ドラマル

『10の秘密』8話のネタバレ感想!宇都宮に菜七子の回し蹴りが炸裂!圭太の促しが面白い?

2020年3月3日に放送されたドラマ『10の秘密』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、圭太の幼なじみ・菜七子の秘密が明らかになる!
一方、圭太が帝東建設の不正の証拠を週刊誌にリークしていることを知った長沼は…。

関連記事

『10の秘密』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『10の秘密』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『10の秘密』8話のあらすじネタバレ

宇都宮竜二(渡部篤郎)と手を組んだ白河圭太(向井理)。宇都宮の指示で、週刊誌の記者・只見(長谷川朝晴)に帝東建設の偽装建築の証拠の図面と写真を提供し、隠蔽は長沼豊(佐野史郎)1人の責任だと暴露します。
建築確認検査員をしていた関係で、矢吹(中林大樹)と面識があり相談されていたことを圭太は話します。矢吹は死の直前、証拠を記した手帳とデータを圭太に送ってきたがずっと迷っていたと、宇都宮の考えた筋書き通りに話す圭太。もし動いてくれるのなら、手帳とデータを渡すことを只見に伝えます。
只見は一旦会社に持ち帰るとのこと。圭太は宇都宮に報告の電話を入れます。その姿を磐城英明(高島豪志)が陰から見ていました。

一方、伊達翼(松村北斗)は、かつて母親がピアノを弾いていた店を訪ね、宇都宮がその店に何度か訪れていたことを突き止めます。その後、宇都宮を尾行する翼。すると宇都宮と2人で会う石川菜七子(仲里依紗)の姿を発見。その事実を圭太に報告します。動揺する圭太。

圭太は菜七子の実家の蕎麦屋へ。そこで働く白河瞳(山田杏奈)は、仙台由貴子(仲間由紀恵)ばかりを信用していたことを圭太に謝ります。圭太は食欲もあり、睡眠もとれている様子の瞳に安心するのでした。
そこへ菜七子が帰宅。圭太は蕎麦の注文をキャンセルして菜七子を外に連れ出します。
「考えもしなかったけど、もう1人いたよな。金の隠し場所を知っている人間が」と圭太は言います。うつむく菜七子。お金の場所を宇都宮に教えたのは、圭太と隠し場所のビルに行った日だと菜七子は話し始めます。六本木のホテル前で男からお金をもらっている写真を撮られ、宇都宮に脅されていたとのこと。
菜七子は男と遊びたくなった時、時々六本木に行くのだと話します。「職場にばれたらクビになるだろうし、何より圭太たちに知られたくなかった」と話す菜七子。
以前、瞳と六本木で会った時は男と揉めていた時で、その前の会話を瞳に聞かれたのではないかとずっと怖かったのだと話します。
圭太は、そのように男と付き合うようになった訳を菜七子に尋ねます。
菜七子は中学時代、英語塾の講師に無理やり襲われた過去がありました。さっきまで笑っていた男が急に違う顔になるという怖さを経験し、今でも怖いと菜七子は訴えます。身を守るために空手も習ったが怖さは続き、普通に人と付き合えると思いたくて自分に嘘をついたと。誰からも支配されず誰にも傷つけられないと思いたかったのだと涙を流す菜七子。
圭太は「その秘密、ずっと1人で抱えてきたのか。誰にも言えずに。きつかったな」と優しく声を掛けます。許せない憤りを宇都宮に感じた圭太は、菜七子と共に宇都宮の元へ向かうのでした。

圭太は菜七子の写真を消去するよう宇都宮に迫ります。
「あなたを裏切ったのは彼女ですよ。そもそも写真を撮られるようなことをしなければいい訳で。私なら少なくとも彼女を信頼しない」と宇都宮は言います。
「あんたとは違う。菜七子の持つ弱さはみんなが持っている。そういう弱い奴の方が俺は信頼できる」と圭太は言い返します。
宇都宮は菜七子の写真を消去します。圭太は菜七子に、今までのことを吹っ切れるくらいのまわし蹴りを宇都宮にするよう声を掛けます。宇都宮を思い切りまわし蹴りする菜七子。倒れる宇都宮。
「ひどいな。せっかく由貴子と落ち合う約束を整えたのに」と宇都宮は立ち上がりながら文句を言うのでした。

長沼に呼び出された只見。長沼は持ち込まれた情報を買い取りたいと只見に伝えます。圭太を操っているのは宇都宮だと確信した長沼。只見は長沼から、圭太が帝東建設を脅迫した事実を聞かされ「記事にはできない」と圭太に断りの連絡を入れるのでした。
宇都宮の元へ調査委員会が訪れ、手帳のコピーとデータの受け渡しを要求。長沼は「君はこの会社全てを敵に回した。もう終わりだな」と宇都宮に告げます。

宇都宮は由貴子と会い、3億円を渡します。「もう盗まれないように、幸運を祈るよ」と宇都宮。宇都宮らしくない言葉を不審に感じながら、由貴子は二本松謙一(遠藤雄弥)と共に車で走り去ります。その後を圭太が車で追い、ホテルに入った2人を確認。
ホテルには菜七子の友人の那須葵(堀田茜)、圭太とは裏金がらみで知り合いの水戸博幸(小松利昌)が従業員に変装して待っていました。
由貴子が部屋でくつろいでいると、突然火災報知機のベルの音が。葵がドアを叩き、由貴子に非難するよう伝えます。慌てた由貴子は3億円の入ったスーツケースを持って部屋を出ます。水戸にぶつかり倒れる由貴子。水戸は手伝おうとスーツケースを持とうとしますが、由貴子は触らせません。その隙に葵は由貴子のバッグから偽造パスポートを取り出しました。
由貴子が外に出ると、菜七子が呼んだパトカーが。迎えに来た二本松と共に由貴子は港へ向かいます。

