ドラマル

『相棒 season18』10話のネタバレ感想!右京さんが優しいパパから怒りのデーモンに!

2019年12月18日に放送されたドラマ『相棒 season18』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、右京さんが幼い子供とその母親らしき女性と家族のように過ごす姿が!
そんな中、雑木林から3億円の金塊が見つかり、数日後、金塊密輸グループの男の遺体が…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』10話のあらすじネタバレ

スーパーのチラシを見る杉下右京(水谷豊)のプライベートに関心を持った冠城亘(反町隆史)が、仕事帰りの右京を尾行。母子と一緒にスーパーで買い物をしてからアパートに入り、そして、カレーを作って三人で食事。
実は、右京は、桜井里美(遊井亮子)の息子、裕太(鳥越壮真)の妙な目撃情報が気になって、この母子に接近しています。――この母子は、三日前には、頭上からブロックが落下して来て、命を落とすところでした。こういう嫌がらせは、再婚して、DVが原因で別れた夫(坂口)のストーカー行為の一環と里美は考えていて、他にも、付け狙っていることが分かる写真が届けられたり、住まいの窓ガラスを割られたりしていました。坂口はDVで逮捕、拘留されていましたが、出所してストーカー行為を働いているものと里美は恐れています。

そんな中、雑木林から三億円の金塊(60kg)が見付かったというニュースが飛び込んで来ます。散歩中の老人の飼い犬が吠え続ける場所を掘ったら、金塊が出てきたということです。
組織犯罪対策第五課の課長・角田六郎(山西惇)は、その金塊は五課が追っていた密輸グループのものであり、その運び屋が組織を裏切って隠した金塊であろうと目星を付けます。――「金塊密輸グループ」の手口は、正式な輸入の際には10%の消費税がかかるというところに目を付けたもの。つまり、密輸すれば消費税はかかりません。10%の三千万円が浮きます。で、これを輸出しようという時、消費税の三千万円が還付されます。この三千万円が濡れ手に粟で手に入ります。

別れたDV夫(再婚相手)のストーカー行為からの警護のほか、右京は、裕太が一週間前に目撃したと言い張っている事柄が気になります。
裕太は、秘密基地を持っていて、そこで「やめてくれ!」という男の声を聞きます。で、声のする倉庫内に入ると、そこで「呪いの槍」で、ダークネスデーモンが人を殺しているのを見たと言っています。

裕太がダークネスデーモンを見たという園芸店倉庫。
右京は、倉庫のカギを持っている高村修三(石井愃一)から、話を聞きます。高村は、園芸店倉庫の管理人という風体です。

数日後、都内運河でブルーシートに包まれた死体となって、運び屋の目黒真也が発見されます。死後、一週間。腹部に四ヶ所の刺し傷。これは紛れもなく「呪いの槍」での傷痕。金塊密輸グループの内紛が殺人事件に発展したものと思われます。で、一課と五課の合同捜査になります。
いずれにしても、この殺人現場を目撃している裕太が危険です。案の定、「口封じ」目的で裕太が襲われます。が、そこに里美が駆け付けて、何とか難を逃れます。里美が怪我を負い、病院に搬送されます。
病室を右京と町田良夫(渋谷謙人)巡査が訪ねます。町田は、度々、里見家を巡回していて、ストーカー行為被害の防止に努めている練山南交番勤務の巡査です。裕太と亘も病室に入ります。「裕太の言ったこと、信じてあげられなくてごめんね」と母の里美。

小学校校門で裕太を待つ町田巡査に右京が近付き、裕太は既に学校を出ていて、「殺人現場を目撃した際に落としてしまったダークネスデーモンのカードを探しに行く」と言っていたと告げます。これは、真犯人をおびき出す右京の罠です。――カードを手に倉庫にやって来たのは、裕太が見た大きな怪物、「ダークネスデーモンの影」になっていた篠原零士(渋江譲二)。この男が4本爪フォーク(呪いの槍)で目黒を殺した犯人です。
目黒の殺害後、裕太の落としたカードを拾い上げ、持ち去っていた篠原。このカードから目黒の血液反応も出る筈です。亘と右京が倉庫で待ち伏せし、そして、伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が篠原を確保。裕太が倉庫にいるという情報を篠原に流したのは町田巡査。

亘が篠原の携帯を使って、交番内の町田巡査に電話します。町田巡査の応答により、殺人犯の篠原との関係が明らかになります。
里美へのストーカー行為と、篠原への裕太に関する情報提供をしていた町田巡査。町田は、住所氏名などの個人情報を秘匿するべきDV保護対象者の資料を見て、巡回を開始。そこで里美に一目惚れした町田は、坂口の犯行に見せかけて、里美を襲っていたのでした。
嫌がらせ写真を送り付けたり、ブロックを落としたり、窓ガラスを割ったりして、そのたびに里美から被害相談を受け、頼りにされるのを喜びにしていました。が、それを篠原に見咎められ、情報提供などで協力することを強いられていました。

