ドラマル

『監察医 朝顔』6話のネタバレ感想!朝顔一家に脱帽?進んだ4年間を見事に表現!

2019年8月19日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、両親を亡くした姉妹がひた隠す真実に迫る!
母として、そして一人前の法医として、夫婦殺人事件に朝顔が挑む…。

関連記事

『監察医 朝顔』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『監察医 朝顔』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』6話のあらすじネタバレ

万木朝顔(上野樹里)と桑原真也(風間俊介)が結婚して5年後。――4歳の娘のつぐみ(加藤柚凪)を中心に、父の平(時任三郎)と一緒に暮らしています。

夏目茶子(山口智子)が主任教授を務める興雲大学法医学教室では、藤堂雅史(板尾創路)の妻で法歯学者の絵美(平岩紙)が国際的な有名人になっています。絵美の書いた本がベストセラーになり、それで世界中から講演に呼ばれて大忙し。そして、かつて医学部生のバイトだった安岡光子(志田未来)は医師となり、法医学教室の正式職員になっています。で、検査技師の高橋涼介(中尾明慶)は、彼女を「光子先生」と呼ぶことになってます。
光子の後釜でアルバイトとして入っているのは歯科医院の跡取り息子・熊田翔太(田川隼嗣)。写真を撮るだけの愉快なサークルと言われて、うっかり法医学教室に迷い込み、みんなにコキ使われています。

多忙な絵美が海外(ヘルシンキ)出張から帰った日、中年夫婦の変死体が発見されたという報が入ります。――全員が昼食中でしたが、平がいち早く現場臨場に向かいます。桑原は、マンホール泥棒の今野(上島竜兵)の取り調べを続けないといけません。森本琢磨(森本慎太郎)は、桑原をフォローして、その裏取りをしないといけません。岡島(斉藤陽一郎)は被疑者送検を抱えています。人手が無くなっているので、仕方なく係長の山倉伸彦(戸次重幸)は愛川江梨花(坂ノ上茜)を引き連れて、平に続きます。
一方の朝顔も、夏目茶子(山口智子)に指名されて、現場に入ります。そこに遅れてやって来た新任の検視官・丸屋大作(杉本哲太)が現れ、朝顔が遺体に触れようとしている時、「触るな」と一喝します。法医学者が検視官より先に遺体に触れるのは「規則違反」と山倉係長にも抗議します。更には、その場で遺体の所見を言おうとする朝顔を制して、「それは解剖室でやってください」と正論を言います。頑固でやり難い新任検視官がやって来ました。実家の宿を引き継ぐ為に退官した前任者の伊東純(三宅弘城)は大変に人当たりの良い人物だったわけで、どうやら、丸屋はそれとは真逆の人物のようです。

変死事案となっている現場では、黒岩雅樹(岡部光祐)が居間のドアノブにタオルを掛けて首吊り自殺していました。そして、妻の多江(片岡礼子)が寝室のベッドで死亡しています。どちらも窒息死。5年前に会社が倒産して以来、生活は大変だったようです。家庭内での暴力沙汰も繰り返されていた模様です。妻の死後、数時間を置いて夫が自殺したものと推定する山倉に対して、丸屋は、自殺とは断定できないと釘を刺します。――変死の翌日になっての第一発見者は、次女の友里(小林星蘭)。両親の死の当日は、塾が終わってそのまま友達の家に泊まったと言っています。ですから、当日のことは何も知らないし、何も見ていないと証言しています。で、長女の美咲(恒松祐里)は、看護学生で寮生活をしています。実家を離れています。――現場に入った朝顔は、特に多江の肋骨が折れていたこと、唇にリップクリームが塗られていたことなどに違和感を覚えます。

関係先での聞き込みで、経営していた会社が潰れて以来、荒れていた父親像が改めて浮かび上がりますが、事件発生時の行動証言に嘘があったことで、まず、妹の友里が親殺しを疑われる中、長女の美咲が野毛山署に出頭、自首します。美咲の証言によると、たまたま実家に戻った折、母が死んでいて、その理由を尋ねたところ、「俺が殺した」と言う父に思わずカッとなって電気コードで首を絞めたとのこと。父を絞め殺した後、ドアノブでの首吊り自殺に見せかける偽装工作をしたのだと言います。

朝顔と平、再び現場に入って、そこでエアコンを利用した死亡推定時間偽装に気付きます。そこに丸屋が現れ、エアコンのリモコンなど、現場のものを勝手に動かしていることを叱責します。が、とにかく、2つの遺体の直腸温度の差が偽装によるものと判明します。
朝顔の見立てでは、夫(雅樹)の死亡推定時間は夕方の4~5時。妻(多江)は、5~6時です。妻が先に死んだと思われていましたが、実は逆だということになりました。

