ドラマル

『アリバイ崩し承ります』7話(最終回)のネタバレ感想!德光和夫が路線バスでお家芸を披露!

2020年3月14日に放送されたドラマ『アリバイ崩し承ります』7話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、路線バスを使う庶民派国会議員・渡海一成(德光和夫)の秘書を焼死体で発見!
そんな中、一成のもう一人の秘書・藤枝ミホ(西田尚美)が捜査一課を訪ねて来て…。

関連記事

ドラマ『アリバイ崩し承ります』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アリバイ崩し承ります』7話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』最終回のあらすじネタバレ

美谷時乃(浜辺美波)がバスを待っていると目の前をパトカーが通り過ぎ、時乃はその後を追っていきます。河川敷に着くとそこには焼死体があり、察時美幸(安田顕)らが臨場していました。時乃はガソリンをかけられて焼かれたのかと言いますが、検視官の樋口秀人(柄本時生)はガソリンではなく灯油だと言います。

そこに渡海雄馬(成田凌)の父で衆議院議員の渡海一成(德光和夫)が、秘書・藤枝ミホ(西田尚美)を伴って現場に現れました。遺体のそばに落ちていた名刺が一成の別の秘書・名越徹(須田邦裕)のものだったため、察時が呼んでいたのです。
すると一成は焼死体としか聞いていないはずなのに「灯油をかけて燃やされたなんて」と口に出します。そのことが気になる察時は一成を疑います。一成と藤枝は前日午後6時から8時まで300人規模のパーティーに参加しており、その途中で名越の携帯に父親が倒れたと連絡があり、名越はパーティーを抜けて帰ったと言います。

その日の夕方、藤枝がひとりで捜査一課を訪ねてきて、パーティーの出席者名簿を察時に渡します。そこで名越を殺したのは一成かもしれないと告げたのです。

捜査会議では焼死体が名越徹であることがわかり、父が倒れたことは嘘で、その連絡は使い捨ての携帯からかけられたものでした。死因は頭部を殴られたことによる脳挫傷で死亡推定時刻は午後6時から9時の間であるが、胃の内容物から名越が会場を出て行った6時35分から7時5分の間に絞られました。

察時が帰ると時乃は祖父と一成が写った写真を見ていました。祖父と一成は友人であり、時乃も昔から一成を知っていました。
察時は時乃に捜査内容を話し、現場での一成の発言と藤枝から一成が急に名越に選挙地盤を譲ると言い出し、名越に脅されていた可能性があるという情報から一成のアリバイ崩しを依頼します。

翌日、雄馬は察時と本部長、牧村匠(勝村政信)とが話しているのを聞き自分の父親が疑われていることを知り、憤慨します。そこにパーティー参加者の中に一人だけ後援会に入っていない安本孝之(藤原智之)という人物がいることが分かりました。安本は犯行時刻のアリバイはなく、雄馬は彼が犯人だと思い、自宅を突撃しますが、そこには安本の死体がありました。

安本は前日の午後7時から9時の間に殺害され、死因は脳挫傷、死亡する前24時間は何も食べていないことがわかりました。安本は犯人につながる何かを知り、口封じのために殺害されたと考えた察時は時乃の身を案じ、この事件に関わらないように言います。

一方、雄馬は一成に安本の犯行時刻何をしていたのか聞き、何故、自分に名越に地盤を譲ることを黙っていたのか問いただします。そして察時を舐めるなと言うと、一成は察時が時乃と仲がいいのかと聞きました。

その頃、捜査一課を訪れていた時乃ですが、そこには樋口しかいませんでした。しかし偶然捜査資料を見てしまった時乃は名越と安本の顔立ち、背格好が似ていることから、アリバイ崩しに成功するのです。

時乃が店に戻ると、察時との電話中に一成が訪れてきました。一成は時乃がアリバイ崩しを出来ることに気付いていたのです。
察時は時乃を心配して急いで店に戻ります。しかしそこには時乃と一成は仲良さそうに話す姿がありました。そこに藤枝が一成を迎えにやってきます。

そして時乃は藤枝が犯人であると語りだしたのです。実は藤枝は名越に一成のために安本を殺害したいから、アリバイを作るための共犯になるように言っていたのです。それを信じた名越は自分で自分に電話をかけ、安本に変装してパーティー会場に忍び込んだのでした。名越は会場で8時直前まで食事をしており、その後すぐに藤枝に殺害され、河川敷で変装の痕跡を消すために焼かれたです。
その頃、犯人が使用したと思われる盗難車を発見した雄馬は凶器を発見します。その車からは灯油の臭いもしていました。

時乃は次に、安本殺害の真相を語ります。実は安本は事件には全く関係なく、容姿が名越に似ていたという理由だけでアリバイ作りに利用されて殺されただけだったのです。
そこに雄馬が駆けつけてきて、盗難車から藤枝の毛髪の付いたヘアピンを発見し、藤枝を問いただしました。もう逃げられないと思った藤枝は名越が一成の地盤を継ぐことが許せずに殺害したと動機を語りました。

察時は一成にこっそり、何故灯油で焼かれたことを知っていたのか聞くと藤枝からそう聞いたと一成は答えました。そして一成からアリバイ崩しは黙っておくから雄馬に花を持たせてほしいと頼まれました。

無事に事件を解決した察時ですが、今回の件からアリバイ崩しをすることで時乃に危険が及ぶことがあると考えた察時は、アリバイ崩しはもう頼まないと言いますが、新たな事件が発生し、やはり時乃にアリバイ崩しを依頼してしまうのでした。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』最終回のネタバレ感想

20代女性

kasumi26

今回は最終回ということでまさか犯人は雄馬の父親なのか!と序盤から思わせる展開に観ていてとてもハラハラさせられ、父親を信じる雄馬の気持ちを考えると切ない気持ちになりました。

そして時乃の身を案じ、事件に関わらないように言う察時は今では本当に時乃のことを大切に思っているのだと感じました。しかし、それでも事件を解決してしまう時乃はやはりすごいと思います。

最終回でしたが、続編も期待できる終わり方だったので、ぜひ続編が制作されることを期待したいです。

德光和夫が路線バスでお家芸を披露!

路線バスに乗る庶民派国会議員・渡海一成として登場した德光和夫さん。お家芸の路線バスで"寝る"をしっかりと実践してくれましたね。本当に寝てたのかな?

時乃と渡海一成がバスに乗っているシーンがありましたが、いつか德光さんのホーム番組への浜辺美波さんの出演を見たいですね。

まとめ

土曜11時のフジ・NHK・テレ朝のドラマ合戦!
視聴率および視聴熱で勝利を収めたのは、テレ朝の『アリバイ崩し承ります』でしょう。

主演の浜辺美波さん人気もありますが、単純でパターン化されたドラマ構成が見やすく、時乃のアリバイ崩しに対して、自然と耳を傾けることができたことが良かったですね。

脇を固める安田顕さん、成田凌さんも良かったし、なんといっても『AbemaTV』で孫の時乃に謎を出す美谷時生に扮する森本レオさんの存在が最高でした。

中学生時代の可愛い時乃とおじいちゃん・美谷時生(森本レオ)とのほっこりするやり取りは必見。まだ『AbemaTV』で配信されている特別編「時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ」をご覧になっていない方は是非!
時乃と雄馬との過去も分かりますよ。