ドラマル

『4分間のマリーゴールド』10話(最終回)のネタバレ感想!泣けた?感動に賛否が真っ二つ!

2019年12月13日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、ついに沙羅の運命の日が訪れる!
みことは奇跡を起こせるのか?死の運命が視えなくなったその意味とは…。

関連記事

『4分間のマリーゴールド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『4分間のマリーゴールド』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『4分間のマリーゴールド』最終回のあらすじネタバレ

目が開かない。体が熱い。
花巻みこと(福士蒼汰)が目を覚ますと、車のフロントガラスにはヒビが。「冷静になれ」と自分に言い聞かせながら、みことは助手席の花巻沙羅(菜々緒)を確認します。息はありました。
ガソリンの引火を恐れ、急いで車の中から沙羅を運び出し路上に寝かせ救急要請。事故を起こしたトラックの運転手の無事も確認します。
沙羅の左側頭部は出血していました。沙羅は目を開け「みこと、大好き」と告げると心肺停止。みことは必死で沙羅に心臓マッサージをします。

救急車が到着。
病院に搬送される沙羅。緊急手術が始まりました。
花巻廉(桐谷健太)と花巻藍(横浜流星)も病院に駆けつけます。
みことは2人に、信号待ちをしていたらトラックが突っ込んできたと説明します。声を上げて悔しがる廉。
手術が終わりました。沙羅は急性硬膜外血腫を起こし、手術で心肺機能は取り留めたが依然危険な状態だとのこと。
みことは沙羅を危険な目に合わせたと、藍は美術館のチケットをあげたせいでと悔やみますが、廉は「誰のせいでもない。今は信じるしかない」と励ますのでした。

3日後。
花巻理津(麻生祐未)が帰国し病院へ駆けつけました。沙羅の頬に触れ「沙羅」と呼びかけます。
みことを気遣い、休むよう促すのでした。
帰宅したみことは沙羅の部屋の前で立ち止まります。その様子を見た青葉広洋(佐藤隆太)が、心配して声を掛けます。
廉も仕事場で、原田治(橋本じゅん)に「無理しなくていい」と心配されますが、働いている方が気が紛れると伝えました。
元気のない藍に、遠藤琴(鈴木ゆうか)が明るく声を掛けます。「藍君には元気でいて欲しい。沙羅さんも喜ぶ」と琴。みんなが沙羅の回復を祈っていました。

食欲がないみことを心配し、藍は買い出しに誘います。藍に聞かれても食べたいものが思いつかないみこと。藍は、買い出しに一緒行くと大福を籠に勝手に入れる沙羅のことを話しながら「作り置きは姉ちゃんの好きなものにしよう。いつ起きても大丈夫なように」とみことに伝えます。

理津は病室で、写真を沙羅に見せながら話しかけていました。そこへ広洋が。広洋は、理津の写真を楽しみにしていた沙羅の様子を理津に伝え、「沙羅、早く目を覚ましな」と優しく沙羅に呼びかけました。

廉はみことをバイクの後ろに乗せ、神社へ向かいます。みことはバイクの後ろで幼い頃のことを思い出していました。すがれるものは何でもすがると2人は祈ります。
以前バイク事故で怪我をしたため、沙羅からバイクに乗るのを禁止されていた廉。
「さっさと起きて俺を叱り飛ばして見ろ」と沙羅を思い語り掛けるのでした。

みんなで夕食を摂る中、「旨い。」とみことに笑顔が戻ります。「ずっと息苦しかった」とみこと。
藍の作った料理をみんなで味わい、久しぶりに食卓に明るさが戻ったのでした。

8月。事故から1か月。
みことは仕事に戻ります。磯辺健太(西村元貴)や阿部志乃(関水渚)に迎えられ、江上良平(三浦誠巳)も「焦らないでいいからゆっくり行こう」とみことを励ましました。
上田祐樹(伊藤あさひ)からの引継ぎを受け、早速、救急要請で現場に向かいます。

久しぶりの出動を終え、みことは帰宅。ちゃんと動けたことにホッとします。
その後沙羅の病室へ。
理津は沙羅の爪を切っていました。ベッドに寝たきりなんて沙羅らしくないと涙ぐむ理津。みことに沙羅を任せて出て行きました。
主治医(小市慢太郎)が入って来ました。「花巻さんは愛されているんですね。いろんな人が見舞いに来てくれて」と沙羅に声を掛けます。みことは、みんなに好かれる沙羅の人となりを片岡に話しながら、「声が聞きたい。笑顔を見たい」と願うのでした。

