ドラマル

『アライブ』7話のネタバレ感想!北大路欣也の言葉に号泣!京太郎が失敗した須藤に道を示す

2020年2月20日に放送されたドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、引きこもりの息子を持つ武井正弘(平田満)という患者を担当することに!
そんな中、心は須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てるが…。

関連記事

『アライブ がん専門医のカルテ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アライブ がん専門医のカルテ』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『アライブ』7話のあらすじネタバレ

恩田心(松下奈緒)は、3年前に膀胱がんを発症した武井正弘(平田満)を診察していました。結城涼(清原翔)も同席します。
息子の武井健太(篠原篤)の同席も求めていましたが武井は1人で来ていました。心は「肺への転移が見つかりました」と告知。武井は動揺します。心は明日から入院して精密検査と抗がん剤治療を始めることを武井に勧めますが、頑なに拒否。武井は仕事があるので何とか通院で治療できないかと訴えます。

心は廊下で梶山薫(木村佳乃)と会い、須藤進(田辺誠一)のことを調査委員会に報告したと告げます。
「本当に良かったんだよね?」と心。「もちろん」と薫は答えるのでした。

次の武井の診察。疲れた様子の武井を心配する心。心は今後の治療は家族の理解と協力が必要だと武井に伝え、健太との面会を希望しますが武井は理由を付けて断ります。
診察数時間後、廊下の椅子で眠る武井を結城が見かけ声を掛けます。武井は「先生、私はあとどれくらい生きられるのでしょうか」と余命1年半と書かれた記事を結城に見せ詰め寄ります。困った結城が「あくまでも統計的なもので」と答えると「やっぱりそうなんですか」と武井は呟くのでした。

その日の帰り、心の元に須藤から電話が。「1度直接会えませんか」と言われますが、即座に断り電話を切る心。

翌日、診察時間になっても武井は現れません。結城は昨日の武井の様子が気になり、心に武井とのやり取りを話します
心は結城を連れて直ぐに武井の自宅へ。
心は「結城の件は聞きました。不安にさせてしまって申し訳ございません」と結城と共に謝罪します。恐縮した様子の武井。
「武井さんがお調べになった余命はあくまでも中央値です。実際は分かりません。ただこれまでのような生活は難しくなっていきます。今後どのように過ごしていくか一緒に考えませんか?」と心は伝えます。
すると上階からガタガタと物音が。
「息子さんですか?1度お話を」と心が言うと「無理です。息子は忙しくて。今求職中でして。新卒で入った会社が合わずもっといい仕事があるだろうと探していて」と求人広告をまとめたファイルを武井は見せてきました。そこにある求人広告は大手のものばかりで、かなり古いものも。
「息子が仕事を探すまで生きられますよね」と武井は言うのでした。

心と結城が帰った後、武井は健太の部屋の前へ。ノックをして「話をしないか?大事な話があるんだ」と声を掛けますが、「今、忙しい」と健太は答えるだけでした。

その後、心は調査委員会の中間報告を受けます。
現状では今回の件は医療過誤とすることはできないとのこと。医師個人に対しての責任追及は難しいと。このレベルのことはめずらしくないと告げられた心は「医師としては理解できます。遺族としては全く理解できません」と答えるのでした。

心は帰宅。
家では恩田京太郎(北大路欣也)が恩田漣(桑名愛斗)を寝かしつけてくれていました。
心は恩田匠(中村俊介)の手術の際に、須藤の処置に問題があったようだと京太郎に伝えます。医療ミスだと思っていると、黙っていたことを謝る心。京太郎は「私を気遣ってくれていたんだろう。何があったか私にも教えてくれないか」と心に伝えました。

翌日屋上で、心は薫にも、調査委員会に医学的には医療過誤とは言えないと言われたことを伝えます。薫は「そんなの納得できる訳がないよね。ごめんなさい」と心に頭を下げるのでした。

その夜、武井の容態が急変して病院へ。健太も付き添っていました。
胸水がたまっていた武井は処置後安定。心は健太に「お父様が病気なのはご存じですよね。もうすぐ目を覚まされると思います。病室にご案内しましょうか?」と声をかけます。「すみません。後はお願いします」と立ち去ろうとする健太。
心はこんな状態なのに、健太が救急車を呼んでくれたことを武井が喜んでいたと伝え「お父様はこれからどんどん人の手が必要となります。これからのことをお話しされた方がいいかと思います」と助言します。
「10年話していないんです。母親が死んでから。僕だってこのままでいいなんて思っていません。でもどうしようもないんです」と立ち去ろうとする健太。
そんな健太に「すみません。保険証を持ってきてもらえますか?手続きに必要なので」と結城が声をかけました。

須藤と会う薫。
薫は「どうしてずっと黙っていたの?」と責めます。「すまない」と謝る須藤。
乳がんになった時、そばで支えてくれた須藤のことを信じていた薫。ずっと考えないようにしていたが、もう目をそらすことは止めると言います。「先生は多分自分のミスに気づいていた。手術が終わった後、下大静脈が狭窄していることを私に教えてくれなかったのは、心停止になった責任が私にあると思い込ませるためだったんでしょう?これだけは調査委員会で言えなかった。でも報告する。さよなら」と言って立ち去る薫。須藤は黙って立ち続けます。

健太は保険証を届けに再び病院へ。
受付から連絡が来て結城がやって来ます。結城は健太を武井の病室へ案内します。病室へ入って来た健太に武井は「健太、すまなかったな」と声をかけます。健太は保険証を置いてすぐに帰ろうとしますが、結城が追って「保険証ありがとうございました」と声をかけます。
「やっとなんですよ。保険証を持ってくることが僕にとっては死ぬほど辛いんです」と健太は言います。武井も理解しているはずだと結城は言いますが、健太は否定。
「お父さんのファイルを見て、武井さんが一生懸命あなたのことを考えていると思いました」と結城は伝えますが、「どこがだよ」と言い残して健太は帰って行きました。

