ドラマル

『相棒 season18』17話のネタバレ感想!花の里3代目に朝倉あきを切望!新崎芽依は卒業?

2020年2月26日に放送されたドラマ『相棒 season18』17話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

17話では、平成の毒婦の異名を持つ女・遠峰小夜子が関係する猟奇殺人が発生!
次のターゲットは?亘が好意を寄せる新崎芽依(朝倉あき)に魔の手が迫る…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』17話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』17話のあらすじネタバレ

郊外の空地で両手の親指が切断された女性(堀内麻由子)の絞殺体が発見されます。
捜査一課の伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が臨場。後に、バーテンダーのクロスタイが絞め痕と分かります。
捜査一課は、これまで二人(池宮帆香、見賀由実)を殺害している猟奇殺人犯が再び現れたと警戒を強めます。遺体の喉からは、「ブラックパール」とも、「バロックパール」とも呼ばれる「いびつな真珠」が検出されます。

杉下右京(水谷豊)は、捜査を開始。
冠城亘(反町隆史)は右京の話に上の空で、かつてキッチンカー近くの火災から救出した新崎芽依(朝倉あき)の行方を心配しています。「手作り焼きたてパン」のキッチンカー「ネコの耳」を営む芽依からのメール連絡が途絶えていることを気にしています。フラれたものと落ち込んでいます。再び東京でキッチンカーをやると告げられてから彼女の行方が分かりません。

そんな中、亘は、「あなたに会いたがっている人がいる」ということで、弁護士の連城建彦(松尾諭)から喫茶店に呼び出されます。
「月刊プレス」が提示され、「平成の毒婦」と世間から称されている未決囚の遠峰小夜子(西田尚美)の手記の存在を教えられます。で、小夜子が収監されている東京拘置所に向かいます。

相貌認識能力に長けている小夜子は、今回の親指切断の事件に絡み、昔の知人の中に女性の指に異常な執着を持つ男がいたことを亘に告げます。その名前は覚えていませんが、飲食店関係の人物だと言います。
更に続けて、亘が大切な人を見失って途方に暮れている夢を見たと言い出します。そして、指フェチ男のことについて思い出すことがあるかも知れないので、今後も右京には内緒で拘置所に面会に来るように言う小夜子。それで、亘は、小夜子に芽依の居場所のヒントを与えられては探し回ることになり、その術中、言葉の魔術にハマってゆきます。

右京は、小夜子の手記にある「昔マレー半島の一部には、真珠入りの瓶に死体から切り取った指で栓をしておくと、何時の間にか真珠が増えるという迷信がある」という個所に注目。これまで三人の女性が殺され、それらの事件が、満月、新月という月の引力が強い時に発生しているという共通点にも気付く右京。
満月と新月とは、真珠貝の成長の始まる時ということになっています。そうなると、次の新月の夜に、芽依の指、芽依の命が危ないことになります。

小夜子に操られた実行犯として、ダイニングバー「木曜島」のバーテンダー、平川典明に辿り着きますが、捜査一課コンビの目の前で、平川は頸動脈を包丁で切って自殺してしまいます。
右京と亘も、店内に入りますが、その時は、既に平川は絶命。城西冷機の冷凍庫には、これまでの被害者の親指が保存されていました。

右京が小夜子に振り回されている亘を心配して、それは、小夜子の洗脳の手口なのだと諭します。芽依の居場所のヒントを与えては空振りさせて、それで、新情報を教えて貰おうと躍起になる心理、小夜子の言葉に依存しようという心理を突く形での洗脳をされている亘。
右京に小夜子との会話内容を話し、それから何も情報を教えて貰えなくなるのを恐れていた亘。右京に諭され、芽依は、平川によって監禁されているものと考える亘。が、平川があっけなく自殺して、彼女を探し出す手がかりが消えたと思われますが、手がかりはあると右京。

サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)が、キッチンカーのミラーに写り込んでいた「南雲記念病院」を割り出します。その病院に出向き、芽依にキッチンカーの病院前出店を許可した事務長(寺田肇)に話を聞く右京と亘。寺田事務長にキッチンカーの芽依を紹介したのは城西冷機の保守点検担当者・中安信吾でした。
中安は、芽依のキッチンカーの冷凍庫も納入していて、こちらの保守点検も担当しています。この中安に扮して、芽依に接近したのが、深堀という人物で、彼は既に使い込みがバレて、ひと月前に会社を退社しています。
深堀は、城西冷機在籍時、ダイニングバー「木曜島」のある地域の保守点検担当者でした。このバーの冷凍庫、即ち、被害者の親指が保管されていた冷凍庫は、城西冷機のものでした。
何故、芽依が中安と深堀とを識別できなかったかというと、それは、彼女が相貌失念者であったからでした。同じユニホームを着て近付けば、それは、深堀であっても芽依は中安と認識してしまいます。それで、まんまと、深堀は芽依に接近し、拉致監禁の片棒を担ぎます。

「月刊プレス」編集部。
編集部の森尾淳史に話を聞きます。ここは名誉棄損で小夜子に訴えられたことのある出版社です。それが縁になって、顧問弁護士の連城を通じて、小夜子の手記の掲載を持ちかけられていました。
センセーショナルな内容を期待していたのですが、その内容は真珠についての「うんちく話」のみ。売り上げは伸びませんでしたが、広告収入が大きく、元は取れたと森尾は語ります。その理由は、魔性の女というだけに支援者が多かったからです。で、四社の御祝儀広告が掲載されていました。
クライアントの指示により、いずれも、小夜子の手記(記事)の途中に広告は入っています。広告にはノンブル(ページ数)が隠されていて、そのページは、p32、p43、p47、p54。これが場所を特定する座標軸ということで、緯度と経度の組み合わせが一致する川並運動公園が特定され、そこに急ぐ右京と亘。

公園で、城西冷機の冷凍庫発見。これはキッチンカーで使われていた冷凍庫で、中には焼き上げる前のパンが入っています。新鮮野菜直売所が横にあり、おそらく、この公園は芽依の何時もの立ち寄り先。公園奥の物置小屋の中にキッチンカーが見えます。
ガラス窓を破って中に侵入する右京と亘。車の中には誰もいません。二人が物音のする方に進むと、地下室で、口を塞がれた状態の芽依が、手錠で机の脚に繋がれています。
東京拘置所の小夜子に、深堀久司を誘拐監禁で逮捕したと告げる右京。

伊丹と芹沢の取り調べでは、「三百万で平川に誘拐を頼まれただけ」と言う深堀。顔を覚えられない女だから安心しろと平川に言われていた深堀。芽依を監禁しただけで、その後、平川がどうするつもりだったのかは知らない深堀。

実は、逮捕収監前に、真珠を入れた瓶に親指で栓をするというおぞましい迷信を平川に信じ込ませた小夜子。指フェチの平川に会った時、そういう話を平川に聞かせていた小夜子。芽依が相貌失念であることを平川に教え、誘拐するよう指示していたのは小夜子でした。
キッチンカー脇のゴミ集積所から出火して芽依が危なかった時、亘が救出。それを見ていた小夜子。もともと芽依のことは、何故か良く知っていた小夜子。小夜子は、平川に芽依を誘拐監禁するよう促していました。
真珠の瓶の栓に相応しい美しい指の持ち主として芽依を指名していました。しかし、芽依のキッチンカーは東京を離れて実行の機会が失われます。
その後、最近になって芽依のキッチンカーが東京に舞い戻り、小夜子の手記が掲載されて、それが計画実行の合図になります。平川が絞殺した女性(堀内麻由子)の指を切り、そして、喉に真珠を押し込んだのは、ゲーム開始を知らせる為でした。
それで、亘の「芽依を探せゲーム」が開始されました。これは、もし、亘が負ければ、次の新月の夜に芽依が指を切られて殺されるというゲームです。そのゲームを獄中で楽しんでいた小夜子。人を思い通りに操れることを楽しんでいた小夜子。

