ドラマル

『アライブ』6話のネタバレ感想!須藤進は梶山薫の才能・技術を恐れた?

2020年2月13日に放送されたドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、心に避けられる薫だが、手術を待つ患者のため横浜みなと総合病院に残っていた!
そんな中、匠の医療過誤を調べる関河は、当時の事実を知る人物と会い…。

関連記事

『アライブ がん専門医のカルテ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アライブ がん専門医のカルテ』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アライブ』6話のあらすじネタバレ

梶山薫(木村佳乃)は消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に退職願を出します。美川は、オペを待っている患者達への最低限の責任は取るようにと、簡単には退職届は受け取りません。

一方、関河隆一(三浦翔平)は関東医大の医師・安田に呼び出されていました。恩田匠(中村俊介)のオペについて本当のことを知らせたいと言います。しかし術後のCTはあえて撮られず証拠がないとのこと。
関河は、もう1度匠の情報を調べてもらえないかと安田に依頼します。

心が医局に戻ると、机の上にはペットボトルの水が。光野守男(藤井隆)の話によると、「ガンが消える水」とのことで元患者が無断で配っていたとのこと。最初は無料で次回からは5000円徴収するシステムだと。
心は「弱っている人に付け込んでるなら許せない」と怒ります。

心と結城涼(清原翔)は、胃がんステージⅢの患者・土方絵麻(清水くるみ)と父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)と面談。病気の告知後、抗がん剤で術前化学療法後に手術となることを説明します。
徳介は「駄目だよ。家の母親も親戚も、抗がん剤治療をやって苦しんで死んでいった」と抗がん剤治療に否定的。心は以前と比べて抗がん剤も随分変わったことや、副作用を抑える薬もあることを説明しますが徳介は納得しない様子。絵麻は「お父さん、先生も昔と違うって言ってくれてるんだし、私頑張るから」と治療を承諾します。

薫はオペが迫った高坂民代(高畑淳子)についての緊急カンファレンスを要請。最新の民代のCTで腹膜播種の可能性があると指摘し、他の医師の見解を求めます。薫の腕を見込んで、術中検査後に陽性なら肝切除は諦める等の意見が出ます。
そんな中、心は「無理な手術は避けたい」と発言。心の発言に対して、薫の腕の良さは心が一番知っているはずだという疑問の声も上がります。
結局、肝切除が出来るか否かは術中の判断によることを、心が民代に説明しておくことになりました。

その夜心は、どこかで話ができないかと関河に電話を入れます。関河は承諾。日程はあらためて連絡するということになりました。

佐倉莉子(小川紗良)が診察にやって来ました。心に「先生、脱毛を抑える薬ってないんですか?」と聞きます。同席していた結城にさりげなく仕事を頼み、席を外させる心。女性同士、莉子のウィッグの相談にのります。莉子は「ウィッグが安物でひどい」と気にしていました。うまいごまかし方を研究中だと言います。心は「焦らずに行きましょうね」と莉子を励ますのでした。

徳介と律子が、絵麻の手術の執刀医を変えて欲しいと心に依頼してきました。腕の良い評判の薫にお願いしたいとのこと。「まずは抗がん剤治療を」と話す心ですが、徳介は一方的な言い方で薫に頼んで欲しいと依頼します。

その頃、薫は民代に「本当に手術の執刀医は私でいいんですか?」と確認していました。「迷っている人に命は預けられないわよ。何かあった?」と民代。「辛い時は笑って見せるの。意外とやり過ごせるもんよ」と民代は薫の口角を手で上げ励まします。泣きそうになり慌てて顔を隠す薫。

莉子は体調が悪くなり廊下で座り込んでいました。そこへ徳介が通りかかり声を掛けます。そばにいた結城も駆け寄ります。徳介は莉子が手にしていた資料から、莉子が抗がん剤治療を受けていることを知り不安に。絵麻のもとへ向かいます。
徳介は化学療法室に入って来て「やめろ。これは毒だ」と叫び、抗がん剤治療を絵麻に始めようとしていた心を突き飛ばします。床に倒れる心。心はすぐに立ち上がり徳介を落ち着かせようとしますが「ごめんなさい。私が悪いの。病気になってごめんなさい。親より先に病気になるなんて。先生、これ外してもらえますか?」と絵麻。抗がん剤治療は中止に。
その後、律子から、化学療法はやらずにフィルピースクリニックを受診する旨の連絡が心に入りました。
光野曰く、医学的根拠のないサプリ等を扱い手広く商売しているとのこと。「ガンが消える水」もこのクリニックが出していました。
阿久津晃(木下ほうか)は「ただ1つ言えることは、僕たち腫瘍内科医がもっともっと信頼されるように精進するべきだということ」とみんなに伝えます。

翌日、心は抗がん剤への誤解を解くために、標準治療について結城と共にまとめた資料を徳介に渡します。抗がん剤治療と民間療法における生存率のデーターをもとに説明しますが、徳介は「確率なんかじゃない。たった1つの娘の命が守れるかを考えているんだ」と叫びます。「それは私達も同じです」と心は伝えますが、徳介の考えは変わりませんでした。

仕事を終え、関河と喫茶店で会う心。
心は「梶山先生の医療過誤によって夫は亡くなったと聞きました。それは本当ですか?」と関河に聞きます。「医療過誤があったことは確かだと。こちらも今調べているところです。確証を得たらお伝えします」と関河は答えます。「何の確証ですか?」と気にする心に「1つだけお伝えしておきます。梶山先生はお父さんを亡くしているんです。医療過誤によって」と関河は告げるのでした。

