ドラマル

『悪魔の弁護人・御子柴礼司』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

要潤さん主演の連続ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』の基本情報

概要(見どころ)

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』は、ミステリー作家・中山七里の「贖罪の奏鳴曲」、「追憶の夜想曲」、「恩讐の鎮魂曲」、「悪徳の輪舞曲」のドラマ化。

請け負った依頼は、手段を選ばず勝訴に持ち込む悪魔の弁護人・御子柴礼司(要潤)。実は、過去に幼女バラバラ殺人という凶悪事件を起こした元「少年A」の園部信一郎が御子柴と名を変えています。
御子柴の法律事務所の事務員募集面接に現れた日下部洋子(ベッキー)は、即採用。
御子柴が法廷で対決するのは、東京地方検察庁次席検事の岬恭平(津田寛治)。その法廷での推移を見守るのが、御子柴を敵視する全国紙の司法担当記者・桜葉あすみ(玄理)。

悪魔の弁護人・御子柴が、夫殺し容疑の女性、ホーム職員撲殺容疑の少年院時代の恩師、そして再婚相手殺人容疑の実母を無罪に導きます。

キャスト一覧

  • 御子柴礼司:要潤
    必ず勝訴に導く弁護士、元少年A
  • 日下部洋子:ベッキー
    御子柴法律事務所の事務員
  • 岬恭平:津田寛治
    東京地検次席検事
  • 横山紗矢:田中こなつ
    検察事務官
  • 桜葉あすみ:玄理
    全国新聞の司法担当記者
  • 宝来兼人:木村健太郎
    主に過払い金訴訟を請け負う弁護士
  • 稲見武雄:勝野洋
    御子柴の担当だった医療少年院の元教官
  • 津田亜季子:奥菜恵
    夫殺しで控訴中の主婦
  • 津田伸吾:渡辺慎一郎
    無職、亜季子の夫
  • 美雪:豊嶋花
    亜季子の長女
  • 津田倫子:本保佳音
    亜季子の次女
  • 要蔵:山田明郷
    亜季子の義父
  • 溝端:大林丈史
    亜季子の主治医だった老医師

スタッフ一覧

  • 原作:『贖罪の奏鳴曲ソナタ』『追憶の夜想曲ノクターン』『恩讐の鎮魂曲レクイエム』『悪徳の輪舞曲ロンド』(弁護士・御子柴シリーズ)
    作者:中山七里
    出版社:講談社
    雑誌・レーベル:講談社文庫
  • 脚本:泉澤陽子、戸田彬弘
  • 音楽:島崎貴光(スマイルカンパニー)、佐々木裕(スマイルカンパニー)、コヤマヒデカズ(スマイルカンパニー)
  • 主題歌:-
  • 協力プロデューサー:遠山圭介(東海テレビ)
  • プロデューサー:松本圭右 (東海テレビ)、渡辺良介 (大映テレビ)、椋尾由希子(大映テレビ)
  • 演出:村谷嘉則、松田祐輔、稲葉正宏
  • 企画:市野直親(東海テレビ)
  • 制作:東海テレビ
  • 制作著作:大映テレビ

各話の視聴率

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話12月7日3.4%
2話12月14日
3話12月21日
4話12月28日
5話1月4日
6話1月11日
7話1月18日
8話・最終回(仮)1月25日

スポンサーリンク

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』の最終回ネタバレ(予想)

ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』に登場するのは、悪魔の弁護士としての御子柴礼司(要潤)、彼に寄り添う法律事務所事務員の日下部洋子(ベッキー)。
その対極に検事の岬恭平(津田寛治)、そして、正義の暴走者としての全国紙の司法担当記者・桜葉あすみ(玄理)、更には、金儲け主義の弁護士として宝来兼人(木村健太郎)。

夫殺しで控訴中の主婦・津田亜季子(奥菜恵)。夫の刺殺は、浮気相手(パート先上司)との結婚を望んでの犯行とされて一審は懲役16年の実刑判決。担当弁護士から本件担当を奪い取った御子柴は、無罪を主張。