公園の物置小屋の地下から救出された芽依のいる病室を右京が訪ねます。亘は病室の外にいて、芽依との面談を避けています。
芽依が狙われた理由が判然としないので、あるいは、亘との関わりが原因ということも有り得ます。亘は、芽依と会うことを避けるべきと判断しています。
「何時か私のパンを買いに来てください。連絡はしません。その方が良いんですよね。何時か、会えるようになったらキッチンカーが出ている場所を探してください」と、亘への伝言を右京に託す芽依。

拘置所の小夜子が口ずさむ「きらきら星」の原曲は、「パパは私にまともな女の子になって欲しいのに、でも、私はキャンディーがずっと好き」という歌詞です。
小夜子にとっての「キャンディー」とは、人の大切なものを破壊する喜びなのでした。彼女は、いびつな形をしたバロック真珠でした。人を惹きつけたうえで、魅惑と恐怖で支配する危険な女性が小夜子なのでした。

独房で、小夜子が「手記」掲載に尽力してくれた人物への礼状を書いています。

スポンサーリンク

『相棒 season18』17話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

「手記」掲載を出版社に手配したのは、顧問弁護士の連城です。小夜子の手紙(礼状)の宛先は、おそらくこの弁護士です。彼が、小夜子の外部の協力者と思われますが、とりあえず、前回、右京を翻弄した時と同様に、今回の亘の洗脳についても、その裏側の動機の詳細など、全容解決に至らず保留になります。連城弁護士は、今後、もう一度、今シリーズ中に再登場するのでしょうかね。

あと、気になったのは、「未決囚」と「既決囚」の区別です。本来ならば、この両者は、施設も待遇も別途であるべきです。つまり、「未決囚」とは、あくまで「無罪推定」なのだという原則に従うべきという見解も法曹界にはあるのですから、未決囚の「平成の毒婦」が拘留中に塀の中から殺人誘導をしているという設定が気になりました。これでは、「推定有罪」という世間が陥りがちな感覚に拍車をかけてしまいます。今後とも、マスコミ誘導による、そういう流れが加速されかねません。――「未決囚」ではなく、「懲りずに再審請求を画策している既決囚」という設定あたりの方が、そういう意味では良かったのかなという気がしましたね。

花の里3代目に朝倉あきを切望!新崎芽依は卒業?

花の里の3代目女将を期待されていた朝倉あきさん扮する新崎芽依ですが、残念ながら今回で卒業となってしまいそうですね。

朝倉あきさんは可愛いので、レギュラーもしくは準レギュラー入りを切望している人も多かったのですが…。
好きだからこそ離れなきゃいけない!という切ないラストでした。

遠峰との件に片をつけて、いつか亘が芽依のパンを買いに行くところを見たいですね。

『相棒 season18』18話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』18話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

リゾート開発会社・如月リゾートが、オーベルジュ(宿泊もできるレストラン)の契約のために用意した1億円を強奪される事件が発生。契約金の運搬を担当した如月リゾートの社員・鶴橋光太郎(細田善彦)が背後から襲われ、入院を余儀なくされた。光太郎と懇意にしているゲイバーのママ・ヒロコ(深沢敦)は、旧知の仲である右京(水谷豊)を頼って、特命係に捜査を依頼してくる。右京と亘(反町隆史)はヒロコと共に光太郎に事情を聞くと、契約金の運搬は急遽決まったことだったとわかる。しかし事件現場は人通りも防犯カメラもない場所で、右京は事前に練られた計画的犯行だったのではないかと推理する。1億円運搬を指示した光太郎の上司から事情を聞いていると、そこに光太郎の兄・宗一郎(夙川アトム)が押し掛けてくる。光太郎によると、兄弟の実家は元々、旅館を経営していたが、今は如月リゾートに運営を任せているという。調べてみると、旅館委譲の背景には、宗一郎が起こしたある事件が関係しているらしい。そんな中、事件関係者の撲殺遺体が発見されて…!?

ヒロコママの依頼はなんと殺人事件に発展!!
その背景には兄弟の確執が…!?
絡み合った事件のカラクリを特命係が解明する!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0018/