ドラマル

『相棒 season18』20話のネタバレ感想!最終回はギャグ回!右京さんが推理力減退症候群を発症?

2020年3月18日に放送されたドラマ『相棒 season18』20話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、右京が推理力減退症候群を発症?
そんな中、桂川(村上新悟)が殺害されるディープフェイク事件が発生し…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』20話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』最終回のあらすじネタバレ

冠城亘(反町隆史)が、杉下右京(水谷豊)の推理力低下を心配する中、都心一等地マンションで、国家防衛に関わる企業、団体に関与している武器商人で、桂川コーポレーション社長の桂川宗佐(村上新悟)の刺殺体が発見されます。
第一発見者は、社長秘書の水戸弓子。室内のパソコンには桂川と女性の「ベッド動画」が入っていました。女性は、内閣情報調査室(カウンターインテリジェンスセンター)の柾庸子(遠山景織子)と判明。彼女は、動画女性を自分と認めますが、桂川殺害時のアリバイはあります。で、遺体横のスマホには、音声認識アプリにより、「99」という数字が残されていました。

その頃、桂川と繋がりのある内閣官房長官の鶴田翁助(相島一之)は、内閣情報官・栗橋東一郎(陰山泰)と連絡を取り合い何かを隠蔽しようとしています。そんな鶴田は、懇意にしている芸者「小手鞠(こてまり)」こと小出茉梨(森口瑤子)から、芸者のカンだということで、何らかの悪巧みを画策していることを見抜かれ、それを笑って誤魔化しています。

翌日、伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が、最新映像技術を研究している城和工科大学特任准教授・鬼石美奈代(坂井真紀)を訪れ、話を聞きます。
彼女の研究スポンサーが桂川なので、何かを知っているはずです。が、全ての質問をはぐらかされます。それでも彼女には、アリバイがあります。

そんな中、「週刊フォトス」の風間楓子(芦名星)が、桂川と柾庸子の事件数日前の「クラブでの痴話喧嘩」映像を入手。それが、「週刊フォトス」の特集記事になります。
この「痴話喧嘩」映像はスマホ動画であり、それは若いカップルによる持ち込み(売り込み)ということでした。この動画から静止画を切り取って、それが週刊誌に掲載されました。
編集長は、この持ち込まれたスマホ動画の任意提出に応じます。

柾庸子に関する情報を総務部広報課課長の社美彌子(仲間由紀恵)から聞く右京と亘。美彌子は、最小限のヒント情報を右京に与えます。
捜査が進む中、庸子が長期休暇ということで姿を消します。庸子は、鶴田が囲っている女性ということも漏れて来ます。

桂川と庸子の「痴話喧嘩」があったとされるクラブの従業員の話を聞く右京と亘。桂川はとっかえひっかえ違う女性を連れて来ていて、一度は尼さんを連れて来店したこともあるとのこと。尼さんとは、元議員の片山雛子(木村佳乃)。

その頃、事件とは無関係に、警視庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)は、右京の為に、「花の里」に代わる店を探し求めていました。同時に女将も探していて、それで甲斐の眼鏡にかなったのが、鶴田が足しげく通っていた料亭の芸者、小手鞠こと小出茉梨。彼女が、芸者を引退して、家庭料理「こてまり」を開業することになりました。

鶴田に呼び出される右京と亘。鶴田の政界での師匠だった元官房長官(朱雀武比古)を追い落とした右京を良く知っている鶴田。「何がしたい?」と右京に問う鶴田。
「真相さえ分かれば、犯人は捕まえられなくても一定の満足は得られるのか?」と問われ、「それでは贖罪のチャンスを与えられない。犯人は捕まえなくてはいけない」と、右京が応じます。

三人の男に拉致される鬼石美奈代。その拉致を指示している柾庸子という防犯カメラの録画映像を発見するサイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)。が、実は、この映像は青木が作ったフェイク動画です。そうとは知らない参事官の中園照生(小野了)は、この映像を決定的な証拠として、行方不明中の庸子を重要参考人に指定。彼女を被疑者として捜査するよう捜査会議で指示します。

その頃、美奈代と庸子は、仲良く部屋で食事をしています。
「私、超得意だから、今度は、私が料理を作る」と、美奈代。「ダメ、刃物持たせたらロクなことしないでしょ」と、庸子。二人が食事しているその家に、栗橋が車で乗り付けます。栗橋を尾行していた右京と亘も、続いて家に入ります。

