ドラマル

『相棒 season18』6話のネタバレ感想!音声認識AI「buddy(バディ)」が5代目の相棒に?

2019年11月20日に放送されたドラマ『相棒 season18』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、古いアパートで見つかった奇妙な箱の罠で右京が目を負傷!
そんな中、あるマンションの建設予定地で不動産会社の営業をする男性の遺体が発見され…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』6話のあらすじネタバレ

杉下右京(水谷豊)は、家政婦時代の誘拐事件で知り合い、今は物件管理会社の清掃員として働く江波和江(山本道子)に頼まれ、冠城亘(反町隆史)と共に古アパートの一室(206号室)を訪れます。この部屋は、ホームレスが亡くなっていたこともある部屋です。空室なのに不審な物音がするということで、その調査です。
部屋の合鍵は、和江が持っています。――ところが、その部屋には罠が仕掛けられており、メロン箱を開けたところでスプレーガスが噴射。至近距離でそれを浴びた右京は目が見えないという事態に陥ります。後日のスプレー分析では、暴動鎮圧などの際に用いられる催涙弾に使われる物質が含まれていました。

たまたま106号室の住人(中村)に薬を届けに来ていた区役所(福祉課)のケースワーカーで、生活保護費の受給申請など、受給者支援も担当している白川友里(佐藤寛子)の助けを借り、近くの総合病院に向かう右京。角膜障害で一週間の失明状態を強いられることになります。――そこでは、手術が近い白杖の少女、片倉莉奈(土屋希乃)からピーズで作ったパンダをプレゼントされる右京。

右京が病院に向かって、そこからの亘の、408号室の野川猛(仲井真徹)への聞き込みでは、彼は株のオンライントレーダーとのこと。三年前に越して来て、殆ど部屋から出ないという怪し気な住民がいます。

右京が目をやられる中、サイバーセキュリティー対策本部の青木年男(浅利陽介)が、マンション建設予定地(テイトーハウジング)で男性の遺体を発見するというユーチューバー(カズとタックン)の投稿動画を特命係に持ち込みます。――伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が殺害現場に臨場。
被害者は森田佑真。テイトーハウジングでは営業トップで元ラグビー選手。現場に遅れてやってきた右京と亘。アクリロニトリル(引火性、毒性の強い物質)の甘い匂いを遺体から感じ取る右京。この物質を吸引すると意識障害を起こします。そうしておいて、首を絞められたものと思われます。

一方、右京の怪我に責任を感じた和江は、物件管理会社(花畑管理サービス)の課長、真山誠一(山崎一)を伴って改めて喫茶店で謝罪。その折、和江は、右京が目をやられた直後、その場から逃げ去る人物の妙な足音を聞いたという新証言をします。――それに前後して、伊丹、芹沢、それに亘がテイトーハウジング品田支店に聞き込み。竹村誠(遠山俊也)に話を聞きます。会社倉庫から、合成樹皮材料として使うアクリロニトリルが紛失していることもあり、竹村にも嫌疑が掛かりますが、逃げ去った時の足音が違います。和江の表現では、「トン、ズルーン」というリズムの足音です。それが犯人の足音です。

テイトーハウジングへの聞き込みの際、不自然に視線を避けていた女性社員・絵梨(神崎れな)に話を聞く亘。絵梨から、森田と竹村がモメていたという証言を得ます。契約がデタラメということで、竹村が森田に注意を与えていたように、絵梨には見えていたようです。が、竹村の足音は、現場を逃げ去った者の足音とは違いますから、シロです。

借り手のない古いアパートに路上生活者や身寄りのない老人を入居させていた森田。それを指示していた真山。彼らは、生活保護自給者に仕立て上げて、その受給された金を搾取していたのでした。その数、およそ30人。受給額の13万円から10万円を搾取し、家賃3万円を差し引けば、一人当たり7万円が浮いて、それが真山(森田)の手元に残るという算段です。で、408号室の野川が監視カメラで各室の生活保護受給者を監視していました。秘密を外にバラさないように見張っていました。
因みに、花畑管理サービスは、生活保護受給者の住むアパートもマンション建設予定地の管理もしています。その実務責任者が真山です。

真山が管理物件の建物に和江を呼び出します。
和江との連絡で、右京と亘がそこで待ち構えます。真山の足音は「トン、ズルーン」です。あの時、右京と亘が空き部屋に入って来た時、慌てて逃げなければならなかった真山。階上から階下に飛び降りて足を痛めていた真山。搾取した金の配分でトラブルになっていて、森田を殺害する為の罠としてメロン箱を仕込んでいた真山。部屋に潜んで、森田がやって来るのを待ち受けていた真山。――体力的に敵わないので、まず、毒性のあるガスをメロン箱に仕込み、そして意識を奪ったところで首を締める作戦で、真山は空き部屋に森田を呼び出していたのですが、そこに、和江が右京と亘を連れてやって来て、急遽、真山は潜んでいた空き部屋から逃げなくてはならなくなりました。で、足を痛めていました。

