ドラマル

『あなたの番です』4話のネタバレ感想!原田知世と野間口徹は夫婦だった!菜奈が書いた名前は細川朝男か?

2019年5月5日に放送されたドラマ『あなたの番です』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、菜奈のウソが翔太にバレる!
そして、田中政雄が死亡し、次なる交換殺人の番となったシンイ―は…。

関連記事

『あなたの番です』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『あなたの番です』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『あなたの番です』4話のあらすじネタバレ

床島管理人(竹中直人)の転落死は警察が自殺と判断。そして、ドクター山際(森温豊)の死体には頭部と指紋がありません。次いで、ブータン料理店主のドルジことタナカ(名倉右喬)はガス爆発(火災)事故ということで、シンイー(金澤美穂)が書いた「タナカマサオ」を引き当てていた藤井淳史(片桐仁)が、警察に逮捕されるということにもなっていません。神谷将人(浅香航大)と水城洋司(皆川猿時)の2人の刑事が藤井の部屋にやって来ますが、常連客としての情報提供を求められただけです。

ともあれ、藤井がブータン料理店で抜き取った包丁が、シンイーの部屋のベランダ植木鉢内にありました。管理人、Dr.山際、店長が死んで、次は自分の番かと慌てる中国人留学生のシンイー。脅迫状も届きます。
同居している左官見習のベトナム人のクォン(井阪郁巳)が不法滞在者であり、更に、そのほか3人の不法滞在の別の男たちも隠れて同居していますから、その件がバレると困ります。彼女には、警察には行けない事情があります。

住民定例会。特に議題も無く、石崎洋子(三倉佳奈)は、疑心暗鬼状態を解消しようと、「交換殺人ゲーム」で書いた人の名前公表を提案します。

まず、誰も殺したくなかった洋子は、自分の名前を書いたと言います。だから、それを引いた人は自分(洋子)を殺さないでと皆にお願いします。

そして、最初に、ゲーム開始の契機となる交換殺人の話をした菜奈(原田知世)に公表を迫ります。その時、掃除係にさせられていた木下あかね(山田真歩)が遅れてやって来ます。ゲームを知らない人が来たので、それを機に、住民会はおしまいです。

皆が三々五々帰る中、浮田啓輔(田中要次)、洋子、菜奈、黒島沙和(西野七瀬)の4人が、たまたま居残ります。そこでも、洋子は執拗に菜奈に書いた人の名前を言うよう求めますが、そこで、洋子提案の書いた人の名前公開ではなく、引いた名前を言い出したのが浮田でした。
書いた人の名前を皆の前で言えるわけがないと主張して、自分の引いた紙片には「赤池幸子(大方斐紗子)」と書かれていたと発言します。浮田は、その日の定例会欠席の赤池美里(峯村リエ)が書いたものだろう推測し、もし、幸子が殺された場合でも、それは自分の犯行ではなく美里なのだと言いたいわけです。
更に、浮田の考えでは、「私の殺したいのは、ウチのおばあちゃんです」と美里に言わせたかった洋子ということになります。それを浮田は非難していることにもなります。で、続いて、「織田信長」を引いたと黒島沙和(西野七瀬)が言います。浮田は、そういう手があったかと、自分もそういう歴史上の人物を書けば良かったと悔やみます。
続いて、改めて書いた名前は自分であり、引いた紙片には「吉村」とあったと言う洋子。最後に、「こうのたかふみ」を引いたと3人に告げる菜奈。そうなると、身元の分かっているのは、浮田の引いた「赤池幸子」のみです。

既に3人の不審死があるのに菜奈から住民会でのゲームのことを聞かされていない翔太(田中圭)。通勤時に、尾野幹葉(奈緒)が交換殺人ゲームのことを教えます。また、細川朝男(野間口徹)に、何故、菜奈が交換殺人ゲームのことを教えてくれないのだろうかと翔太が問うと、彼女が書いたのが「旦那(=翔太?)」である可能性を示唆されます。

デザイナーとしての菜奈がクライアント企業に呼び出されての打ち合わせ中、突然、女性社員が「旦那さんが登場」と言い、そこに細川が立っています。菜奈の肩に手を置きます。

夜遅く、赤池宅で大きな音が発生しているのを住民会会長の榎本早苗(木村多江)が聞き付けます。電話連絡で菜奈と翔太を伴い、早苗が音の発生場所と思われる502号室の赤池宅に向かうと、そこに大音響を聞きつけた藤井もやって来ています。
ドアは施錠されておらず4人が部屋に入ると、「本日の主役(=誕生日)」のタスキを掛けた美里と、夫の吾朗(徳井優)が首を切られて死亡しています。吾朗の母、幸子は頭部に袋を被せられていましたが、それを取り除くと息を吹き返します。
幸子と美里は、菜奈がプレゼントしたトレーナーを着用しています。そして、ベランダに通じるカーテンが揺れています。因みに、昼間、菜奈がトレーナーのプレゼントに赤池宅を訪れた時、404号室の江藤祐樹(小池亮介)が先客としてそこにいたのは偶然なのでしょうか。

