ドラマル

『相棒 season18』5話のネタバレ感想!右京さんが失明?グラサン姿がタモリさんに似てる?

2019年11月6日に放送されたドラマ『相棒 season18』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、人気覆面詩人・スノウが殺害された現場から亘の写真が発見される!
亘はスノウの正体は竹田ユキ(佐藤江梨子)という元恋人だと証言するが…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』5話のあらすじネタバレ

人気覆面詩人・スノウが青酸カリによって自宅で殺害されるという事件が発生。第一発見者は、ロジェ出版の三次社長。三次社長は、遺体の女性は、スノウこと石川真悠子だと証言。
数日前、スノウから活動中止の申し入れメールが来て、そして電話が繋がらないので、直接会って話を聞こうとやって来て、それで遺体を発見したのだと言います。で、その殺害現場の本棚の詩集、「闇を往く」に冠城亘(反町隆史)の写真が挟み込まれていて、捜査一課の伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が、それを発見。
伊丹と芹沢が特命係の部屋にやって来て、「石川真悠子を知っているな?」と亘を問い質します。写真を見せられても知らない顔なのですが、現場に自分の写真があったと聞いて亘は驚きます。

コーヒー店内で撮られたと思われる自分の写真を見せられた亘は、遺体はスノウ本人ではなく、本物のスノウは竹田ユキ(佐藤江梨子)という名の元恋人であり、数年前、自分はフラれたのだと正直に白状。――ただ、三次社長はスノウと名乗る真悠子と出版契約を結んでいて、そして、印税の振込先も真悠子名義の口座ですから、遺体はスノウこと真悠子なのだと確信しています。

近所の住民への聞き込みでは、ユキは真悠子と同居していて、そして事件後、姿を消しています。捜査一課はユキを容疑者として行方を追います。

亘はユキと出会ったコーヒー店を訪れ、店主の金子慎也(水橋研二)に、彼女の連絡先を尋ねます。そこに、杉下右京(水谷豊)が合流。金子に教わった連絡先番号では電話が繋がらず留守電にメッセージ。――「詩を書くことで、私は生きていられる」と言っていたスノウの言葉を思い出す亘。自殺を考えた過去があるユキ。ユキ(雪)だからスノウというペンネームなのだと打ち明けられていたことを思い出す亘。

捜査一課の調べで、真悠子殺害の前日、ユキが真悠子の口座から一千万を引き出していたことが分かります。
そして、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)からは、ユキの本名か告げられます。ユキの素姓が明らかになります。――スノウが覆面詩人であったのは、過去の父親殺しを隠したい為でした。スノウは、南侑希というのが本名。15歳の時、家庭内暴力が酷かった父親を殺して懲役刑。地元の名家に生まれて市議会議員だった父の郷平を青酸カリ(食事に混入)で殺害しています。通り名の竹田というのは母方の姓。で、真悠子は同級生。彼女は、事件後、侑希が父親から暴力を受けていたことを訴え、裁判所に情状酌量を求めた友人でした。辛い前科を持っているスノウの代役を引き受け同居していたのが真悠子でした。

私のことはもう探さないで下さいと侑希からのメールが亘のスマホに入る一方、SNS上に、「スノウが素性を秘密にしている理由って、実は、前科があるから」という書き込みがあったことを右京は知ります。

侑希の母の姉(叔母)の山下芙美子に話を聞く亘。――当時の侑希は未成年。不名誉な死を隠蔽したい郷平(父親)の実家筋に言い含められて,DVは無かったことになります。DVは無かったと母が証言して、それで経済的支援が約束されることになりました。DV被害を主張して少しでも減刑をと考える侑希は、DVを否定する母(麻紗子)を見て、そんな暴力夫であっても母は夫を愛していたのかと感じ、それで、母に憎まれているものと思い込んで悩んでいました。それで、ずっと母に会えずにいました。
一方の母もまた、娘に裏切られたと思われ、恨まれていると思っていました。が、麻紗子が重篤な病を得て余命宣告された時、病院に侑希がやって来て、それで裏事情が明かされ誤解が解けました。

その後、先月の麻紗子の一周忌に芙美子は侑希に会っていました。その時、「まだ、前科がバレて迷惑をかけるかも知れない」と侑希が言っていました。で、月曜日(侑希が銀行から一千万円を引き出した日)には、「もう大丈夫だから心配しないで」という侑希からの電話を受けていました。

