ドラマル

『あなたの番です』15話のネタバレ感想!神谷刑事が殉職!犯人は水城なのか?

2019年8月4日に放送されたドラマ『あなたの番です』15話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

15話では、総一の危ない本性と南の正体が明らかに!
そして、犯人へとたどり着いた神谷刑事が翔太を呼び出すが…。

関連記事

『あなたの番です』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『あなたの番です』15話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『あなたの番です』15話のあらすじネタバレ

前回、榎本早苗(木村多江)による山際祐太郎(森岡豊)殺しと、藤井淳史(片桐仁)への「あなたの番です」という文言の脅迫については、早苗の夫の正志(阪田マサノプ)が詳細に供述。その一方で正志は、息子・総一(荒木飛羽)の逮捕を、水城洋司(皆川猿時)、神谷将人(浅香航大)の両刑事に求めます。総一の友達が「実験」のモルモットとして殺されてしまう前に、総一を捕まえるよう懇願していました。――その意に応えたのが、手塚翔太(田中圭)、二階堂忍(横浜流星)、南雅和(田中哲司)。この3人が総一を捕え、警察に引き渡しています。総一に首を絞められていたところを救われた北川そら(田中レイ)は、母の澄香(真飛聖)の元に戻されました。その際、水城刑事から、黒島沙和(西野七瀬)が電車のホームから突き落とされたということを知らされます。翔太、二階堂、南は、沙和が搬送された病院に駆け付けます。

神谷刑事は、榎本正志に収賄(裏カジノへのガサ入れ情報漏洩)と交換殺人ゲームの隠蔽を暴露されて懲罰会議にかけられます。謹慎処分だけで済む訳はなく、懲戒免職を覚悟している神谷。その前に退職を申し出ますが、それは副署長や刑事課長に拒絶されます。神谷刑事は相棒の水城刑事に、迷惑をかけたことを詫びます。水城は自分が事件を解決したうえで、それを神谷の手柄にすることで、少しでも神谷の罪を軽減し、警察に残れるよう努力すると誓います。謹慎処分で納めて貰える可能性に水城刑事はかけます。が、神谷は、謹慎の身でありながら独自捜査を開始し黒幕に限りなく接近します。

総一は、殺人未遂により、少年鑑別所に収監されます。死ぬ時、動物によって、瞳孔の開き方が違います。総一の実験とは、その瞳孔の様子について、人間はどうなのかという実験でした。――聡一の供述は両親のものとは若干異なっていて、彼は隠し部屋の出入りが自由なのでした。カードをドアの隙間に差し込んでロックを外していた総一は、藤井への脅迫も、母を巻き込む画像編集でやっていたのでした。――二階堂のAI分析では、菜奈(原田知世)を殺した犯人は、赤池吾朗(徳井優)、赤池美里(峯村リエ)、浮田啓輔(田中要次)、児嶋佳世(片岡礼子)を殺した可能性が高いという結果を出しています。その犯人像として、総一の名前が挙がります。

住民会では、まず、各自が夏祭りの出店で使った金の清算をします。その後、翔太は、住民会新会長の西村淳(和田聰宏)に対して様々な質問をし、それなりに納得のゆく回答を得ます。最後に、南が自身の正体を明かします。南の正体は、売れないお笑い芸人、「南サザンクロス」。事故物件に移り住んでは、それをネタに笑いを取るのだと言いますが……。

自殺を図って入院中の早苗を、謹慎中の神谷刑事が尋ねます。このままでは、やっていないことまで総一の犯行にされると警告する神谷。――それと前後して、パズルのピースのように、次々に様々なシーンが並びます。――翔太、二階堂と鍋。――沙和の病室に、何故か警備員姿の南が接近。――田宮君子(長野里美)、自分が追い出しておきながら、夫の淳一郎(生瀬勝久)が家に帰って来ないことを翔太に報告。――久住譲、エレベーター転落後の入院から解放されて、マンションに帰還。藤井は、袴田になりすましている久住の嘘に気付きます。そして、今後とも警察を騙す手口を久住に伝授する藤井。――二階堂が、沙和の髪の匂いを嗅ごうと顔を接近させた時、沙和が目覚めます。意識を回復します。

再び、施設にいる赤池幸子(大方斐紗子)を訪ねる翔太。どうやら、幸子は、翔太を殺された美里と完全に混同しています。買い物を幸子に頼まれた翔太が財布を預かり、その中に「児嶋佳世」と書かれた紙片を見付けます。美里の引いた紙片が「児嶋佳世」ということなのでしょうか。美里が、引いた紙片を幸子の財布に隠していたのでしょうか。それにしては、児嶋佳世殺しは、赤池夫婦が殺害された後のことですから、話が妙なことになります。――そんな中、食肉センターの冷凍倉庫内で、口角を上げて死んでいる児嶋佳世の遺体が発見されます。片足だけが夫の俊明(坪倉由幸)が勤務する会社(地図製作)に届けられたゴルフバッグの中に入っていましたが、その片足以外のおおかたの部位が、食肉センターで発見されます。俊明と翔太は、互いに妻を失った者同士として、妻の愛し方について語り合っていた直後でした。

謹慎中の神谷刑事と会う約束になっていた翔太。その約束時間を早めて欲しいという連絡があり、約束の場所に急行すると、ベンチに神谷が座っていて、全身に大きな釘を無数に打ち込まれて死んでいます。

