ドラマル

『相棒 season18』7話のネタバレ感想!照生の笑顔が光った回!中園参事官は癒し系?

2019年11月27日に放送されたドラマ『相棒 season18』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、アポ電強盗事件の捜査で特命係が代理婚活パーティーへ潜入!
右京が青木の親代わりとして、亘はスタッフとして会場でターゲットの動向を探る…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』7話のあらすじネタバレ

伊丹憲一(川原和久)の婚活デート中、アポ電強盗発生。興味本位で伊丹をつけていた芹沢慶二(山中崇史)と、たまたまその飲食店にいた杉下右京(水谷豊)は、捜査に合流。伊丹も、デートを中断して捜査優先。

被害者は、医師(外科医)の息子(大和)を持つ大井川君枝(山口美也子)で、まず、弁護士を名乗る男からの電話があったのだと言います。息子が傷害トラブルを起こして、その示談金が必要だということです。で、金を用意できると伝えた直後、三人の白マスクの男が家に押し入って、金庫の二千万円を奪い去ります。

参事官の中園照生(小野了)の指揮のもと、捜査一課、組対五課の垣根を超えた捜査が開始されます。――右京は君枝が息子の結婚相手を探す為に参加していた「代理婚活パーティー(縁麗会)」から大井川家の情報が特殊詐欺グループに流れたのではないかと推察。で、そのパーティーで君枝がプロフィール交換した相手は二人。右京と亘(反町隆史)は、どちらかが詐欺グループに情報を流しているのではないかと疑います。
疑惑の二人が同時に参加する代理婚活パーティーがあることを掴んだ右京は、そこに青木年男(浅利陽介)の親代わりと称して参加。スタッフとして会場に紛れ込んだ亘と共に、二人の行動を探ります。

一人目は、娘の琴音の代理の阿久津貴子(松井紀美江)。六千万円の負債があり、経営している会社(ジュエリー会社)が倒産寸前なので、娘の結婚相手はひたすら金持ち狙い。
もう一人は、保育士の娘・のぞみの代理でやって来た津田保(河西健司)。この代理婚活は、親同士が気に入ったところで、プロフィールシートと写真交換というシステムです。が、青木のプロフィール(IT関係勤務との嘘情報)と顔写真の問題なのか、阿久津貴子も津田保も、青木にあまり興味を示しません。
なにより、お相手の娘が青木とのデートに気が進まない様子。親がプロフィールシートを交換して、そして、子供たち同士が互いに気に入ればデートと言う運びになります。が、なかなか話が前に進まないので、右京は、20万円の謝礼金をデート相手に用意。それで事が運びます。

まず、青木と阿久津琴音との婚活デート。こちらは、母親自身が資産家との結婚が決まって、そちらからの資金援助が可能になったので、娘の婚活は不要。婚活を止めて良いという母の許可があり、琴音には、あっさり結婚を断られます。
次いで、津田のぞみとの婚活デート。こちらは、青木の前に写真とは全くの別人が現れます。のぞみは、婚活用写真は修正するのが当たり前と言い張ります。が、20万円というデート謝礼金につられた津田が、娘役を急遽用意したものと推察されます。

のぞみが保育園の先生ということをサイト上で突き止め、「もえぎやま保育園」の聞き込みに向かう右京と亘。園長の話で、写真の女性の本名は、秋山のぞみと分かります。保育園で働き始めて二年目に癌が見つかり、その一年後に死亡。それが五年前。
その後、父親の秋山耕平(津田保の本名)は癌で子供を亡くした親が集まる「支え合う会」に入会しているとのこと。

保育園を出たところで、組対五課の角田六郎(山西惇)から亘に電話。――大久保を拠点とする半グレ集団が特殊詐欺グループの一味であって、そこに情報を流していたのが津田こと秋山。のぞみになりすましていたのは、半グレ集団リーダー(榊大地)の女、広瀬乃愛(桑江咲菜)。

捜査が進む中、中園参事官の自宅を白マスクの男が襲います。――弁護士の木下を名乗る男から、「裕太様のお父様でしょうか?」という電話があって、「結婚している女性を妊娠させたので慰謝料を用意しなくては」と言われます。金を用意できると告げたその直後、警察を名乗る男に、「壁に落書きがあるので確認を」と言われ、外に出ようとしたところで三人組の白マスクに襲われます。縛り上げられ、現金を奪われます。
三人組が去った後、右京らが中園参事官に駆け寄り、助け起こします。「完璧(な演技)でした」と右京。

