ドラマル

『アライブ』2話のネタバレ感想!木村佳乃が脱いだ!美しい背中に絶賛の声

2020年1月16日に放送されたドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、腫瘍内科で性別も年齢も違う2人の乳がん患者を見ることに!
そんな中、心は義父・京太郎のことで薫に相談をするが…。

関連記事

『アライブ がん専門医のカルテ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アライブ がん専門医のカルテ』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アライブ』2話のあらすじネタバレ

梶山薫(木村佳乃)の診察を受ける高坂民代(高畑淳子)。民代は薫の手術を受けることになっています。恩田心(松下奈緒)から薫の腕は確かだと勧められたとのこと。
「あんた、相当に悪い奴なんだってね。何かやらかして前の病院追い出されたんでしょう」といつもの調子で冗談を言う民代。薫は一瞬顔をこわばらせますが「あらら、困りましたね。初対面なのにとばしてらっしゃる」と言い返します。
民代の診察をしながら、時折思いつめた表情を浮かべる薫でした。

意識不明の恩田匠(中村俊介)をいつものように見舞う心。「パパ、起きて」と匠に身を寄せます。

腫瘍内科に乳腺科から男性の乳がん患者・日ノ原徹(寺脇康文)の術前化学療法の依頼が来ました。ステージⅡとのこと。男性の患者だということで阿久津晃(木下ほうか)は担当医を光野守男(藤井隆)としました。
光野は日ノ原を診察します。「何で俺が乳がんに?」と日ノ原は戸惑っていました。光野は日ノ原の母親も乳がんだったことから、遺伝性のがんの可能性があると説明。娘がいると聞き検査を勧めます。検査は保険がきかず25万円ほどかかるとのこと。娘は元嫁のところにいて何年も会っていないと、日ノ原は考え込みます。

その頃、心は若い女性の乳がん患者、佐倉莉子(小川紗良)を診察していました。研修医の結城涼(清原翔)、夏樹奈海(岡崎紗絵)も同席します。莉子は病気のことを会社に報告することをためらっていました。腫瘍が2か所ある為、乳房全摘が望ましい状態ですが、まだ受け止めきれずに手術を遅らせることを希望しています。
莉子の診察後、夏樹は「まだ若いのに」と莉子に同情しますが、結城は「若いから将来のために治療した方がいい」と言い、言い合いになる2人。心がなだめて止めます。

心が帰宅すると、息子の恩田漣(桑名愛斗)は義父の恩田京太郎(北大路欣也)に宿題の作文をやらせていた様子。心が漣を寝かせつけながら注意すると、漣は京太郎と寝ると部屋を出て行く始末。
京太郎は「父親が居ないから、そういう存在が今は欲しいだけなんだろうね」と言います。匠がもう戻ってこないかのような京太郎の態度に苛立つ心。
スポーツジムにいた薫のもとへ心から愚痴のメールが届きました。匠の手術の後、泣き崩れる心の姿を思い出す薫。複雑な気持ちでスポーツジムを出ると、車で待つ須藤進(田辺誠一)が。声をかけずに薫は立ち去ります。

日ノ原が、女性ばかりの乳腺科の待合所へ入ることをためらっていると、乳がん患者の紀子が声をかけてきました。紀子は日ノ原の様子を察し、自分の横に座っていれば夫婦に見えると提案してくれたのでした。

莉子は1人、カラオケボックスで乳房切除のことについて調べていました。男性の歌声が響いています。
カラオケボックスを出たところで、ばったり結城と遭遇。男性の歌声の主は結城でした。
熱唱していた結城をからかう莉子。莉子は「とっとと切れと思ってます?夢とか希望とかあれば前に踏み出せるんですかね」と自分の背中を押すものがない状況を嘆きます。
「正直、とっとと切った方がいいと思います。」と病気の進行を考え言い切る結城。
「何で病気は私を選んだんだろう。先生は自分の運命を恨んだことありますか?」と莉子は結城に尋ねるのでした。

