ドラマル

2020年2月2日

『アリバイ崩し承ります』1話のネタバレ感想!浜辺美波が可愛いすぎる!風呂×コロッケは毎回ある?

2020年2月1日に放送されたドラマ『アリバイ崩し承ります』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、時乃(浜辺美波)と察時の目の前で、人気推理作家の奥山新一郎が車にはねられる!
奥山は人を殺したとつぶやき意識不明に、そして証言通り中島香澄の遺体が発見されるが…。

関連記事

ドラマ『アリバイ崩し承ります』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『アリバイ崩し承ります』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』1話のあらすじネタバレ

美谷時計店・店主である美谷時乃(浜辺美波)は修理した時計を手に野沢菜コロケを購入しに行くと、店先で時期はずれの異動で県警捜査一課に赴任してきた管理官・察時美幸(安田顕)に出会います。
その後、察時と共に話しながら歩いていると、フラフラと歩く男性が目の前で車にはねられる事故を目撃します。その男性は人気推理作家の奥山新一郎(丸山智己)でした。察時は奥山に駆け寄ると奥山は「人を殺した」と供述します。

奥山の証言通りに捜査すると、マンションの自室で亡くなっている中島香澄(森矢カンナ)の遺体を発見するのでした。
遺体は検視官・樋口秀人(柄本時生)の鑑識の結果、絞殺であることが判明、死亡推定時刻は3時半から4時半であると判明します。
奥山が事故にあった時間を考えても奥山の犯行は可能であることがわかりました。そこに奥山が死亡した知らせが入ります。

部屋の外に出ると楽しそうに話す時乃とジュニアと呼ばれる刑事・渡海雄馬(成田凌)の姿があります。察時は時乃に部外者は出ていくように言いますが、隠れてこっそり聞いている時乃の前で係長である牧村匠(勝村政信)と中島に浮気を疑われた奥山がかっとなって殺害したものとし、容疑者死亡で終了だと話します。

事件もひと段落したと考え、察時は新居に向かいます。するとそこには時乃の姿があり、時乃が大家であることを知ります。そこに察時の電話がなり、奥山のアリバイが成立したと言います。その言葉に笑顔になる時乃をよそに察時は困惑した表情を浮かべました。

奥山のアリバイというのは3時20分に奥山本人が宅配便を受け取ったというものでした。その時間から考えると奥山が犯行を実行するのは不可能であることがわかります。しかし、奥山の証言とDNA鑑定の結果から奥山が犯人であることは明白です。
困り果てた察時は牧村からアリバイ崩しの名人がいたことを聞き、その人物が時乃の祖父であることを知ります。

時乃は察時に協力すると申し出るもプライドの高い察時は、一度はその申し出を断ります。しかし捜査は進まず結局時乃を頼ることになりました。

察時から事件の詳細を聞き、ともに捜査すると奥山の耳が不自由であることがわかります。それらのことから時乃は見事に奥山のアリバイを崩すことに成功します。
実は、奥山が中島の首を絞めたのは奥山の自宅だったのです。首を絞められ気を失った中島を見て、奥山は殺してしまったと勘違いしフラフラと家を出ていきます。そして事故にあったのでした。
奥山が出て行ったあと、意識を取り戻した中島は自らの運転で自宅マンションに帰宅します。そして自宅マンションにてマンションの管理人・磯田幸三(田山涼成)に殺害されるのでした。
磯田は作家である奥山のファンであり、奥山のために中島の部屋に忍び込んおり、そこで中島と遭遇してしまい殺害してしまったのでした。

みんなの前で事件の真相を語る察時に部下たちは尊敬のまなざしをむけます。
そして時乃に約束の報酬である5千円を察時は支払うのでした。

スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります』1話のネタバレ感想

20代女性

kasumi26

第1話から魅力的で個性豊かなキャラクター性が見事に表現されており、一気に引き込まれる楽しい作品でした。

時乃を演じる浜辺美波さんはとても可愛らしくて、察時演じる安田顕さんとのからみが面白さを更に引き立てます。

内容についても時乃の観察力と推理力を駆使して完璧と思われていたアリバイを見事に崩していくさまが痛快で、視聴者目線でもまさか!と思うトリックであり、とても面白い作品でした。

今後、時乃と察時のコンビがどのような事件に出会い、アリバイを崩していくのかとても楽しみな作品です。

浜辺美波が可愛いすぎる!風呂×コロッケは毎回ある?

主演の浜辺美波さんが可愛いという声が殺到!
ルックスはもちろん、ベレー帽や着ている服も可愛いですよね。

1話では、特に「コロケ!コロケ!野沢菜コロケ!」とルンルンでお出かけする姿や、お風呂で野沢菜コロケを食べるシーンが可愛すぎました。

『アリバイ崩し承ります』は、ルーチン化した展開となりそうなので、美谷時乃がお風呂で食事をするシーンは毎話あるんでしょうかね。
次回もコロッケ?
お風呂で何を食べるかも楽しみの1つとなりそうですね。

『アリバイ崩し承ります』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『アリバイ崩し承ります』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 包丁で胸を刺された女性の遺体が発見され、那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)、刑事・渡海雄馬(成田凌)らが臨場する。
 殺された女性は、医科大学の教授・浜沢杏子(星野真里)。遺体の第一発見者で杏子の弟・浜沢安嵐(金井勇太)は杏子の元夫・菊谷五郎(忍成修吾)が犯人に違いないと言い張るが、菊谷には友人と飲食店にいたという鉄壁のアリバイがあった…!
 そんな中、捜査一課の面々にバレンタインのマカロンを配りにきた、時計店店主・美谷時乃(浜辺美波)は、事件の詳細に興味津々。こっそり捜査会議に聞き耳を立てていたが、「アリバイ成立」という言葉には、反応せずにはいられない。
 一方、弟の安嵐には多額の借金があるうえ、杏子の高額な生命保険の受取人になっていることが判明。捜査本部は保険金目当ての殺人として、容疑者を安嵐に切り替えるが、菊谷の犯行を信じる察時は納得ができない。孤軍奮闘し、アリバイ崩しに挑むも大苦戦する察時に、時乃は意気揚々と協力を申し出る。

 はたして時乃は、予測不能な時間のトリックを崩し、女性教授殺人事件を解決することができるのか――。
そして、察時が時乃の家に下宿していることを知ってしまった雄馬は、嫉妬でイライラ。あげく、察時は本当に自力でアリバイ崩しをしているのか…!?と、疑いの目を向け始める。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/story/0002/