ドラマル

『頭に来てもアホとは戦うな!』4話のネタバレ感想!桐山照史がウザい!マウントアホ&ゴリラ役?

2019年5月14日に放送されたドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、マウントアホ・飯山清史郎を演じる桐山照史(ジャニーズWEST)が登場!
コテコテの関西弁で知識量や、年齢、経験値などでマウントを取ってくるマウントアホに小太郎はどう立ち向かうのか?

関連記事

『頭に来てもアホとは戦うな!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『頭に来てもアホとは戦うな!』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『頭に来てもアホとは戦うな!』4話のあらすじネタバレ

商品化へと動き出した谷村小太郎(知念侑李)のおもちゃ企画。
予算管理部へとプレゼンすることになりました。そこで企画承認されると、いよいよ生産が開始されます。

そうして臨んだ予算管理部との会議。
小太郎は、飯山清史(桐山照史)という強敵に苛まれます。
飯山は、なにかと小太郎に対抗心を燃やして、やれ身長が、やれ学歴が、やれ語学力が等、自分のほうが上だとアピールしてくるのです。
飯山はこういう人でした。

多方面で実力を兼ね備えている。
その実力を人と比べてアピールしたがる。
ハイスペックな相手ほど対抗心が燃える。
何かと勝ち負けで物事をみたがる。
そして勝ちを取るのはもちろん自分。
周囲には太鼓持ちが侍りがち。

飯山は『マウントアホ』でした。
飯山は、「企画に絶対の自信がある」という小太郎を窘めると、自分のほうが優れていると散々アピールした挙句、企画は通さないと断言。小太郎が「問題点があるなら教えてほしい」と聞くも、全く相手にしてくれませんでした。

それでも小太郎が食い下がると、飯山はうんざりしながらも「ならば、社内ボウリング大会で決着つけよう」と提案しました。そして「負けたら潔く諦めろ」と。
小太郎はそれを受けて立ちました。

ボウリング大会当日。
ボウリングはやったことないと言っていた飯山でしたが、プロボウラー並みの腕前で、ストライクを量産します。
このままでは負けてしまう、と焦る小太郎。
そのとき、父・晴彦(神保悟志)の言葉が頭をよぎりました。「騙されたフリをして、オレオレ詐欺を捕まえた!」と。
そこで閃きます。

『マウントアホにはやられたフリをせよ!』

小太郎は力いっぱい、全身全霊をかけて最後の一球を投げました。
けれどそのボールは気合虚しく、ガターへと吸い込まれてしまいます。

項垂れる小太郎。勝利に沸く飯山陣営。
飯山はご機嫌で帰り支度を始めると、そのロッカーには小太郎が待ち構えていました。

小太郎は、飯山の前で蹲ってみせると、飯山には勝てそうもない、飯山に比べたら自分なんてどうしようもない小物だ、どうしたら飯山のようになれるのか、とひたすら嘆きました。

それを聞いてまんざらでもない顔をする飯山。
そして、素直に敗北を認めた小太郎に、救いの手を差し伸べたのです。

「俺の偉大さがわかったのなら、そこに向かって歩いていけるはずだ」と、あくまで上から目線で、小太郎の企画書の落ち度(一部の部品コストが高い)を指摘すると、コストを抑えることのできる下請け会社を紹介してくれたのでした。

無事、予算管理部からの承認が得られて喜ぶ小太郎。

その夜、野村由里(若月佑美)がバーで祝ってくれました。
そして小太郎の手をそっと握り、小太郎に熱い視線を向ける由里。
何かを感じさせる夜でした。

『頭に来てもアホとは戦うな!』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

どんなことでも、たとえ些細なことでもマウントを取ろうとする飯山。
はじめこそ嫌味を感じたものの、しょうもないことまで張り合う姿は、もはや微笑ましかったです。二人のしょうもない対決はいつまででも見てられる。めっちゃ面白かった!

対処法は『やられたフリをせよ』ということで。
前回に引き続き、演技力が試されますね。わざとらしかったり、嘘っぽい演技だと、逆に嫌味に取られて逆上されかねないし…。
その点、小太郎の演技力は完璧でしたね。さすがだなぁ、フリには見えない!
わたしは嘘がバレやすいから、対処法を習得するためにも、まずは演技力を身につけなければ…!

桐山照史がウザい!マウントアホ&ゴリラ役?

『頭に来てもアホとは戦うな!』4話のTwitterでの反応が届き次第こちらに情報をアップします。

桐山照史さん演じるマウントアホ・飯山清史郎が実にウザかったですね!取り巻きの二人もウザいし最高のトリオでした。
ゴリラ役…ではなくマウントアホ役が桐山照史さんにすごくハマってましたね。

「俺のほうが上やねぇ」なんて連発する人はそうそういませんが、何かと張り合ってくるマウントアホは確かにいますよね。まあここまでウザいゴリラはいません…。

前回も面白かったですが、今回も知念侑李との体格差が凄い桐山照史さんの活躍もあり、非常に内容も見た目も面白かった。妄想でまんまゴリラが出てきたところがツボでした。

『頭に来てもアホとは戦うな!』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『頭に来てもアホとは戦うな!』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

谷村小太郎(知念侑李)が朝目覚めると、そこはラブホテルだった―――!?
そして隣にはすやすやと眠る由里(若月佑美)の姿が…!しかも、2人とも裸!!
動揺した小太郎は、その場から逃げるように立ち去る…。その夜の出来事をはっきり出来ず、由里と気まずい関係になってしまう…。
そんな中、小太郎の企画したおもちゃを実現するには予算の関係上、ある工作所にお願いすることがマストに。しかしそこの所長は、何とも気難しい人のようで…小太郎はプライベートから仲良くなる作戦を決意。
今度の舞台は、サウナ!?裸の男たちがひしめく中、小太郎に再起をかけた攻略法は舞い降りてくるのか…!?

出典:https://www.ntv.co.jp/Ahodrama/story/