ドラマル

『10の秘密』9話のネタバレ感想!由貴子は生きていた!10年前の火事に関与?

2020年3月10日に放送されたドラマ『10の秘密』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、由貴子を乗せた小型船の爆発が故意だと、元夫・圭太に疑いの目が向けられる!
一方、10年前に翼の母親が亡くなった火事の新たな事実が判明し…。

関連記事

『10の秘密』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『10の秘密』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『10の秘密』9話のあらすじネタバレ

仙台由貴子(仲間由紀恵)乗船のクルーザー爆発後、由貴子の遺体は見つからないまま捜索は打ち切りに。警察によると爆発は人為的なものの可能性が出てきたとのこと。港から逃げた二本松謙一(遠藤雄弥)の行方も見つからないまま。
白河圭太(向井理)が逆に警察に疑われて事情聴取を受ける始末。圭太は由貴子と付き合っていたと宇都宮の名前を出します。

警察から戻った圭太の元に伊達翼(松村北斗)から連絡が。10年前の火事の日、宇都宮竜二(渡部篤郎)にはアリバイがあるとのこと。その日の証拠写真を送ってきた宇都宮。用意周到すぎると圭太は不審に思い、翼と共に宇都宮の元へ向かいます。
「10年前に見たのはあんただ。別荘に入る前、靴を拭いたあの男」と宇都宮に詰め寄る翼。宇都宮はあの日は沖縄に居たと言い張ります。火事の翌日、ある人のために嘘をついたから覚えていると。そのある人とは?
宇都宮の靴を拭く仕草は、入社当時に長沼豊(佐野史郎)から「靴はビジネスマンの顔。安物でもきれいにしておけ」と言われた教えからきたものでした。

宇都宮は圭太と翼を長沼の元に連れて行き、「2人に説明してくれませんか?何故私が10年前、嘘のアリバイ作りに協力しなくてはならなかったのかを」と伝えます。
長沼は翼の母と妻に隠れて付き合っていたと告白します。妻に気づかれそうになって別れを告げたが、翼の母は、2人の関係を妻にばらすことや、長沼が愚痴で話していた会社の秘密を公表すると宇都宮を脅してきたと言います。
10年前に別荘を訪れたことは認めますが、翼の母にお金を渡しただけだと開き直る長沼。長沼に詰め寄ろうとする翼を圭太は止めます。部屋を出ようとすると「今の会話、録音できてないからね」と長沼。録音できないようノイズを機械で流していたと言います。

長沼と別れた後、圭太と翼は宇都宮に、録音は失敗したが、10年前に長沼は仕事上のトラブルを抱えていたことが分かったと報告。宇都宮が10年前の長沼の秘密を探ることに。

圭太に宇都宮から電話が。宇都宮は10年前に長沼主導のマンション建設において、コストダウンを狙った偽装建築が行われていたことを突き止めたと伝えます。
このころの下請け業者に会いに行く圭太。偽装建築に気づいていたが、下請け業者は公には出来なかったとのことでした。

宇都宮は警察から事情聴取を受けます。警察から由貴子と会っていた理由を聞かれ、由貴子に渡して欲しいものがあるとの長沼の指示で会っていたと話す宇都宮。長沼と由貴子が直前まで連絡を取り合っていたことも伝えます。

警察はすぐに長沼の元へ。宇都宮から聞いたことを警察は長沼に確かめますが、長沼は宇都宮が降格になったことで自分を恨んでいて貶めようとして言った言葉だと誤魔化します。
警察をエレベーターまで送る長沼。エレベーター前には翼が立っており、警察とエレベーターに同乗しようとします。それを見た長沼は気になり自分も同乗。下まで一緒に降りることに。
長沼を下まで連れ出すことに成功した翼。圭太も長沼に近寄ります。改めてもう1度3人で話すことに。
翼は母の遺品から診察券と処方箋をみつけ調べてみると、母は指がうまく動かなくなる病気にかかっていたことが分かったと伝えます。職を失う焦りから長沼を繋ぎとめようとしたのではないかと翼は推測します。ただ、真実を知りたいだけだと訴える翼。長沼は話し始めます。
金を渡した後、翼の母親は「たったこれだけ?」と怒り、秘密を全部公表すると譲らなかったとのこと。長沼が「好きにしろ」と言って帰ろうとすると「私はどうしたらいいの?」とすがりついてきたので振り払うと、ドアノブに頭をぶつけて倒れ気を失ってしまったと。救急車を呼ぼうとしたが、外には燃え盛る炎が。怖くなりそのまま逃げたと長沼は話します。
「お気の毒に」と他人事のような長沼。翼は激怒して詰め寄ろうとしますが、圭太が止め2人は部屋を出ます。その直後、録音を邪魔するノイズの機械がオフになっていることに気づく長沼。長沼が警察を送り出している時に、宇都宮が忍び込んで電源を切っておいたのでした。

