ドラマル

『相棒 season18』9話のネタバレ感想!冠城亘が「戦争は、人の死を数字に変える」と名言を残す!

2019年12月11日に放送されたドラマ『相棒 season18』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、勾留中の教授・皆藤が保釈され、事件が新たな局面を迎える!
右京と亘が、予想だにしなかった皆藤の恐るべき復讐計画が動き始める…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』9話のあらすじネタバレ

檻の中、告発(後篇)。――三億円横領の罪で逮捕、拘束されていた皆藤武雄教授(中村育二)は、強奪された保釈金の三千万円が回収され、改めて釈放。

谷口雅也ら三人組の強盗団による保釈金強奪事件は、皆藤教授の「遠隔操作技術」研究の乗っ取りを目論む准教授の高瀬佳奈恵(中村優子)が、集団強盗団の谷口を使って仕組んだこと。それは、皆藤教授の「国際テロに関わるライフケアテクノロジー」という真実の告発を止めれば佳奈恵に便宜を図ると三島幸彦社長(奥田達士)に唆(そそのか)されてのことと推察されます。
実際、佳奈恵は、谷口に犯行の準備金として百万円を渡していました。で、弁護士事務所から保釈金を運ぶ際、無言電話をかけて室内に弁護士を足止めし、その隙に、アタッシュケース内の保釈金を漫画雑誌と入れ替えた佳奈恵。佳奈恵は、まず、皆藤教授の椅子の横にある鏡の反射を利用し、床を這う介護ロボット「あぽろ」の目を通して皆藤教授のパソコンパスワードを入手。そこから、経理データにアクセスしてデータ改竄(かいざん)。研究費を横領しているように見せかけた上で、その告発文を大学事務局に送り付けていました。それで、事務局が警察に通報し、皆藤教授は逮捕されていました。つまり、皆藤教授の横領事件も佳奈恵の陰謀。

サルウィンでの爆破テロに巻き込まれて死んだ日本人NGO(非政府組織)職員の一人が桝本修一(山崎樹範)の妻の佐久間美佳。「週刊真相」で差し替えになった桝本の皆藤教授へのインタビュー記事は、この国際テロに関わっているライフケアテクノロジーに対する告発と思われていて、だからこそ、それを阻止する為に、佳奈恵が秘かに暗躍しているものと思われていましたが、そうではなく、「大切な人を守りたい」という理由で、皆藤教授を檻に入れておきたかった佳奈恵。若い頃、佳奈恵は皆藤教授と付き合っていました。で、研究が最優先の教授と20年間、一緒に仕事を続けて来ました。

テロ事件発生直後にサルウィンに飛び、美佳の墓に手を合わせる桝本に、現地の少女が、テロ爆発が「ドローン爆弾」だったと教えてくれました。
そして、そのドローン遠隔技術が皆藤教授の研究成果だと知った桝本。桝本は皆藤教授に会い、そこで、自責の念に駆られた皆藤教授は、「それで人が死んだのなら責任を取る」と桝本に言います。

青木年男(浅利陽介)の調べで、ライフケアテクノロジーに出入りする不審な男の素姓が判明。男の名前は武田和広でサルウィンから帰国したばかり。サルウィンでのテロとライフケア社が接近して来ますし、そして、東亜ダイナミクスという武器製造会社も浮上。――第1、2話。洞爺湖での国際会議(サミット)開催の折り、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、武器輸出が可能になる法案提出の為、政界復帰を目指している片山雛子(木村佳乃)と会っています。その時、雛子の横に控えていたのが、防衛技術振興協会副会長の桂川宗佐(村上新悟)。この桂川が社長の東亜ダイナミクス。
東亜ダイナミクスの桂川とライフケア社の三島を、雛子の名前を使って呼び出す右京。ライフケア社の名前を借りて実際に資金援助していたのは、陰の黒幕、東亜ダイナミクスなのでした。
いずれにせよ、桂川と三島は、国際テロの真相を隠したいわけで、だから、武田を使って皆藤研究室のスタッフを襲ったりして、「口封じ」目的の脅迫を続けていたのでした。

一年前のサルウィンでテロのあった日(11/3)。
都内寺院では、「サルウィン支援スタッフ追悼慰霊式」。桝本のスピーチがサイト上に流れます。「週刊真相」のライブ中継です。
寺院内の桝本から大学研究室にいる皆藤教授に画面が変わり、「自分の技術がドローン爆弾として国際テロ兵器に転用された」という真相を語り始めます。皆藤教授はその告発にインパクトを加えようと、テロで死んだ人たちと同じドローン爆弾での自殺を決意しています。ドローン操作しているのは、告発目的で共謀している桝本です。桝本も死ぬつもりでいて、国に対する告発に向けて、血を流すことを厭わない覚悟です。国も東亜ダイナミクスも隠している真実を、爆破自殺することで全国に拡散させようという皆藤と桝本。

