ドラマル

『相棒 season18』15話のネタバレ感想!南井は認知症?伊武雅刀の演技にホームズこと杉下右京も騙された

2020年2月5日に放送されたドラマ『相棒 season18』15話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

15話では、南井の最後のターゲットが、現相棒・亘だと右京は推測する!
果たして、右京は元相棒・南井十(伊武雅刀)の手から現相棒・亘を守れるのか…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』15話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』15話のあらすじネタバレ

品川で巡回中の警官が射殺される事件が発生。
杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、来日している南井十(伊武雅刀)が、かつてロンドン地下鉄(サークル線)で発生した「逆五芒星(ぎゃくごぼうせい)事件」を模倣しているものと推理します。「逆五芒星」とは悪魔の象徴を意味しています。この事件は、大学理学部の非常勤講師セバスチャン・ロイロットが真犯人であり、品川での警官(木戸)射殺時、この男の幻影が南井の眼前に浮かび上がっていました。

原宿の家出(援交)少女の転落死、日暮里の(麻薬)売人絞殺、そして、38スペシャル(サクラ)による品川の警官射殺に続く第4の事件を、何としても回避したい右京と亘。右京は、ロンドンでの事件の場所と被害者とを照らし合わせ、池袋にある大学の女性学長が次のターゲットと推察します。が、警察の大学警護の裏をかくようにして、一般女性が雨の路上で射殺されます。凶器は、品川の警官から奪ったサクラです。

原宿、日暮里、品川、池袋、それに次ぐ有楽町で「五芒星」が完成します。南井の最後のターゲットが現相棒の亘(有楽町に近い警視庁特命係)ではないかと推測した右京は、亘に特命係を辞めるよう進言。それを拒否する亘は、南井の標的が本当は右京ではないのかと考え、有楽町にいるはずの南井の姿を探索します。で、南井を発見し追尾します。それを地下道で待ち構えている南井。「これが真犯人だ」と、セバスチャン・ロイロットの顔写真を掲げます。が、それに納得しない亘。「お前では話にならん」と、南井は拳銃で亘を殴り付けます。意識を失う亘。南井は、その場を去ります。

ロンドンでの事件の犯人の家と位置的(方向的)に同じ場所のベンチに南井がいて、そこに右京がやって来ます。
数年前、南井十は連続殺人事件の関与を疑われたままイギリスに帰国。南井が日本を去った後も捜査を継続していた右京。過去、西田正人、立入章がやったこととされるこの連続殺人事件を含め、今回の新たな4件を追加して、「その全13件の殺人容疑で拘束する」と南井に宣告する右京。南井と接触して亘が入手した南井のノートに真実が記されています。そこには犯人しか知り得ないことが記されていました。が、それは、「犯人になったつもりで推理した事柄」だと、あくまでも犯行を否認する南井。

「動くな!」と南井が右京に拳銃を向けます。
右京を襲おうと、右京の背後に近付くセバスチャンが南井には見えています。「右京、じっとしていろ!」と言って、セバスチャンの幻影に発砲する南井。右京が振り返ると、そこにセバスチャンはいません。
彼は5年前、既に南井が毒殺していました。職場の大学から青酸化合物を持ち出して、それで服毒自殺したものとスコットランドヤード(ロンドン警視庁)は発表していましたが、実は、南井による殺害でした。南井が、完全に犯人の心理状態を掌握して、服毒死させていました。

南井は情動失禁者でした。
記憶障害で、幻影が突然現れます。精神的コントロールも不能になっています。脳血管が損傷しています。所謂、老いの症状です。それが昂じて、自ら事件を起こし、そして、自らが捜査に乗り出すということをやっています。
そして、感情の抑制が効かなくなっての殺人という、その罪悪感から逃れる為の理屈として、贖罪の気持ちを持てない者への「私刑」ともとれる行動を起こしていました。それをマリアが心配して、ロンドンからの日本の旅に同行していました。そのマリアは、既にホテルで服毒死しています。南井との心中を図り、一人あの世に旅立っています。

記憶がどんどん消えていく中で、最後に残したい大切な記憶は家族と一緒に過ごした場所です。それは、首吊り自殺したカワエ(マリアの父)も同じでした。が、南井は、既にカワエのことを忘れています。「カワエ、誰だ?」と右京に問う南井が、「忘れないのはお前だけだ、お前はシャーロック・ホームズのようだった」と過去を述懐します。
当時、右京の光を浴びて、南井は自身の暗い影を認識していました。その昔、右京との相棒時代には、人間の深淵を理解できていた南井。「僕も、貴方のことは忘れない」と南井を抱擁する右京。

