ドラマル

『アライブ』11話(最終回)のネタバレ感想!恩梶の笑顔が尊い!心温まる結末で着地

2020年3月19日に放送されたドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』11話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、薫にがんの再発が判明し、心は二人で乗り越えようと誓い合う!
薫は病状が重い中、外科医としての仕事を続けたいと心に頼み…。

関連記事

『アライブ がん専門医のカルテ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アライブ がん専門医のカルテ』11話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アライブ』最終回のあらすじネタバレ

検査の結果、梶山薫(木村佳乃)は脊椎にガンが再発。オペが難しい状況でした。薫は恩田心(松下奈緒)に抗がん剤治療を受けながら、外科医の仕事を続けたいという希望を伝えます。薫の希望を聞いた阿久津晃(木下ほうか)は、薫にとっては仕事が生きがいであり、生きがいは何よりも効く薬だと話します。

心は阿久津から、国立がん医療センターへの異動について確認されます。阿久津は今後のために、ここから巣立つべきだと勧めますが、心は薫のこともあり決断しきれません。

佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で抗がん剤治療を受けていると、薫がやって来ました。横の席で同じく抗がん剤治療を始めようとする薫に莉子は驚きます。薫は莉子にガンが再発したと報告。外科医の仕事も続けると前向きな薫に莉子は「NOT ALONE」の編集を手伝っていることを伝え、取材を依頼します。

心は担当の患者・橘千寿子(三田寛子)に手術の執刀医として薫を紹介します。「化学療法室にいらっしゃいましたよね」と千寿子。心は「梶山先生は抗がん剤治療を続けながら仕事をしているんです」と説明します。「素敵ですね」と千寿子は感心します。

抗がん剤の副作用で髪が抜け始めた薫。自らバリカンで髪を剃り落とし、帽子をかぶってカンファレンスに臨みます。その姿を光野守男(藤井隆)は「かっこいいね」と称賛します。

千寿子の元に娘の麗奈(佐津川愛美)が見舞いに来て、千寿子の横で抗がん剤治療をする薫に挨拶をします。千寿子は離婚後、朝から晩まで仕事に追われて麗奈の行事ごとには参加してやれなかったことを悔やんでいました。だからこそ予定通りに結婚式を挙げさせてやりたいと話し、手術の日程を遅らせてもらえないかと薫に相談します。薫は事情を理解し検討します。

一方、麗奈は心に、千寿子の手術は遅らせることなく優先して欲しいと訴えていました。
「私にとっては母の命が何よりも大切なんです。私が説得しますので」と麗奈。更に「梶山先生で本当に大丈夫なんでしょうか。体調が万全ではないんですよね?」と言いにくそうに尋ねます。
「梶山先生は高い技術を持っています。お母さんの手術には適任だと思います」と心は答えました。

薫の治療データーを確認する心。病状は思わしくなく、化学療法室で痛みに苦しむ薫の姿も目撃します。

千寿子は麗奈の説得を受け、手術は予定通り行われることに。千寿子は「娘がいろいろ言ったようですが、手術は梶山先生のままでお願いしたい。病気で仕事を続けるってすごいと思うから」と心に伝えるのでした。

屋上で1人考える心。意を決して心は薫に「今回のオペは下りて」と告げます。「これは私の判断。痛むよね?今の状態でメスを握らせる訳にはいかない」と心。
薫は「分かった。言いにくいこと言わせちゃってごめんね」と了承します。薫を思い涙をこらえる心。

帰宅後、元気のない心に気づき、恩田京太郎(北大路欣也)が「何かあったの?」と声を掛けます。
「大切な人の生きがいを奪ったんです」と心は答えます。心の辛さを理解する京太郎。そばで聞いていた恩田漣(桑名愛斗)が「生きがいって何?」と聞きます。京太郎は「私にとっての漣だよ。自分が幸せだって実感させてくれる大切な存在のこと」と説明するのでした。

