ドラマル

『相棒 season18』3話のネタバレ感想!天才子役の出現?大島美優ちゃんの演技に脱帽!

2019年10月23日に放送されたドラマ『相棒 season18』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、マンションの一室で怨恨と思われる殺人事件が発生!
偶然に居合わせた小学生・明菜が島村という警備員の男に連れ去られてしまう。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』3話のあらすじネタバレ

鑑識課の益子桑栄(田中隆三)から飼い猫(メイ)の捜索を依頼された杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)。――メイを抱いていた小学生の秦野明菜(大島美優)に礼をということで、後日、益子ともども右京と亘が連れ立って住まいのマンションを訪れます。
手土産は「かりんとう」。が、留守の様子で、不用心にもドアが開きます。と、パトカーのサイレン音が響き、一旦外に出る訪問者の三人。部屋の奥に、血染めの男が明菜の口を押えて潜んでいましたが、それには気付きません。

明菜の住む隣部屋での殺人事件でした。捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、それに芹沢慶二(山中崇史)が臨場。都内で飲食店を経営している沢木大介が撲殺されています。
沢木はゆすりの常習犯。ナイフによる刺し傷もあります。――どうやら隣の部屋で殺人事件が発生し、それを目撃した明菜が被疑者(血染めの男)に連れ去られたものと思われます。
被疑者は警備会社勤務の島村裕之(三浦誠己)。島村は、警察に自殺した恋人について調べて欲しいと言って来ていた人物でもあり、島村の殺人動機は、恋人を自死に追い込んだ男(沢木)への復讐。

島村と明菜が逃げ去った後の部屋で、右京と亘が帰宅した母の香織に話を聞きます。
部屋の中に明菜と妹(若菜)の写真。明菜は、昨年、若菜が病気で亡くなったことで心に傷を負っています。

島村の血染めの衣服が部屋内のゴミ箱から出てきます。島村は、逃亡に際して着替えています。そして、リュックサックとキャッシュカードが持ち出されています。――サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)が、コンビニのATM監視カメラに写っている明菜を突き止め右京に報告。島村は、ATMで逃亡資金を得たことになります。

――伊丹と芹沢が、島村の恋人、瑞穂の母親の半井(なからい)靖子を訪ねます。母は、娘の遺した手紙により、娘が沢木にゆすられて一人で苦しんでいたことを知ります。島村もその手紙を母(靖子)に見せられ復讐に火が点きます。

沢木のスマホのGPS追跡で、青木と益子がそれを探索。青木が、木の葉の下に隠れていたスマホ発見。スマホをパソコンに繋いで内容確認。――島村に襲われた沢木は、島村にスマホを示していました。「本当に悪いのは小田桐だ」と沢木が島村に教えていました。
島村が見せられたのはメール。――小田桐徹からのメールが納められている「受信済みフォルダ」。振り込みの催促メール。金の取り分でモメている様子が分かります。それから、登録名簿で小田桐の住所を調べて、島村は路線バスでそこに向かうことになります。小田桐の居場所が分かれば後は用無しなので、沢木のスマホは茂みの中に投げ捨てられましたが、この投げ捨てられたスマホを青木と益子が探索して、それを探し当てたわけです。

島村の次のターゲットは小田切徹。――恋人を自殺に追い込まれた男と大好きな妹を母親に殺されたと思い込んでいる姉(明菜)が共鳴し合います。
明菜は、妹に腹部の痣(あざ)を見せられて、それが母の仕業(虐待?)と思い込んでいます。そんなわけで、昨年から、ちょうど時を同じくして、島村と明菜の時計は止まっています。島村に共鳴する明菜は、愛する者を奪われた者同士として、自らの意志で島村と行動を共にします。

小田桐の居場所を目前に、島村は明菜に金を渡して、そこで別れます。明菜に帰宅を促します。――が、島村は小田桐に返り討ちに合います。島村が殺されようとしている場面で、明菜が鉄パイプで小田桐を背後から突きます。パイプを奪われると、今度は身近にあったギターを握って身構えます。そこに右京と亘がやって来て、小田桐を取り押えます。

明菜の両親が迎えに来て明菜は自宅に戻り、その後、小田桐にボコボコに痛め付けられて入院している島村に話を聞く右京と亘。「明菜は復讐に興味があったのかな」と訝る右京に、島村が「妹を殺したのは母」と明菜が言っていたと話します。それを聞いて、右京と亘が、明菜の住まいに急ぎ向かいます。母の瑞穂は熟睡しています。明菜が家を出ようとしているところに右京と亘。間に合いました。死んだ妹の所に行くつもりでいる明菜。つまり、家を出て自殺しようとしている明菜。爪を噛む明菜のストレスを当初から感知していた右京は、その原因が母に対する強い憎しみと見抜いていたということでしょうか。――島村は殺しに向かいましたが、明菜には母を殺すことはできず、それで自死を選択していました。

