ドラマル

『相棒 season18』2話のネタバレ感想!船越英一郎が大暴れ!20kmの遠泳も制覇

2019年10月16日に放送されたドラマ『相棒 season18』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、特命係の右京と亘が、岩田を囮に「信頼と友好の館」内部を捜索することに!
ミナを連れ戻すため強引な手段に出ている岩田が連続殺人犯なのか…。

関連記事

『相棒 season18』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『相棒 season18』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『相棒 season18』2話のあらすじネタバレ

北海道最北端の離島、天礼島に渡った特命係の杉下右京(水谷豊)と、それを追って駆け付けた冠城亘(反町隆史)。――「信頼と友好の館」の主催者・甘村井留加(団時朗)が殺され、その後、集会所で二人の若者(マッチ=松嶋至、ハリー=播磨長吉)、更にキッチン冷蔵庫からもう一人、カンブツ(三河大悟)の遺体が発見されます。館に住み込んでいたのは主催者の甘村井のほか若者七名で、そのうち四人の遺体が既に見つかっています。
生存者は、キッチンの収納に隠れていたハナこと橘禾怜(加弥乃)と岩田ミナ(北香那)、それに当初行方不明だったダン(成田藤一郎)とオット(音羽曉)。被害者は全て素手で殺されているということで、ミナの父、屈強な元レンジャー隊員(現、陸将補)の岩田純(船越英一郎)に疑いが向けられます。

岩田を逃がし、道警の目が岩田に向かう隙を突いて館内を探索する右京と亘。館内の若者の部屋で、尼僧(妙春)になっている筈の元代議士・片山雛子(木村佳乃)が武器輸出促進団体(振興協会)の顧問に就任したことを伝える「週刊フォトス」を目にします。フリーライターの風間楓子(芦名星)の記事です。

漁師小屋では、船からのモールス信号を目撃。総務部広報課課長(警視正)の社美彌子(仲間由紀恵)にロシア語翻訳を依頼します。で、「我々の贈り物は気に入って貰えましたか?」という信号内容が分かったのは良いのですが、美彌子に居場所を通報され、道警に拘束される右京と亘。

その後、天礼島にやって来た警視庁捜査一課の伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が特命係に合流します。駐在所を訪れた二人は、事情聴取後に保護されていた四人(ミナ、ハナ、ダン、オット)の若者を引き連れて、右京と亘がいる公民館に向かいます。――全八名になった公民館に岩田が乗り込んで来ます。
右京は、伊丹、芹沢と四人の若者を逃がします。やって来た岩田は、館での四人の殺害を認め、そして、亘を締め落として右京の前から消えます。

一方、伊丹、芹沢と一緒に逃げた若者たちは、この二人の刑事による保護を拒否して森の中で逃走。彼らは、島を離れて船で稚内に渡ります。道警に追われている岩田も、20kmを泳いで稚内に入ります。

そんな中、サイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官・青木年男(浅利陽介)も島にやって来ます。警視庁副総監の衣笠藤治(杉本哲太)に命じられて島に来ます。

道警鑑識課が、右京のスマホから甘村井留加の指紋を検出。どうやら、右京の居場所を知らせたのはミナではなく、甘村井だったことになります。――ミナがスマホを流したと言ったのは嘘でした。そもそも若者七人の出会いは難民救済のボランティア活動。ボランティア団体で出会った七人は、帰国後、その団体の支援者の一人であった甘村井の館に住み込みました。

国務大臣(国家公安委員長)の鑓鞍兵衛(柄本明)の前に神妙な顔の甲斐峯秋(石坂浩二)。甲斐は、警視庁次長から降格して警視庁長官官房付(警視監)。甲斐は、既に岩田が自衛隊に辞表を送り付けていることを電話連絡するなど、何かと右京を助けます。自分の立場が危うくなるのを承知で、右京に協力しています。――「そのうち、しくじる。路頭に迷ったら面倒を見るから来い」と鑓鞍に皮肉を言われて、「冠城亘も一緒にお願いします」と応じる右京。

フリーライターの風間楓子の仲介で、武器輸出が可能になる法案提出の為、政界復帰を目指している片山雛子と右京がコンタクト。洞爺湖での国際会議と見本市に来いと言う雛子。―着席者のいない国際会議場の檀上に片山雛子と風間楓子、それに防衛技術振興協会副会長の桂川宗助。彼らに挨拶する右京と亘。