薫は中華料理屋でばったり民代と会います。寒い中外で食事をしている民代。薫は中に誘いますが「寒いからいいのよ。生きている感じがするでしょう」と民代は言います。民代と一緒に外で食事をする薫。民代は薫の顔を見て「この間の診察、初対面じゃないよね?患者会のチラシをくれたの先生だよね?」と言います。動揺する薫。変装してチラシを配ったはずが、民代には見破られていたのでした。

心は漣と京太郎を伴い、匠の病室で主治医の須藤から話を聞いていました。帰り際、須藤は「梶山薫先生はお元気ですか?」と心に聞きます。心の前では、薫は須藤を知らないことになっていると知り、須藤は薫が優秀なので、一方的に知っているだけと誤魔化します。
須藤は心の話を引き合いに薫を呼び出し、2人のこれからのことを話そうとしますが、今は考えられないと断る薫。須藤は薫に「そろそろ検査を」と勧めました。

民代は病院で、心に薫と先日飲んだことを報告します。民代が以前、心に渡した「やどりぎの会」のチラシがもとで、薫と出会えたのだと話す心。
それを聞いた民代は「ふーん」と薫の行動について考えていました。

化学療法室で抗がん剤治療をうける日ノ原のもとに、乳腺科で出会った紀子がやって来ました。氷を食べると良いとアドバイスをします。
心が紀子を見かけ、体調を心配しながら「今日はどうして化学療法室に?」と聞くと、紀子は「こっちの方が居心地がいい。先生、一生のお願い」と頼み込みます。

診察に来た莉子は、トイレで妊娠中の友人と遭遇します。幸せそうな友人のSNSを見て落ち込む莉子。たまらなくなり帰ろうとすると、名前が呼ばれました。
診察が始まり、莉子は「先生、胸を取れば心も元に戻りますか?胸が無くなることよりも、人の幸せを喜べなくなっていることが怖い。もう嫌だ。早く取っちゃって下さい」と心に訴えます。
心は「落ち着いて。1度深呼吸してみましょうか」と優しく声をかけました。結城は心配そうに見つめます。

心は莉子の手術の日程調整の連絡を入れ、術後のプランについてしっかり頭に入れておくよう結城に指示を出します。
結城がパソコンを開くと、母からメールが。今夜の食事会までに目を通すようにと学会の資料が送られてきていました。メールを削除する結城。

心は化学療法室で治療中の日ノ原のもとへ。日ノ原は、いろいろと治療においてのアドバイスに来てくれていた紀子の姿を、最近見かけなくなったと心に話します。
心は、紀子が先日亡くなったことを日ノ原に伝えます。驚く日ノ原。
「実は紀子さん、緩和ケアを別の病棟で受けていたんです。同じ病気の患者さんに何かできることをしたいと。とても強くて思いやりのある方でした」と言って、心は紀子から預かっていた紙袋を日ノ原に渡します。その中には手編みの帽子が入っていました。「お節介ばばあ」と日ノ原は呟くのでした。

心と薫は屋上で久しぶりに近況を話していました。
「この間ね、若い乳がんの患者さんが、胸を失うより人の幸せを喜べなくなっていくことが怖いって言っていたの。若いのにそれを言えるってすごいと思う」と心は薫に話します。
「そうだね。でもそれって無理してるんじゃないかな。私ね…」と薫も自分の病気のことを心に話すのでした。

心が戻ると、乳腺科から莉子がオペの説明に来なかったと連絡があったと知ります。結城が莉子に連絡を入れますがつながりません。そのため、緊急連絡先の母親に連絡。
母に連れられて莉子は病院に来ました。「この子は直前になるとすぐに逃げだすんです。自分の状況が全く理解できていないんです」と母親は心に言います。心は母の許可を得て、莉子を薫のもとに連れて行きました。