千寿子のオペが始まります。モニターで見守る薫。
心が千寿子の病室へ行くと、麗奈が泣いていました。麗奈は心に、結婚の話はとっくに流れてしまっていることを打ち明けます。結婚式を生きがいに頑張っている千寿子にどうしても言い出せなかったと。
心は「お母さまは橘さんの気持ち、きっと分かってくれると思いますよ」と麗奈を励まします。

オペは無事終了し、千寿子が病室に戻って来ました。麗奈は「ありがとうございました。梶山先生にもよろしくお伝えください」と頭を下げました。

心は薫の元へ。倒れている薫を発見します。薫は骨転移による不全麻痺を起こしていました。
病室で横たわる薫。目から涙が流れ落ちます。その姿に病室を出た心も泣き崩れるのでした。

結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)はそれぞれの進路に悩んでいました。外科を希望していた結城ですが、病気だけでなく患者自身と向き合える腫瘍内科の良さを再確認していました。小児科希望だった夏樹も結城の思いに同調します。

外科部長の美川史郎(阿南健治)は、薫の外科医としての姿勢を認めながらも、今は焦らず体のことを1番に考えることを勧めます。思い悩む薫。須藤進(田辺誠一)に電話を入れようとしたところで、心と結城が病室に入って来ました。2人はリハビリ道具を差し入れます。

心は阿久津に国立がん医療センター行きを断ります。「梶山先生がいるからでしょ?」と阿久津は聞きます。
薫の治療と向き合いたいと言う心に、阿久津は「先方にもう少し待ってもらうようお願いしてみる」と伝えるのでした。
薫は同僚から、心が国立がん医療センターからの誘いを断ったことを耳にします。

心は千寿子を診察します。千寿子は麗奈から結婚が破談したことを聞いていました。「先生、ごめんなさいね。娘の嘘に付き合わせて」と心に謝罪します。自分の病気のせいで結婚が破談になったのかとショックを受けていた時、薫が毎日車椅子で病室に顔を出してくれたと千寿子は話します。薫と出会って、病気でも人助けができると分かったとのこと。春から千寿子も介護の仕事に戻ることを決めたのでした。

心は薫の病室へ。千寿子の病室を毎日訪ねてくれたことに感謝し、無事退院が決まったことを報告します。「そうか、良かった。あっどうしよう。私、今嬉しいじゃなくて羨ましいって思っちゃった」と言って涙を流す薫。心は「そんな時もあるよ。いいんだよ。それで」と薫に優しく声を掛けました。

翌日、須藤が心を訪ねてきました。「NOT ALONE」の薫の記事を読んで薫のガンの再発を知ったとのこと。
心は薫に須藤が来ていることを告げますが、薫は会おうとはしませんでした。心は薫のことを心配する須藤に、薫なりに前を向いて進んでいること、須藤に感謝していたことを伝えます。
心に感謝して去ろうとする須藤に、心は「須藤先生、5時からリハビリです」と言って場所を伝えます。
須藤はリハビリ室へ。子供達と触れ合いながらリハビリに励む薫の姿を見て、涙を浮かべる須藤。

京太郎と漣が薫の見舞いにやって来ました。京太郎は「ずっとあなたに伝えたかったことがあって。心ちゃんにとってあなたは特別な存在だ。あなたがいたから、心ちゃんは辛い時期を乗り越えられたんだと思う。ありがとう」と薫に伝えます。その言葉に涙を流す薫。

阿久津から、国立がん医療センターは今すぐ人手を欲しがっており、先延ばしにすることは出来ないと告げられた心。力になれなかったと謝る阿久津に心は「ここの腫瘍内科、居心地サイコーなんで」と感謝を込めて伝えるのでした。