あの日、当面の衣服をリュックサックに詰めて家出しようとしていた時、沢木を襲った直後の島村に出会いました。死んで妹の所に行くつもりの明菜は、島村に自ら同行します。
島村に同行することは死に近付くことにもなります。――妹の若菜は、脊髄炎が遠因の急性心不全による死であって、それは、解剖結果からも明らかなのでしたが、明菜はそれを認めませんでした。というのも、妹の脇腹には痣があって、妹は、それを母にやられたと明菜に告げていました。それ以前から、妹を放って働きに出る母を許せなかった明菜。が、実は、その痣は、姉が大好きだった若菜が、明菜にかまって欲しということでの戦略。怪我をして気を引くことで、姉にかまって貰いたかった妹。それで、故意にベッドから落ちていた妹。脇腹の痣は、母の虐待ではなく、その時のもの。ともあれ、難病を抱えつつも、限りある命を精一杯に生きた若菜。明菜に、自殺してはいけないと説く右京。

そんな明菜との遣り取りを島村に伝える右京。島村は、明菜に自身の復讐をあたかも正義のように語ったことを反省。恋人の瑞穂もそんなこと(人殺し)を望んではいないと、今では理解できます。――島村は沢木を撲殺したものと思い込んでいますが、真相は、沢木を殺してたのは小田桐で、小田桐もそれを認めています。
小田桐の鍵を調べて、そこに沢木の部屋の床片が付着していたので、小田桐が沢木の部屋に押し入っていたことが判明。島村が立ち去ってから息を吹き返していた沢木を、改めて撲殺したのは小田桐でした。

母に連れられた明菜が島村の病室を訪れます。
止まっていた時計が動き出した島村と明菜。犯した罪と向き合って更生して欲しいと島村に告げる右京。――明菜も良い子でした。益子の飼い猫のメイはかなり気難しいのですが、最初から明菜に懐(なつ)いて、おとなしく抱かれていました。
猫好きに悪い人はいないというオチでした。

『相棒 season18』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

前話では、北海道の離れ島に漂着するアザラシの腹に核兵器が隠されていて随分物騒でしたが、今回は、同じ動物でも小さな可愛い子猫から始まるお話。ストーリーのスケールも小さくて、それで、分かり易く座りの良いものに仕上がっていますね。
ただ、明菜は母子家庭かと思っていると、父親がいるんですね。であれば、島村に連れ去られた(同行?)明菜が保護されるまでの間、父親が何の行動も起こしていないのが気になりました。勿論、母親のノンアクションも気になりました。

島村を訪ねた最後も、明菜に付添っていたのは母親だけでしたし、ここはもう母子家庭という設定ならば、より分かり易かったかなという気がしました。

天才子役の出現?大島美優ちゃんの演技に脱帽!

ゲスト出演した猫の保護に協力してくれた小学生の明菜役を演じた大島美優ちゃんの演技力が話題を集めました。

「子役の演技で泣けてきたのは久々」
「すごい女優さんになる予感しかない!」
「天才子役の出現か」
と大島美優ちゃんを大絶賛する声が殺到しています。

序盤、犯罪者(大人)も不思議に思う大人まさりの言動をしていながら、結果としては10歳の少女らしいと感じられた演技には脱帽。
非常に難しい役を見事に演じた、大島美優ちゃんが主役だったと言える回だったのではないでしょうか?

『相棒 season18』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

厚生労働省の過重労働撲滅特別対策班、通称“かとく”の職員が転落死体で発見された。かとくのメンバーは、特別司法警察職員として違法な事業所を検察庁に送検する権限があるため、口封じに殺された可能性も考えられた。捜査に乗り出した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、現場の野次馬の中に、真実を伝えるジャーナリストとして名を馳せている中川(長谷川朝晴)がいるのを見つける。中川が、亡くなったかとくの職員と面識があることに不穏な空気を感じた二人は、中川と古い知り合いだという『週刊フォトス』記者・風間楓子(芦名星)に話を聞く。すると、中川が最近、遊具による児童の死亡事故を取材していたことが分かる。かとく職員の転落死と児童の死亡事故。一見接点がなさそうなふたつの事件だが、右京と亘がそれぞれの視点から捜査を進めると、意外な繋がりが見えてくる。

謎多きふたつの死に隠された共通点
正義の記者が追う事件の背景には権力の陰が!?
現代日本が抱える闇に特命係が鋭く切り込む!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/