年老いて何が現実か判然としなくなっていた南井にとって、全てが善悪の彼岸での出来事でした。
精神だけでなく、身体的にも疲労困憊状態のはずの南井が、警察病院を脱出。
そして、崖からの投身自殺。遺体の発見には至りませんが、崖上に残る血痕は、間違いなく、DNA鑑定でも南井のものと一致しています。
崖上で、「南井は死んだ。そうですよね、右京さん」と亘が問い、「ええ」と右京が答えます。「帰りましょうかね、特命係に…」と、言葉を続けます。

スポンサーリンク

『相棒 season18』15話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

前回、新宿の鏡見産院(養護施設)跡地公園から経堂にタクシーで向かっていた南井でしたが、その伏線は未回収になりました。経堂と言えば豪徳寺ということで、その寺での幼少時の回想(出来事)が、南井の犯行の引き金になっているのかなと推察していましたが、これは見事、肩透かしでした。

それにしても、ロンドンでの「逆五芒星事件」の真犯人(セバスチャン・ロイロット)の幻影を見続けている南井が哀し過ぎます。自ら毒殺済みなのに、それを忘れていて、それで事件の真犯人が、犯行(殺害実行)の毎に南井の前に立ち現れます。セバスチャンの幻影に誘導されて、殺人を繰り返してしまいます。

因みに、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)時代、カワエという20年来の相棒を失って蛻の殻(もぬけのから)状態だった南井は、新しい相棒・右京のフォローで見事立ち直りますが、その際、上司から右京との力量の差を指摘されて苦しんでいるように見えましたので、その時のリベンジとして、南井が、右京に挑戦しているようにも感じましたね。右京の推理力、捜査力に挑戦する南井という側面も、ハッキリと見えましたね。

南井は認知症?伊武雅刀の演技にホームズこと杉下右京も騙された

面白かったですね。
ドラマ『シャーロック』でも認知症のふりをする老人・寅二郎を演じた伊武雅刀さんが凄すぎて見入ってしまいました。

憧れのシャーロック・ホームズと重なる杉下右京という強烈な光を最後の記憶として、東京に訪れ犯行を重ねていく南井。
被害者が報われない何とも恐ろしい事件ですが、南井に対しても同情してしまいました。

真相がわかり、「そうか!ただ忘れているだけだったのか」と、腑に落ちて振り返ると、伊武雅刀さんの演技が如何に凄かったかを痛感させられます。

モリアーティのごとくライヘンバッハ(のような場所)で散った南井十。
右京さんの元相棒として、右京さんだけでなく視聴者の記憶にも何とも言えぬ強烈な印象を残しましたね。
「また一緒に捜査しよう!」と右京さんに迫る南井の表情が、涙を誘います。

『相棒 season18』16話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』16話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ケアハウスの理事長が殺害され、現場の痕跡から“けむり”と呼ばれる連続窃盗犯の関与が浮上。けむりは、たばこの吸い殻以外、現場に何の痕跡も残さず、煙のごとく姿を消す窃盗犯。警察が20年以上追っても、いまだ捕まえることができない伝説的な存在として知られている。経済事件を担当する捜査二課の刑事になった陣川(原田龍二)も、以前からけむりを調べていた。ただ、今回の“強盗殺人”には違和感を覚えているらしく、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)と一緒に捜査がしたいと、特命係に押し掛けてくる。陣川いわく、けむりが狙うのは、あくどい稼ぎをしている闇金や反社の事務所だけで、殺人を犯したのには何か深い理由があるはずだという。その夜、右京と亘は、決起集会という名目で陣川行きつけの“あおびょうたん”という居酒屋に連れて行かれる。陣川の惚れっぽさは相変わらずなようで、理沙(飛鳥凛)という店の従業員を、運命の人と信じ込んでいるらしい。そのはしゃぎぶりは、重蔵(小倉一郎)という店の常連客を、そそくさと引き揚げさせるほど。そんな中、けむりの犯行と思われる、新たな窃盗事件が発生し…!?

伝説の窃盗犯をめぐる事件は二転三転!
そんな中、陣川は“運命の人”を守るため、特命係と対立!?
殺人事件の背景に隠された驚きの真実とは…?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0016/