ドラマル

『相棒 season18』4話のネタバレ感想!佐藤江梨子の相棒2度目の登場が話題に!

2019年10月30日に放送されたドラマ『相棒 season18』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、過重労働を取り締まる職員の謎多き転落死と児童の死亡事故に特命係が切り込む!
鍵を握るのは、真実を伝えるジャーナリストとして名を馳せている中川なのだが…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』4話のあらすじネタバレ

厚生労働省の過重労働撲滅特別対策班、通称「かとく」の職員・片桐晃一(山本圭祐)が屋上から転落死。――捜査一課の伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が臨場。鑑識課の益子桑栄(田中隆三)が、屋上に靴が残されていないと言い、他殺の線が浮上。そこに、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)がやって来ます。で、現場の野次馬の中に、敏腕ジャーナリスト(東洋新聞エース記者)として名高い中川敬一郎(長谷川朝晴)を発見します。

「かとく」には、特別司法警察職員として違法な事業所を検察庁に送検する権限があります。片桐が、いずれかの企業の何らかの違法に気付き、その為、その口封じに殺された可能性も考えられます。右京と亘が中川に接触して探りを入れようとしているところに、「かとく」職員の西嶋隆哉(佐々木一平)がやって来て、「すぐ、オフィスに戻って貰えますか?」と、中川を引き離します。

中川と古い知り合いの「週刊フォトス」記者・風間楓子(芦名星)に話を聞きますと、最近の彼は、校庭遊具での児童死亡事故を取材していたことが分かります。これは、遊具の一部が外れて児童が落下死したという事故。当初は、児童の遊び方に問題ありとされましたが、結局、学校側の整備点検ミスということで決着しています。

「かとく」の女性リーダー・立花典子(クノ真季子)に聞き込みをする伊丹と芹沢。この捜査一課の二人が、情報提供して欲しい立花の説得に梃子摺(てこず)っているところに、右京と亘。亘の話術によって、告発メールの裏取りを担当していた片桐が受け取っていたその内容が明らかになります。――告発者は、遊具メーカー(ヤクト―工業)に、技術実習制度で来日している東南アジアからの低賃金労働者。片桐に取材していて、そこで過重労働の実態を知り、更に、片桐の死を目の当たりにしながら、それを記事にしない中川。

ヤクトー工業に出向き、屋久島社長に会う右京と亘。物置だと社長が言う場所に亘が入ると、そこには大勢の海外からの実習生(従業員)が潜んでいました。――彼らの時給は、三百円。児童が遊具事故で死んだ三日後、ベトナムからの技術実習生・グエンは自室で首吊り自殺していました。ホームシックによる自殺と報じられましたが、彼らは、グエンは社長に殺されたのだと言います。

厚労省に対する発言力の大きい松下涼介(井上康)代議士は、屋久島社長と出身大学が同じです。捜査の手が伸びて来たのを心配して、松下代議士に電話する屋久島社長。――安い労働力の確保を目的とする技術実習制度の悪用ということがはっきりするグエンの遺書は、片桐に渡っていると実習生たち。それは、取材に来た中川も知っているはず。

西嶋が捜査一課に連行されます。その連絡が、フォトスの風間から亘に入ります。――自殺した片桐の靴を持ち去って、公園のゴミ箱に捨てたのは西嶋でした。公園の防犯カメラが、西嶋の行動を映し出していました。伊丹らは、西嶋による片桐殺しを疑いますが、しかし、殺しの犯人が、わざわざ靴を持ち去るのは妙な話。

「かとく」リーダーの立花が片桐のデスクの引き出しの中にあったグエンの遺書を右京に手渡します。右京からの連絡で片桐のデスクを探していて、立花がそれを発見しました。――立花は松下代議士から技術実習制度を運用している企業の調査を止めるよう指示されていました。「君は神輿(みこし)、かとく初の女性リーダーとして、おとなしく言うことを聞いていろ。これは、少子高齢化が進む日本にとって必要な制度」と言われていた立花。それを知っていた片桐は、立花の立場を守るには、グエンの遺書を隠して、自殺する他ないと決断。
グエンの遺書を見せれば、立花は間違いなくヤクト―工業の捜査に動き、間違いなく立花は上層部から追い落とされます。片桐は「かとく」と立花の立場を守る為、死んだことになります。

