ドラマル

『相棒 season18』12話のネタバレ感想!青木の品評会が開催!青木は愛されキャラ?

2020年1月15日に放送されたドラマ『相棒 season18』12話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

12話では、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男が何者かに拉致される!
正体不明の犯人は、青木に警察情報を引き出させようとしているようだが…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』12話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』12話のあらすじネタバレ

サイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が、「緊急手術で入院」することになった青木年男(浅利陽介)に頼まれたと言って、杉下右京(水谷豊)から借りたという本(蟻地獄図鑑)の返却に特命係を訪れます。
「緊急入院」は妙なのですが、とにかく青木が欠勤している中、警視庁の暴力団関係データベースにアクセスしていることが判明。神田北署管内で起きた暴力団組長刺傷事件を調べている様子です。

青木の通勤経路で彼の鞄などを発見した右京と冠城亘(反町隆史)は、刑事部長の内村完爾(片桐竜次)に青木が拉致された可能性を指摘。何者かに拉致されて、警視庁データへのアクセスを強いられているのではないかと推察します。
捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)も加わり青木の捜索が開始されますが、それが拉致した側にバレますと、青木の命が危険に晒されます。青木を捜していることが犯人にバレないよう、まずは、刺傷事件のあった神田北署を訪れ、そこで事件の資料探しをする右京と亘。それを不審に思った刑事課係長・後藤嗣昌(津村知与支)は、若手刑事の木村信士(中村優一)に、右京らの行動を監視するよう指示します。

神田北署の捜査資料によれば、「金狼会」組長の広瀬が刺された事件(昨年10月)は、後藤刑事の担当でした。「銀龍会」の古参組員・相良治夫が自首しています。当初、「銀龍会」組長の黒川龍蔵に命じられての身代わり自首と思われます。黒川組長の女に手を出した広瀬が刺されたこの事件は、黒川の息子・龍臣が真犯人だと後に判明します。

暴力団に繋がる拉致事件と思われていましたが、青木が別件の「世田谷区男性会社員重過失致死事件/捜査資料」にアクセスを始めます。これは、昨年9月、加害者の石井直久が、事故にあって意識不明になっている息子・琢也の入院先病院に急ぐ際に、階段路で前を塞いで歩く三人を押しのけ、そのうちの一人、千葉義人を転落死させてしまったという事件です。

収監先の直久に面会する右京。
未来ある者を死なせてしまったという懺悔の気持ちが強い直久は控訴せず、罪を受け入れています。が、直久の行く手を遮っていた千葉、浜崎洋介、戸川季史の三人の人間関係は、千葉の強烈なパワハラが支配。直久に突き飛ばされて階段路から落下した千葉を、ここぞとばかりに、浜崎と戸川は介抱するのではなく、逆に千葉の後頭部を地面に何度も何度も打ち付けて殺害した可能性があることを思う右京。しかし、現場を通りかかっていたタクシーのドライブレコーダーにより、真実が分かります。浜崎も戸川も千葉に駆け寄り助け起こして救急車を呼んでいました。つまり、直久の「冤罪」は、完全に否定されたことになります。直久が押しのけたことが、間違いなく、千葉を死に至らしめていました。

右京の予測通り、加害者側の親族、直久の息子・琢也の所在が不明になっています。
慶明大工学部3年生。琢也が青木を拉致して警視庁のデータベースにアクセスさせていた犯人でした。「重過失致死罪(懲役4年での収監)」という父親の冤罪を晴らすのが目的でした。
これから就活という時に、父親が犯罪者では何かと厳しいわけで、是非、父親の冤罪を証明したいところでしたが、それが不可能であることがハッキリしました。
神田北署・後藤刑事の個人ファイルにアクセスして、それで入手したドライブレコーダー映像を琢也に示す青木。琢也は、父の冤罪主張を断念しないといけなくなりました。

浜崎、戸川が妙な動きを見せずに、落下した千葉を助けようという行動が映し出されている動画データ(ドライブレコーダー映像)をパソコン画面から消そうという時、突如、「ウイルス感染」します。――青木の拉致現場を特定した右京と亘が、琢也の前に現れます。青木は床に倒されています。そこに、木村刑事もやって来ます。それを右京と亘が待ち構えています。
「どうして杉下さん達がここに?」と木村。「石井琢也は、もう、ここにはいない。既に取り調べが始まっている」と右京。

木村が駆けつけたのは、琢也からのメールを受け取ったからでした。
「無関係の警官(青木のこと)を殺してしまった。死んで償いたいと思います/石井琢也」というメールを送ったのは、実は、青木なのでした。で、琢也を死なせてはいけないと急ぎ駆け付けた木村。拓馬を犯罪に巻き込んだ首謀者は木村でした。

直久が「重過失致死罪」に問われた際に、琢也は神田北署を訪れ、木村に父の無罪をこんこんと訴えますが、梅本署長の指示により、直久が素直に罪を認めていることもあって捜査は打ち切り。そこで、青木を使って直久の「冤罪」を証明することを思い付いた木村。琢也を巻き込んで、青木を拉致監禁させました。
相良の身代わり出頭についても疑念を感じていた木村。こちらも、梅本署長に一蹴され、後藤係長は、相良送検を急がされていました。なによりも捜査効率を重視するキャリア署長の指示に黙って従う他なかった木村。

