ドラマル

『悪魔の弁護人』3話のネタバレ感想!神キャスティング?ベッキーが嵌り役だとわかった!

2019年12月21日に放送されたドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、御子柴の少年院時代の恩師・稲見が殺人容疑で逮捕される!
容疑を認める稲見と、弁護を宝来から強奪した御子柴の間には、一体どんな因縁があるのか…。

関連記事

『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『悪魔の弁護人』3話のあらすじネタバレ

「第二章(CACE2)、老人ホーム介護士殺人事件」――イジメが原因で息子が自殺したと申し立て、それを被告側弁護人の御子柴に覆された安武里美(金谷真由美)は、その逆恨みで、路上で御子柴の腹部を刺します。御子柴ピンチです。
しかも、先の控訴審で、かつての少年A(死体配達人)だと世間に知られてしまいバッシングを浴びる御子柴。御子柴は十日間、意識不明の重体。里美は警察に自首。
日下部洋子(ベッキー)が御子柴の見舞いに病室を訪れると、そんな時、医療少年院、元教官の稲見武雄(勝野洋)が、老人ホームの介護士・栃野守(小多田直樹)を撲殺したというテレビ報道。配膳係の介護士の頭部を花瓶で二発殴って殺害したとのこと。

ヤクザ者の山崎を使って家族に嫌がらせを仕掛け、それで、宝来兼人(木村健太郎)から国選弁護人の立場を奪った御子柴は、赤羽南警察の留置所で稲見と面会。「かつて少年院で教官として院生に罪を償う権利を説いたからには、自分もきちんと罪を償う」と稲見。

御子柴は老人ホーム「伯楽園」で、被害者、栃野の後輩にあたる介護士・前原譲に話を聞きます。入所老人の久仁村兵吾、後藤清次、小笠原栄にも話を聞きます。
久仁村は、まず、稲見が食器を床にぶちまけたのが事の発端だと言い、後藤は、稲見が栃野の胸倉をつかんだことが始まりだと言い、そして、小笠原は、二人の口論がそもそもの始まりだと言って、それぞれ、目撃証言に差異があります。皆が嘘を言っている感じがします。

国選を奪われた宝来は、次席検事の岬恭平(津田寛治)に、少年院時代にシゴキを受けたことへの復讐目的で、御子柴が自分から国選弁護人の立場を奪ったものと告げ口。御子柴が、故意に、稲見を陥れる為の悪さを仕掛けるものとトンチンカンな心配をしています。
そんな宝来に岬は、御子柴を法曹界から追い出す秘策として、「懲戒請求」を教唆。その上で、岬も、この介護士殺人事件裁判の担当検事をやることになります。
「自らの手で、御子柴という弁護士を葬り去りたい」と決意して、既に決まっている担当検事(矢野)に代わって、自ら名乗り出ます。

老人ホームを再訪した御子柴は、後藤の身体にたくさんの痣(あざ)があるのを突き止め、それを写真に撮ります。
介護士による虐待行為のその証拠写真を手にホームを出ようとしている御子柴を前原が襲います。前原は、御子柴が少年Aであることを知って暴挙に出ますが、所詮、人を殺す覚悟の無い前原は、御子柴の「胆力」に太刀打ちできません。カメラを奪おうとしていた前原は退散。

御子柴が事務所に戻り、洋子が開いてしまった腹部の傷口の処理。病院に行くことを拒み、命を投げ出して稲見を救おうとしている御子柴。「あの人は私を人間にしてくれた。私を救ってくれた。今度は私が救う番。ここで救えないようだと弁護士になった意味が無い」と御子柴。

稲見の元妻・石動恭子(赤座美代子)の自宅を訪ねる洋子。老人ホームに稲見が入居する際、匿名で多額の送金がありました。別離後も、稲見と定期的に連絡を取り合っている恭子は、その金が、御子柴からのものであると確信しています。――それより先に、司法担当記者の桜葉あすみ(玄理)が、少年院時代の御子柴が脱走事件を起こしていたことを突き止めていました。そして、その脱走を阻止しようとしていた稲見の足を刺したのが御子柴。もともとの本名、園部信一郎(大西利空)。以来、稲見は車椅子生活。「教官と院生は親子関係。親が子を罰することはできない。罰を受けさせるのではなく、更生させるのが少年院」という信念のもと、御子柴(園部少年)を許していた稲見。そんな様子が、恭子によって語られます。