庸子は事件直後、桂川を刺殺したのが美奈代であり、そして、フェイク動画も美奈代によるものと分かっていましたが、真実(特定秘密)の発覚を恐れて口を噤(つぐ)みました。
内閣調査会によるフェイク動画研究という特定秘密の暴露を避けたかったのです。だからこそ、ハレンチ動画の女性は自分だと即座に認めていました。
美奈代の研究成果が台無しになることを恐れて、美奈代を庇っていた庸子と栗橋。

美奈代によるコンバットナイフでの傷は、即死ではなく、じわじわと血液が肺に溜まって、それで桂川は窒息死しています。
警察に通報すれば事件になって、特定秘密が発覚します。で、桂川は警察通報を避けて、自ら救急車を呼ぼうとしますが、そのスマホ操作する手を美奈代が踏み付け、結局、救急車は呼べませんでした。
桂川の殺害後、美奈代は、クラブでの「痴話喧嘩動画」を作り上げ、そして、アルバイト学生(萩原新三郎と露のカップル)を使って、「週刊フォトス」に持ち込ませていました。

桂川とは男女の関係だった美奈代。庸子に執心で、庸子との関係を熱望していた桂川にはフェイク動画がお似合いということで、二人の「ベッド動画」を作成していました。桂川と自身の「ベッド動画」の顔を庸子に写し変えていました。
嫉妬心と新技術の誇示が目的で桂川を刺殺し、そして、フェイク動画を桂川のパソコンに残しました。自身のアリバイ動画もフェイクでした。
全ては捜査一課当局に対する挑戦であり、実験でした。当局にフェイク動画であることがバレなければ、実験は大成功ということになります。自身の新技術の誇示になります。

右京は、栗橋を犯人(美奈代)隠匿の現行犯で逮捕しようとしますが、庸子は、「美奈代を匿(かくま)っていたのではなく、自首を勧めていた」と言い張ります。それで、栗橋は右京と亘の前から立ち去ります。
柾庸子も拘留は出来ません。「早々にお引き取り願え」と、刑事部長の内村完爾(片桐竜次)からの厳命が下り、庸子を見送る伊丹と芹沢。

内閣官房長官室。
「鬼石美奈代先生を起訴後に保釈できないかな?」と、鶴田。「殺人犯を保釈など…」と、栗橋が応じます。「普通は無理だが、前例がある。小野田公顕(岸部一徳)という人物がいた。権力とは、かくありたい。見習いたいもんだな」と、鶴田。鶴田は、殉職した警視監、警察庁元官房室長を持ち出して、その可能性を探っています。

家庭料理「こてまり」の店内に神棚を設置する亘。右京は下から、神棚に飾るものを亘に手渡します。甲斐から「困ったことがあったら、右京と亘を呼べ」と言われている新女将(小出茉梨)が、二人を開店準備の手伝いに呼んでいます。神棚に向かって柏手(かしわで)を打つ三人。それから三人で乾杯です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』最終回のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

フェイク動画と言えば「3年A組」(美術教師、柊一颯役の菅田将暉さん主演)が思い出されます。今回の最終話では、フェイク動画に対してフェイク動画をぶつけてゆく青木という設定が面白かったですね。みな、一筋縄ではいかない曲者で、今回は、青木もフェイクを仕掛けていたのですね。

因みに、社美彌子の仕掛け(フェイク?)に乗って掌の上で転がされた右京は随分と怒っていますが、もともと人をコントロールするのは右京の得意技。いつも他人をコントロールしようとしているくせに、人からコントロールされると怒る右京というのが愉快でしたね。これは、やはり右京の推理力が低下しているということなのでしょうかね。

最終回はギャグ回!右京さんが推理力減退症候群を発症?

最終回は終始クスっと笑えるシーン目白押しのさっぱりとしたものでしたね。

右京さんが推理力減退症候群を発症したのではと、スランプを心配する亘。
その噂がなんと神戸尊(及川光博)の耳に入り、神戸が噂を広めちゃいます。ぷんぷんの右京さんが笑えました。

また、参事官の毛抜け・ほら貝・桂川ポスター・スカイラインCMの待ち合わせ相手が青木など、クスクス笑える2時間でした。

まとめ

相棒18最終回にして、ようやく花の里に代わる右京さんの行きつけ「こてまり」が誕生。これで推理力減退症候群を疑われた右京さんの推理力も復活しそうです。
そして、心配していた冠城亘の卒業はなく、シーズン19も続投っぽいですね。良かった!

さて、2クール放送された相棒18ですが、個人的には初回SPと青木誘拐回が好きでしたね。
初回SPは、ラリった右京さんや、船越レンジャーの無双ぶりが見ごたえがありました。
青木回は、青木のポジ確や、らしさが出ていて面白かったですね。

また秋からとなるでしょうか?
相棒19の放送が待ち遠しいですね。