ドラマル

2019年12月4日

ドラマ『アライブ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

松下奈緒さん主演の連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『アライブ がん専門医のカルテ』全話ネタバレ完了済み(2020年3月20日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『アライブ がん専門医のカルテ』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『アライブ がん専門医のカルテ』の基本情報

概要(見どころ)

厚労省の調べによると、がんは年間に約100万人が新たに診断され、一生のうちに2人に1人がかかると言われています。

『アライブ がん専門医のカルテ』は、欧米で生まれ日本ではまだ歴史の浅い腫瘍内科というがん治療に特化した診療科が舞台となります。

腫瘍内科医である恩田心(松下奈緒)と、心のいる病院に転籍してきた消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)がバディを組み、がん治療に取り組む姿を描いた倉光泰子脚本のオリジナル医療ドラマです。

キャスト一覧

  • 恩田心(おんだ・こころ):松下奈緒
    腫瘍内科医、通称・オンコロ先生
  • 梶山薫(かじやま・かおる):木村佳乃
    有能な消化器外科医
  • 結城涼(ゆうき・りょう):清原翔
    2年目の研修医、外科医志望
  • 夏樹奈海(なつき・なみ):岡崎紗絵
    2年目の研修医、小児科医志望
  • 光野守男(みつの・もりお):藤井隆
    腫瘍内科医、元優秀な麻酔科医
  • 阿久津晃(あくつ・あきら):木下ほうか
    腫瘍内科部長、楽天家
  • 恩田匠(おんだ・きょうたろう):中村俊介
    心の義父、ベテラン脚本家
  • 恩田京太郎(おんだ・たくみ):北大路欣也
    心の夫、小説家、転倒事故に遭い意識が戻らない
  • 恩田漣:桑名愛斗
    心と匠の一人息子、小学生
  • 関河隆一(せきかわ・りゅういち):三浦翔平
    ジャーナリスト
  • 須藤進(すどう・すすむ):田辺誠一
    関東医科大学付属病院・消化器外科副科長、薫の元上司
  • 高坂民代(こうさか・たみよ):高畑淳子
    横浜みなと総合病院・心の担当患者
  • 佐倉莉子:小川紗良
    横浜みなと総合病院・乳がん患者
  • 美川史郎:阿南健治
    消化器外科部長
  • 前園敬之:高橋洋
    婦人科医師

1話ゲスト

  • 村井恵子:石野真子
    余命3カ月と宣告をされているがん患者
  • 山本忠司:田口トモロヲ
    恵子の大学の同級生、恵子と結婚を約束している
  • 殿山:石田明(NON STYLE)
    消化器外科部長の美川への紹介患者

2話ゲスト

  • 日ノ原徹:寺脇康文
    1%未満の男性乳がん患者

3話ゲスト

  • 田所歩美:三倉茉奈
    がん患者の母親を持つ女性
  • 木内陽子:朝加真由美
    歩美の母、心が担当する末期がん患者
  • 修造:遠山俊也
    歩美の父

5話ゲスト

  • 長尾春香(遊井亮子)
    希少がんの一つ粘液型脂肪肉腫を患う患者
  • 優斗:南出凌嘉
    春香の息子

6話ゲスト

  • 土方絵麻:清水くるみ
    ステージ3の胃がんが見つかる27歳の女性
  • 徳介:ベンガル
    絵麻の父
  • 律子:宮田早苗
    絵麻の母

7話ゲスト

  • 武井正弘:平田満
    肺へのがん転移が発見された患者
  • 武井健太:篠原篤
    ひきこもりをしている正弘の息子

8話ゲスト

  • 井上和樹:萩原利久
    胚細胞腫瘍の2度目の再発が見つかった18歳の男性
  • 井上弥生: 安藤玉恵
    和樹の母親

9話ゲスト

  • 小山内静(おさない・しずか):山田真歩
    妊娠中にがんの再発が見つかる患者
  • 小山内敬(おさない・けい):落合モトキ
    静の夫

10話ゲスト

  • 結城美紀子(ゆうき・みきこ):とよた真帆
    結城の母親、有馬総合病院の理事
  • 佐伯芳雄(さえき・よしお):相島一之
    すい蔵がん手術を控えた患者
  • 佐伯隼人(さえき・はやと):丸山智己
    芳雄の弟
  • 結城駿(ゆうき・しゅん):若林拓也
    結城の弟、アメリカのメディカルスクールに通う
  • 有馬晋(ありま・しん):品川徹
    結城の母方の祖父、有馬総合病院の理事長

11話(最終回)ゲスト

  • 橘千寿子(たちばな・ちづこ):三田寛子
    ステージⅢの食道がん患者
  • 橘麗奈(たちばな・れな):佐津川愛美
    千寿子の娘

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 脚本:倉光泰子
  • 音楽:眞鍋昭大
  • 主題歌
    曲名:はるどなり
    歌手:須田景凪
    レーベル:unBORDE / Warner Music Japan
  • プロデュース:太田大、有賀聡
  • 演出:髙野舞、石井祐介、水田成英

各話の視聴率

『アライブ がん専門医のカルテ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話1月9日8.4%
2話1月16日7.7%
3話1月23日8.4%
4話1月30日6.1%
5話2月6日7.2%
6話2月13日7.4%
7話2月20日6.0%
8話2月27日5.7%
9話3月5日6.4%
10話3月12日6.9%
11話・最終回3月19日7.0%

『アライブ がん専門医のカルテ』の最終回ネタバレ(予想)

医学部卒業後に放射線科にいた恩田心(松下奈緒)は、画像診断でがん患者を救ったことをきかっけに腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科をします。
そして、部長の阿久津晃(木下ほうか)をはじめ元麻酔医の光野守男(藤井隆)と研修医の2人ら仲間と共に、患者に寄り添いながらの治療に向き合う日々を送っていました。