救急要請でみこと達は現場に急行。アパートの部屋に入ると、林田(薬丸翔)がベッドで横たわっていました。睡眠薬を飲んだ様子。連絡が取れないと母親が通報したのでした。林田は眠れなくて睡眠薬を多めに飲んでしまったと言います。問題はないとのことで、みこと達は撤収することに。
帰り際にふと屋上を見上げたみことは、屋上を歩く林田を発見します。みこと達が屋上に駆け上がると、林田は「仕事に疲れてしまった」と飛び降りようとしていました。
江上は警察が来るまで待つよう指示しますが、みことは「全部捨ててもいいから生きてください。ただ生きてください」と叫び、隙を見て林田を抑え込みます。まだ必死でもがき、死のうとする林田。
「何で分からないんだ。生きたいのに生きられない命だってあるんだ。命を捨てないでください」とみことは叫びながら、林田を止めます。警察が到着しました。

消防署に戻ると、江上はみことに「まだ休んだ方がいい」と告げます。指示を無視し、私情を挟んだことを叱責し、救急に支障が出ると言い放ちました。

沙羅の運命の誕生日まで1か月半。
いつもより帰宅が早かったみことに「何かあった?」と理津は声を掛けます。
みことは、現場で上司の指示に従わず私情を挟んだ経緯を説明し、今のままでは救急隊は務まらないと家に帰されたと伝えます。
「あの日から俺はずっと自分を責めている。好きな人を救えないのに救急隊なんかやっている資格はない」とみことは嘆きます。
「まだ運命が決まったわけじゃない」と廉は励ましますが、みことは「本当にみんなそう思ってる?本当は運命なんて変えられないと思っているんじゃないの?俺が沙羅のためにやってきたことなんて全部無駄だったんだ」と叫び、壁にあったカレンダーを引きちぎります。
理津は「しっかりしなさい」とみことの頬を叩きますが、みことは出て行ってしまいました。

灯台の下で1人座るみこと。広洋が来て、みことに手紙を渡します。何かあったらみことに渡して欲しいと沙羅から預かっていたものでした。沙羅は何が起きても受け入れる覚悟を決め、みことが視た運命の通りになっても自分の気持ちをしっかり伝えようとしていたのです。
「沙羅は生きている。本当はまだ渡したくなかったが、今のみことを救えるのは沙羅しかいない」と広洋は言います。
広洋が去った後、手紙を開けるみこと。
手紙にはみことへの感謝の思いと、「私は今、本当に幸せ」と綴られていました。どんな運命を迎えたとしても、私を助けられなかったなんて思わないで。もしそう思って悲しいなら、これからもいろんな人を助けてあげてほしい。あの絵はそんな思いで描いた…と沙羅。
みことは急いで沙羅の部屋へ向かいます。布をめくると、マリーゴールドの花束を抱えた救命士姿のみことの絵が現れました。
「マリーゴールドの花言葉は『生きる』という意味もある。みこと、ありがとう。大好きだよ」と言う言葉で手紙は終わっていました。
「沙羅、ありがとう」とみことは呟くのでした。

みことは仕事場に戻り、江上に深く頭を下げました。
みことは沙羅と過ごした1秒1秒を感じながら、助けた人、助けられなかった人、その家族、大切な人の思いを受け止めながら救命士として生きていくことを沙羅に誓いました。

遂に運命の日が明日に迫りました。
みことはいつも通り仕事に向かいます。みことは勤務明けで病院に向かうと、廉たちに告げました。
12時を迎え、「ついにこの日が来たな」と廉、藍、広洋。理津は病室で沙羅に寄り添っていました。
みことは仕事を終え、マリーゴールドの花束を買い病院に向かいます。病室前には廉、藍、広洋が緊張した面持ちでいました。「沙羅との約束だから」とマリーゴールドの花束を抱えるみことに、廉は「お前は全力で大事にしてやった。あいつも幸せだ」と声を掛けます。
そこへ理津が病室から出てきて「みこと、沙羅が」と。