その後、作戦を変えて、改めて管理物件のマンション建設予定地に森田を呼び出し殺害した真山。今度はメロン箱ではなく、金を紙袋に入れて、その金の下の布にガスを発散させる物質を仕込み、そして、意識を奪った後の殺害に成功。――そこまでを言い当てられて、もう言い逃れ出来ない場面になっても、ナイフを取り出して抵抗する真山。逃走しようということで、室内の照明を消します。

棒で床を叩く右京。そうすることで、部屋の大きさとか、人の気配が分かると莉奈に教わっていた右京。右京は、莉奈から貰ったパンダのビーズを部屋に撒き散らします。
真山がビーズを踏み、その位置を察知した右京が、真山を取り抑えます。――外に出ると、右京の目は、青い空が見えるまでに回復しています。

右京と亘は、福祉課の白川友里も逮捕します。――不動産仲介会社の森田、管理会社の真山、そして、福祉課の白川がグルになっての生活保護者からの搾取という、そういう犯罪なのでした。

莉奈に、和江に作って貰ったビーズのウサギをプレゼントする右京。

「ヘイ、バディ!」と言うだけで素直に対応してくれる音声認識アプリが右京の新しい相棒。亘とは違って、憎まれ口を叩かない相棒として、右京はお気に入りになるのでした。

スポンサーリンク

『相棒 season18』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

トップダウンの特命を受けて秘かに捜査する警視庁特命係、警視庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)の意向を受けて行動する特命係ではなく、今シリーズは、海外旅行で帰国して一週間行方不明でも業務上支障が無い部署という設定でスタート。その後これまで、迷い猫探し、ビル転落死の野次馬、そして、前回が亘の元恋人探し。で、今回は、アパートの管理業務代行(?)のような仕事の請け負いで事件がスタート。

組織犯罪対策第五課の課長、角田六郎(山西惇)の「暇か?」というセリフが、特命係の足運びの良さに対するリアリティを辛うじて保っています。「暇だから」という理由で、物件管理会社として調査すべき案件を、特命係が請け負ってしまいます。清掃係の女性は、上司(実は真犯人)に先に報告すべき不審音問題(解決)を、旧知の刑事(右京)に依頼します。常識的には、そんなことは有り得ないのですが、「暇」だからこそ、それが可能ということで、視聴者的には何となく納得させられますね。

音声認識AI「buddy(バディ)」が5代目の相棒に?

「ハハッ…どうやら僕とは相性が悪いようです。」なんて言っていたくせに、最後には右京さんスッカリ音声認識AI「buddy(バディ)」と仲良くなったようですね。

「それより君 実は新しい相棒ができましてね。」と、5代目の相棒として、亘に「buddy(バディ)」を紹介!
そしてバディは、「お呼びでしょうか? 右京さん」と、なんと早くも"右京さん"呼び。これには笑ってしまいました。

右京さん両目ガーゼ姿の破壊力も凄かったですが、個人的には、5代目の相棒(予定?)バディとのやり取りが面白かった回でしたね。

『相棒 season18』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

伊丹(川原和久)が婚活デートに臨もうとした矢先、アポ電強盗が発生し、捜査への合流を余儀なくされる。被害者は、医師の息子を持つ大井川君枝(山口美也子)で、傷害トラブルの示談金が必要という電話を受けた直後、3人組の男が押し入ってきて2000万円もの現金を奪われたという。多発する特殊詐欺に対し、中園参事官(小野了)の指揮のもと捜査一課・組対5課など課の垣根を超えた大捜査網がひかれる。そんな中、右京(水谷豊)は君枝が息子の結婚相手を探すために参加していた“代理婚活パーティー”から大井川家の情報が特殊詐欺犯に流れたのではないかと推理。被害者に事情を尋ねると、これまで連絡先を交換した相手は2人だけとのこと。調べると、問題の2人は阿久津貴子(松井紀美江)という女性と、津田保(河西健司)という男性で、右京と亘(反町隆史)は、どちらかが情報を流しているのではないかと疑う。その後、疑惑の2人が同時に参加する代理婚活パーティーがあることを?んだ右京は、青木(浅利陽介)の“親代わり”として参加。スタッフとして会場に紛れ込んだ亘と共に、2人の動向を探るが…!?

婚活パーティーで情報漏洩の容疑者を探れ!
捜査のさなか、中園参事官にも悪の手が…!?
警視庁の面々が一丸となり現代の悪を追い詰める!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0007/