ドラマル

『相棒 season18』16話のネタバレ感想!陣川公平がまた惚れた!プロポーズの行方は?

2020年2月19日に放送されたドラマ『相棒 season18』16話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

16話では、伝説の連続窃盗犯「けむり」が絡む、ケアハウス理事長の殺害事件が発生!
長年、けむりを追っていた陣川は、右京や亘と一緒に捜査がしたいと特命係に来て…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』16話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』16話のあらすじネタバレ

ケアハウス(軽費老人ホーム)「泰然の杜」の理事長・山倉武夫が鋭利な刃物で刺殺され、煙草の吸殻が遺留品として理事長室の机上に遺されます。伝説の窃盗犯、「けむり」の関与が浮上します。これまでのターゲットは一貫して闇金や反社の事務所など、あくどい商売で善良な人々を苦しめている者たちであり、これまで殺しとは無縁です。

この事件を捜査することになるのが、特命係に一時在籍していて、現在は捜査二課の警部補になっている陣川公平(原田龍二)。ずっと「けむり」を追って来て、この窃盗犯の心情を知り抜いている陣川としては、「けむり」が殺人を犯したとは考えられません。
そんな違和感もあり、彼はわざわざ有給休暇を取り特命係に押し掛けます。その勢いに押されて、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、陣川に捜査協力を約束させられます。で、捜査に向けての決起集会という名目で、陣川行き付けの居酒屋「あおびょうたん」に強制連行されます。
陣川は、居酒屋「あおびょうたん」の従業員・斎藤理沙(飛鳥凛)を運命の人と思い込んでいます。この居酒屋のカウンターの隅には、女将の文江がお目当ての常連客・佐田重蔵(小倉一郎)がいます。「ツケといてくれ」と言って、早々に立ち去ります。

この決起集会当日の日中、「泰然の杜」を訪れていた右京と亘、そして、陣川。そこでケアハウス入所者が何やら揉めている場面に出喰わします。
入所者として一番の古株の田中千絵と木村勝則が口論していて、それをヘルパーの清水が止めています。千絵が「この人(木村)泥棒なんです!」と叫んでいますが、千絵の部屋の机の引き出しにあったのは木村の時計。千絵は、人のモノと自分のモノの区別が付かず、床に落ちていたモノは、みな自分のモノと判断してしまいます。

その後、違法貸付の闇金を狙った窃盗事件が発生して、「けむり」の犯行を匂わせる煙草の吸殻の遺留品を発見。他に遺留品がないのが「けむり」の遣り口なのに、何故か、爪楊枝(つまようじ)が残されています。で、この爪楊枝のDNA鑑定で、これが、「あおびょうたん」が出したゴミ袋の中にあった爪楊枝のDNAと一致。因みに、この闇金に比較的自由に出入りできるのは警備会社の他、清掃会社です。
そして、「新曙町クリーン」に勤務していた重蔵。

陣川と亘を伴って「あおびょうたん」を訪れる右京。自分たちは刑事なのだと名乗った上で、「あなたが<けむり>ですね」と、カウンターで酒を飲む重蔵に言います。
重蔵は、あっさりと「泰然の杜」理事長、山倉武夫殺しについて認めます。――重蔵が「あおびょうたん」の常連になったのは一年前からで、それは、理沙が店で働き始めた時期と一緒でした。50件以上の窃盗を繰り返しているにしては質素な生活をしている重蔵。家宅捜査で出て来たのは、15年前の「二村カバン店」の領収書(御品代、126万円)。後に、これは30個のランドセル代金だったと判明します。重蔵はランドセルを児童養護施設に寄贈していました。

重蔵の裏付け捜査が進む中、新たに、「ぼったくりバー」で事件発生。
重蔵の拘留中に、売上金の120万円が盗まれます。遺された煙草から、女性のDNAが検出されます。「けむり」は、もう一人いることになります。
そして、これまでの犯行現場に出入り可能な、観葉植物のレンタル会社「グリーンレンタル・ラムール」が浮上。
昼は、「グリーンレンタル・ラムール」に勤務(派遣)している理沙の部屋の家宅捜査で、120万円の現金が発見されます。「ぼったくりバー」での被害額と一致します。斎藤理沙、本名は三崎理沙。父の名は三崎慎吾で、かつての「泰然の杜」の管理人。
慎吾は、入所者の不審死直後、同僚の遠藤司によって毒殺されています。遠藤司のロッカーから、殺害に使われたのと同じ毒物が発見され、警察の見解では、そういうことにされています。が、実は、慎吾の毒殺は、当時、管理部長だった山倉の犯行なのでした。
「山倉さん、自首してください」と、犯行動画を添付したメールを送った直後、山倉に毒殺(砒素混入)されていました。慎吾は管理室で山倉の犯行映像(監視カメラ画像)を発見し、それを携帯動画に納めていたのでした。

