ドラマル

『4分間のマリーゴールド』1話のネタバレ感想!菜々緒が可愛い!ナチュラルメイクが好評の理由?

2019年10月11日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、みことと義姉・沙羅の禁断のラブストーリーの幕が開ける!
ある日の救命要請で、みことは初めて死の運命を変えることに成功するが…。

関連記事

『4分間のマリーゴールド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『4分間のマリーゴールド』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『4分間のマリーゴールド』1話のあらすじネタバレ

花巻みこと(福士蒼汰)は救急救命士。手を合わせたその人間の最後の様子が見えてしまう不思議な力を持っています。
交通事故に合った男性に必死で心臓マッサージをするみこと。しかし、どれだけ手を尽くしても、手を合わせて見えたものが現実になってしまうのです。

帰宅したみことは、犬のシロにエサをやりながら、絵を描いている姉の花巻沙羅(菜々緒)を見つめます。そこへ弟の花巻藍(横浜流星)が朝食ができたと知らせに来ました。食卓には兄の花巻廉(桐谷健太)もいます。
プロレス技をかけ合いじゃれる廉とみこと。この4人の中でみことだけが血がつながっていません。みことが9歳の時、みことの父(村上新悟)と廉、沙羅、藍の母の花巻理津(麻生祐未)が再婚し、4人は兄弟になったのでした。父は再婚後すぐに亡くなり、母はフリーカメラマンで不在がち。通常4人で仲良くこの家で暮らしています。
兄の廉は警備員として働き、藍は高校生。血がつながらなくても大切な家族ですが、みことは姉の沙羅に対しては、姉でありながらも一人の女性として愛する眼差しで見つめていました。

出勤したみことは、後輩の上田祐樹(伊藤あさひ)に一昨日搬送した男性がどうなったか聞きます。みことが視た通り男性は亡くなっていました。
みことは、子供の頃から人と手を合わせるといろいろな光景が浮かぶようになりました。それが、死の運命だとわかったのは救急隊に入ってから。
みことの落ち込んだ様子を見て、先輩の磯辺健太(西村元貴)は気持ちを切り変えろと声を掛けます。

そこへ救急の連絡が入りました。
みこと達が到着すると、自宅で倒れた父に息子が必死で心臓マッサージをしていました。家族の話とその場の状況から心筋梗塞が疑われました。処置をしながら男性の手に触れると、息を引き取った男性にすがって泣く息子の姿が視えてしまいました。
何かを変えたら運命が変わるかもしれないと、みことは本来救急車の中で行うアドレナリン投与を強引にこの場で行おうとします。磯辺は戸惑いますが、上司の江上良平(三浦誠巳)はその場の状況からそれを認めました。

救急車内で、その男性は蘇生し脈が感じられるようになりました。初めて運命を変えることができたのだとみことは安心し、家族にも大丈夫ですよと声をかけるのでした。

報告書を書くみことに、磯辺は勝手なことをしたと怒りますが、江上は現場では冷静にと穏やかに注意しました。

危なっかしい沙羅の運転で、兄弟4人は父のお墓参りに来ていました。沙羅は花が好きだった父が大好きだったと言います。父はみことに似ている、気が滅入ったときに会いたくなると話す沙羅を、みことはやさしく見つめます。
墓参りにきていた女性に夫婦と間違われる二人。
父の好きだった甘いものを備え、長男だからと一番にお参りする廉。父のことを本当の父親のように思ってくれる兄弟たちの思いがうれしく、みことは父と母の再婚にあらためて感謝するのでした。

お参りをしながら、みことは父と同じ心筋梗塞で搬送した男性のことを沙羅に話します。その男性は息子が心臓マッサージをしていたおかげで命を落とさずに済みましたが、自分は父が倒れた時何もできなかったと自分を責めます。まだ10歳だったみことは声をかけることしかできなかったのです。生きていてほしかったと嘆くみことに沙羅は、「みことはえらい。私は尊敬している」と励まします。

みことが今、誰かのためになろうとするのは沙羅のおかげでした。子供の頃、父が死んで落ち込むみことに、「みことのせいじゃない。これから、いろんな人を助けたらいい」と一緒に泣いてくれた沙羅。
みことは「姉さんがいたから、救命士になったんだ」と初めて沙羅に話すのでした。

その夜、みことは沙羅の絵のモデルになります。絵のモデルに協力してくれるのはみことだけだと沙羅は言います。沙羅は売るための絵ではなく、その都度書きたいものをみつけて書くのが好きでした。
これまで書いてきた何枚ものみことの絵を並べ、「この世で一番みことを見ているのは私だ」という沙羅に、「俺も」とみこともつぶやくのでした。

仕事場で食事当番のみことは、カレーを作っていました。そこへ前回心筋梗塞で処置をした家から救急連絡が入ります。あの男性は外で倒れていました。前回のようにその場で処置をしようとするみことを江上と磯辺は許しません。
みことが視た光景がそのまま流れていきます。結局男性は息をひきとり、みことは運命を変えることはできませんでした。