そこに、ミナを先頭にした若者四人。――未臨界状態のプルトニウムが入っている玉手箱を雛子に手渡します。開けたら、致死量の放射線が発生して全員死にます。玉手箱の開閉は自動式でそのスイッチはダンの手の中。ミナが「世俗にまみれた尼さん(雛子)に用がある」と言って、「難民ボランティア団体に寄付しろ」と迫ります。
見本市の参加企業に金銭的援助を要請せよと言います。が、テロリストとは交渉しないと毅然とそれを断った雛子が、ヒットラーの進撃を許した平和主義の弊害を説きます。平和主義を標榜することで戦争への決意を躊躇してしまったチャーチルの言葉、「もっと戦争への決意が早ければ、ヒットラーの台頭は無かった」と言った歴史を語ります。

そんな了見なら見本市はやらせないとダン。玉手箱のスイッチをかざして、「一分後に玉手箱の蓋を開けるから皆逃げろ」と告げます。そこに岩田が登場し、ダンを叩き伏せます。玉手箱の蓋を開けるスイッチを取り上げます。
そして、父と娘の格闘バトルが始まります。ミナが父の岩田を凌ぐ動きを見せます。結局、最後はミナを締め落とした父の岩田が、娘を肩に担いで引き上げます。ダンから奪い取ったスイッチをかざし、自分たちを追うなと言い残して立ち去ります。

ミナが甘村井以下、マッチ、ハリー、カンブツの首の骨を折っていました。難民救済団体への寄付を脅し取ろうとするミナの計画に気付いて、それを食い止めようとしていた者が殺されました。父の岩田は、自分が殺したと言っていましたが、実は、娘のミナが真犯人なのでした。娘を殺人兵器に仕立て上げてしまった自分が、娘の罪を被るつもりなのでした。

洞爺湖から引き上げられているボートの中に岩田とミナ。そこで岩田が娘ミナの首を折ります。それが殺戮兵器と言われていた岩田の最初の殺人でした。
自衛隊の規律のお陰で、人殺しをせずに生きて来られた岩田。が、アレス(凶暴な武闘神)の影は、娘のミナにしっかりと受け継がれてしまっていました。そんな娘殺しの場に一足遅く、右京と亘が駆け付けます。

首席監察官(警視正)の大河内春樹(神保悟志)が特命係の部屋にやって来て、警視庁副総監(監視監)の衣笠藤治(杉本哲太)の言葉を伝えます。懲戒処分を覚悟していましたが、それについてはお咎め無し。洞爺湖での国際会議と見本市を無事に開催(成功)させた功績により感謝状と金一封。それを横で聞いていた組織犯罪対策第五課長の角田六郎(山西惇)が「今度は褒め殺し作戦か」と茶化します。(アレスの進撃~最終決戦)

『相棒 season18』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

完全無欠で切れ味抜群の杉下右京ではなく、シーズン18では、トンマで間が抜けている杉下右京という人物設定が面白いです。

一週間の眠りをたった一日と勘違いしているということで、まさに浦島太郎状態。そういう事態に陥れた若者たちを、第一話では右京が全く責めないのが不審でしたが、結局、真犯人と目星を付けていたミナを泳がせていたということなのでしょうかね。

それにしても、ミナ役の北香那さんの立ち回りが見事でした。父親に仕込まれて格闘術を体得しているという設定でしたので、相当、稽古をしたのでしょうね。

船越英一郎が大暴れ!20kmの遠泳も制覇

1話、2話と無双の強さで大暴れする船越英一郎さん演じる元レンジャー隊員・岩田純が見どころでしたね。

まさかの島から泳いで脱出!
からの、実の娘を殺してしまう展開は、予想できませんでした。
崖シーンもありませんでしたし…。

驚きの行動だけでなく、岩田純(船越英一郎)からは数々の名言も!
「おい 俺は丸腰だぞ。」
「これが 初めての人殺しだ」
「100だぞ。ズルするなよ。」
「とっとと なぎ倒していくべきだったな。」
どの台詞も情景が思い出させる素晴らしいシーンでした。

それにしても、北海道のあの荒れた海20kmを泳ぎ切るとは、船越英一郎さん恐るべし!あの船越さんなら本当に熊をも倒せそうですね。

『相棒 season18』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『相棒 season18』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

益子(田中隆三)から飼い猫の捜索を依頼された右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、郊外の一角で無事に猫を保護。後日、益子と連れ立って、保護に協力してくれた小学生・明菜(大島美優)に礼を言うためマンションを訪れる。すると、隣室で殺人事件が起き、偶然居合わせた明菜が連れ去られてしまったことが分かる。容疑者は、島村(三浦誠己)という警備員の男。動機は、恋人を卑劣な手段で自死に追い込んだ被害者男性への恨みと推察された。右京と亘は、島村が明菜に危害を加えるのではないかと捜査に乗り出す。すると、島村の恋人の自死をめぐって、意外な事実が浮かび上がってきて…!?

恋人の恨みを晴らした殺人犯が少女を人質に!?
いっぽう、少女には誰にも言えない秘密が…
殺意の先にある予想だにしない真実とは?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0003/