ドラマル

『アライブ』10話のネタバレ感想!結城涼が覚醒!薫先生の乳がんが再発

2020年3月12日に放送されたドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、心と薫が、すい臓がんの患者・佐伯芳雄を担当することに!
そんな中、外科医志望の研修医・結城涼(清原翔)の素性が明らかになり…。

関連記事

『アライブ がん専門医のカルテ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アライブ がん専門医のカルテ』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アライブ』10話のあらすじネタバレ

恩田心(松下奈緒)は担当の膵臓ガン患者・佐伯芳雄(相島一之)に抗がん剤治療後の手術について説明し、執刀医の梶山薫(木村佳乃)を紹介します。薫が手術の説明を始めようとすると、突然芳雄の弟の佐伯隼人(丸山智己)は「有馬総合病院に転院させます。手術は実績のある病院へお願いしたい」と言い出しました。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院でとの意向ですが、隼人は譲りません。有馬総合病院には知り合いがいて、既に受け入れを承諾してもらっていると言います。心と薫は隼人の意向に添うことにしました。

研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間もそろそろ終わりに近づいていました。阿久津晃(木下ほうか)は腫瘍内科に誘いますが、結城は外科、夏樹は小児科を希望していました。阿久津はどうしても2人に腫瘍内科に進路を決めて欲しい様子です。

阿久津は心を呼び出し「国立がん医療センターから君にお呼びがかかった。僕が推薦したからなんだけど」と伝えます。ここではできない治験や最新の研究ができることを伝え、「もっと上を目指して欲しい。こちらも腫瘍内科を強化し、おんころ先生のやってきたことを継続していく」と阿久津は言います。その為には人員が必要で、結城と夏樹には何としてでも腫瘍内科にとどまってもらいたいとのことでした。

薫が有馬総合病院理事・結城美紀子(とよた真帆)を心の元へ連れてきました。芳雄の転院について現場の医師が承諾したようだが、手術を待っている患者がおり、芳雄の病状を考えて意向に添うことはできないと謝罪に来た旨を美紀子は説明します。「息子の職場も見ておきたかったので」とも。美紀子は結城涼の母親でした。

抗がん剤治療中の佐倉莉子(小川紗良)は、ピアサポーターになるための勉強をしていることを結城に話しますが、結城の元気のない様子が気になります。治療後、結城をカラオケに誘う莉子。相談にはのれないが気晴らしになるのではと。そこへ美紀子が歩いて来ました。結城は莉子に「母です」と紹介。莉子は慌てた様子で挨拶します。話の途中でしたが居づらくなり莉子は帰ります。美紀子は用事で来たことを伝え、患者との距離の置き方を結城に指導するのでした。

心は薫と結城を伴い芳雄の病室へ。芳雄と隼人に転院できないことを説明し当院での手術を勧めます。隼人は反対しますが、芳雄は「俺はこの先生たちを信じる。俺の体だ。どうするかは俺が決める」と言います。言い合う2人に心は「他を探してもらうのは構いません。こちらはこちらで準備をすすめます」と伝えるのでした。

アメリカに留学中の結城の弟・結城駿(若林拓也)が帰国。実家に帰った結城は駿と美紀子、祖父の有馬晋(品川徹)と食事をします。晋は駿に留学中の様子を聞きます。結城には「うちで研修を受ければいいものを。大丈夫なのか?」と言いますが、美紀子は「他の病院を知ることは悪いことではない。時には寄り道も必要」と伝えます。「寄り道」という言い方が癇に障り、結城は「患者の受け入れ断ったんだってね。受け入れたよね?お父さんなら」と美紀子に告げるのでした。

芳雄の術前カンファレンス。珍しく薫が遅刻してきます。薫は心の提案で行った術前化学療法で、原発部分が縮小したと評価。他の医師も同意します。心は薫に結城を芳雄のオペに参加させて欲しいと頼みます。阿久津は外科に勧めるようなことをする心に不満げですが、心は「腫瘍内科の将来も大事ですが、結城先生の将来も大事ですから」と言い切るのでした。

薫は芳雄に手術の説明をします。心と結城も同席。芳雄は隼人が失礼なことをしたと謝ります。隼人は稼ぎが少ない独り身の芳雄を心配し、毎月仕送りまでしてくれるとのこと。「決して悪い奴ではない。むしろ自慢の弟なんです」と芳雄は言うのでした。

薫は結城に芳雄の手術の第2助手として参加してもらうことを依頼。結城は研修が終わったら有馬総合病院に行くべきか薫に相談します。薫は芳雄の件で美紀子が当院に来た際、採用面接みたいにいろいろなことを聞かれたと話します。当院には患者のために頑張っているドクターばかりだと伝えたところ、ここなら任せても大丈夫だと判断して芳雄の転院を断った様子だったと結城に言います。
「行くべきかどうかじゃなくて、行きたいかどうかで考えたら?」と薫は結城にアドバイスするのでした。

芳雄の手術当日。隼人は「ごめんな。何も出来なくて」と芳雄に言います。「俺が決めたんだ。あと、もう無理するな」と芳雄。隼人は「何だよ、それ」と戸惑った様子。
手術室前で待つ隼人。「兄はこれまで10年以上親の介護をしてきた。会社も辞めて愚痴1つこぼさず、ずっと耐えて来きたんです。ようやく解放された矢先ですよ。兄の人生って何だったのか。兄を助けてください。お願いします」と心に頭を下げます。

