ドラマル

『10の秘密』7話のネタバレ感想!仲里依紗は渡部篤郎とグルだった!菜七子の目的はお金?

2020年2月25日に放送されたドラマ『10の秘密』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、由貴子に金を奪い返されたと考えた圭太が、由貴子の隠れ家に!
一方、圭太の信頼する幼馴染・石川菜七子(仲里依紗)が、意外な人物と繋がっていて…。

関連記事

『10の秘密』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『10の秘密』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『10の秘密』7話のあらすじネタバレ

3億円が隠し場所からなくなっていたことで動揺する白河圭太(向井理)。
まず隠し場所を提供した元現場監督の元へ向かいますが知らないとのこと。
続いて永盛(高杉亘)の元へ。圭太に疑われた永盛は関与を否定します。仙台由貴子(仲間由紀恵)を疑う圭太。永盛は由貴子に偽装パスポートを用意したことを告げ、全く別人になって海外に飛んでいるかもしれないと伝えます。
そこへ石川菜七子(仲里依紗)から電話が。白河瞳(山田杏奈)のことで、すぐに家に来て欲しいとのこと。圭太は菜七子の実家の蕎麦屋に向かいます。

圭太が蕎麦屋に着くと神妙な顔の菜七子や白河純子(名取裕子)が。
信号待ちをしていたら瞳が突然歩き出し、車に轢かれそうになったところを泉崎真衣(河村花)が助けたとのこと。真衣は瞳が死のうとしていたのではないかと心配していたと菜七子から聞きます。
心配する純子に圭太は今までのことを話します。お金のために瞳を誘拐するまでした由貴子に純子は怒りを爆発。純子は「お金は仕事も人間関係も壊す」と言い、かつて圭太の父親も無茶な事業で借金を作って逃げ、逃げた先で病気で亡くなったのだと告げるのでした。
圭太は由貴子を許せず、菜七子の反対を押し切り、由貴子の隠れ家を知っていると言っていた宇都宮に会いに行くことにします。

10年前に火事が起きた別荘について調べていた伊達翼(松村北斗)。翼は地元の広報誌で見つけた宇都宮竜二(渡部篤郎)の記事を圭太に送ります。圭太は記事に驚き「ちょうど今から宇都宮に会いに行くので、一旦自分にこの件は任せて欲しい」と翼に伝えました。

宇都宮と会う圭太。圭太が別荘のことについて追及すると、当時地元の人達の反対があって、着工が遅れて大変だったと宇都宮は振り返ります。翼の母親の名前を告げても知らないとのこと。続いて圭太は3億円を由貴子に奪い返されたことを告げ、どうしても伝えたいことがあるので由貴子の隠れ家の場所を教えて欲しいと宇都宮に頼みます。そしてそれが出来たら手を組む話を考えてもいいと伝えるのでした。

宇都宮から手渡されたお金が入れられたスーツケースに、発信機が取り付けられていたことに気づいた由貴子は宇都宮と会います。
隠れ家のことを誰かに話したかと聞かれ、宇都宮は圭太に話したことを由貴子に告げます。宇都宮は、10年前に火事が起きた別荘地の現場責任者だったことを由貴子に伝え、圭太がしきりに当時のことを聞いてくるのは何故かと由貴子に尋ねます。由貴子は不審に思いながらも「大丈夫。あの火事は過去のことだから」と宇都宮に伝えるのでした。
「おめでとう由貴子。彼から3億取り戻したんだって?」と宇都宮は言います。驚いた様子の由貴子。

その頃、圭太は、宇都宮からの情報をもとに由貴子の隠れ家に向かっていました。中に入る圭太。二本松謙一(遠藤雄弥)が後ろから近づきバットで殴ります。圭太は床に倒れました。

圭太の様子から瞳に何かあったのだと心配した翼。瞳を呼び出します。
うつむきながらやって来る瞳。「ごめんなさい。私が死なせてしまった人は翼さんのお母さんだったんですね」と頭を下げます。
「違う。母を殺したのはあの日別荘に来た男だ。俺はそれを君のお父さんだと思っていた。真相を知りたくて瞳ちゃんを利用した。ごめん」と翼も瞳に頭を下げるのでした。

圭太が目を覚ますと椅子に縛られていました。そこへ由貴子が。「私の3億円盗まれたそうね。誰かに」と。「由貴子じゃないのか?」と圭太は驚きます。
「他に隠し場所を知っていたのは誰?」と由貴子は追及します。金に振り回される自分たちを滑稽だと笑う圭太。常に上を目指し続ける由貴子のようにはなれないとずっと思ってきたと、圭太はロープを気づかれないように外しながら話し始めます。
「正直離婚して建築士を辞めた時はホッとした。俺は瞳を言い訳にして逃げたんだ。でも、今これだけは諦めないって思っている」と縄を外して由貴子を押さえつける圭太。「別人になって真っさらに人生をやり直すなんて俺がさせない。仙台由貴子として罪を償わせる」と叫びます。
持っていた催涙スプレーをかけ、圭太がひるんだすきに由貴子は逃げ出しました。

翼は瞳から、由貴子にお母さんと呼ばれるのが嫌いだったと告げられたと聞きます。
ピアニストだった母に、店の中や客の前では絶対にお母さんと呼ぶなと自分も言われていたと翼も話します。
「本音かどうかなんて、多分誰にも分からない」と翼。そこでふと翼は、母とピアノを弾いていた時に電話が鳴り、楽譜に母が「うつのみや」とメモをしていたことを思い出したのでした。
帰宅してその楽譜を探し出す翼。そこには「うつのみや」と携帯番号が書かれてありました。