宇都宮の後を尾行する翼。ハンカチで靴を拭く宇都宮。「ずっと付けて来てるみたいだけど、君は何者?」と振り向いて言います。翼は10年前の別荘での火事で死んだ母親のことを伝え、宇都宮が別荘に来ていたことを追求。ハンカチで靴を拭く姿を見かけたと訴えます。「何で母を殺した?」と翼。
「その日私は沖縄にいた。社用でね。強風で飛行機が1日遅れたからよく覚えている。その記録もある」と宇都宮は言います。翼の母親のことは覚えていないと言い残し、ドアを叩く翼を無視して走り去ります。
「そうか、10年前の秘密か…。切り札はまだ残っていた」と呟く宇都宮でした。

由貴子と二本松を追って圭太と菜七子も港へ。
「瞳が危うくトラックに轢かれるところだった。死のうとしたのかも。もう逃がさない、償え」と圭太は由貴子に叫びます。そこへパトカーが到着。用意してあったクルーザーに乗り込む由貴子。圭太が追いますが二本松と格闘に。由貴子を乗せたクルーザーは進みだし、二本松は車で逃げ去ります。

クルーザーを見送りながら「うまくいった?さすがの由貴子も3億に気を取られたか」と圭太は菜七子に言います。由貴子の偽装パスポートは葵から受け取り菜七子の手にありました。友人まで巻き込んでしまったと菜七子に謝る圭太。自分自身も水戸に協力を依頼していました。
菜七子は「自由にしてくれたお礼」と答えます。菜七子はずっと縛られていた秘密からようやく自由になれたのでした。

その頃、由貴子は船内でパスポートが無くなっていることに気づいていました。「いつの間に」と悔しがります。
このパスポートがなければ、由貴子は別人になって新しい人生を手に入れることはできないはず。
「さあ、帰ってこいよ」と呟く圭太。
その瞬間、由貴子の乗ったクルーザーが爆発。炎が上がります。呆然とする圭太と菜七子。

スポンサーリンク

『10の秘密』8話のネタバレ感想

50代女性

sun

衝撃のラストでした。最後までお金に執着し続ける由貴子でしたが、由貴子の乗ったクルーザーがまさかの爆発。あの爆発では由貴子は死んでしまっているのではと考えますが。だとしたら、誰が爆発物を仕掛けたのか。まさか二本松?それとも宇都宮?まだまだ真相は分かりません。急な展開に驚きです。

菜七子の秘密が明らかになりました。辛い過去があったのですね。辛い過去から生じた恐怖と1人戦いながら秘密を持ち続けた菜七子。その苦しみを理解してくれた圭太の言葉は優しかった。菜七子も救われたでしょう。
菜七子の弱みを握って脅した宇都宮に、圭太の提案でまわし蹴りを入れた菜七子。見ていてスカッとしました。今までは何かと情けない結果に終わってしまう圭太でしたが、今回の言動はあらゆる面でかっこよかったです。瞳との親子仲も復活して良かった。

翼の母親を殺したのは宇都宮ではない気配がします。長沼が絡んでいるような気も。切り札となり得る秘密がまだ潜んでいるようですね。
ドラマも佳境に入って来ました。先が気になり来週が待ちきれません。

宇都宮に菜七子の回し蹴りが炸裂!圭太の促しが面白い?

8話も色々ありましたが、圭太の宇都宮への回し蹴り許可からの菜七子の実行が印象に残りました。
石川菜七子の回し蹴りのタイミングが早すぎて度胆を抜かれましたね。

圭太の「やっちゃっていいよ!」的な発言…宇都宮だけでなく視聴者も「えっ」となりましたよね?
でも、あの回し蹴りを受けてピンピンしてる宇都宮さんは凄い!
さすが圭太とは器が違いますね。

『10の秘密』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『10の秘密』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

由貴子(仲間由紀恵)を乗せ海へ走り去った小型船が、圭太(向井理)と菜七子(仲里依紗)の目の前で爆発した。状況から見て由貴子が生存している可能性は低く、事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。しかし、警察の調べにより、爆発が事故ではなく故意である可能性が浮上し、疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

一方で、翼(松村北斗)の母親が亡くなった10年前の火事についても、新たな事実が判明する。翼は、現場となった別荘で幼い自分が目撃した男は竜二(渡部篤郎)だとにらんでいたが、竜二は火事への関与を否定し、代わりに圭太と翼に驚くべき秘密を打ち明ける。

圭太は、突然母親を失った瞳(山田杏奈)の複雑な心中を知り、由貴子の死の真相を突き止めようとしていた。そんな父親を心配して瞳が帰宅すると、家には怪しい人物の影が―!

はたして、10年前に翼の母親を殺した犯人とは!? 由貴子の死の真相は? 物語は、すべての謎が解き明かされるクライマックスへ!

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/story/09.html