(杉本哲太)は、警察(検察)の威信がかかっているから必ず有罪にするよう頼み込みます。傍聴席で見守るのは、法医学者の安岡光子(志田未来)、そして、臨床検査技師の高橋涼介(中尾明慶)。

まだ夜が明けぬ前に仙ノ浦震災復興センターに到着した平。センターが開くのを待って、連絡をくれた担当職員の松永に面会。内川橋/西詰橋脚付近で発見されたという手袋を受け取ります。手袋の中の遺骨は、鑑定の為、警察に回っているとのこと。――発見場所の橋下に向かう平。草刈り鎌で雑草を刈り取る平。軽トラで駆け付けた祖父の嶋田浩之は、エンジン回転の草刈り機で平を応援。夜遅くまでの探索を終えて、それからホテルを探す平を、嶋田は自宅に誘います。

公判では、まず、朝顔が東横大鑑定の説明をします。池内はもともと胃腸炎を患っていて、嘔吐物誤嚥による窒息死と鑑定されていました。が、吐き気の起こる原因は様々。――朝顔は、池内の皮膚変色と爪の変形に着目します。これは金属によるアレルギー反応です。しかし、金属アレルギーで人は死にません。ただし、猛毒物質の水銀であれば、これは死因になります。それなのに通常の司法解剖では、水銀は毒薬物スクリーニングの対象になっていないので、検出されることはありません。

ただ、幸いなことに、臓器(組織片)はホルマリンで検体保存されています。鑑定は可能になります。そこまで朝顔が話したところで、白川被告人が突然倒れて公判は中断、閉廷。明日、続きを再開すると裁判長。――裁判所を出る白川被告に殺到するマスコミ。白川被告は報道陣のカメラに向かって、「法医の小娘、法廷で虚偽の証言をすると偽証罪、訴えてやる」と言い放ちます。

翌日、公判再会。朝顔に群がる報道陣。笛を吹き鳴らして報道陣を蹴散らす光子。――再会された公判では、東横大の法医学の権威、鈴木教授の鑑定を否定することになっている新人法医学者という構図を示して、朝顔を責める弁護士。朝顔はそれに反論。法医同士が恨むようなことは無く、現に水銀中毒を興雲大学法医学教室が疑っている旨を伝えたところ、東横大から、保存されていた臓器など、速やかに提供して貰っていることを報告します。法医学教室では、血液、尿、脳、心臓、肺など一定期間保存しています。再鑑定に備えたり、病理検査の見落としを防ぐ為です。で、朝顔らは池内の各臓器から水銀を検出(誘導結合プラズマ法)していました。

しかし、銀歯に水銀(アマルガム)が使われていた時代があって、それが溶け出し体内に蓄積された可能性を弁護士が指摘。が、銀歯に含まれる水銀は極めて微量で、人が死ぬことはありません。なにより、今回の中毒は、急性ではなく慢性です。池内は無味無臭の水銀を一定期間、少量に分けて飲まされ続けたのではないかというのが朝顔の推測です。近位尿細管壊死という腎障害を起こしていたのがその裏付けになります。

池内の死は、病死では無く水銀中毒死というのが朝顔の見立てですが、しかし、確かな証拠はありません。そこに、検視官・丸屋が現れ、朝顔に検視報告書類を渡します。その書類(毛髪中水銀検査報告書)を証拠として、朝顔に対する再主尋問が開始されます。――神奈川県警鑑識による池内の毛髪からの薬物分析。毛髪の長さ2.7cm以下でのみ、水銀が検出されていました。1日、0.3mm伸びる毛髪。つまり、根元の2.7cmというのは、90日間を意味します。池内が亡くなる3ヶ月前から水銀が摂取されていたことになります。で、3ヶ月前というのは、美魔女の被告が資産家の池内と再婚した頃。白川被告人の実家のガレージから、今は販売停止になっている防腐剤が発見されます。この防腐剤には、致死率の高い塩化第二水銀が含まれています。この毒物が、毎日微量に混入されていたことになります。報告書とともに、防腐剤が証拠物として提出されます。――白川被告が、「この小娘、あんたも殺してやる」と叫んで、全てが了解されます。白川被告は退廷を命じられます。