長沼豊(佐野史郎)は宇都宮を呼び出し、矢吹(中林大樹)の自殺についての調査委員会を設置したことを告げます。
宇都宮は重要な当事者なので調査するのは宇都宮以外だと長沼は言います。宇都宮に会いに来ている圭太のことを気にする長沼。宇都宮は「私が社長の敵にまわることはない。社長が私を信頼してくれる限りは」と伝えるのでした。

翼は帝東建設から出てきた宇都宮の様子を遠くから伺います。靴をハンカチで拭く宇都宮の仕草を見てハッとする翼。

隠れ家まで菜七子に迎えに来てもらった圭太はタクシーで帰宅します。翼が待っており家の中へ。菜七子を警戒する翼に「大丈夫。菜七子は味方だから」と圭太は伝えます。
翼は「思い出したんだ。母が電話しながらメモを書いていたことを」と言って楽譜に書かれた「うつのみや」と携帯番号のメモを見せます。その番号に電話を入れてみたが今は使われていなかったとのこと。
ただの偶然かもしれないと思ったが、宇都宮がしていた靴をハンカチで拭く仕草は、10年前の別荘でも見たと翼は話します。
圭太は宇都宮に電話をして翌朝に会う約束をしました。宇都宮と手を組んで油断させ、その手を借りようと圭太は考えたのでした。

翌朝、圭太は「そちらと手を組む覚悟が出来た。金はどうでもいい。由貴子を捕まえたい、それだけ」と宇都宮に伝えます。
「腹の内を明かしてもらわないと、手の組みようがない」と圭太。宇都宮は矢吹の自殺後、USBが見つからないと由貴子から連絡を受け、その場に向かってそのUSBを回収していたことを話します。保険として隠し続けてきたとのこと。矢吹の手帳も3億と引き換えに由貴子から受け取って持っていると言います。秘密はもう何一つないという宇都宮に、10年前の別荘の火事のことも再度圭太は確認しますが、もう秘密はこれ以上ないとのこと。
圭太と宇都宮は手を取り合います。

その頃、由貴子は一本松に「他にもう一人、お金のことを知っている人がいる。でも何故?あの人はお金には興味がないはず」と話していました。
「もちろんお金は返してもらう。相手は誰でも、どんな方法を使っても」と由貴子は言います。

駐車場で電話を入れる宇都宮。「うまくいきました。全部あなたのお陰です。彼とは味方になったので今後ともよろしく」と。その電話を受けていた相手は菜七子でした。
宇都宮の車のトランクにはスーツケースが。中には3億円が入っていたのでした。

『10の秘密』7話のネタバレ感想

50代女性

sun

やはりと言わざるを得ないのですが、菜七子が圭太を裏切っていました。仲里依紗さんが演じているので、このまま良い人のまま終わるはずはないと思っていましたが、まさか宇都宮と繋がっているとは思いませんでした。前回たてた予想通り、菜七子が圭太の隠していた3億を持ち出したようです。
いつから菜七子は宇都宮と繋がったのでしょうか。宇都宮の言葉の感じから、ごく最近とみて良いのでしょうか。菜七子は圭太をおとしめようとしているのではないと思いますが、隠している秘密とは何なのか。次回に明らかになるようですね。以前六本木にいたことも関係してくるのでしょう。気になります。

前回まで攻撃的だった翼の表情が優しくなってきました。圭太と手を組んだことによって、翼が知りたかった真相にも近づけている様子。宇都宮が10年前に火事が起きた別荘や、翼の母親とも絡んでいるようです。母親を殺すようなことをする感じには見えない宇都宮ですが、自殺した矢吹の遺体のそばで平然とUSBを探すくらいですから本当の所は分かりませんね。

3億は現在は宇都宮のもとにあるようなので、由貴子がどのように動いてくるのかも来週の見どころですね。とても楽しみです。

仲里依紗は渡部篤郎とグルだった!菜七子の目的はお金?

夜の仕事をしたりとお金に困っていそうだったので、石川菜七子(仲里依紗)が3億を盗んだことは全く意外ではないですが、宇都宮竜二(渡部篤郎)と繋がっていたのは予想外の展開でした。

序盤で宇都宮竜二(渡部篤郎)と接触していたけど、菜七子が宇都宮にお金を渡す理由が分かりません。
菜七子は宇都宮に弱みでも握られているんでしょうかね。

仲里依紗さんということもあり、石川菜七子が登場人物の中で一番大きな秘密を抱えていそう。8話がどんな展開となるのか非常に気になりますね。

『10の秘密』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『10の秘密』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

瞳(山田杏奈)を誘拐した由貴子(仲間由紀恵)を法の下で裁くため、竜二(渡部篤郎)と手を組むことにした圭太(向井理)。早速、長沼(佐野史郎)の失脚をもくろむ竜二の指示どおり、帝東建設の不正の証拠を週刊誌にリークするが、その矢先、竜二を尾行していた翼(松村北斗)から、菜七子(仲里依紗)が竜二と2人で会っていたことを聞かされ、がく然とする――。

一方で、菜七子らしからぬ行動に疑問を感じる圭太。問い詰めると、菜七子は圭太が今まで知らなかった長年の秘密を打ち明ける…。

その頃、由貴子は3億円がある人物の手元にあることに気づき、次の手に出る。そして、今度こそ誰にも邪魔させないと細心の注意を払い逃亡を図るが、そこへ再び圭太が立ちふさがる! 絶対に逃がさない――、圭太と由貴子の対決の行方は……!?

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/story/08.html