ドラマル

『相棒 season18』18話のネタバレ感想!ヒロコママが花の里女将に立候補!

2020年3月4日に放送されたドラマ『相棒 season18』18話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

18話では、名物キャラクター・ヒロコママ(深沢敦)が、特命係に捜査を依頼する!
ゲイバーのヒロコママは、懇意にしている光太郎が襲われ1億円を強奪されたと話す…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』18話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』18話のあらすじネタバレ

開発会社の如月リゾートが、譲渡契約の為に用意していた一億円を強奪されます。契約金の運搬を担当した社員・鶴橋光太郎(細田善彦)が、強奪犯に襲われ入院。
光太郎と懇意のゲイバー「薔薇と髭」のママ、ヒロコ(深沢敦)は、旧知の仲である杉下右京(水谷豊)を頼って特命係に調査を依頼します。

右京と冠城亘(反町隆史)は、ヒロコを同行して入院中の光太郎に事情を聞きます。一億円運搬を指示した光太郎の上司・押田洋彰課長からも事情を聞きます。
光太郎の自作自演も疑われる中、一億円を奪われた上に契約が反故(ほご)になって、我々は被害者なのだと訴える女性上司の高山部長。そこに光太郎の兄の宗一郎(夙川アトム)が来ます。既に十年前、鶴橋兄弟が経営していた旅館は如月リゾートに委譲されていて、そのリゾート会社に光太郎は社員として勤めていることになります。

そんな中、押田課長の死体が路上で発見されます。コンクリート台に後頭部を打ち付けての脳挫傷が死因です。死亡推定時刻は昨晩の9時から11時。
警視庁捜査一課・伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)の家宅捜査で、押田が一億円強奪を計画したことが明らかになります。押田の部屋から、強奪計画に関わる地図などが発見されますが、一億円は出て来ません。

事件当日の夜、如月リゾート本社の防犯カメラに病院を抜け出した光太郎が写っていました。時刻は夜の9時半過ぎ。光太郎が持田課長と言い争いになり、揉み合いになっているところが写されています。
光太郎への疑いが強まる中、兄の宗一郎が押田を殺害したと言って出頭(自首)して来ます。伊丹と芹沢の取り調べに対して、押田が一億円を独り占めしようとしたから殺したと言います。金のありかは、押田が隠してしまって分からないとのこと。

鶴橋兄弟が去った後も一貫して旅館を守って来た「如月楼」の支配人の下山に話を聞きますと、昔は仲の良い兄弟だったとのこと。が、11年前に事件があって、宗一郎が旅館を去ります。
宗一郎による客に対する暴力行為があり、その後、それが世間に発覚するとキャンセルが相次ぎ、人気旅館の客足が遠のきます。で、10年前、如月リゾートに旅館が売却されます。

口コミ評価で五段階評価で星五つだった「洋食みやくら」の評価が、最近になって、星ふたつ。かつての鶴橋旅館と同じ状況になっています。
「洋食みやくら」で食事する右京と亘。デミグラスソースの味を堪能してから、店主の宮倉進(清水昭博)に話を聞きます。「洋食みやくら」では半年前、セレウス菌による食中毒騒ぎが発生していました。ビーフシチューを食べた客からセレウス菌が検出されていました。で、30年かけての継ぎ足しで作り上げて来た大切なソースを廃棄することになっていました。
店は亡くなった妻と始めていて、その妻は、宮寺の作ったデミが大好きでした。そんなソースを捨てることになっていた宮倉。しかも、昨年、大々的に店を改装して、さあこれからという時の食中毒騒ぎでした。
店舗改装で借入した金の銀行返済が厳しくなって、いよいよ如月リゾートに店が売却されるという運びになっていました。

後日、「洋食みやくら」での食中毒を訴えた客の勤務先が、その保険証から判明。が、勤務先とされる天竺商店は実働している気配がありません。
組対課長の角田六郎(山西惇)によれば、天竺商店とは鵬怨組のフロント企業(江空商事)が作ったペーパーカンパニーでした。そして、高柳省吾は江空商事の社員なのでした。
押田が天竺商店の男を使って「洋食みやくら」を陥れ、そして、11年前には、高柳を使って鶴橋兄弟の旅館を陥れたものと思われます。

11年前の宗一郎の暴行事件。
客の高山省吾が部屋に置いていた財布がなくなっていると騒ぎ出し、仲居を捕まえて、着物を「脱げ!」と強要。裸になって、財布を盗んでいないことを証明しろと言っているところに、宗一郎が飛び込みます。
宗一郎は高山と揉み合いになり、壁に後頭部を打ち付けます。で、その暴力行為を高山が警察に通報。兄は、「もううんざりだ。旅館のことはお前がやればいい」という置手紙を残して旅館を去っていました。