『あなたの番です』15話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

前回(第14話)は、「交換殺人ゲーム」スタートのトリガー(引き金)を引いた人物としての早苗の言葉とそれを補足する夫の正志の視点が描かれました。が、今回、それとはやや異なる息子の総一の視点が描かれました。総一は、隠し部屋の出入りが自由自在でした。カードをドアの隙間に差し込んでドアロックを外していた総一。藤井へのアプリ脅迫も、母を巻き込む形で総一が仕組んだことのようなのです。が、あとからの証言、新情報が真実だという保証はなく、あくまでも、そういうのは各自のそれぞれの立場からの見え方に過ぎないのでしょうね。

なお、総一の理科の子としての掛け声が「ワッショイ、ワッショイ」だったり、「イチニーサンシ、ニーニーサンシ」だったりして、これは、ジムインストラクターの翔太を思わせます。早苗に隠し部屋に閉じ込められる際、扉を押し開こうとした翔太と、沙和に本を返す際に、エレベータードアを押し開く総一が似ていたりもします。――久住の件は、袴田吉彦との入れ替わりが嘘のようですが、これは、翔太と総一の入れ替わりの暗示かなという気がしました。――20年前の総一が少年院を出所後に手塚家に「三男」として養子に入り、そこで名前を変えて「手塚翔太」として生きて来たという展開推理を某サイト上で見て、なるほどと思いました。この推察に一票を投じます。前半の主題歌のPV(MV)では、尾野幹葉役の奈緒さんが、幼い日の自分(少女)と横臥姿勢で対面している映像があります。二眼カメラで大人になっている自分を見る少女を、奈緒さんが振り返っています。ここへ来て、一気に、総一とは20年前の翔太というストーリー展開になるのかなという気がして来ました。

後頭部を打って意識が遠退くたびに、そういう夢を見ているということかと思われます。隠し部屋で早苗に突き飛ばされて後頭部を打つ時、そして、落下する総一を受け止め後頭部を打つ時、総一は、常に、翔太の身近に居ます。手の中にいます。

神谷刑事が殉職!犯人は水城なのか?

浅香航大さん演じる神谷将人刑事が殉職。浮田啓輔(田中要次)と同じく、黒幕(犯人)に気づいたと思った矢先に殺されてしまいましたね。

神谷刑事の死を受けて、先輩刑事として共に本事件に関わっていた水城洋司(皆川猿時)が犯人ではないかと考察されています。

神谷が早苗(木村多江)から聴取した新情報を一番に伝えたのは水城であったのに、なぜ特定した犯人を信頼する水城ではなく、翔太(田中圭)にいの一番に知らせたのかがわかりません。そして神谷は何か焦っていた感がありました。

つまり、神谷は水城が犯人であると気づいた。
そして、神谷が真実に近づいていると知った水城が、いつ自分を襲うかわからないため、早く翔太に知らせたかったと考えられます。

田宮淳一郎(生瀬勝久)に監視カメラを設置させたのは、水城だったようだし、住人の行動を把握でき、警察官の水城ならすべての犯行が可能な気もします。

それにしても、田宮はなぜ協力したのか?
そして、田宮は何かまだ隠していることがありそうですよね。ひょっとして、田宮は監視カメラを見て水城が犯人とわかり、殺されないかビクビクしていたんでしょうか…。

話を戻しますが、しかし、バーにて神谷は、「誰なんだこいつ」という意味深な発言をしています。
この発言から推測すると、犯人は神谷がまだあったことのない知らない人物となります。

黒島沙和のストーカーと目されている内山達生(大内田悠平)。藤井の病院に勤務する看護師・桜木るり(筧美和子)。この二人が怪しくなってくるのですが、内山は黒島と関係があること、桜木るりが袴田吉彦を殺害していること以外はまだ情報がありません。

それと、児嶋佳世(片岡礼子)の遺体を遺棄した疑いのある501号室の佐野豪(安藤政信)の素性もまだ不明ですし、佐野は犯人と繋がりがありそうです。佐野は水城に弱みがあり命令されている?まだ謎が多いですね。

『あなたの番です』16話のあらすじ

公式サイトが発表している『あなたの番です』16話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

神谷(浅香航大)はアキレス腱を切られた上に全身にビスを打たれるという残酷な殺され方をしていたが、一連の事件の被害者と同様、微笑んでいた。翔太(田中圭)は、犯人が神谷から何かを聞き出そうとして拷問したのではないかと考える。神谷の死に大きな衝撃を受けた水城(皆川猿時)は、犯人への怒りを胸に事件解決を誓う。

翔太と二階堂(横浜流星)は、集まった情報をもとに話し合う。黒島(西野七瀬)の事件の日、早川教授が彼女を呼び出したのは、ある人物の差し金のようで…。

二階堂は、翔太のアドバイスで、退院した黒島をデートに誘うことに。行き先は、ひまわり畑。2人は、理系独特の目線で、ひまわりを満喫し心を通わせる。そんな2人を、陰から黒島のストーカー・内山達生(大内田悠平)が見ていた。一体彼は何者なのか…?

新事実が次々と判明し、連続殺人の犯人としてある人物が急浮上!!果たして、それは誰なのか…!?

出典:https://www.ntv.co.jp/anaban/story/