手術開始。心と夏樹も映像で見守ります。主要部位は切除できたが、腫瘍の浸潤が激しくそれ以上は無理だと薫は判断。
手術終了後、薫は根治手術まではいかず、取り残したガンは化学療法と放射線治療で対応することを隼人に説明。その後は心に引き継ぎます。
「どうしても考えてしまう。有馬総合病院で手術していたらガンが取り切れていたのではと」と隼人。心は「それは分かりません。でもお兄様なら乗り越えられると思っています」と伝えます。膵臓ガンの告知の際も取り乱すことなく冷静で、常に前を向いていた芳雄の様子を伝え「ここから長い戦いになる。支えになってあげてください。一緒に戦いましょう」と心は言います。心の言葉に感謝し隼人は頭を下げました。

翌日、心が芳雄の回診をしていると、隼人が妻の香織と娘を連れて見舞いにやって来ました。隼人は「兄貴、知ってたんだってな。家の会社がうまくいってないって。仕送りしていたお金もそのまま香織に渡してたって。だからガンのことも俺に隠してたんだろ?」と芳雄に言います。自分より人のことを助けようとする芳雄のために成功しなきゃいけなかったと悔いる隼人。
「俺はお前に成功して欲しかったんじゃない。やりたいことをやって欲しかっただけだ。幸せかどうかなんて自分が決めるんだ」と芳雄は言います。

病室で芳雄と隼人の言葉を聞いていた結城は「弟さん、ずっと頑張って来たんでしょうね。お兄さんの期待に答えなきゃって」と心に言います。
心は「いつの間にか、そう思い込んでいたのかも。ただ、弟さんのことを応援したいだけだったのに」と答えます。「家族の期待が重荷になることもある。でも、それって本当に背負わなくちゃいけないことなのかな。結城先生はどんな医者になりたいの?」と結城に尋ねる心。
結城は、患者のことばかり考えているような医者である父親のことを話し始めます。母と結婚して、有馬総合病院の跡取りとして期待されたが、祖父とは折が合わず今は地方の病院で働いているとのこと。どんな医者になりたいか聞かれて、思い浮かぶのはいつも父だと結城は言います。
「ちゃんと立派な目標があるんじゃない」と心は微笑むのでした。

結城は実家の美紀子の元へ。
「俺、有馬総合病院に行くつもりはない。横浜みなと総合病院で外科医を目指そうと思ってる。分かってもらえないかもしれないけど、俺、お父さんのような医者になりたい」と美紀子に伝えます。
「そう」と美紀子。帰ろうとする結城に美紀子は「お父さんはね、不愛想で人に誤解されやすいけど、患者のことばっかり考えているようなとってもいい医者よ。頑張ってね、涼君」と微笑むのでした。

結城は化学療法室で莉子に「カラオケいつにします?」と声を掛けます。喜ぶ莉子。早速日にちを決めるのでした。

その夜、心と薫は高級レストランで食事をします。心は記念日を一緒に祝いたいと言っていた薫に「何の記念日か教えて」と聞きます。「実は今日で乳がんの手術を受けて5年になるんだ」と薫。心はそのことを承知しており密かにプレゼントを用意していました。「でも、再発が分かった」と薫。心の表情が変わります。芳雄の術前カンファレンスに薫が遅刻してきたあの日。薫は再発の告知を受けていたのでした。
「一緒に戦って欲しい」と薫は心に頼みます。心は「もちろん」と真剣に頷くのでした。

スポンサーリンク

『アライブ』10話のネタバレ感想

50代女性

sun

清原翔さん演じる結城が有馬総合病院の御曹司だということが判明しました。何かを抱えている感じがしていましたが、海外留学している優秀な弟や、祖父、母の存在がプレッシャーとなっていたことが分かりました。祖父とは考えが合わずに、今は地方の病院で働いている結城の父親。患者のことばかり考えている父親のような医者になりたいと思う結城の気持ちがとても温かく感じられました。
母の美紀子に、有馬総合病院に行くつもりはないことや、父のような医者になりたいと言うことが出来た結城。理解してもらえないと思っていた美紀子が、父のことをとてもいい医者だと褒め、応援してくれたことは本当に嬉しかったのだと思います。その思いを莉子に聞いてもらいたかったのですね。カラオケに行くことを約束し合った結城と莉子の様子も微笑ましかったです。

まだまだ安心させてくれないのですね。乳がん手術から5年の記念日を迎えた薫に再発とは。一緒に戦って欲しいと言われた心は、国立がん医療センターからの誘いを断るのでしょうか。
薫には生きて欲しい。しっかりと最終回を見届けます。

結城涼が覚醒!薫先生の乳がんが再発

何やらいつもモヤっとした表情で浮かないキャラだった結城涼(清原翔)ですが、大きな悩みを抱えていたんですね。
そのギャップもあり、進むべき道を決断した後に見せた清々しい表情が印象的でした。

10話までず~~っと悩む研修医を演技続けていたとは!
結城を演じた清原翔さんに「お疲れ様でした」と言いたくなりましたね。

その結城に「行くべきかどうかじゃなくて行きたいかどうかで考えたら?」と助言していた薫先生。
乳がんが再発して、どうも最終回やばそう…。
心と外食をする姿を見てほっこりしていた矢先、ドラマ『アライブ』は本当に視聴者の感情を揺さぶりますね。
もう予告だけでハラハラです。

薫先生まで心は失うのか?
『アライブ』はずっと重めなので、最後は大ハッピーエンドの展開でお願いしたいですね。

『アライブ がん専門医のカルテ』11話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『アライブ がん専門医のカルテ』11話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。

 心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。医師としての将来を思う阿久津晃(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。また、研修期間が終わろうとしている結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。  佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。治療を受ける薫に驚く莉子。だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていて…。

 2人の女医、そしてそれぞれの医師たちに、やがて変革と旅立ちのときが訪れようとしていたー。

出典:https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_11.html