ドラマル

『アリバイ崩し承ります』5話のネタバレ感想!AbemaTVで時乃の幼少期・中学生編を配信!

2020年2月29日に放送されたドラマ『アリバイ崩し承ります』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、3カ月前に起きた未解決殺人事件の現場から、白骨遺体のドクロが発見される!
捜査線上に白骨遺体の息子・和田英介(板垣瑞生)が挙がるがアリバイがあり…。

関連記事

ドラマ『アリバイ崩し承ります』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アリバイ崩し承ります』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』5話のあらすじネタバレ

美谷時乃(浜辺美波)は那野県警捜査一課を他の職員たちと一緒に雛祭りの飾りつけをしていました。そこに察時美幸(安田顕)が出勤してきて、捜査一課にふさわしくないと怒りますが、その後出勤してきた渡海雄馬(成田凌)も牧村匠(勝村政信)も飾りをほめます。そして渡海は時乃に明城徹郎というアーティストの新曲CDをプレゼントします。
そこに富岡真司(田窪一世)の自宅の庭で身元不明の白骨遺体が発見されたと通報が入ります。富岡とは3か月前に自宅にて殺害された男で、その犯人は未だに捕まっていない未解決事件でした。

富岡の自宅を訪れると伸び放題だった雑草は業者により綺麗にされており、発見したのもその業者でした。
白骨遺体は死後十数年は経っており、40年前からここに住んでいる富岡が犯人であろうということがわかりました。白骨遺体は和田という人物であることもわかります。

3か月前の事件は昨年11月20日午後9時前後に富岡が椅子にロープで縛られた状態で頭部を殴打されたことにより殺害されたもので、匿名の通報により事件は発覚されました。
そして白骨遺体の身元は富岡が以前社長を務めていた会社の経理担当をしていた和田雄一郎という男性でした。
雄一郎は13年前に妻と息子を残して失踪していました。雄一郎には当時横領容疑があり、それを理由に失踪したものと思われていましたが、実際は富岡に殺害されていたのです。

渡海は和田の遺族である妻か息子が怪しいと推理しますが、妻は半年前に病死しており、残る息子の和田英介(板垣瑞生)は現在21歳の大学生になっていました。

察時は明日、早速英介をあたろうと言いますが、渡海はこの事件は牧村のものだから手を出すなといいます。察時は内心、未解決事件を解決して手柄をたてたいと考えており、渡海にそれを見抜かれていました。

自宅に帰り、時乃は察時に犯人は英介で間違いないが富岡の遺体が殺害直後に発見されていたことから通報したのは英介本人であり、アリバイがあるに違いないと笑顔で言いました。

翌日、渡海と牧村は英介のもとを訪れ、11月20日のアリバイを聞きます。英介は日記を見ながら、犯行時刻は友人の古川桔平(井上翔太)と英介の自宅でゲームをしていたことを思い出し話します。
更に明城徹郎の11月20日限定配信の曲、キャッスル・オブ・サウンドを午後11時46分にダウンロードしており、古川もそれを目の前で見ていたと証言したことから英介のアリバイは証明されたのでした。

察時は時乃に事件の詳細を話します。
時乃の推理では英介は富岡の荒れ放題の庭をみて富岡を怪しみ、殺害時に問いただし、富岡が犯人である確証を得たのだろうと話します。

翌日、時乃と察時は英介のもとを訪れます。
そこには古川も来ており、二人の証言は一致しており、矛盾するところはありませんでした。
時乃は英介とゲームをしながら、古川にキャッスル・オブ・サウンドが11月20日限定の配信曲であることを知ったのはいつかと尋ねます。
古川は昨日、刑事に聞いて初めて知ったと答えました。

そして時乃はアリバイを崩すことに成功します。
実は英介が古川を自宅に招いたのは11月19日だったのです。理解できない察時に時乃はさらに説明を続けます。

時乃から真相を聞いた察時は牧村を呼び出し、自分の推理を聞いて、牧村が事件を解決してほしいと言います。しかし牧村は人から教えてもらった推理で事件を解決するつもりはない。自分にも刑事としてのプライドがある。と察時の提案を断ります。

察時、渡海、牧村は英介のもとを訪れ、察時は時乃から聞いた推理を話し出しました。
実は英介は自宅の時計を15分ほど早めており、12時を過ぎてから、あたかも12時前ギリギリに曲をダウンロードしたように見せかけたのです。
万が一、古川に時計のことを指摘されてもその後の犯行を取りやめればいいだけであり、古川が気付かなかったため犯行に及んだのでした。
英介は父親の遺体が発見されるのが、犯行後すぐではなく数か月後であることを見込んでのアリバイ工作だったのです。
そして英介は11月20日に前日と同じ時間にコンビニに行き、富岡を殺害しに行ったのでした。

察時の推理を聞き、英介は自分の犯行を自白しました。
察時は後悔しても時は戻らないと言いますが、自分の横領の罪を父親にかぶせ、更に殺害した富岡を殺害したことに後悔はないといいます。ですが、唯一の親友である古川を騙したことは後悔していると言い、察時の耳元で仲間を騙すって辛くないですか?と呟きました。英介には自分のアリバイを崩したのが時乃であることがわかっていたのです。

察時は時乃に報酬の五千円を渡しながら、自分はこのままでいいのかと言います。時乃は自分のことを隠さなければいいのでは?と言いますが、察時はそれはダメだというのでした。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』5話のネタバレ感想

20代女性

kasumi26

今回は二つの事件があり、そこから捜査をしていくというものでした。犯人は特定できており、脆弱なアリバイなのに崩せないという中、相変わらず時乃の見事な推理力でアリバイを崩していく様はとても痛快でした。

そして今回は牧村が活躍!とはいきませんでしたが、彼の刑事としての考え方やプライドに時乃に頼りっぱなしの察時が少し刺激される回でもありました。

更に渡海が実は仲間思いであり、何としても察時ではなく牧村に手柄をたてされたいという思いが伝わり、いいチームだと感じるところもありました。

AbemaTVで時乃の幼少期・中学生編を配信!

次回から本編は最終章に突入!
そして本編放送後、2週に渡って、祖父・美谷時生から教わったアリバイ崩しのノウハウや、時乃のルーツがわかるオリジナルストーリーが「AbemaTV」で配信されます。
浜辺美波ファンはもちろん、ドラマをより楽しみたい視聴者は必見ですね。

放送時間は「AbemaTV」にて、【前編】3月7日(土) 24:05~、【後編】3月14日(土) 24:05~で配信。

どうやら高校3年生の渡海雄馬も出演するようなので、時乃との絡みが楽しみですね。

『アリバイ崩し承ります』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『アリバイ崩し承ります』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 とある郵便ポストから拳銃が見つかった。その拳銃には発射された形跡があり、血痕が付着していた。
 後日被害者が発見され、管理官・察時美幸(安田顕)、刑事・渡海雄馬(成田凌)らが捜査を担当することに。

 その後の捜査会議に、コワモテ刑事・真壁剛士(間宮祥太朗)が現れた。真壁は、組織犯罪対策課(通称:組対)の女帝と恐れられる警部・村木キャサリン(木村カエラ)の部下で、雄馬の幼なじみでもあった。
激化する暴力団同士の抗争が絡んでいるのではと思われたが、被疑者には鉄壁のアリバイがあった…!

 時計店の店主でアリバイ崩しの名人・美谷時乃(浜辺美波)は、今回も察時からアリバイ崩しを依頼されるが…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/story/0006/