ドラマル

2019年3月3日

『3年A組』9話のネタバレ感想!エンタMEGAの映画か決定情報は本当?真犯人は茅野さくら(自供)!

2019年3月3日に放送されたドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』9話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、遂に柊一颯が生徒たちに事件を起こした真相を語ります。
そして、真犯人は誰なのか?本当に映画化するのか?
解き明かしていこうと思います。

関連記事

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『3年A組』10話のあらすじネタバレ

卒業後大人になり、喪服姿で高校の教室に生徒が集まっているシーンから始まります。実は意外な組み合わせで交際が始まっていたり、すでに妊娠していたり、Youtuberになっていたり、芸能活動をしていたり、人によって卒業後はいろいろな進路をたどっているようです。
教室に集まった生徒たちは自分たちの成長した姿を「ぶっきーにも見せたかったな」とこぼします。そこには柊(菅田将暉)の遺影がありました。生徒たちは逢沢(萩原利久)が以前撮影していた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像をみんなで見始めます。そこには景山がフェイク動画を撮られ、誹謗中傷にさらされた頃の一部始終が記録されていました。さくらはそんな中、一人遅れて教室に到着しますが、ここで一旦場面は現在へ戻ります。

柊は乱闘のすえに刑事の郡司を人質に取ります。そのため、警察側は一度SITの突入を中止。柊はその後すぐに倒れて意識を失ってしまいます。
武智(田辺誠一)は相変わらずネット上で誹謗中傷を浴び続けていますが、その後ネット上には柊が移っている方の動画があらたにアップされ、批判の対象は一気に柊に向けられます。動画をアップしたのは文香の父(矢島健一)であり、すべては柊のシナリオ通りなようでした。文香の父は柊に電話し、予定より少し早いが例の動画をアップした、これから警察に出頭しようと思うと告げます。父は文香に言づてをし、警察に任意同行されていきます。

学校では柊が生徒たちに事実を話し始めます。柊は長く交際していた女性がいたこと、その女性は武智が依頼したフェイク動画により精神を病んだこと、その武智を追い詰めるためにこの学校に就職したが、そんな中で昔患っていた癌が再発したこと、景山は亡くなったあの日武智とは会っていなかったこと、景山を殺した本当の犯人のことなどを話します。

柊は自分の行動の目的として3つあると話し、一つは武智大和に自分が犯した罪を自覚させることだと言います。しかし、柊が景山を殺した犯人が誰なのかについて話す場面と立てこもった最大の理由・目的については映像のみで音声がなく、まだ真相はこちらには明かされていません。
柊は生徒たちに明日の昼にはみんなを開放すると告げ、退室。警察に連絡し、郡司(椎名桔平)を人質に校舎の屋上へ行く、そこで最後の要求をすると告げます。

さくら(永野芽郁)は柊のことを止めようとしましたが、柊はそれを振り切って屋上へ。
さくらは教室に戻り、みんなにむかって自分が澪奈を殺したのだと突然告白します。
そんな中、郡司をつれて屋上へ上がった柊は何者かによって銃で撃たれ、倒れます。

スポンサーリンク

『3年A組』9話のネタバレ感想

30代女性

しーちゃん

柊の描いたシナリオ、計画が少しずつ終結へと向かって行っており、毎回描かれる柊の命をかけた真剣さに胸を打たれました。生徒たちには事のすべてを話したようですが、肝心な部分はあえて音声がなく、こちらにはまだ隠されているのが、もう本当にもどかしく、早く知りたい!と思いました。景山澪奈の死の真相は結局のところはまだわからず、想像もできないというのが正直な感想です。一体何が隠されていて、本当の敵は誰なのか、見当もつきません。そして、どうか柊が最後の目的を遂げるまでは死なないで生きていられますようにとおもいました。

40代女性

湊海

澪奈を殺した犯人とか、一颯が事件を起こした理由の部分がぼかされていたのがかなり気になりました。でも、その答えがさくらが澪奈を殺したという衝撃の事実だったことはかなりショックでした。
一颯は最初の授業でさくらに解答を求めていたし、最後まで見届けろと再三言っていたのは、やはり彼女の過ちを正すためだったのかなと思います。
全て知っていた逢坂は、自分の好きな人を追いつめることになるし、かなり辛い立場だったと思います。でも、ここまで私情を挟まず、一颯に協力していたのは立派だと思います。
一番正義のヒロインみたいな立場だったさくらが、本当に殺したんだとしたら、それを黙って人を責めていたのはちょっと裏切られた気がしました。