薫は「私、佐倉さんと同じ、乳がんステージⅡでした。手術前に怖くなるのは当たり前。私も人の体を散々切って来たのに、胸が無くなるのが怖くて逃げだしたの。でもね、覚悟を決めて手術を受けた。治療を始めて5年になる。お陰で好きな仕事をして、おいしいご飯を食べてお酒も飲めるようになった」と莉子に話します。
「そうなんですね。胸はどうなりました?すみません。命さえあれば十分のはずなのに、周りみたいに恋とか結婚とか出来なくなるかもしれないし。ああ、駄目だ。悪いことしか考えられない」と莉子。
部屋の鍵を閉め、窓のブラインドを占める薫。裸になって自分の胸を莉子に見せます。
「私は再建したの。時間がたつと自分のものだって思うし、愛着も湧く。もし傷が恋の弊害になるんだったら、そんな人佐倉さんの相手じゃないから」と告げ、莉子に胸も触らせます。「あったかい」と莉子は呟くのでした。

廊下を歩く莉子に結城が駆け寄り、お母さんに連絡したことを詫びます。莉子は大丈夫だと答え、結城に化学療法室へ案内してくれるよう頼みます。
歩きながら「運命を恨んだことがあるか聞きましたよね?俺は医者一家に生まれたことを恨んでました。自分が医者になるのが運命だと、半ばあきらめのように医者になった」と告げる結城。それを聞いた莉子は「私なんて逃げてばかりだった。でも、私、変わるから」と伝えます。結城も「俺も変わろうと思う」と力強く言いました。

日ノ原は紀子からもらった帽子をかぶって、治療に励んでいました。遺伝性のガンの検査をすることに決め、光野に頼みます。光野は「娘さんに遺伝していたとしても、お父さんが連絡してくれたことに感謝する日が必ず来ます」と励ましました。

莉子の手術は無事終了。
次の休みに、薫は心を誘い温泉へ。
温泉に入りながら「心先生、今日は付き合ってくれてありがとう。病気になってから怖くて温泉に来れなかった。怖かったこと、失ったこともたくさんあったけれど、病気が自分の価値観を変えてくれた。以前は自分のためだけに生きていたけど、今は誰かのために生きたいと思える」と薫は心に伝えます。

車で心を家まで送る薫。別れ際、薫は「私、あなたに言わなきゃいけないことがある」と心に話しかけます。するとそこで、心の携帯が鳴ります。匠が急変したという知らせでした。

スポンサーリンク

『アライブ』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

薫は、何か企んでいる得体のしれない人だと勝手に思っていましたが、2話では、自分のミスで匠を意識不明の状態にさせてしまったことを悔い、何とか心のことを助けようと思っている様子が感じ取れました。
そして、乳がんステージⅡで手術を受けていたのですね。乳がん当事者の莉子の苦しみを分かってあげられるのは、やはり当事者の真実の言葉。苦しむ莉子に、自分の胸を見せて励ました薫の行動には涙が出ました。
「胸が無くなることよりも、人の幸せを喜べなくなっていることが怖い」という莉子の言葉は心に響きました。薫の言葉に勇気づけられた莉子、そして莉子の言葉に結城も励まされるという。
このドラマを見て強く感じたのは、医者も患者も人間であり弱さも持っていること。医者が患者を救うだけでなく、医者も患者に救われるということです。

乳がんは女性の病気と考えられがちですが、男性にも起こるのだということも勉強になりました。
高畑淳子さん演じる民代も、良い味を出していますね。民代の感の鋭さに今後も注目です。

薫が心に真実を告げようとしたところで、匠の急変の知らせが入りました。匠の容態が心配です。

木村佳乃が脱いだ!鍛えられた美しい背中に絶賛の声

2話良かったですね。
がんサバイバーとして、患者に身を露わにして向き合う薫先生がカッコ良すぎました。
でも実際、こんなお医者様いるのかな?

放送後、「木村佳乃が脱いだ!」「背中が美しい」と話題に!
ドラマ内でもラットマシンで背筋を鍛えていた木村佳乃さん演じる梶山薫。本当に鍛えられて引き締まった綺麗な背中でしたね。

今期、医療ドラマ多いですが、『アライブ』は当たりなような気がします。1話、2話を見た限り、重い話しもあり離脱してしまった人もいるようですが、心に刺さるドラマで視聴後に満足感を感じられます。

ともあれ、2話は木村佳乃さんに惚れる回でしたね。

『アライブ がん専門医のカルテ』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『アライブ がん専門医のカルテ』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。

『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。

休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。
一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。その後も、偶然再会し、言葉を交わすが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_03.html