病室に入るみこと達。
そこにはみことが視た光景が広がっていました。
主治医が振り返り、「傷病者は呼吸が止まってから、どれだけ早く心肺蘇生をしたかで決まります。彼女は幸運でしたね。あなたがそばにいたから」と語りました。みこと達が近づくと、沙羅はゆっくりと目を開けました。涙を流すみこと。

1年後。教会で。
「運命が決まるのはいつなのだろう。あれから運命は視えないまま。あの能力は沙羅を救うためにあったのだろうか」と考えるみこと。
泣きじゃくる廉に連れられて、真っ白なウエディングドレス姿の沙羅が歩いて来ます。
みことは沙羅を愛した瞬間、愛していると伝えた瞬間、結婚しようと決めた瞬間、沙羅を救おうと全てを賭けた4分間、そのすべてが今に繋がっていると思うのでした。
客席でまだ泣き続ける廉。千冬(磯山さやか)にハンカチを渡されていました。
指輪を交換し、みことは沙羅に誓いのキスをします。みんなの祝福の拍手が響き渡りました。

5年後、廉と藍は庭で花火をしています。2人を見守るみことと沙羅。そして2人の間には娘の姿が。
花巻家には穏やかな幸せな日常が流れていました。

スポンサーリンク

『4分間のマリーゴールド』最終回のネタバレ感想

50代女性

sun

事故が起きて目を覚ましたみことが、冷静に状況を判断して、沙羅を車から運び出し救急要請、事故を起こしたトラックの運転手の無事も確認。呼吸が止まった沙羅にすぐに心臓マッサージを行う様子は、もう素晴らしいの一言でした。そしてその行動こそが、沙羅の運命を変えたのですね。
沙羅の運命を視てしまってから、沙羅を救いたいという思いから救命士をみことは目指した訳で、みことが考えた通り、人の運命が視える能力は沙羅を救うためにあったのだと感じます。その後に運命が視えなくなっていることからも。
こんなにもいろんなことを乗り越えてきたみことのためにも、絶対沙羅が死ぬ訳がないと思ってはいましたが、沙羅が目覚めるまでの、みことの葛藤が見ていて辛かったです。でも本当に良かった。
「生きる」という花言葉のマリーゴールドの花束が、何だか一層鮮やかに見えました。素敵でしたね。

結婚式で1人泣きじゃくっている廉の姿も良かったです。千冬にハンカチを渡されていましたね。
最後に花火をしていた時の廉の服装が、ネクタイとワイシャツ姿でしたが、千冬の家の仕事を手伝っているのでしょうか?勝手に想像してしまいましたが、娘も生まれ、幸せに暮らす花巻家の様子を見ることが出来てほっとしました。
遂に最終回。人の死や運命について、いろいろ考える機会をもらった良いドラマでした。

泣けた?感動に賛否が真っ二つ!

最終回、泣けたか泣けなかった(納得いかない)というので、はっきりと賛否が真っ二つに分かれています。

「なんか、ものすごい、がっかりした」「泣く感動もなく、過ぎ去りました」という声がある中、「あああ本当良いドラマ」「めちゃくちゃ泣いた」「本当にいい話すぎた。」という号泣混じりのコメントもいっぱいありました。

ちなみに、ドラマル編集長は泣くことはありませんでした(鬼なのかな?)。

まとめ

最終回、やはり気になるのは、みことは運命が見えていたからこそ、冷静な対応ができ、生死をわける4分間に冷静な対応を行い沙羅を救うことができたという理解でよかったのかということ。

子どもの頃はともかく、2回目に沙羅の死の運命を見た時は、既にみことは救急救命士として働いていて、呼吸が止まってからの4分間の大切さを既に知っていたから、事故当日のみことの動きも同じだったはず。
だとすると、中盤での"想いの強さ"というキーワードを知ったことで沙羅の運命が変わったのだと理解するしかない。
その後、手を合わせても死の運命が見えなくなったし…。自殺を止めたのも命に対する思いの強さの現れ?

ともあれ、結婚式での画はさすがでしたね。ここまであの光景を見るために視聴していたといっても過言ではない見どころだったと思います。
みことの結婚式での正装は何だったんでしょうね…カッコ良すぎました!

欲を言えば、結婚式にいたるまでの、花巻家の幸せな日々をもう少し見たかったですね。