ドラマル

『アリバイ崩し承ります』6話のネタバレ感想!成田と間宮ペア最高!真壁剛士のキャラ作りが笑える

2020年3月7日に放送されたドラマ『アリバイ崩し承ります』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、とある郵便ポストから拳銃が見つかり、後日被害者が発見される!
事件は、暴力団同士の抗争と思われるが、被疑者には鉄壁のアリバイがあり…。

関連記事

ドラマ『アリバイ崩し承ります』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アリバイ崩し承ります』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』6話のあらすじネタバレ

美谷時乃(浜辺美波)は自宅でこたつに入りながらニュースを見ています。ニュースでは白嵐会の事務所の近くのポストで使用済みの拳銃が見つかったと報じています。
そこに渡海雄馬(成田凌)が時乃を訪ねてきます。時乃に見惚れていると察時美幸(安田顕)がやってきて、時乃と仲良く話し出します。
時乃は察時に拳銃について聞くと、昨日の午後3時の集荷時に職員が発見したと言います。拳銃には硝煙の匂いと血痕が残っており、2発ほど発射されていました。被害者は発見されておらず拳銃から手掛かりもありません。集荷の時間から考えると拳銃は午前10時から午後3時に入れられたことがわかりました。
そんな二人の会話を渡海は怪しげに見つめます。そして今までのことを振り返り、ある疑惑を抱くのでした。渡海の存在に気付いた察時と時乃の関係がバレてしまったのではないかと焦ります。

一方、捜査一課では事件も起きず、拳銃も暴力団も組対の仕事と呑気にしています。そこに拳銃の被害者が発見されたと電話があり、捜査一課でも捜査が始まりました。
被害者は布田真(青山隼)という薬品会社の社員で一人暮らしである自宅で殺害されていました。被害者は右大腿部と口腔内を打たれており、犯行後蹴られたのか、遺体は横を向いていました。室内は防音設備が施されており、射殺には適した場所でした。

捜査一課に来た時乃は捜査会議が始まるのを楽しみにしています。そこに組対の捜査員が訪れます。その中でも真壁剛士(間宮祥太朗)は傲慢で暴力的な言葉遣いで渡海にくってかかります。実は二人は子供の頃からの知り合いだったのです。
そんな中、捜査会議が始まります。一発目の弾丸は右大腿部に留まっており、もう一発は口腔内から打たれ、脳髄を貫通し床にめり込んでいました。そしてポストから発見された拳銃の弾丸と一致したこともわかりました。
死亡推定時刻は午後2時から4時であり、拳銃の発見された時間から午後2時から3時前であることがわかります。
周辺で聞き込みをしていた牧村匠(勝村政信)は被害者の上司である平根勝男(斉藤陽一郎)という男に話を聞きました。その名前を聞くと真壁は、白嵐会は平根という男からモルヒネを横流ししてもらっているという情報があると言います。そして平根はモルヒネの横流しが被害者に知られ、殺害したのではないかと考えられました。

真壁の依頼で共に捜査することになった渡海は昨日のいがみ合いが嘘のように仲良く話しています。真壁は口調も大人しく、結果が出せていないことに悩んでいました。上司であり、組対の女帝と呼ばれる村木キャサリン(木村カエラ)にもラストチャンスと言われていたのです。

一方、平根から話を聞いてきた察時は時乃にアリバイ崩しを依頼します。
平根には午後12時から3時まで従兄弟たちと食事をしていたアリバイがあったのです。そのあとは5時頃まで映画を観ていたと言います。しかし察時が午前中のことを聞くと明らかに焦った様子になり、自宅にいたと言います。そのことから察時は、被害者は午前中に殺されており、何らかの方法で死亡推定時刻をずらしたのではないかと推理しますが、時乃にそれはないと否定されてしまいます。
そんな時、拳銃の密売人が見つかったと報告がありました。捜査一課に戻ると、そこに村木が颯爽とやってきて、拳銃の購入者リストを持ってきます。しかし、そこからも犯人が誰かはわかりませんでした。