病院から戻り、上田に引き継ぎをしながら落ち込むみこと。江上は見かねて食事に誘いますがみことは断ります。磯辺は被害者ずらをしているとみことを責めます。

帰りが遅いみことを心配しながら、沙羅は講師として働く絵画教室に向かいました。同僚の高木静香(西尾まり)と絵のことを語り合います。沙羅は、せっかく見たのだから、忘れないようとりあえず絵を描くのだと言います。
仕事の合間に沙羅はみことに電話をいれますが、つながりません。

藍は学校からの帰りに同級生の遠藤琴(鈴木ゆうか)に声を掛けられますが、不愛想な態度で歩きます。沙羅の明日の誕生日のためのケーキを作る材料を買うために、藍は店に寄ります。姉のためにケーキを作るという藍に、琴はふざけて絡んできますが、藍は相変わらず不愛想な態度で気にも止めません。
廉も沙羅の誕生日のため、明日の仕事を休ませてもらっていました。

沙羅が帰宅します。みことはまだ帰っていませんでした。

その頃、みことは一人灯台の近くにいました。死の運命が見えても、どうすることもできない自分を責め、なぜそんなものが見えてしまうのか苦しみます。するとそこへ沙羅がやってきます。「ここだと思って」と。お父さんが亡くなったあの時も、一人で思い悩む時は必ずみことはこの場所にいました。そして、いつも沙羅が見つけてくれて一緒に泣いてくれたのでした。
救命救急士として命を救いたいのに救えないと嘆くみこと。沙羅は、「大丈夫。みことなら大丈夫。」と抱きしめました。

沙羅の誕生日当日。
藍は誕生日ケーキを仕上げていました。沙羅は楽しそうにそれを見つめます。
みことは沙羅に毎年同じマリーゴールドの花束を渡します。去年もそうでしたねとお店の人も覚えていました。
廉と藍は毎年同じ花を買って来るみことに呆れますが、沙羅はおばあちゃんになるまで毎年送ってほしいと喜びます。4人で楽しいひとときを過ごしました。

縁側に座るみことの横に沙羅もやって来ました。マリーゴールドを庭に植えたらどうかと提案するみことに沙羅は、一年に一度みことからもらう花束の方がいいと言います。
野生のマリーゴールドを一緒に見に行こうと二人が話していると、廉と藍は去年の花火を持ってきてやり始めました。
みことは初めて兄弟たちに会った日のことを思い出していました。みことが挨拶をしても何も答えず、赤ちゃんだった藍を抱いて部屋から出て行ってしまった廉。沙羅は笑顔でみことの手に自分の手を合わせてくれました。その時の視えたものが何なのか、あの頃のみことにはわからなかったのです。

あの頃のように、みことと沙羅は手を重ねます。
1年後、28歳の誕生日に沙羅が死ぬ光景が視えました。
これが運命だとしても、愛する沙羅を死なせるわけにはいかないと、みことは強く思うのでした。

スポンサーリンク

『4分間のマリーゴールド』1話のネタバレ感想

50代女性

sun

手を触れるとその人の死の運命が視えてしまうなんて、何という残酷な能力なのだろうと考えてしまいました。救おうとしても、その運命を変えることができないとは。
命を救うために救急救命士になったのに、みことが抱える苦しみは悲しすぎます。

血はつながっていなくとも、本当の兄弟のように仲の良い4人の様子には心が温まりました。みことの父のお墓参りの時、実の息子のみことではなく、長男だからと一番先にお参りする廉も素敵でしたね。本当の兄弟としての温かさを感じました。

でも、みことは姉としてではなく、沙羅を愛してしまっているのですよね。1年後の誕生日に沙羅が死んでしまうという運命も知ってしまった中で、みことはどうするのでしょうか。今のままの幸せな家族でいてほしいのに、これからの展開が心配で仕方ありません。

いつも強い女性のイメージの菜々緒さんですが、今回は優しくしっとりとした印象でとても素敵だと思いました。

菜々緒が可愛い!ナチュラルメイクが好評の理由?

『4分間のマリーゴールド』の見どころの一つとも言える菜々緒さんのヒロイン抜擢でしたが…
視聴者の予想を裏切る菜々緒がいましたね(いい意味で!)。

今までの強く綺麗な女性や悪女のイメージから、ナチュラルメイクで可愛らしい女性を演じる菜々緒さんが新鮮で大好評。

メイクを変えただけ?
いやそれだけじゃない!
可愛らしく天真爛漫な沙羅を見事に演じてます。ていうか、この感じが一番、菜々緒さんのポテンシャルを引き出してるのでは?

悪女じゃない菜々緒さんに戸惑っている人もまだ多くいますが、わたしは、菜々緒さんがこれからどんな沙羅を演じて見せてくれるのか、非常に楽しみになりました。

『4分間のマリーゴールド』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『4分間のマリーゴールド』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。
なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。
しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

出典:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/