朝顔の手袋の中の遺骨は、DNA鑑定の結果、母ではないと判明します。朝顔のDNAが現地の警察に提出されていましたが、それとの照合で、母では無かったことが明らかになります。平は、義父の嶋田浩之にそのことを報告します。何時も、朝顔に義父への連絡を一任している平に向かって、嶋田は、「次来る時は(自分で)連絡しろ」と言います。両者の距離が、やや縮まったようです。

朝顔の元に戻った平。母が愛用していた朝顔の手袋を取り出す平。あの日、ボロボロの手袋を見て、朝顔が新しいのを買ってあげると言うのを制して、これが好いのと言った母。震災警報が鳴り響く中、その直前に会っていた雑貨店を営む瑞枝を気遣って引き返した母。かなり寒かったあの日、瑞枝に手袋を差し出していた母。手袋の中の遺骨は、瑞枝のものでした。瑞枝の息子がDNAを提出していたので、それが判明しました。瑞枝に手袋を貸していた母。最後まで優しい母でした。

桑原は、念願の県警本部異動です。花束を貰い、別れの挨拶を終えた桑原。義父の平が東北に行って不在の中、所轄強行犯刑事と鑑識の面々に拍手で送り出されます。――夜遅く平は東北から帰宅。翌朝、朝顔が、つぐみの帽子に「くわはらつぐみ」と書き、そして、家族4人揃っての朝食です。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

白川被告は、裁判中の不用意発言や行動により、自ら首を絞めています。まさに自殺行為を演じています。また。実家のガレージに防腐剤が放置されていたという設定にも、無理があります。速やかに山中とか河川に廃棄しようという知恵は無かったのでしょうか。
ともあれ、はっきりと慢性的な水銀中毒死を誘発させた白川被告というものが明らかになったからには、続いて、是非、3年前の遺産相続事案にしても、その解明を急ぐべきなのに、ドラマ内では、そちらへの言及はありません。こちらも見逃さず、捜査すべきですよね。

因みに、公判中の白川被告の言動にリアリティー感が無くなると、一気に、折角の公判内容が完全なコメディーになってしまいかねず、そのあたり、ちょっと残念に思いました。

視聴者ボロ泣き!朝顔親子の心に胸を打たれる!

出演者&視聴者ボロ泣きの回でしたね。
号泣ポイントは人それぞれのようですが、わたしのピークは、「お母さんは最後まで優しい人だったね…」と朝顔がお母さんの写真の前でいったところでした。

朝顔を演じる上野樹里さんの法廷での冷静な答弁をする演技もよかったですが、涙を堪えながら父・平に話す姿に感動しました。

平(時任三郎)の車内で泣く姿もよかった!
そして、折坂悠太が歌う主題歌「朝顔」が本当ずるい…
もうこの曲が流れてくるだけで、「やばい来た」と涙腺が疼きだしちゃいます。

『監察医 朝顔』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『監察医 朝顔』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

朝顔(上野樹里)は、東北から戻って以来、働き詰めの日々を送っている父・平(時任三郎)を心配していた。桑原(風間俊介)によれば、野毛山署強行犯係の他の署員の捜査も手伝っているのだという。

朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、藤堂(板尾創路)が、高橋(中尾明慶)や熊田(田川隼嗣)に息子の夏休みの宿題を手伝わせていた。それを知った絵美(平岩紙)は、息子に甘い藤堂を叱りつけ、「全部自分でやらせるの!」と言い放つ。

するとそこに、解剖の依頼が入る。茶子(山口智子)は、朝顔と光子(志田未来)に執刀を指示した。

遺体は23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)。自宅で倒れているところを夫の達哉(渡辺翔太)が発見したもので、その時にはすでに死んでいたという。朝顔たちは丹念に遺体を調べ、死因を特定しようとした。だが、脳底部の内頸動脈が細くなっていたものの、外傷や病変は発見できなかった。莉奈は、亡くなる前に貧血とめまいで倒れ、入院していた。病院側は、続けて検査入院をするよう勧めたが、3歳の娘がいることや、入院費が払えないことを理由に通院を希望したらしい。

一方、桑原は、神奈川県警への初出勤の日を迎える。そこで桑原が出会ったのは、かつて平とコンビを組んでいた捜査一課の刑事・神崎譲治(市川右團次)だった。

そんな折、法医学教師にやってきた達哉は、莉奈は医療ミスで死んだ、と言い出し……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao/story/index.html