プライベートでは学生時代に知り合った匠と結婚し1人の息子がいます。しかし、匠が3ヶ月前に転倒事故にあい、現在も意識不明の状態が続いていることを受け入れられず悩んでいます。そんな中で、心の前に消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)が転籍してきます。

ここからは最終回までの展開予想です。

薫とは、内科医と外科医としての意見の対立はあります。
しかし、腫瘍内科の必要性を理解し、明るい性格で夫の件でも友人として支えてくれる薫の存在は、心にとって大きくなっていきます。

腫瘍内科の中は、研修医の結城涼(清原翔)は隙があれば外科の勉強をしていて、すべてにおいて中途半端。
もう一人の夏樹奈海(岡崎紗絵)は意欲もあり努力もするが、死とも向き合わなければいけないがん治療において、優しすぎる性格が弱点とならないか心配です。
さらに、阿久津は部下達には寛容で働きやすく良い上司なのですが、腫瘍内科の地位向上という名目で、陰では心と薫を利用して出世を狙っています。

そして最終回では、薫が心にずっと黙っていた秘密を打ち明けます。
それは心の夫である匠がいまだに目を覚まさないのは、手術中の事故によるもので、薫はその手術に参加していたのです。
手術後に心に伝えようとしましたが、当時の病院は隠ぺいをすることにし薫も強要されます。しかし我慢できなくなった薫は、心に事実を伝えるために腫瘍内科に転籍してきたと予想します。

『アライブ がん専門医のカルテ』各話のあらすじ

2020年1月9日からフジテレビ系にて放送開始される松下奈緒さん主演の連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話の見どころは、恩田心の夫の手術を、梶山薫が執刀していたらしく、しかも、薫のミスで手術が失敗してしまったという事実が分かったところです。

心に近づく薫の目的は?

関連記事

『アライブ がん専門医のカルテ』1話のネタバレ感想!万葉倶楽部の屋上・展望足湯庭園がロケ地に!

2話のあらすじネタバレ

2話の見どころは、薫も乳がんの手術をかつて受けており、その経験をもとに心の患者、佐倉莉子を励ましたところです。
心と薫の関係の変化に注目です。

関連記事

『アライブ』2話のネタバレ感想!木村佳乃が脱いだ!美しい背中に絶賛の声

3話のあらすじネタバレ

3話の見どころは、心が患者との触れ合いの中で、残された家族との時間の大切さを感じ、死が近づく匠を受け入れ、最後に家族で匠との時間を大切に過ごしたところです。

新たに現れた、関河の動向にも注目です。

関連記事

『アライブ』3話のネタバレ感想!匠の死で深い後悔をする心と薫の苦悩が辛い!

4話のあらすじネタバレ

4話の見どころは、匠の死の悲しみによって不安定になった、心、漣、京太郎が、悲しみを家族で共有することによって少しずつ立ち直ることが出来たというところです。

関連記事

『アライブ』4話のネタバレ感想!泣ける医療ドラマ!阿久津(木下ほうか)の言葉に感動

5話のあらすじネタバレ

5話の見どころは、薫自身も父親を医療過誤によって亡くしていたという事実が明らかになったことと、ついに心に匠が自分の手術ミスで亡くなったということを薫が打ち明けたところです。

関連記事

『アライブ』5話のネタバレ感想!須藤進(田辺誠一)の医療ミスが匠の死の原因か?

6話のあらすじネタバレ

6話の見どころは、薫の医療過誤で匠が亡くなったのではなく、実は須藤の縫合のミスが原因であったということが、手術の第2助手だった安田によって明らかになったところです。

関連記事

『アライブ』6話のネタバレ感想!須藤進は梶山薫の才能・技術を恐れた?

7話のあらすじネタバレ

7話の見どころは、須藤が匠の手術における自分のミスを全面的に認め、心と京太郎に謝罪したところです。

関連記事

『アライブ』7話のネタバレ感想!北大路欣也の言葉に号泣!京太郎が失敗した須藤に道を示す

8話のあらすじネタバレ

8話の見どころは、民代が抗がん剤治療を拒否し、残りの人生を自分の足でやりたいことをやって生き抜くことを選び、心もその意志を尊重したところです。

関連記事

『アライブ』8話のネタバレ感想!高畑淳子の演技に涙腺崩壊!

9話のあらすじネタバレ

9話の見どころは、抗がん剤治療を拒否し、自分の足でやりたいことをやり抜こうと退院した民代が、旅行途中で倒れて再入院。パリには行けませんでしたが、民代にとっての大切なキャンサーギフトである心たちのお陰で、病室でパーティーをしたり、VRでパリの朝日を浴びることが出来たところです。

関連記事

『アライブ』9話のネタバレ感想!高坂民代にまた泣かされた!主題歌が追い打ちで涙を誘う

10話のあらすじネタバレ

10話の見どころは、結城涼が有馬総合病院の理事の息子であることが判明しますが、結城自身は横浜みなと総合病院で外科医を目指したいと考えており、そのことを理事である母・美紀子に伝え、理解してもらうことができたところです。

関連記事

『アライブ』10話のネタバレ感想!結城涼が覚醒!薫先生の乳がんが再発

11話(最終回)のあらすじネタバレ

11話(最終回)の見どころは、ガンが再発した薫の治療に向き合うために、心は国立がん医療センターからの誘いを断りましたが、3年後、薫はガンを克服し外科医として復帰、心も国立がん医療センターで腫瘍内科医として新薬の開発に携われていたところです。

関連記事

『アライブ』11話(最終回)のネタバレ感想!恩梶の笑顔が尊い!心温まる結末で着地