あの日の夜。――片桐を屋上に呼び出していた中川。そこで実習生から預かっているグエンの遺書を渡すよう迫った中川。片桐が拒否すると、では、上司の立花に直接話すと中川。そう言われた片桐は、明朝、ここで遺書を渡すと約束。で、翌朝、約束通りにやって来た中川は、片桐の自殺体を見ることになります。――実は、前夜、片桐と中川が話し合っている現場を陰から見ていた西嶋。中川が、翌朝にグエンの遺書を渡して貰うということになって帰った直後、片桐は飛び降り自殺していました。西嶋は、片桐が自殺したということになれば、彼を追い込んでしまったことを中川が悔いて、それで記事にしないだろうことを懸念します。それで、他殺の線が浮上するよう、飛び降り自殺前に片桐が脱ぎ捨てた靴を持ち去っていました。中川が片桐を自殺に追い込んだ自身を責め、それで記事にならないことで、真実が明かされないまま一件落着してしまうのを回避しようと、西嶋は、他殺を匂わせる細工をしていました。

鴨南蛮蕎麦(かもなんばんそば)の店で、風間が中川に会います。――風間が中川と初めて会った時、セクハラ大臣の暴言から風間を守ってくれたのが中川でした。「書くのか?」、「そのつもりです」という言葉の遣り取り。次号「週刊フォトス」の記事を楽しみにしていると言って立ち去る中川。風間の注文の品が運ばれて来て、鴨南蛮に沢山のネギが添えられています。それを見て、「こんな形でネギ(美味しい記事ネタ)なんか欲しくなかった」と風間。

松下代議士は、ヤクト―工業からの不正献金の隠蔽目的で「かとく」に圧力をかけていたことが明らかになって、告発されます。ヤクトー工業にも、裁判所の令状のもと、「かとく」の捜査が入ります。
「週刊フォトス」では、「松下涼介の裏の顔」と題して、過重労働の隠蔽、児童の遊具死亡事故の真相が語られます。最後に、ジャーナリズム精神を怠った中川をも責める風間の記事です。中川の介錯をした風間。中川はジャーナリズムの世界から足を洗って業界を去ります。

『相棒 season18』4話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

遊具メーカー社員の過重労働が原因の欠陥遊具製造。その遊具で遊んでいた児童の死亡事故。それを隠蔽しようということでの「かとく」職員の口封じかというのが、最初の見通し。が、口封じの為の他殺ではなく、実は、自殺ということでしたが、その実態としては、上からの圧力による口封じと殆ど一緒。

ただ、現場の前線職員が上司の立場を守ろうという趣旨で飛び降り自殺したというのがストーリーの着地点なのであれば、それなりの理由付けが欲しいですね。上司の立場を守りたいということで部下が自死に向かうには、女性リーダーとしての立花の人間的魅力など、そのあたりの描写(ひとつのエピソード)があれば、より分かり易いかなと思いました。

佐藤江梨子の相棒2度目の登場が話題に!

「過重労働」がテーマと今回も重い話でした。
そんな中、冠城が右京さんに「遠慮なく」とコーヒー代を請求するシーンはクスっと笑えましたよね。

さて、ネットでの話題は完全に次回のゲスト佐藤江梨子さんにうつっています。

season4 第8話「監禁」にて、振り切った役で注目を集めた佐藤江梨子さん。今度は冠城の元恋人役として出演されるようです。

前回は犯人役として非常にバイオレンスな役どころ。
今回は『スノウ』というペンネームを持つ人気覆面詩人で冠城の元恋人ということで、一変して優しい感じの女性となるのかな?
ということで、次回は冠城くんの回となりそうで、今からワクワクしますね。

『相棒 season18』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

青酸カリの中毒死で『スノウ』というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が殺害された。現場から亘(反町隆史)の写真が発見されたため、伊丹(川原和久)たち捜査一課が事情を聞くと、スノウの正体は、遺体で発見された女性ではなく、竹田ユキ(佐藤江梨子)という名の別人で、数年前に別れた元恋人だという。被害者と同居していたユキが姿を消していることから、捜査一課は容疑者として行方を追うことに。いっぽう、亘はユキと出会い、逢瀬を重ねたコーヒー店を数年ぶりに訪れる。顔馴染みの店主・金子(水橋研二)から、ユキの連絡先を教えてもらうためだった。事件に興味を持った右京(水谷豊)も、そこに合流。2人は、被害者がスノウを名乗っていた理由を探るため、詩集の発行元を訪れる。すると、出版の契約をめぐってトラブルが起きていたことが判明し!?

元恋人はなぜ亘の写真を大事に持っていたのか?
覆面作家であることをひた隠しにしていた理由とは!?
亘が、事件と繋がるほろ苦い恋の名残を追う!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0005/