亘が、金子の喫茶店に入ります。――「侑希はこの世にいない。本当のことを話してください」と亘。そこに右京がやって来て、単刀直入に言います。真悠子と侑希を殺害していた金子。薄茶色の粉、シルバースキンが保全写真に収められていました。コーヒー豆を挽いた時に出るカスを、何時ものプロとしての習慣で息で吹き飛ばしていた金子。で、コーヒーをコップに注いだ後、青酸カリを混入。それを真悠子が飲まされていたことになります。残されていたコーヒーの中に、シルバースキンの含有量が少なかったことで、このコーヒーがプロの金子か淹れたコーヒーと推測されます。
そして、スノウの秘密についてのSNS投稿も金子。そのIPアドレスは青木が解析しています。

「何時バレるのかと怯えている侑希を楽にさせたかった。自由にしてやりたかった。解き放ってやりたかった」と言う金子。それに対して、スノウとしての活動を止める決意を固めていた侑希。その決断後、銀行で一千万円をおろして金子の前に現れました。侑希は金子がSNS投稿者だと気付き、金を差し出して暴露を止めて欲しいと頼みました。

口止め料を差し出された金子は困惑。詩人を止めるよう仕向けたのは、全て侑希の為と思ってやったこと。しかし、「それは私の為じゃないよ」と侑希。そう言って立ち去る侑希を追って、金子が背後から絞殺。――詩を書くことを止めさえすれば自由になれると確信した金子は、スノウの代役を演じる真悠子を殺害。そして、詩を奪われるのは、自分(侑希)の為になっていはいないと告げられて、それで、思惑が大いに違って逆上した金子は侑希を殺害。

山中の道路わきが掘り起こされ、バッグが現れます。その中に、膝を抱えるように折り畳まれた侑希の遺体が発見されます。

スポンサーリンク

『相棒 season18』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

数年前に別れた元恋人に殺人容疑がかかれば、普通は、捜査から手を引くのが警察ルール。それを無視するのが警視庁特命係。それにしても、元恋人を殺した金子に対して、冷静に敬語を使って対応できる亘というのが、やや不自然に思いました。

冷静でいられるはずがないので捜査から外れるということが基本ルールなのに、逆に、亘は必要以上に客観的な立ち位置をキープしていて、感情を押し殺すにしても、ちょっと違和感がありましたね。
もう少し、金子に対しての感情の爆発があっても良かったのかなという気がしました。亘って、熱くなる男というイメ―ジでしたからね…。

右京さんが失明?グラサン姿がタモリさんに似てる?

次回予告で、タモリさん…いや右京さんが失明したかのような映像が流れ話題を集めています。

「まじで!」と心配になりましたが、次回あらすじを確認したところ‥。
「視力が戻るまで時間を要するとの診断を受けるが、翌日には特命係に姿を見せる。」との記載がありました。
どうやら、視力は戻るようですね。一安心。
ていうか翌日には、出勤して勤務しちゃうところがやっぱり杉下右京。
きっと、次回の間に目も回復しちゃうでしょう!

ところで、サングラス姿の右京さんがタモリさん似ているという声があがっています。わたしはあまり似ていると思いませんでしたが…あなたはどう思いましたか?

『相棒 season18』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

右京(水谷豊)は、清掃員として働く顔馴染みの和江(山本道子)に頼まれ、亘(反町隆史)と共に古いアパートの一室を訪れる。空室のはずなのに不審な物音がするので、中を調べてほしいという。すると、部屋には訪問者を陥れる罠が仕掛けられており、和江をかばった右京は、目に大怪我を負ってしまう。その場に居合わせた区役所のケースワーカー・友里(佐藤寛子)の助けを借り、病院に運び込まれた右京。視力が戻るまで時間を要するとの診断を受けるが、翌日には特命係に姿を見せる。そんな中、あるマンションの建設予定地で男性の遺体が発見される。被害者は、不動産会社の営業。右京は、罠が仕掛けられていた古アパートも、遺体発見現場も同社が関連していることに気づき、疑惑を抱く。一方、右京の怪我に責任を感じた和江は、勤め先の上司・真山(山崎一)をともない改めて謝罪。その際、逃げ去る人物の妙な足音を聞いたという新証言をもたらすが…!?

やがて繋がっていく不可解な罠と殺人事件
背景には想像を超える現代の落とし穴が…!?
視力を奪われた右京の名推理が冴える!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0006/