「あんなに優しい父が、人を殺してしまうほどの強い力で人を突き飛ばすはずが無い」と確信していた琢也。「自分が出来ることがあれば何でも協力するので、父の無実を立証する為の捜査をしてください」と依頼された木村。後藤係長が何らかの証拠を握っている可能性を感じ、後藤の個人ファイルにも青木を使ってアクセスしていました。
後藤係長が立件に不利になると考え、伏せていた千葉のパワハラ映像も法廷に出し、全てを明らかにすべきだったと考える木村が、後藤の個人ファイル内容を青木に暴き出させていました。

一人の若者を巻き込んで犯罪者にしてしまったという木村の過ちを指摘する右京。それでも、琢也は伊丹と芹沢の取り調べに対して「自分一人でやったこと」と木村を庇い続けています。
父親の「冤罪」証明に失敗した拓馬でしたが、真相が分かった今も、自分の意を汲んで動いてくれた首謀者の木村刑事を庇い続けます。

伊丹と芹沢が、「銀龍会」の若頭・黒川龍臣を取り調べます。
「金狼会」の広瀬を刺した後、相良に罪を押し付けたのかと問う伊丹でしたが、これについては、どうやら相良の方からの申し出があった模様。可愛がっていた弟分・河野の「破門(堅気になることの許可)」を条件に、自分が出頭すると言ったのが相良でした。
いずれにせよ、広瀬刺傷事件の実行犯は龍臣です。その取り調べの様子を隣室のマジックミラー越しに見ていた所轄の後藤係長。後藤は、右京と亘に伴われて、そこにいます。
最後まできちんと捜査すれば、木村をあそこまで暴走させずに済んだはずと、亘が後藤係長を説い詰めます。

青木の使っていたパソコンにウイルスを送り付け、パソコン操作を不能状態にさせたのは土師太でした。反目している土師に借りを作ってしまった青木。青木は、特命係の部屋にある「蟻地獄図鑑」を取り戻しにやって来ます。それを持ち帰ります。
もう少し早く助け出せるはずなのに、自分の命よりも事件の裏にある真相解明を優先させて、犯人側を泳がせていた右京の遣り方に納得がいかず、命を助けて貰った礼は言いません。

スポンサーリンク

『相棒 season18』12話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

拉致された青木が、ことのほかコミカルで笑いを誘います。重苦しくならずにストーリーが進行しますし、最後に「蟻地獄図鑑」を特命係から取り返すところも笑わせてくれます。かように、あまり大袈裟にならない小世界の「相棒」が面白いです。
「相棒」というドラマは、国際的なテロとか、話を大きくし過ぎた時の評価が何故か低くなりますので、このあたりの所轄署内の問題点を扱うという狙いが良いのだと思いました。

今回は、青木さん、ご苦労様でした。ただし、土師さんに立場を奪われないよう、今後、ますます速やかに特命係のご用命に応じて頑張らないといけない雰囲気になって来ましたね。

青木の品評会が開催!青木は愛されキャラ?

誘拐された青木年男(浅利陽介)を巡って品評会が開催。
青木とはどんな人物であるかという意見・評価が飛び交います。

青木なら警察の機密情報をべらべらと漏らすだろうという声の中、右京さんが「相手が誰であろうと素直に言う事を聞くとは思えません。」と、青木の性格を的確に述べ満場一致。
なんだかんだで、青木くんは愛されているし、皆に理解されていたようですね。
そんな青木くんも右京さんなら必ず救出してくれると信頼しているようでした。

助けられても、「ありがとう」の1つも言わずに、怒り散らす青木。
その姿を見て、ほほ笑む右京さんや亘たち。青木くん愛されてますね。

『相棒 season18』13話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』13話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品の返却で奥多摩の山村を訪れる。そこで出会った駐在の草野(粕谷吉洋)や移動スーパーを営む琴江(松居直美)によると、村にはいまだ山岳信仰が残っていて、その日も山は禁足地になっているらしい。ところが、誰も立ち入っていないはずの山中で、変死体が発見される。被害者は以前、役場に勤めていた初老の男性で、山中の地面に磔にされていた。伊丹(川原和久)たちが捜査に乗り出す中、右京と亘は気になる噂を耳にする。3年前、若い女性を狙った連続殺人事件の容疑者として世間の耳目を集めた“橋沼”という男が、村に戻ってきたのではないかというのだ。草野によると、3年前の事件の真犯人は逮捕され、橋沼の無実は確定しているのだが、半年ほど前、村の若い女性が行方不明になった直後、橋沼も姿を消すという出来事があったという。今回の被害者は、厄介者の橋沼を村から追い出そうとしていた一派の中心人物だったため、橋沼が復讐に戻ったのではないかと村民たちが恐れているらしい。そんな中、山中で磔にされていた男性の死因が“溺死”であることが判明して…!?

被害者はなぜ水場のない山奥で溺死していたのか?
犯人は村に恨みを持つ者? それとも怒れる山の神!?
特命係が山村で起きたミステリアスな事件に挑む!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0013/