長沼との会話は録音に成功。宇都宮の勧めで再び記者の只見(長谷川朝晴)に告発することに。只見は長沼に買収されて以前圭太が頼んだ記事の投稿を辞めたのではなく、長沼を脅迫したことのある圭太のことが信じられなかったから辞めたとのこと。
翼が只見と話すことに。母と長沼の関係を話し、録音を只見に提供。録音を聞き終えた只見は「やるなら一気に。じゃないと潰される」と言い、もう1度検証させて欲しいと翼に伝えます。

圭太の元に長沼から電話が。「取引がしたい」と圭太を呼び出します。
長沼は録音の消去と引き換えに、金と圭太を帝東建設に社員として迎え入れる条件を出します。娘のためにいくら必要なのかと尋ねる長沼に圭太は「ここであなたに自分を売ったら、娘に父親として見せられる顔が何1つ無くなる」と取引を断ります。2度と建築業界で働けないようにすることもできると長沼は脅しますが、圭太は「そうしたら、そんな惨めな姿も娘にちゃんと見せます」と答えます。更に「由貴子を殺したのはあなたですか?」と尋ねる圭太。
「君は分かっていない。仙台由貴子と言う女を」と長沼。かつて偽装建築が表に出かけた時も、由貴子は手段ならいくらでもあると伝え、1度でも隠した罪は死ぬまで隠し通して欲しいと言い切ったとのこと。由貴子が今でも恐ろしいと長沼は言います。

由貴子が死んだと新聞で知った白河瞳(山田杏奈)。圭太を心配する瞳に石川菜七子(仲里依紗)は自宅に帰ることを勧めます。
菜七子が瞳を自宅まで送ります。瞳が家の鍵を開けようとすると玄関は開いたままになっていました。不審に思った菜七子が先に自宅に入ります。侵入していた二本松がナイフを持って菜七子にとびかかって来ました。空手の技で応戦する菜七子。

長沼は由貴子が死んだと聞いた時、10年前のことが理由で圭太が殺したのだと思ったと言います。「だって彼女はあの火事の時…」と言いかけたところで瞳から圭太に電話が。「お父さん、助けて」と。
すぐに自宅に向かう圭太。自宅の前にはパトカーが到着し人だかりができていました。菜七子は手に怪我を負っています。二本松には逃げられてしまったとのこと。
圭太は、二本松が探していたものは由貴子の偽造パスポートではないかと疑います。由貴子は生きているのではと思い始める圭太。確かめたい疑問を1つ抱える圭太は、由貴子が生きていてくれることを願うのでした。

その頃、空港で二本松と話す由貴子の姿が。偽造パスポートを取り戻せなかったと話す二本松に「大丈夫。必ず取り戻す。私の新しい名前を」と由貴子は呟くのでした。

スポンサーリンク

『10の秘密』9話のネタバレ感想

50代女性

sun

クルーザーが爆発後、由貴子の遺体が見つからないという時点で、絶対由貴子は生きていると確信していました。あの由貴子があっけなく亡くなってしまうとは考えられません。それにしても、どのようにして船から脱出したのでしょうか。凄まじい由貴子です。

それぞれの目的は違いますが、圭太と翼と宇都宮が手を組んで長沼を追い込むことに成功しました。宇都宮の靴を拭く仕草は長沼譲りだったのですね。
翼の母親が亡くなった経緯も明らかになりました。外の炎に驚いて、倒れて気を失った翼の母親をそのままにして逃げてしまった長沼。現在と変わらず自分のことしか考えない卑怯者です。しかし、その別荘の火事に由貴子が絡んでいる様子。別荘の火事までも由貴子が起こしたものだったとしたら。もう救いようもない悪女です。少しでも、母親としての部分がどこかにあって欲しいと願っているのですが。

長沼の取引に応じなかった圭太。惨めな姿になっても、その姿をちゃんと娘に見せると言い切った圭太に安心し感動しました。娘の前で体裁を取り繕うだけの父親より、人間らしさを見せてくれる父親の方がかっこいいですよね。

いよいよ最終回。結末がどうなるのかしっかり見届けます。

由貴子は生きていた!10年前の火事に関与?

由貴子はやっぱり生きていましたね。
おそらく、白石久美子として生きるために、社会的に仙台由貴子を消すための最初から仕組まれたストーリーだったのかな?

「切りたかった…」と由貴子の存在を恐れていた長沼。
10年前の火事にも由貴子が関与しており、そこで長沼を懐柔してそうですね。

それにしても、長沼さえも怖れる由貴子と、圭太はどのようにして付き合い結婚に至ったのでしょう。
そんなエピソードも回収しながら、最終回は、「由貴子=いい人」という大どんでん返しを期待します。

『10の秘密』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『10の秘密』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。由貴子が生きていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)のためにも今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。

一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。

しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。

家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは―!?

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/story/10.html