ドラマル

『相棒 season18』19話のネタバレ感想!組対5課は見た目犯罪者の強面ばかり!

2020年3月11日に放送されたドラマ『相棒 season18』19話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

19話では、権力者による口封じと疑われる、不正経理をめぐる謎の転落死事件が発生!
特命係が、第一発見者である嘱託社員の山野から事情を聞くと…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』19話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』19話のあらすじネタバレ

サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)が、昨夜発生した転落死事故の捜査資料を手に、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)を訪れます。
与党幹事長・松木大輔(児玉頼信)の口利き疑惑、及び、国家的開発事業を巡る水増し請求疑惑に関与したとされる大手ゼネコン(ゼータハウス)の若手社員、経理課の足立和也(関口まなと)が、東京地検の事情聴取を前に、社屋から転落死。

転落現場に向かう右京と亘。遺体の指が異様な形で骨折していること、そして、飛び降り元とみられる三階の経理室に争った形跡があることから、これは「口封じ殺人」かということになります。

遺体の第一発見者は定年間近な嘱託社員の山野稔(中本賢)。彼は、事件当夜、激しい雨の中、会社に忘れ物(スマホ)を取りに戻った際、三階の経理課近くで不審な人物を目撃したと証言。更に、山野が竹田晴彦(野仲イサオ)経理部長に足立の転落死を報告した際、特に驚く様子が無かったというのが気になる右京と亘。
因みに、足立の転落時、松木幹事長と竹田経理部長、それに、専務の池内健介らは、料亭で蟹を食べながらの会談中。
また、本社の一大事業の会計処理を、本社の経理部ではなく、西東京支店の係長である若手の足立に任せていた理由については、竹田部長と同じ札幌出身者ということで、足立自らが是非自分にと志願したとのこと。
しかし、本社栄転を餌に地元の先輩(竹田)から不正経理を頼まれたら断れないという、足立の弱い立場に思いを巡らす右京。

不審者の目撃情報を右京に伝えた後、山野は目撃者の自分が犯人に狙われるのではないかと必要以上に怯えます。で、暫く会社を休むよう言われている山野を一人にしておくのは危険と判断して、山野宅を訪れ鍋を食べます。
話を聞けば、元は本社勤務の研究職で、モーレツ社員だった野中。が、今は親しく付き合いのある社員がいない中、足立とだけは懇意だった山野。趣味の無い山野に将棋を教えてくれたのも足立でした。

「ゼータハウス」で事情聴取する右京と亘。水増し請求は足立が勝手にやったことだと言い張る竹田経理部長。池内専務には、今回の事件は検察案件(職域)だと言われ追い返されます。で、右京が竹田経理部長に接近した途端、刑事部長の内村完爾(片桐竜次)と参事官の中園照生(小野了)から、例によって、捜査打ち切り命令です。松木幹事長と「ゼータハウス」には近付くなと釘を刺されます。
それを意に介さず捜査続行。経理部の室内を捜索して、足立のデスク脇のゴミ箱から、封筒の切れ端を発見します。どうやら、この封筒を開き、中身を見てから、その内容物を現場から持ち去った人物がいて、それが足立殺しの真犯人かと推察されます。

山野の自宅を右京と亘が再訪。
実は、山野は三階の経理課に入る前に足立の転落死を確認していました。が、即座に自ら警察通報しなかった山野。竹田部長には報告したものの、警察通報は警備員に依頼していた山野。山野が小心者を演じて、自分はただ、定年退職後は年老いた故郷の母と余生を送りたいので、真犯人に命を狙われるのは困ると言っていたのは嘘でした。山野の両親は、ともに既に他界していました。

山野は、自殺した足立を見て、それを殺人に偽装することを即座に思い付きました。足立のネクタイなどの着衣を乱し、そして、指を折りました。争って殺されたように見せかけつつ、足立殺害犯を目撃したと証言しました。

自殺した足立にしても、山野のスマホを隠しておいて帰宅させ、それを「忘れもの」だと言って夜間に会社に取りに戻るよう促した足立。足立は引き出しの中に「山野稔様へ」という手紙を残していました。その手紙には、本社の指示で不正会計に手を染めた経緯が記されていました。上からの指示内容と自身のスケジュールを記録したUSBメモリーも封筒に入っていました。
足立は、自分の遺体を一番先に山野が発見して、そして、自分の机の引き出しを開けてくれると見込んでいました。山野は、足立の手紙を読み、会社上層部からの不正指示を知ります。
そして、自殺に追い込まれた足立の無念を晴らそうと決意しました。