翌日、時乃と察時は被害者宅を訪れ、時乃はあることに気付きます。するとおもむろに懐から拳銃を取り出して、察時に銃口をむけ、正体を知られたからには生かしてはおけません。と言います。驚く察時に時乃は右足を打ったふりをします。実は拳銃は拳銃を模った時計だったのです。そして時乃はアリバイを崩すことに成功するのです。

時乃から真実を聞いた察時は渡海と真壁を連れて、平根のもとを訪れます。
実は凶器である拳銃は二つあり、犯人はポストに投函された拳銃を使わずに被害者を殺害したのです。
布田は午前中に被害者宅を訪れ、被害者を昏倒させると右大腿部にモルヒネを注射して眠らせました。そして注射痕に合わせて弾丸を打ち込み、床に弾丸を打ち込んでから現場を去り、拳銃を午前10時以降にポストに投函しました。
そして従兄弟たちと食事をし、アリバイを作った後に被害者宅を訪れ、もう一つの拳銃で床に弾丸がめり込まないようにした後、口腔内に弾丸を打ち抜いたのです。
被害者宅には椅子を移動させた跡や弾丸がめり込まないように工作した跡がありました。そして、銃創と床の弾丸とを一致させるのが難しいため、殺害後被害者を蹴り、横向きにしたのでした。

無事に事件を解決し、察時は時乃に五千円を渡します。そこに渡海が現れ、二人は付き合っているのかと尋ねます。それを全力で否定する二人に渡海は一安心しました。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』6話のネタバレ感想

20代女性

kasumi26

今回は冒頭から渡海に時乃と察時の関係が知られてしまったのかとハラハラしましたが、そんなことはなく一安心しました。渡海は本当に時乃のことが大好きで、友達想いで、いい奴なのに、どこか残念なところがなんとも愛おしく、応援したくなります。

そして相変わらず時乃の推理力は素晴らしく、まさかの拳銃の知識の豊富さにも驚かされました。見事にアリバイを崩していく様子は何話になっても爽快で楽しんで観ることができます。

更に今回は主題歌を担当する木村カエラが登場し、注目を集めたと思います。出演シーンはほんのわずかでしたが、それでもインパクトを残すものでした。

成田と間宮ペア最高!真壁剛士のキャラ作りが笑える

親友の間宮祥太朗と成田凌がドラマでも幼馴染の親友ということで、息の合ったコンビが良かったですよね。

組対刑事・真壁剛士はオラオラ系の強面と思いきや、実は舐められないようにキャラを作っているという設定が笑えました。
そんな真壁にいちいちビクつく察時さんのリアクションも面白かった。

それにしても、先週の牧村匠(勝村政信)の時といい、成田凌さん演じる渡海雄馬はいい奴ですよね。
雄馬は、父親の権威がなくても、周りを味方にする愛すべきキャラのような気がします。

『アリバイ崩し承ります』7話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『アリバイ崩し承ります』7話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 河川敷で焼死体が見つかり、那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)らが臨場する。そこに、ボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)の父で衆議院議員の渡海一成(德光和夫)が、秘書・藤枝ミホ(西田尚美)を伴って現場に現れた。遺体のそばに落ちていた名刺が一成の別の秘書のものだったため、察時が呼んでいたのだ。
 一成らには昨日、遺体の死亡推定時刻の間、後援会の人たちを招待して開いたパーティーに終始出席していたという、鉄壁のアリバイがあった。
 一方で察時は、話の途中に一成がつぶやいたひと言が解せないでいた…。さらにその日の夕方、藤枝がひとりで捜査一課を訪ねてくる。そして察時に、秘書を殺したのは一成かもしれないと告げる。
 察時は今回ももちろん時計店の店主・美谷時乃(浜辺美波)にアリバイ崩しを依頼するが、時乃は一成が祖父・時生(森本レオ)の囲碁仲間だったこともあり、フクザツな心境で…。
 本当に雄馬の父・一成が犯人なのか…。事件の真相を追う時乃に、身の危険が迫り…!?ついに、衝撃の最終回!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/story/0007/