帰宅した健太は、テーブルの上のファイルを見ます。プログラマー志望だった健太を思い、武井はプログラマーの求人広告ばかりを集めていました。様々な思いが頭をよぎり泣き崩れる健太。

その夜、心の自宅に須藤が訪れました。
心と京太郎に「匠さんの死の原因は全て私にあります。本当に申し訳ございません」と謝罪します。手術で何があったのかを伝えに来たとのことでした。
匠の手術が始まってまもなく下大静脈の止血が必要になり、薫は無理をせずパッキングすることを提案。しかし須藤は自信があったので縫合することを選択。実際に止血されたが、結果、血管を狭窄させてしまったと言います。須藤はそれを失敗だと認めることが出来ず、その結果、薫に背負わせてしまったということでした。
「梶山先生にしっかり伝えていれば助かったかもしれない。あなたのそのくだらないプライドのせいで夫は」と心は叫びます。須藤は「その通りです。全責任は私にあります。関東医大は辞職してきました」と謝罪を続けます。
「あなたはあの時どういう気持ちで死亡時刻を告げたんですか?どういう気持ちで匠を見ていたんですか?私たちはあなたにすがっていた」と大声を出す薫。京太郎は心を優しくなだめます。
「医者は続けるつもりですか?続けなさい。この過ちを背負いこれからも多くの命を救って欲しい。それがあなたに出来る償いです」と京太郎。「安いセリフだな。昔こんな脚本を書いたことがある。こんなセリフをまともに言える訳がない。たとえあなたがこれから何千、何万の命を救っても匠は生き返らない。私は匠の死を死ぬまで嘆きあなたへの怒りを抱えて生きます。それが私の本心。こういう人間がいることを忘れないで下さい」と。須藤は「はい」と答え、計り知れない思いを受け取るのでした。

翌日、関河隆一(三浦翔平)が心の元へ。明日発売の記事を心に見せます。そこには須藤が自ら正直に語った真実の内容が書かれていました。
医者として、患者の家族として、どちらの思いも分かる心の苦しみを推し量る関河。かつて医学部生だった関河は、実習の時、患者には知らされていない情報があまりにも多いことに納得できず、医学部を中退し、この道に入ったと言います。医療現場の現実を知り、不正か否かの線引きは難しいと感じていると。
心は「辛い事実でしたが、真実を知ることができて感謝しています」と関河に伝えるのでした。

武井が診察のために家を出ると、「父さん、俺も行く」と健太も出てきました。
武井の診察に同席する健太。結城も微笑みます。

屋上で、心は須藤が謝りにきたことを薫に伝えます。そして「彼は事実から目を背け逃げ続けていたけれど、ずっと責任は感じていた。薫先生だけに責任を押し付ける気持ちはなかったのだと思うよ」と伝えます。
「ちゃんと話をしなくちゃね。私、須藤先生と…」と言いかける薫に、「言わなくていいよ」と声をかける心。泣き出した薫を心は優しく抱きしめます。「もう大丈夫、ごめん、ごめん」と薫。心が去った後、薫は退職届を見つめるのでした。

『アライブ』7話のネタバレ感想

50代女性

sun

須藤を調査委員会に訴えた心。中間報告では医療過誤とは認められず、このレベルのことは珍しくないとも言われてしまいました。医師としては理解できるが、遺族としては全く理解できないという心の言葉には考えさせられました。決して綺麗ごとだけで終わらせることはしない内容に毎回心打たれます。

膀胱がんを患った武井とその息子健太。10年間も父親との会話がないまま、部屋に閉じこもっていた健太も苦しんでいました。病院に保険証を持ってくることが、健太にとっては死ぬほど辛いことだと。涙が出ました。結城も親への不満を抱えてきた様子。さりげない機転が健太に届いたようですね。なにかぶっきらぼうな清原翔さんの演技からは、素直ではないがしっかりと歩む若者の姿が伝わります。素晴らしいですね。

医療過誤を薫に押し付けたと須藤を悪人の目で見ていましたが、自分の非を認め真実を公表して謝罪をした須藤の姿を見て少し安心しました。
匠の件が一応解決となり、心と薫の関係も修復されました。新たな方向へ動くのでしょうか。来週も期待します。

北大路欣也の言葉に号泣!京太郎が失敗した須藤に道を示す

北大路欣也さん扮する恩田京太郎の須藤への言葉が胸に刺さりましたね。あのジャッジを下されたら、須藤はもちろん心も何も言うことはないでしょう。

それにしても、須藤進はもっと下衆な男かとも思いましたが、過ちを認めることが出来たので、根っからの悪人ではありませんでしたね。
演者が田辺誠一さんなんで、直近『3年A組』の印象からどんな豹変ぶりを出すかを楽しみにしていたのですが…。
裏をかかれ、逆に面白かったです。

一度は、隠蔽して罪を薫にきせるという非道を行った須藤ですが、過ちを認め、遺族の家に出向き謝罪する姿には少し同情するし、勇気があると感じました。
京太郎の言うように、匠のこと遺族のことを忘れずに、多くの命を救うため須藤には医師を続けて欲しいですね。

でも、薫は可哀想すぎる。
須藤には薫にもしっかりと謝罪をして欲しい!

『アライブ がん専門医のカルテ』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『アライブ がん専門医のカルテ』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。

 そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。

 一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり…。
交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。そんな薫に心は…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_08.html