40代女性

namiko

いきなり生徒たちが喪服で久しぶりの再会のシーンから始まり、柊一颯(菅田将暉)の三回忌らしくやっぱり死んじゃったんだとちょっと寂しくなりました。

生徒が撮影した景山澪奈(上白石萌歌)の記録映画を見ながら、一颯が事件を起こすまでの流れが把握でき上手い演出でした。

前回のラストシーンで登場したヒーローが誰なのか、どうなったのかもちゃんと分かったのでスッキリ!ドラマらしくて面白かったです。

茅野さくら(永野芽郁)が澪奈を殺したと言っていたのは、澪奈が自殺した責任を一人で感じての発言じゃないかなと推測、それを知った一颯がさくらの気持ちを考えて、立てこもり事件を起こしたと思いました。

全ては最終回で明かされることになり、次回が楽しみです。最後までどうなるか分からないドラマって、珍しい!

20代女性

fuyu

今回は景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリーをみんなで見ているところが、見ている側としても懐かしく感じました。こんなこともあったなぁと思ったり、茅野さくら(永野芽郁)と一緒にいる時が多いなと改めて感じました。

そして後半に、柊先生(菅田将暉)が本当の目的をクラスのみんなに話している姿がとても印象的でした。これまでの経緯や、なぜみんなを教室に閉じ込めたりしたのか感情をあらわにしながら言っている姿がかっこよかった。生徒も涙を流しながら真剣に聞いていて、思わずグッときました。

柊先生(菅田将暉)が自分の手にナイフを刺して、血が出る痛みを感じるという、当たり前のことを自ら実践しているところは、衝撃的でしたが柊先生(菅田将暉)らしいなと思いました。

20代女性

ミニー

一颯(菅田将暉)が澪奈(上白石萌歌)を殺した犯人じゃないってことがわかって、すごく安心したんだけど、さくら(永野芽郁)が自分が殺したと名乗りでちゃって、また混乱してきました。

もっと早く言えばよかったのに、どうして今頃真実を語り出しちゃうかなとモヤモヤしました。
だけど、澪奈について武智(田辺誠一)に会いに行っただけで、殺してなんかいないことを信じています。

また、逢沢くん(萩原利久)がさくらのことを好きだったのにも驚きました。
さくらのために一颯に協力していたんだと思うと、なんだか可愛く思えてきます。
一颯は逢沢に、「全国民の敵になる必要がある」と言っていたけど、その理由が気になりました。

犯人がわかっているのに全国民を巻き込まなきゃいけないってことは、そうとう巨大な敵なのかもしれないとドキドキです。

9話で最も話題になった出来事

ネットでは映画化の真意と一颯の考える犯人とは誰かで持ち切り

まず3年A組の映画化は、公式発表されていない情報に流されんなっていう番組側からのフェイクニュースみたいなもんなのでしょうか?エンタMEGAというサイトの独断なのでしょうか?エンタMEGAに信憑性はあるんでしょうか?
一視聴者としては、これで謎は劇場でってなったらちょっと頭に来ちゃいますね(でも行っちゃうかな…)。けど、これがガセネタだったら…日テレには然るべき措置を取ってもらいたいですね。

さて、話を本編に戻しますが、茅野さくらは、自分の発言が決定的だと思い込んでいる。しかし、一颯はネットの声およびマスコミなどが景山澪奈を死に追い詰めたと言いたいのでしょう。3年A組というドラマは、知らない誰かが真意も知らずに誹謗中傷することで多くの人を殺しているのが現代社会だと伝えたいのだと思います。

『3年A組』10(最終回)話のあらすじ

公式サイトが発表している『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

出典:https://www.ntv.co.jp/3A10/story/

まとめ

今回、見終わって深まった謎は、真犯人が茅野さくら(永野芽郁)なのかということ。
口パク状態の柊一颯(菅田将暉)は「マインドボイス」って言っていたような気もしたが、さくらが自供したので、心当たりを持つひどいこと澪奈に言ってしまったのかもしれません。

しかし、社会人になって登場したさくらは、笑顔でした。
一颯の次回放送される最終回での発言・行動により吹っ切ることができたのでしょうか?
また、一颯を撃ったのは誰なのか?
映画化などせずに、散りばめられた謎の回収を来週できることを願うばかりです。