車で逃げ去る三人組を、伊丹らが追跡。
茶色のバッグを持った一人が車を降りて中野記念公園内を歩き、ベンチへ。こちらは五課の刑事が車を降りて追跡。伊丹ら一課は逃走車両をそのまま追跡。五課の刑事がバッグを公園内に運び込んだ男を確保。
そして、ベンチからバッグを持ち去って、徒歩で詐欺グループのアジト(大久保第二朝日ビル)まで運ぶ男を更に尾行します。そこには逃走車両を追跡していた伊丹らが既に待機しています。で、榊ら半グレ集団の特殊詐欺グループを一網打尽に逮捕。

良心を失っていなかった秋山には、詐欺に対する怒りもあって、それで、右京の企てに協力していました。
中園参事官を資産家に仕立て上げ、そして、中園家の嘘情報を秋山経由で榊に流れるよう仕組んでいたのが右京でした。しかし、これは、秋山が裏切ったら一巻の終わりの作戦です。が、右京には、秋山が決して裏切らないという確信がありました。――大工仕事を続けられなくなって警備(交通誘導)の仕事をしていた秋山は、実は、特殊詐欺の被害者でした。
かつて、のぞみの医療費還付の話に飛び付き、それで四百万円を騙し取られていた秋山。還付金詐欺です。そういう被害者を体験しているにも拘らず、詐欺のカモになりそうな人物の情報が売れると知って、代理婚活での情報収集に加担していた秋山。それでも、心の奥底には、詐欺に対する恨みが消えていなかった秋山ということで、右京を裏切ることはありませんでした。

伊丹刑事、一度は、婚活デートした娘の母親から「危険な仕事(刑事)をしている男には娘をやれない」と断られて随分落ち込んでいたものの、つい最近になって、改めて「正義を守る立派な仕事」なので、是非また会いたいと娘本人からの電話があったということで、いつになく上機嫌です。

君江がやって来て、今後は、息子(大和)の婚活ではなく、自身の婚活をということで右京に狙いを定めた様子です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

まだまだ特殊詐欺が多発している折から、このドラマは、特殊詐欺グループに対する警鐘(けいしょう)になっています。お年寄りに対する注意喚起になっています。

それと、プロフィールシートに書き込む息子の評価が、随分と過大評価になるというところが面白かったですね。
亘の病院での聞き込みでは、君枝の息子の大和は、「院長に期待されている外科医」ではなく、しかも「看護師たちに慕われ」てもいないことが分かります。院長には名前も覚えて貰っていないし、いつも一人で食事していて、看護師からは可哀そうと思われているだけの医者なのでしたね。母親の息子に対する評価は甘いのですね。

また、婚活デートした伊丹にしても、「エリート公務員」とプロフィールに書いていて、それなのに、実は、「現場の刑事」と知った母親から断りの電話があったりして、なかなか自己評価も困難。我が子に関してだけでなく、自身のことについても、どうしてもカッコ付けようとするのが人の常ということでしょうかね。

照生の笑顔が光った回!中園参事官は癒し系?

照生(中園参事官)の笑顔にやられましたね。
ちょっとおだてただけで、あんなにも嬉しそうな笑みを浮かべるなんて照生かわいすぎでしょ!

「各課を超えて一丸となって捜査にあたってもらいたい。どんな手使っても構わん。」なんていったばっかりに、まさかの被害者役にされてしまった照生ちゃん。
囮捜査を終え、「参事官完璧でした。」と右京さんに言われ照れるしぐさに癒されます。

内村刑事部長の腰巾着・中園照生参事官。
「それに乗るお前もお前だと私まで怒られちゃったじゃないか」と部下(右京と亘)に言っちゃう感じも可愛いかったですね。

『相棒 season18』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

研究費の横領容疑で逮捕された大学教授・皆藤(中村育二)の保釈金3000万円が奪われる事件が発生。襲撃された准教授の佳奈恵(中村優子)によると、犯人はテーザー銃(遠距離対応型スタンガン)を使う3人組の男だったという。事件を耳にした右京(水谷豊)は捜査二課時代に皆藤と面識があり、研究に並々ならぬ信念を持っていた皆藤が横領を犯したこと、さらに保釈を過度に急いでいることに疑念を抱き、真相の究明に乗り出す。いっぽう、亘(反町隆史)は、旧友で週刊誌記者の桝本(山崎樹範)から、皆藤の事件の情報がほしいと相談を受けていた。図らずも、皆藤をめぐる事件にかかわることになった右京と亘が捜査を進めると、皆藤の研究室の周辺で、転落事故やストーカー被害など不穏な出来事が相次いでいることが分かり…。
研究室の周囲で相次ぐ不穏な出来事は偶然なのか!?
そして、保釈を急ぐ大学教授の目論みとは?
失われた3000万を追い、特命係が深い闇と対峙する!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0008/