洋子が恭子と会っている間、稲見の裁判が開始されています。
御子柴は「無罪」を主張しますが、稲見は、御子柴の意向を無視して「正当な罰」を求めます。御子柴の「止めろ!」と言う制止を聞かず、明確な殺意のもとでの殺人を認めます。罰を受けるのが当然と言って、「無罪」など、まるで望んでいません。

スポンサーリンク

『悪魔の弁護人』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

老人ホームに入居している老婦人、小笠原栄が怪しいと分かる展開になっていますね。

御子柴が、入居者の三人の目撃証言が微妙に違っていて、それで口裏合わせしていることを疑うと、それならそれで、三人には「深い絆」がある証(あかし)だとうそぶく栄に、「必ず突き止めます。稲見さんを救うためには、どんな手を使ってでも、真実を突き止めます」と宣言する御子柴。
栄の何らかの企みを、御子柴は、既に見抜いていてることになりますね。

栄の背景(恩讐)がどう描かれるのか、次回のお楽しみ。因みに、原作は、「恩讐の鎮魂曲」。

神キャスティング?ベッキーが嵌り役だとわかった!

「過ちは一生糾弾されなきゃいけないのかな!」という台詞をベッキーさんがいうのは、確実に狙ってのキャスティングですよね?
日下部洋子役をベッキーさんにしたのは神キャスティングと言えそう。

過去の失敗から学んだベッキーさんだからこそ、御子柴(要潤)を信じて付き従っていることに妙な納得が出来てしまいます。

でも、洋子(ベッキー)や視聴者は、御子柴という人物の中身に触れる機会を得ているから理解できるのであって、記者・桜葉あすみ(玄理)や卑下する人達の反応は至って普通だとも思えます。

やっぱり、過去に殺人を犯した「死体配達人」だったと言われたら、寛容でいることは難しい気がします。
洋子は平気にしてますが、元殺人者と部屋に二人きりになったらやっぱり怖い!

『悪魔の弁護人』は、色々と考えさせられ、1時間があっという間。
御子柴の贖罪の先に一体どんな結末が待っているのか、まだまだ楽しめそうですね。

『悪魔の弁護人』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

いよいよ始まった老人ホーム介護士殺害事件の初公判。御子柴は当然のように「無罪」を主張。しかし、そこで御子柴(要潤)は今までにはない敵に遭遇する。
「私に正当な罰を与えて下さい」
稲見(勝野洋)だった。無罪はおろか減刑すら拒絶する依頼人。さらに稲見は、御子柴にクビまで言い渡す。御子柴は苛立ちを隠さず弁護人席に両手を叩きつけ――

その頃、洋子(ベッキー)はある女性を訪ねていた。それは稲見の元妻・石動恭子(赤座美代子)だった。

そこで明らかになる御子柴の戦慄の過去!14歳で凶悪犯罪を犯した園部信一郎(大西利空)はなぜ弁護士・御子柴になったのか。稲見はなぜ下半身不随になったのか…。医療少年院で起きた脱走事件の裏にある壮絶な物語が明らかになる!

そんな中、御子柴はまだ稲見の弁護を諦めてはいなかった。
稲見が入居していた老人ホーム「伯楽園」で恒常化していたある問題に気付いた御子柴は、被害者である栃野(小多田直樹)にもまた黒い一面があったのではないかと思い当たる。栃野の実家を訪れる御子柴。しかし栃野の母・一美(山本みどり)は加害者を弁護する御子柴に辛辣に当たる。

「あの子を化け物にしたのはマスコミでしょ!」
その言葉にひとつのヒントを見出す御子柴。栃野もまた、過去に人を殺めた殺人者だったのだ――

しかし、栃野の過去に関しては岬(津田寛治)もまた注目し始めていた。たとえ、栃野にどんな過去があろうと、稲見が栃野を殺害した事実に変わりはない。
御子柴が繰り出すであろう反論をすべて封じる自信を深める岬。果たして、御子柴は稲見の無罪を勝ち取れるのか?裁判はさらに混迷の度合いを深めていき―――

出典:https://www.tokai-tv.com/akumanobengonin/story/