民代の手術が始まりました。薫は心が言った「このオペが高坂さんにとって生きるモチベーションになっている」という言葉を胸に手術に向かいます。
しかし途中で腹膜播種が判明。薫は考えますが閉腹することに。閉腹も薫自身の手で行いました。

薫は心の元へ。「ごめんなさい。腹膜播種があって手術できなかった」と。「謝ることじゃないでしょ。私も考えた。執刀医が本当にあなたでいいのか。でも民代さんはあなたを選んだ。術後の説明はちゃんとしてあげてください」と心は伝えます。

その夜、薫は須藤進(田辺誠一)と会います。薫は心にすべてを打ち明けたと話し、須藤の教授選への影響を心配します。
須藤は「大丈夫だ。何とかするから」と薫を慰めます。

心は民代の病室へ。
今後は抗がん剤で継続的な治療をしていくことを伝えます。民代が動いたはずみでイヤホンがテレビから外れ音が。フィルピースクリニックの院長が逮捕されたニュースが流れました。
民代は「何で患者がこんなものに騙されるのか不思議でしょ?治りたいからよ。生きたいからよ。何だっていいからすがりたくなるのよ」と言うのでした。

徳介と律子が心のもとにやって来ました。
律子は「先生、もう1度娘を診てあげてください」と頭を下げます。徳介は土下座し「実はもうあのクリニックを受診してしまったんです。1日も早く治療しなくてはいけないのに。娘を守りたかっただけなんです。1番辛いのはあの子なのに。病気になってごめんなさいなんて」と言って涙を流します。
心は「きっと娘さんにはお父様の気持ち、伝わっていると思います。今からでも十分治療は出来ます。戻って来る選択をしていただいてありがとうございます」と優しく声を掛けるのでした。

その夜、心は関河と会いました。関河は匠が亡くなる前のCT画像を心に見せます。

翌日、心は薫の元へ。
薫は「ごめん、もう少しだけ待って。残りのオペが終わったらここを辞めるから」と言います。「そんなことしないで。薫先生にはオペをやって欲しい。この患者さんの執刀をお願いしたいの」と心は絵麻のデーターを薫に見せます。「この病院で1番腕の良い先生は、やっぱり薫先生だと思うから」と心。
「私には無理。もうオペの約束はできない。ここにはいられない」と立ち去ろうとする薫。
「待って、あなたを傷つけてしまうかもしれないけどこれを見て欲しい」とパソコンの画像を薫に見せる心。
「下大静脈が狭窄している」と薫は言います。心は匠のCTだと説明。事故当時の検査結果は1つも存在していなかったが、亡くなる数日前に当直医が撮っていたものを、手術の第2助手だった安田先生が手に入れてくれたと心は説明します。
「安田先生が?どうして」と薫は疑問に思います。
薫が自分のミスだと思ったのは、薫がいた位置からは縫合部位が見えなかったことが原因。薫のミスではなく原因はこの縫合をして狭窄をつくった須藤だという真実を、安田は関河に話したのだと心は説明します。
「薫先生は悪くない。それなのに私はあなたにひどいことを。辛い時いつもあなたに支えられていたのに。ごめんなさい」と心。薫は「ごめん、ちょっと待ってくれる?」と混乱します。
心が「須藤先生を調査委員会に調べて」と言いかけたところで、いきなり「駄目」と叫ぶ薫。薫の反応に心は驚きます。

その頃、須藤に呼び出された関河が関東医大を訪れていました。

スポンサーリンク

『アライブ』6話のネタバレ感想

50代女性

sun

胃がん患者・土方絵麻の抗がん剤治療をめぐって、娘を救いたいと思う両親の葛藤が描かれていました。娘を思うあまり、過去の経験から抗がん剤治療を否定してしまったり、民間治療を信じてしまうというような混乱する気持ちに胸が痛みました。フィルピースクリニックの院長が逮捕された事件について、民代は「治りたいから、生きたいから、何だっていいからすがりたくなる」と言っていました。患者本人、そしてその家族の計り知れない気持ちを思うと涙が止まりませんでした。

抗がん剤治療での脱毛について悩む莉子の様子もリアルでした。ウィッグの値段も高く、安物だからひどいと気にする莉子の気持ちを思い、さりげなく結城に席をはずさせ、女性同士2人で相談にのる心の優しさも素敵でしたね。

そして今回また新たな事実が明らかになりました。薫の医療過誤で匠が亡くなったのではなく、須藤の縫合で下大静脈が狭窄したことが原因だったと。驚きました。薫のことを心配していた須藤は、実は自分の身を心配していたことになります。教授選を控えて自分の出世のために薫を見張っていたのでしょうか。薫が混乱してしまうのも無理がないですね。傷ついた薫を救ってあげられるのは、やはり心しかいないと思います。予想外の方向にまた物語は動き出しました。来週が見逃せません。

須藤進は梶山薫の才能・技術を恐れた?

優秀な梶山薫(木村佳乃)に須藤進(田辺誠一)が、ミスを押し付け関東医科大学付属病院から追いやったということでしょうかね。

教授のポストを薫に奪われたくなかった?
現在までの情報ですと、須藤は最悪の上司であり、最低の男であるということになりそうですが、まだ何かあるかな…。

今後の展開を予想すると、心が調査委員会で、匠の医療過誤を申告。
だが、決定的な証拠がなく須藤を問い詰められない。が、薫が証言に立ち、須藤は失脚するという流れでしょうかね。

『アライブ がん専門医のカルテ』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『アライブ がん専門医のカルテ』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。

 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。

 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_07.html