慎吾毒殺の疑いを持たれたまま、遠藤司は拘留中に心筋梗塞で死亡しています。
いずれにせよ、幼い頃に母を亡くし、そして、16年前には、父を毒殺されて、9歳から18歳までを児童養護施設で育てられていた理沙。
施設を出た後は、「グリーンレンタル」で派遣社員として働いていた理沙。
そんな理沙が、つい一ヶ月前、事件後から消失していた父の携帯に出会いました。
15年間、父の携帯を隠していたのは田中千絵でした。父の死の第一発見者が千絵でした。山倉に毒を飲まされて倒れた際、救急車要請の電話をしようと取り出した携帯を床に放り出していた父の慎吾。その携帯を自分のモノと勘違いした千絵が、自室の引き出しに収納していました。それを、偶然、理沙が発見します。「グリーンレンタル」の仕事で、「泰然の杜」に入り、そして、ハサミを使って剪定している時、千絵が剪定バサミを自分のモノとして持ち去り引き出しに納めようとして、その時、その引き出しの中に父の携帯を発見していたのでした。

第二の「けむり」として追われることになった理沙は、警察の目を逃れ、ネットカフェ(漫画喫茶)を転々としています。
そこで、陣川からのメッセージメールを発見する理沙。「もう心配いりません。理事長室で真犯人の手がかりが見つかりました。明日の朝、改めて調べます」というメッセージを読んだ理沙は、翌朝を待たず、深夜に「泰然の杜」の理事長室に入り、何らかの犯行の痕跡があるのなら、それを事前に消そうとします。それを、右京、亘、陣川が待ち構えています。

理沙は、理事長殺しは自分だと言い張ります。理沙は、「あおびょうたん」の板前、太川誠也を庇っています。
太川誠也の本名は、斎藤誠也。彼は、理沙の父・慎吾殺しの犯人とされた斎藤司の息子でした。事件当時、六歳だった誠也。それ以来、ずっと殺人犯の息子として肩身の狭い思いをして生きて来た誠也。
一方、理沙としては、父殺し犯(司)が拘留中に死んで、その怒りの矛先として、息子(誠也)の居場所を探していました。そして、「あおびょうたん」で板前として働いている誠也を発見します。
自らも、その店で働き始め、そして、加害者側遺族としての誠也の苦しみを知った理沙。
誠也は既に、捜査一課、伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)の手で逮捕されています。

三ヶ月前、「泰然の杜」と理沙が働く「グリーンレンタル」が観葉植物のレンタル契約を結んでいます。で、理沙の仕事中、千絵が理沙の剪定バサミを持ち去って、それが、父慎吾の携帯発見に繋がりました。その携帯の中に、山倉に自首を勧める父のメールがありました。犯行動画も添付されていました。理沙は、全てを誠也に話し、そして、携帯動画も見せていたのでした。慎吾の毒殺だけでなく、入所者の不審死も、父の犯行ではないと誠也は知ることになります。

誠也は山倉理事長の部屋に乗り込み、携帯動画を提示します。
山倉は引き出しからペーパーナイフを取り出し、誠也に襲い掛かります。二人は揉み合いになり、誠也が、逆に、山倉をペーパーナイフで刺殺します。
理沙が駆け付けた時、山倉は死亡していました。普通に考えれば正当防衛ですが、とにかく、理沙は、誠也を庇おうとして、その場を「けむり」の犯行に見せる偽装をしました。そんな理沙を庇う目的で、重蔵は、故意に爪楊枝を遺す犯行をしていました。
理事長室に駆け付ける前に誠也を拘束していた伊丹、芹沢の捜査一課コンビが、理沙を警察に連行します。
その折り、理沙が振り返って、「陣川さん、ごめんね。あなたは私のタイプじゃなかった」と言います。陣川は、「けむり」事件解決後に理沙にプロポーズすると宣言していたのですが、あっさりと拒否されます。