薫は心を屋上に呼び出します。薫は「なんで断ったの?国立がん医療センターからの誘い。私のため?」と聞きます。「違うよ。私、行くんだ」と心は答え、薫の治療が落ち着くまで先方に待って欲しいと何度も頼み込んだと伝えます。「本当に?心先生、ありがとう」と薫は嬉しそうに微笑みます。
「私ね、いつか新薬を開発したいと思ってるの。この国に500万人以上いるガン患者さんのために。薫先生のためにも」と心。笑顔で薫も頷くのでした。

春。
夏樹は腫瘍内科に残り、結城は外科へ。莉子は「NOT ALONE」の編集ライターとなり、生き生きと働いていました。バッグには高坂民代(高畑淳子)からもらった黄色のスカーフが。そして結城が腫瘍内科を離れ、莉子が直属の患者ではなくなったことを期に2人は付き合うことに。
阿久津は国立がん医療センターに心の異動について掛け合っていました。

3年後。
心は国立がん医療センターの腫瘍内科医として働いていました。そして手術を行う薫。
心は横浜みなと総合病院へ向かいます。屋上で会う心と薫。心は薫に花束を渡します。ガンを克服し、外科医として復帰することが出来た薫は笑顔でした。

スポンサーリンク

『アライブ』最終回のネタバレ感想

50代女性

sun

ガンが再発して抗がん剤治療をしながら、外科医の仕事を続けることを希望した薫。橘千寿子の手術を執刀するはずが、病状悪化で下りることに。薫の生きがいである外科医の仕事を奪わなければならなかった、心の苦しみにも涙が止まりませんでした。
病気であってもできることを全うしようとする薫の姿が、千寿子にも力を与えました。そんな薫ですが、千寿子の退院が決まったと心から聞いた時、「嬉しい」ではなく「羨ましい」と思ってしまい、そんな自分に涙するという姿がとてもリアルで。そして薫に寄り添う心。この2人の絆が本当に美しかった。
国立がん医療センターからの誘いを断って、心は薫の治療に寄り添いました。薫は心にとって特別な存在であり、この時間は今後の人生の中で大切なものに繋がったと信じます。

研修医の夏樹は腫瘍内科に残り、結城は外科に行くという私の予想は見事的中。莉子と結城が手を繋いで歩く姿は微笑ましく、見ている私も笑顔になれました。

阿久津の協力もあり、国立がん医療センターに進んだ心。希望通り新薬の開発に携わっている様子でした。
薫がどうなったのか心配でしたが、3年後、見事に外科医として復帰していました。手術後5年の記念日に渡せなかった花と同系色の花束を心が薫に掲げたシーンは、もう涙腺崩壊でした。

恩梶の笑顔が尊い!最高のハートフル医療ドラマとして着地

最終回も良かったですね!
がん再発するも仕事を続ける薫先生と支える心先生。スパッと髪を切りカッコいい姿を見せる薫が、心だけに見せた弱さが泣けました。

そして、薫のがんが消えたことを知り、心が渡せなかった花束を素敵な笑顔と共に薫に渡すラストシーンが、ドラマ『アライブ』の重々しさをすべて払拭してくれました。

視聴者に感動はもちろん、生きる力や喜びを与えてくれる心温まる最高のドラマでしたね。

まとめ

『アライブ』は、目を背けたくなるようなシーンもありましたが、そんな心が締め付けられる回もあったからこそ、最終回を終えて良いドラマだったなと感じられました。

がん患者と医師との関係だけでなく、患者ひとり一人の家族や周辺(友人など)との関係も丁寧に描かれていて、がんと向き合う人々の生き様に感情を激しく揺さぶらされましたね。
中でも、高畑淳子さん演じる民代さんこと高坂民代のがんと共存する生き方には、何度も泣かされました。

最終回は、薫先生が亡くなるバッドエンドを覚悟していましたが、結城涼(清原翔)と佐倉莉子(小川紗良)との関係も微笑ましかったし、最後は恩梶の強い絆を感じられる結末で、晴れやかな気分になれる最高のハッピーエンドだったのが良かったですね。