その作戦が他殺偽装でした。
自殺ではなく、他殺と警察に思い込ませ、金銭絡みの事件(知能犯)の捜査二課ではなく、捜査一課が動くことに期待しました。捜査二課の事件ということになりますと、検察が即座にそれを引き上げ、そして大物政治家によって揉み消される可能性が高まります。
だからこそ、山野が足立の転落死報告を竹田部長にした際、「松木先生が付いているから、会社は大丈夫」と、冷静に応じていた竹田。その声を聞き、足立が自殺したというのに、料亭で呑気に蟹を食べている松木幹事長、それに会社上層部をますます許せなくなった山野。

山野は、鬼になって一矢を報いることを決意します。金銭犯罪、知能犯罪部門の捜査二課だけでは握り潰されると踏んで、捜査一課に動いて貰おうというのが山野の狙いでした。それを突破口に、事件の裏側を暴き出して欲しかった山野。「会社幹部と松木を起訴できますか?」と右京に問う山野。捜査二課案件にしてしまうと、おそらく、起訴は不可能です。

山野は殺人犯(足立殺し)として逮捕されることを望みます。それで裁判になれば、その過程で「ゼータハウス」の悪事が暴露できます。
「鬼になっても」という山野の言葉を受けて、右京は山野の誤認逮捕を決意。殺人容疑で山野を捜査一課に逮捕させます。
結局、最終的には死体損壊罪で、起訴からの裁判になります。そうしたうえで右京は、いろいろと因縁のある連城建彦(松尾諭)に山野の弁護を依頼します。

山野の裁判の進行中、足立の遺した遺書とUSBが動かぬ証拠になって「ゼータハウス」上層部、専務の池内健介と経理部長の竹田晴彦は逮捕されます。キックバックを目論んでの、被害総額30億円の「水増し請求事件」の犯人として二人の会社幹部が逮捕されます。
死体損壊の犯行を認めた上で、動機については黙秘しての裁判でしたが、その動機を明らかにしたのが、連城弁護士。足立の遺した山野宛の遺書とUSBを裁判所に証拠提出して、「ゼータハウス」の不正が明らかになりました。
動機は、足立の無念を晴らしたい為ということが明かされます。

当初から、山野が足立の遺書とUSBを警察に渡さなかったのは、「口利き疑惑」に絡んだ自殺ということになれば、それらの証拠品は、結局、検察の手に渡って握り潰されます。最初に、遺書とUSBを警察に渡せば、全てがうやむやになります。
だからこそ、裁判に持ち込み、そこで遺書とUSBを提出しようというのが山野の作戦なのでした。連城弁護士がその意を汲み山野の作戦が成功しました。

ただし、松木代議士(幹事長)の口利き疑惑については、今後の勝負。検察も一枚岩ではなく、「さあ、これから」と張り切っている者もいるようです。

スポンサーリンク

『相棒 season18』19話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

サイバーセキュリティ対策本部の青木年男を特命係に差し向け、そして、特命が動き出すよう誘導する捜査一課の伊丹憲一と芹沢慶二という構図が面白かったです。
何時もは特命の出動に嫌悪感を示す捜査一課コンビでしたが、今回ばかりは特命係に矢面に立って貰い、自分らはその陰に隠れて捜査しようという作戦です。刑事部長の内村完爾と参事官の中園照生から捜査制限されている捜査一課コンビとしては、自分らは積極的には動けないので、特命係が頼みになります。
だからこそ、青木に頼んで、ゼネコン社員の転落死情報を特命係に持ち込んで貰ったということで、このあたり、みな、持ちつ持たれつの関係です。それが面白かったですね。

青木は、あとで奢ってもらうなど、それなりの見返りさえあれば、捜査一課にも特命係にも協力を惜しまないという誠に良い人物なんですね。

組対5課は見た目犯罪者の強面ばかり!

角田六郎(山西惇)率いる組対5課面々の見た目が犯罪者顔負けで笑ってしまいました。

警察あるあるなのでしょうか…、3と5の服装センスとか完全に取り締まる相手の影響受けてますよね 笑。

『相棒 season18』20話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』20話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風で…。

そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。さらに、現場のパソコンから発見された、桂川と女性の“ベッド動画”が波紋を呼ぶ。問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。

事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿が。上層部から“特命係一派”とみなされ、捜査から外されたことに反発して、協力を思い立ったらしい。右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にある疑問を抱く。いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘され…。
翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授から話を聞いていた。しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係がその動画の押収をすることとなり…。

解決の鍵は“動かぬ証拠”である映像!?
事件の背後には暗躍する政府高官の影が…
スランプ中(!?)の右京が、日本の闇と対峙する!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0020/