15年前、闇カジノに入った直後、ボロボロのランドセル姿の理沙に会った重蔵。そこで、児童施設にいる仲間全員のランドセルを要求された重蔵。理沙との関係性が開始された、そのランドセル購入の領収書を大切に保管していた重蔵。父親代わりに理沙を見守って来た重蔵。「今後は、父として理沙の為に、正しいことをしてあげてください」と重蔵に求める右京。

「あおびょうたん」で、「まさか、タイプじゃなかったなんて…」と、理沙にプロポーズを断られた陣川が嘆きます。「あれは、本心じゃなかったと思いますよ」と亘が慰めますが、陣川、聞く耳を全く持ちません。で、陣川は、女将(文江)に狙いを乗り換え「あおびょうたん」を「花の里」代わりにと提案します。

『相棒 season18』16話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

特命係の歴代相棒たちと絡んできた陣川。陣川が右京と亘を誘い出した場所は、「花の里」を彷彿とさせる居酒屋の「あおびょうたん」です。そこで、陣川と愉快な掛け合いをする右京と亘。陣川の惚れる女性は、飛鳥凛さん演じる「あおびょうたん」の看板娘、理沙。理沙と常連客、重蔵との関係が哀しくも優しいのですね。双方、相手を庇おうということで、事件が交錯します。その深い関係性の中に、板前の太川誠也も加わりますが、彼もまた、哀しい定めを生きています。

当初、「けむり」が絡んだ殺人事件かと思われましたが、結局、「けむり」は、殺人には関与していなかったということで一件落着。陣川の「ヨミ」が当たっていたことになって、それはそれで良かったですね。
太川誠也にしても、凶器が山倉のペーパーナイフなのですから、おそらくは、正当防衛が成立するものと思われますしね。

陣川公平がまた惚れた!プロポーズの行方は?

惚れっぽい陣川公平(原田龍二)が、居酒屋「あおびょうたん」の従業員・理沙(飛鳥凛)に惚れプロポーズ。

案の定、最後には「陣川さん タイプじゃなかったなんて!」と言われて振られてしまうのですが、「あれは 本心じゃないと思いますよ。」という冠城の言う通り、理沙は気があったような気がしますね。

果たして、陣川公平は理沙と結ばれるのか…。
陣川のことだから、次の恋を見つけて走り出しそうですが、振られて「おすぎさん」と、右京さんにくだをまく姿は面白かったですね。

『相棒 season18』17話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』17話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

郊外の空地で両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見された。犯行の手口から捜査一課は、これまで2人を殺害している“指切り男”が、2年ぶりに現れたと警戒を強める。その後、遺体の喉の奥に“バロックパール”と呼ばれるいびつな形の真珠が発見され、右京(水谷豊)は不審に思う。そんな中、亘(反町隆史)は弁護士の連城建彦(松尾諭)から突然、「会いたがっている人がいる」との連絡を受ける。指定された場所は、東京拘置所。待っていたのは、“平成の毒婦”と呼ばれた未決囚の連続殺人犯・遠峰小夜子(西田尚美)だった。小夜子といえば、かつて刑務所にいながら人身を操り、右京さえ翻弄した危険な存在。亘は最大限の警戒をしながら相対するが、彼女が口にしたのは、思ってもみないことだった。相貌認識能力に長けている小夜子は、知人の中に、女性の指に異常な執着を持つ男がいたこと、さらに亘の大切な人が行方不明になる夢を見たと言い、ここで話したことは右京に内緒という条件をつける。亘は、以前、事件を通じて知り合ったキッチンカーの店主・新崎芽依(朝倉あき)から久々にメールが来たものの、その後、連絡が途絶えてしまった件に、小夜子がかかわっているのではないかと嫌な予感を覚えたが、はぐらかされるばかり。その頃、右京は指切り男の事件を調べ続け、周辺に真珠に繋がる話がいくつも出てくることに、何か理由があるのではないかと推理し…。

気づかぬうち小夜子の術中にはまっていく亘
現在の猟奇殺人と過去の因縁が交錯し、
事件はやがて予想外の事態に発展する!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0017/