告発ライブ配信を見ている桂川と三島。二人がいる東亜ダイナミクスでは「武田に止めさせろ」と怒声が飛ぶ中、伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)らがそこに踏み込んで、避難勧告。この事務所にも、ドローン爆弾が飛来する可能性があるわけです。

ドローン爆弾がライブ配信中の皆藤研究室内に天井の換気口から入り込んで来ます。が、亘が桝本の手から遠隔操作しているスマホを取り上げ、爆破を阻止。ドローンが皆藤研究室の床に落下します。自らの血を流すことでの告発ではなく、科学の力が人々を幸せにするという当初の信念を貫いて欲しいと、右京が皆藤教授に訴えます。

「帝都新聞」(11/5)――テロ画策容疑の疑いで逮捕された皆藤武雄と桝本修一が飛ばした超小型ドローン爆弾は東亜ダイナミクス社製であり、これは国際テロで使われたものと同型であるという報道がなされます。
新聞報道を見て逃走しようとする武田を伊丹と芹沢が確保。

桂川の事務所に右京と亘。「今後、ここにも捜査の手が入ることになります」と右京。「全ては国の為。戦争が出来ない我が国では武器の性能を磨いていけない。こうした手を使わない限り、他国と渡り合えない」と釈明する桂川。そんな桂川に対して、テロ犠牲者のことを覚えているのかと問う右京。桂川が、「NGOの三人のことでしょ」と応じます。すると、亘が「戦争は人の死を数字に変えるが、島村洋子、北沢聡、佐久間美佳という名前を良く覚えておいて下さい」と、桂川に説きます。

スポンサーリンク

『相棒 season18』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

結局、佳奈恵が大切な皆藤教授を守る為に、彼を檻の中に閉じ込めておきたかったというのが、保釈金強奪事件の真相ということでしたね。前年の国際テロの日に合わせて、皆藤教授と桝本が自死しようとしていることを知って、それを回避する為、表に出したくなかったのですね。
一方の皆藤が釈放を急いだのは、テロが行われた日(爆死決行予定日)が近付いていたからなのですね。佳奈恵の愛の力が事件を複雑にしていたのですが、人を思う気持ちとしては良い話だと思いました。

因みに、今回も、皆藤教授の釈放を急ぐ理由が分からず、それを当初から訝っていた右京の第一カンが当たっていたことになりますね。皆藤教授の企み(?)を解明して、それを回避させる右京と亘ということで、いつも通りのパターンです。ストーリー仕立てが安定していますね。

冠城亘が「戦争は、人の死を数字に変える」と名言を残す!

1話・2話の伏線を回収する回となった9話。
冠城亘の「戦争は、人の死を数字に変える」という言葉が刺さりましたね。

「島村洋子…北澤聡…佐久間美佳」と、明後日の方向を見ながら激渋の表情で名前を呼ぶ冠城くんに痺れます。
他にも、戦争・武器輸出に対するテーゼとも思える発言が多く、考えさせれる回でしたね。

『相棒 season18』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

右京(水谷豊)が何か隠しごとをしているのではないか? …と疑念を持った亘(反町隆史)は、仕事帰りに尾行。すると、右京らしき人物が、幼い子供とその母親の2人とスーパーで買い物をした後、まるで家族のようにアパートの一室で仲睦まじく過ごす姿を目撃する。翌日、亘から事情を問いただされた右京は、里美(遊井亮子)というシングルマザーの女性とその息子・裕太(鳥越壮真)との馴れ初めを語り始める。そんな中、雑木林から3億円の金塊が見つかったというニュースが流れる。角田(山西惇)は、その金塊が自分たち組対5課の追っている密輸グループのもので、運び屋のリーダーが組織を裏切って隠した物ではないかと目星を付けていた。それから数日後、都内の運河でブルーシートに包まれた男性の死体が発見される。角田が確認したところ、遺体は運び屋のリーダーだった男だと判明し…!?

金塊密輸グループの内紛が殺人事件に発展!
さらに、母子の周囲に危険な兆候が…
“新しい家族”を守るため、右京が大胆な行動に出る!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0010/