「洋食みやくら」を右京と亘が再訪。
一億円強奪事件の当日、店のテーブルで譲渡に向けての交渉がありました。押田課長、高山部長、それに宮倉の三人が交渉テーブルに座っていました。丁度、その時刻に現金を運んでいた光太郎が襲われました。が、高山部長によれば、その時、厨房にいる筈の息子の涼の姿を実際には見てはおらず、聞こえて来たのは宮倉の声だけということでした。
テーブルでの交渉の途中、宮倉は突然に立ち上がり、厨房に入ります。そして、「涼、何度言ったら分かるんだ。それじゃあ、焦げるだろう。貸せ、こうやって回すんだよ」と、宮倉の声だけが厨房から響いたと高山は証言しています。それが涼のアリバイ作り工作なのでした。宮倉にとって最も大切にして来たデミグラスソース作りを、息子のアリバイ工作に利用していたことになります。

押田課長が殺害された夜、宗一郎は、自身の体験から「洋食みやくら」のことを心配し、店を訪ねています。その時、宮倉は出掛けていて、息子の涼が対応します。それが夜の十時。よって、押田課長の殺害時刻、宮倉のアリバイはありませんし、その翌日には、滞っていた店の借金は見事に返済されています。

一億円の強奪犯は涼。そして、押田殺しは宮倉。
一億円強奪の三日前、押田が宮倉に一億円強奪を唆(そそのか)します。それで店の借金を返せと言われます。その際、押田は手数料を要求します。厨房で話を聞いていた涼が、店を守る為に強奪をやろうと押田の計画に乗り、それで光太郎を襲いスーツケースの一億円を奪いました。
涼が奪った一億円を宮倉が押田の元に届けると、「三億円で如月リゾートに店を売れば、金は手に入るだろう」と言い、約束をたがえ一億円を持ち去ろうとします。「セレウス菌」の話も持ち出されて、それが押田の仕掛けだったと気付いた宮倉は、押田と揉み合いになり、転倒した押田はコンクリート台に後頭部を打ち付け死亡します。
宮倉は、押田の手から一億円入りのスーツケースを取り返し、それで店の借金を返済していました。

如月楼の前に鶴橋兄弟。
「いつか二人で旅館を再建しよう」と言う兄に、「ああ」と応える弟。

ヒロコママの店。
ママのおごりで飲む右京と亘。ヒロコママが無くなってしまっている「花の里」のことを気にしていて、「なんなら、この店の看板を<花の里>に変えても良い」と言います。「いえ、それには及びません」と、その申し出を右京が断ります。

スポンサーリンク

『相棒 season18』18話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

鶴橋兄弟の兄弟愛ということで、良い話でした。兄の気持ちをなかなか了解できなかった弟を真犯人かと誤認して警察に出頭(自首)した兄でしたが、右京と亘によって無事解決。それにしても、開発会社の如月リゾートがお咎め無しであるのが気になりました。単に、一社員の犯罪という完結で良いのでしょうかね。一社員の犯罪で旅館を手放すことになったと分かっても、元には戻せないのでしょうかね。
客に対する宗一郎の暴行事件の詳細を掘り下げることで、旅館譲渡が無効になるのではないかとも思えますので、譲渡無効の訴えを起こす行動が、鶴橋兄弟にあっても良かったかなと感じました。「旅館の再建」を兄弟で誓うのも良い話ですが、一度、「旅館の譲渡無効」の訴えをしても良いのかなと思いました。

が、しかし、この種(詐欺行為)の案件は、「損害および加害者を知った時」から三年間権利を行使しない時には、その権利は消滅すると定められているのですね。
詐欺事件の時効は二十年なのですが、三年以内に行動を起こさないとダメだということなので、「旅館の譲渡無効」の訴えは、現実的には、既に遅いということになるのでしょう。そういうことが分かって、譲渡無効の訴えではなく、「旅館再建」を誓う兄弟に納得しました。

ヒロコママが花の里女将に立候補!

シーズン6から12年ぶりに再登場した深沢敦さん扮するヒロコママが話題を集めました。

変わらぬヒロコママの存在感。
「花の里」ならぬ「薔薇の里」「髭の里」の女将に立候補に、右京さんは難色を示しましたが、視聴者からは花の里の代わりの実現に賛否が出ていますね。

それにしても、ヒロコママは未だに薫ちゃんこと亀山薫が大好き!
右京さんに、亀山薫の「代わりの代わりの代わりの」と紹介される冠城くんが笑えました。

『相棒 season18』19話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』19話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

与党幹事長の口利き疑惑に関与したとされる大手ゼネコン社員が社屋から転落死する事件が発生。警視庁上層部は、現場に争った形跡があったにも関わらず自殺での事件処理を図り、権力による“口封じ殺人”を疑った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査を開始。第一発見者である嘱託社員の山野(中本賢)から事情を聞く。と、事件当夜、激しい雨の中会社に忘れ物を取りに戻った際、不審な男を目撃したことを思い出したと証言し、目撃者になったことで自分も狙われるのではないかと、ひどくおびえた様子を見せる。そんな中、右京が問題の会社の経理部長に揺さぶりを掛けると、刑事部長の内村(片桐竜次)から捜査の打ち切りを命じられる。権力者による圧力を感じながらも、それでもひるまない右京と亘は、わずかな手掛かりから事件の真相を追うが…!?

事件解決の“突破口”は、気弱な目撃者ただ一人…
不正経理をめぐる謎の転落死事件の真相とは…!?
特命係が職を賭したギリギリの勝負を挑む!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0019/