次いで、医療少年院の元教官・稲見武雄(勝野洋)の殺人容疑事件を弁護。下半身に障害があり車椅子生活を強いられている恩師が、老人ホームの介護職員を撲殺したということになっていましたが、こちらも逆転無罪。

そして、原作から展開を予想すると、最後が30年ぶりに再会した実母の弁護。実母には、再婚相手の殺人容疑が掛かっています。この裁判を通じて、自殺した父の死の真相が判明します。
凶悪事件を起こしてしまった我が子(少年A=御子柴)のことを見捨てずに、我が子の行く末を案じていた両親の気持ちが時を経て御子柴に届きます。

時に暴走する正義の真の意味とは何か、真の贖罪とは何かが問われます。
そんな中で、御子柴も、徐々に本来の人間性を取り戻してゆきます。

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』各話のあらすじ

2019年12月7日から東海テレビ・フジテレビ系にて放送開始された要潤さん主演の連続ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

以下は公式サイトが放送前に発表しているあらすじです。

派遣切りにあい現在・無職の日下部洋子(ベッキー)。ハローワークで紹介された事務員募集の面接の為、とある法律事務所の前にやってくる。
と、中から聞こえてくるクラシック曲。事務所のプレートは何故か割れている。
不審に思いながらもドアを開けて入る洋子。そこには事務所の主・御子柴礼司(要潤)が静かに座っていた。
「時間に正確だな、採用だ」
訳も分からぬまま、御子柴法律事務所の事務員として採用されてしまう洋子。
しかしそこは、「悪魔の弁護人」と呼ばれる悪徳弁護士の事務所だった―――

そんなある日、御子柴は『世田谷の夫殺し』に興味を抱く。
被告は、どこにでもいそうな疲れた主婦・津田亜季子。パート先の上司に惹かれ、夫と二人の娘を捨ててその上司と結婚することを夢見、夫を刺し殺したという。
たまたま近所に住んでいた被害者の父親が訪問し事件は発覚したが、遺体をブルーシートの上にのせていたことから、事件を隠蔽する意志もあったと裁判所は判断。一審では懲役16年という重い刑罰が下されていた。
そんな事件を強引な手を使って他の弁護士からぶんどる御子柴。洋子は、身勝手な加害者を何で好き好んで弁護するのか気になるが、御子柴は何も教えてはくれなかった。
早速、被告人と面会した御子柴だったが、そこで御子柴はあることに気付く。
「津田亜季子は何かを隠している……」

その頃、東京地方検察庁では、次席検事の岬恭平(津田寛治)が、事務官から世田谷の夫殺しの弁護人が変わったと報告を受けていた。
後任の弁護人は御子柴礼司。直接相対したことはなかったがその悪名は岬の耳にも届いている。
法の抜け道をつき、悪人を無罪に導く「悪魔の弁護人」として――これ以上、御子柴のような弁護士をのさばらせておくわけにはいかない。岬は事務官に告げる。「この事案は、私が担当する」と。
そして迎えた初公判の日―――

御子柴と岬がそれぞれの席につく。洋子の他、新聞記者たちも悪魔の弁護人・御子柴がどんな手で減刑を勝ち取ろうとするのか、御子柴の言動を注視していた。
しかし御子柴は、開口一番、信じられないことを口にする。
「弁護人は被告人、津田亜季子の無罪を主張し、原判決の破棄を求めます」
情状酌量による減刑どころか圧倒的不利な中での無罪主張! 悪魔の弁護人・御子柴による、悪魔の法廷劇(ゲーム)が幕を上げる!!!

出典:https://www.tokai-tv.com/akumanobengonin/

1話のあらすじネタバレ

第1話では、初の弁護士役、御子柴礼司を演ずる要潤さんが見どころです。
長台詞もチャレンジなのですが、撮影中、一番肝心な場面で、「無罪」を「むじゃい」と言ったりしてベッキーを笑わし、現場の雰囲気を和ませていたようですね。

関連記事

『悪魔の弁護人・御子柴礼司』1話のネタバレ感想!ベッキー出演に賛否!ドラマは面白いです

2話のあらすじネタバレ

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』2話のあらすじネタバレは、2019年12月14日(土)23:40の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。