改めて、姉妹に話を聞く山倉と平。そして、朝顔、丸屋。――やっと、真相が語られます。妹(友里)が学校から帰宅すると、夫の暴力行為に対する日頃からの怒りが爆発して、母(多江)が父(雅樹)を電気コードで絞め殺していました。
どうして良いか分からない妹は、とりあえず看護学生で寮生活している姉(美咲)に連絡して、彼女を迎えに家を出ます。しかし、姉妹が家に戻った時、母はドアノブで首を吊って自殺していました。そこで、姉は、母による父の殺害という事実を隠蔽する為に、エアコン(クーラー)を使って、死亡推定時間を逆転させることを思い付きます。
つまり、母が父を殺したのではなく、父が母を殺したというストーリーを組み立てました。それには、母が先に死んだことにする細工が必要でした。なお、母の肋骨が折れていたのは、なんとか蘇生させようという姉の長時間の心臓マッサージが原因でした。唇のリップは妹がやったことでした。

妹は、辛うじて罪を免れるとしても、姉は、死体遺棄と虚偽申告の罪を免れることは出来ません。それなりの刑罰が与えられます。桑原は、裁判での情状酌量を得ようと姉妹の近隣関係者から署名を集めます。そんな桑原に異動の内示があり、県警捜査1課に移ることになります。義理の父と妻子の元を離れて単身赴任ということになるのでしょうか。

朝顔の元には、東北震災地の市役所担当者(松永)から連絡が入ります。「2年B組/万木朝顔」と記された手袋が発見されて、その中に白いもの。これは、もしかすると母・里子(石田ひかり)の指の骨なのかも知れません。

スポンサーリンク

『監察医 朝顔』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

母親による父親殺しを隠蔽する為に、長女が母の罪を被るという発想が良く分かりませんでした。桑原が言うまでもなく、そんなことを自殺した母親が望んでいるはずがありません。

姉妹に重大な危害が及ぶ前に父親を殺してしまおうという母親の気持ちを了解して、そのままの形を検視官や法医学教室に見て貰えば良かったのです。当たり前のことですが、何も手を加えないのが良かったのです。いわんや、偽装工作はいけません。

それにつけても、法医学者の朝顔に対してさえも言い放った「(現場に)手を触れるな」という丸屋の言葉は重いのです。

第一発見者は、現場に触れずに、現状保存して警察に通報しないといけません。夏休みでドラマを見ている機会が多くなっている子供たちにも、そういうことを伝えたいというのが、今回の狙いなのかなとも思いました。

朝顔一家に脱帽?進んだ4年間を見事に表現!

前回、「えっ一気に話飛びすぎだよ!」って思いましたが、今話の冒頭シーン(朝食)で進んだ4年間を見事に埋めましたね。

朝顔たちがこの4年間どんな生活をして、家族がどんな関係性なのかが非常に伝わってきました。いや~いい家族でした。
平さんはつぐみちゃんにすっかりデレデレ。

興雲大学法医学教室の面々の変化も見事に描かれていて、前回のモヤモヤが晴れました。『監察医 朝顔』は、単調な雰囲気を醸し出している?ドラマなんですが、なぜか引き込まれるものがある不思議なドラマですね。静と動(ペースの強弱)が上手いのかな?

『監察医 朝顔』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『監察医 朝顔』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

朝顔(上野樹里)のもとに、里子(石田ひかり)が被災時に身に着けていたと思われる手袋が見つかったとの連絡が入る。それは、朝顔が中学生の時に使っていた手袋で、内側には朝顔の名前も記されていた。朝顔からその知らせを受けた平(時任三郎)は、桑原(風間俊介)に、朝顔とつぐみ(加藤柚凪)を頼む、と言い残して東北へと向かった。

そんな折、朝顔は、ある事件の控訴審に、鑑定証人として出廷することに。マスコミも「疑惑の女・10億の美魔女」として注目するこの裁判の被告人・白川亜里沙(有森也実)は、3年前に会社社長だった夫が病死し、4億円以上の遺産を手にしていた。その1年後、亜里沙は資産家の男と再婚するが、わずか3ヵ月でまたもや夫が病死し、今度は6億円もの遺産を手に入れていた。亜里沙は、ふたり目の夫の死亡について状況証拠から逮捕されたが、一審は無罪だった。そこで検事の石田希子(山本未來)は、東横大学の法医学教室が司法解剖を行ったふたり目の夫について、朝顔に再解剖を依頼したのだ。

証人控室で待つ朝顔を訪ねてきた丸屋(杉本哲太)は、今回の裁判は警察の威信がかかっているから必ず有罪にしてほしい、と頼む。石田検事の顔に泥を塗るようなことだけはするな、と言うのだ。それに対して朝顔は、亜里沙を有罪にするためではなく、あくまでも再鑑定の事実を明らかにするために証言台に立つが……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao/story/index.html