園芸店で高村に会う右京と亘。亘が東南アジアから入荷したばかりの腐葉土の中から金塊を取り出します。高村が金塊密輸グループの元締めでした。
チークの葉が混ざったこの腐葉土は殺人現場倉庫の裏手に落ちていましたし、そして、雑木林で掘り出された金塊に付着していたものと一致しています。
腐葉土袋の中に金塊が隠されていると知った目黒が、それを抜き出して雑木林の土中に埋め、それがバレて篠原に四本爪フォークで刺殺されました。そして、そのまま園芸倉庫のブルーシートで包まれ、都内運河に死体となって運ばれていたのでした。
殺す前に目黒に金塊の隠し場所を吐かせていたものの、掘り出す前に、散歩中の老人によって、金塊は発見されてしまったのでした。――高村は、金塊の違法な輸出入については認めますが、殺しについては何も指示していないと否認。が、「雑草を抜け」という言葉を発していた高村。目黒も、裕太も高村にとっては抜くべき雑草。この言葉は、殺人教唆として、実行犯と同様の罪になります。それでも、雑草が混ざると良い花が咲かないと言い張る高村を、「雑草につく害虫として直ぐにでも駆除したい(人物=高村)」と右京が糾弾します。

里美の心配をよそに、坂口は出所後、心を入れ替えて真面目に働いていました。
だから、元妻に対するストーカー行為の心配など無用のようです。元DV夫に狙われているというのは、町田の仕掛けによる里美の思い込みなのでした。

警察での血液(付着)鑑定の為、借りていたダークネスデーモンのカード、そして、ホーリーライトエンジェルのカードを新たにゲットしていて、その二枚のカードを裕太に手渡す右京。
裕太は右京が父親になってくれるのを望みますが、右京にその意志はありません。亘にも、当面、結婚の意志は無いようです。

スポンサーリンク

『相棒 season18』10話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

組織犯罪対策第五課の課長・角田六郎(山西惇)の出番で、これは、それなりの暴力団が背後にいると思わせておいて、結局、園芸店のオヤジ(高村)が元締めということで、ちょっと拍子抜け。園芸店のオヤジの背景(黒い組織)も描かれていないので、何故、篠原と言う殺し屋を自由に繰ることが出来たのかも疑問。

またそれよりも、なにより、軽量の腐葉土に金塊を入れたということになりますと、その重量感が大幅に違ってきますので、輸出入の際、直ぐに発見されそうですよね。

てすが、まあ、年内最後の「相棒」としては、分かり易く簡潔なストーリーで良かったと思いました。

右京さんが優しいパパから怒りのデーモンに!

まんまと騙されました!
「パパ~」なんて駆け付ける裕太くんの姿を見て、完全に右京さんが再婚したのかと思ってしまいました。

夜の食卓シーンは仲の良い家族にしか見えなかったので、冠城くんが勘違いするのも致し方ないですね。
あんなに自然に「パパ」と呼ぶ裕太くんの演技力に脱帽です。

そんな裕太くんを殺そうとする犯人に対して、右京さんが怒りのデーモンに!
「これ なんという道具かご存知ですか?」とブルーライトに照らされた姿で言う右京さんは、恐ろしかったですね。
ナイフを持った犯人が逃げ出すのも頷けます。

『相棒 season18』11話(元旦スペシャル)のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』11話(元旦スペシャル)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

年の瀬。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山奥のゴルフコースで開かれる警視庁主催の親睦ゴルフコンペに、“準備係”として駆り出される。コンペには、副総監の衣笠(杉本哲太)をはじめとする警視庁上層部のほか、警察庁OBの蓮見恭一郎(長谷川初範)や、その息子で組織犯罪対策3課の係長・蓮見誠司(浅香航大)らが参加していた。コンペ終了後、参加者たちがそれぞれ帰路につこうとした矢先、ゴルフ場の地下駐車場で大爆発が発生! 出入り口が完全に塞がり、居合わせた人間が、地下空間に閉じ込められてしまう。さらに、爆発に巻き込まれたと思われた“被害者”の一人が突如、持っていた拳銃を発砲!! 男は、暴力団の構成員で、その場にいた人々を人質に、「収監されている会長と7人の組員を釈放しろ!」という要求を突きつけてくる。

人質になったのは、右京と恭一郎のほか、恭一郎の秘書を務める雨宮紗耶香(瀧本美織)ら計8人。男は、この時点ですでに、指示に従わなかった人質の一人を射殺しており、状況は切迫していた。いっぽう、地上では、亘をはじめ警視庁の面々が、人質救出に向けて動き始めていた。そんな中、地下に閉じ込められている人数と人質の人数が合わないという、不可解な状況が判明。人質の中に犯人の仲間がいるのではないかという疑惑が浮上してくる。そうこうするうち、右京は今回の一件と、5年前に起きたある事故の符合に気づき…!?

5年前の事故と現在の爆破事件に奇妙な符合が!?
殺人も辞さない凶悪犯に監禁された右京たちの運命は?
警察OBを巻き込んだ想定外の人質籠城事件は、
やがて思いも寄らない驚がくの事実へと繋がっていく!!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0011/