また、シンイーの引いた紙片に書かれていた名前が「美里と吾朗」だとは考えられず、交換殺人ゲームとは、これは別途の殺人なのでしょうか。

『あなたの番です』4話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

2019.5.5、「あなたの番です」主題歌、Aimer(エメ)さんの「STAND ALON」の配信が開始されました。このMVに尾野幹葉役の奈緒さんが、「あな番」キャストの中で、ただひとり出演しています。

――夢の隙間を彷徨(さまよ)う揺らいだ現実、歪んだ世界、描いた世界という歌詞が見え、そして、小道具が二眼レフカメラ。真実を写すカメラというのは嘘のない真実の世界への希求ということでしょうかね。新たな旅立ち、回顧と将来への切望、何かが起こる予感というのがAimerさんの楽曲公開に向けてのコメントでした。
つまり、これは、幹葉が、今後の「あな番」の裏の主役ということの暗示になるのでしょうかね。幹葉は、引っ越し当日に住民会がその日にあることを知らせて、菜奈と翔太が交換殺人ゲームに巻き込まれる契機を作った女性ですし、田宮淳一郎(生瀬勝久)による防犯カメラ設置の違法性を指摘できる女性です。常に、真実を射抜く眼力を発揮しています。

また、床島管理人のプレゼント表札を唯一、使っている女性です。あるいは、幹葉が今後のストーリー展開の「語りべ」的存在になるのでしょうかね。または、死期を悟っていた床島が全ての絵図を描き、そして、あとの推移を見守るよう依頼されているという役どころなのでしょうかね。

原田知世と野間口徹は夫婦だった!菜奈が書いた名前は細川朝男か?

2クールということで、しばらくは交換殺人でパターン化して進んでいくと思っていましたが、その矢先にいい意味で裏切る予想外の展開がきましたね。

ゴミ漁りする木下あかね(山田真歩)、次の交換殺人の番となったシンイ―とその仲間たち、そして今回死んだ(予告に出てましたが…)?赤池美里(峯村リエ)と赤池吾朗(徳井優)といろんなことが起こりすぎましたね。
まさか、赤池幸子(大方斐紗子)ではなく、息子夫婦が殺されるとは意外過ぎましたね。でも、予告に赤池美里が出ていたので、生きていると仮定すると、実は美里と幸子は非常に仲が良く、二人して吾朗を殺したかったのかもと思ってしまいますね。

さて本題ですが、菜奈のストーカーだと思われていた細川朝男(野間口徹)が、手塚菜奈(原田知世)の旦那(元?)だったとは衝撃的でしたね。
ということは、手塚菜奈が書いた名前は、「細川朝男」であり、まだ離婚成立していない夫の存在を気づかれたくないがために翔太(田中圭)に隠していたのかなと思いました。
それにしても、まだ離婚成立していない状況でマンション買って、次の旦那候補と同棲するなんて菜奈と朝男に何があったのか気になりますね。

『あなたの番です』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『あなたの番です』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

502号室でバースデーケーキを囲んで殺されている赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)を見つけた菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)たち。ケーキの上には “赤池美里”と書かれたプレートがのっていた…。

マンション周辺で続く死に不安を感じて「引っ越そうか」と言う翔太に対し、「引っ越しは最後の手段にとっておこう」と答える菜奈。彼女は、マンション周辺の死と交換殺人ゲームとの関連を探り始める。

臨時の住民会が開かれ、菜奈は交換殺人ゲームのことを警察に話すべきだと提案する。しかし、住民たちは自分も容疑者になることを恐れ、子どもがいじめられる可能性や資産価値の下落を理由に菜奈の意見に反対する。住民会の後、菜奈は、ある人物から“赤池美里”の名前を書いたと告白される。
翔太は、交換殺人ゲームのことを黙っていた菜奈の苦悩を想像し、どうしたら彼女を助けてあげられるかと考えていた。

そんな中、菜奈は、翔太が交換殺人ゲームのことを知っていたと分かり、ショックを受ける。隠し事をしていた菜奈と、それを知りながら黙っていた翔太。さらに、菜奈がこっそり朝男(野間口徹)と会っているところを目撃する翔太。菜奈と翔太の関係に、ついに亀裂が――!?さらに、新たな犠牲者が…!!

出典:https://www.ntv.co.jp/anaban/story/