ドラマル

『10の秘密』4話のネタバレ感想!さすがサスペンスの女王・名取裕子!仲間由紀恵の嘘を見抜く

2020年2月4日に放送されたドラマ『10の秘密』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、瞳を誘拐した犯人が、由貴子であることに圭太が気づく!
そんな中、圭太の母・純子(名取裕子)が、圭太の家を訪ねると、そこには由貴子がいて…。

関連記事

『10の秘密』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『10の秘密』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『10の秘密』4話のあらすじネタバレ

勤勉な努力家だけが、秘密を守り続けられる

白河圭太(向井理)に長沼豊(佐野史郎)は、帝東建設の不正の情報が入ったUSBにいくらの値をつけるか聞きます。「3000万」と答える圭太。長沼は3万円の車代を出し圭太に帰るよう促します。
諦めない圭太を宇都宮竜二(渡部篤郎)がなだめ、とりあえず圭太は帰ることに。
帰り際、宇都宮は圭太に矢吹(中林大樹)は直筆の手帳と情報が入ったUSBを持っていたと話し、その手帳とUSBとで大きな爆弾となるのだと説明します。そしてその手帳は仙台由貴子(仲間由紀恵)が持っているのだと明かします。そして白河瞳(山田杏奈)の誘拐の関与を改めて否定するのでした。

その頃、由貴子は永盛(高杉亘)から偽造パスポートを受け取っていました。白石久美子という犯罪歴の無い、絶対に足が付かない名義だとのこと。由貴子は謝礼の札束を永盛に渡します。
二本松謙一(遠藤雄弥)が車で待っていました。車に乗り込む由貴子。そこへ長沼から電話が。長沼は、圭太が矢吹の残したデーターをコピーしたUSBで脅迫してきたと伝えます。圭太との会話の一部始終は録音してあり、この件を解決しない限り、由貴子が持つ矢吹の手帳と引き換えに支払う予定だった、取引残金3億は支払うことは出来ないと長沼は言います。
「あのバカ、余計なことを」と怒る由貴子。

ハローワークに行き、失業保険の給付は3か月後になると聞いた圭太。途方に暮れながら外に出ると、そこでばったり石川菜七子(仲里依紗)と会います。驚く菜七子。
業者から不正なお金を受け取ったことで、会社を懲戒解雇されたと圭太は菜七子に打ち明けます。瞳には秘密にして欲しいと言う圭太。菜七子は瞳との約束を強調し打ち明けるべきだと助言します。
「とにかく大丈夫だから。余計な心配をかけたくない。戻りたいんだよ。仲良し親子に」と圭太は言います。
菜七子は、瞳が由貴子とまた3人で暮らしたいと願っていることを知っているかと圭太に尋ねます。知らない様子の圭太。「結局、また言い合えてない。何が仲良し親子よ。このままでは全部無くすからね。瞳ちゃんも、普通の生活も」と菜七子は言い放ち出て行きました。
圭太は1人うなだれます。

伊達翼(松村北斗)を訪ねた瞳は、圭太から10年前の火事のことについて聞けたと伝えます。誰も亡くなっていないと聞き、安心したと話す瞳。
翼は圭太の話が本当かどうか、新聞記事等で確かめてみることを勧めますが、瞳は大丈夫だと答えるのでした。

瞳が帰宅。圭太は瞳に「お母さんのこと嫌いじゃなかったの?」と聞きます。瞳は由貴子に捨てられたと思っていたが、誘拐犯から本気で守ってくれたのがうれしかったと話します。
「また3人で暮らせたらってそんなことまで考えた。無理?」と瞳。圭太は黙り込みます。
一方、圭太は瞳に誘拐された時の様子を聞き始めます。「お母さんの代理だと言う人から電話があり、公園で待っていたらそこから記憶がない」と瞳は答えます。目を覚ましたら捕まっていたと。
圭太は瞳から犯人の顔の特徴を聞き、似顔絵を描きます。

圭太は永盛(高杉亘)の元へ行き、似顔絵を見せて由貴子と一緒にいる所を見かけたことはないかと尋ねます。永盛ははっきりと答えず、圭太はその場を追い出されます。
その後、馴染みがあった定食屋の店主の元へ。似顔絵を見た店主は、「二本松って男に似てる」と言い、二本松がこの町の出身で、その母親が夫を刺す事件を起こした際、駆け出しのころの由貴子が弁護をしたのだと話します。
由貴子は二本松と繋がりがあると圭太は知るのでした。

その頃、由貴子は圭太の留守を確認し、家に忍び込んでいました。パソコンを開いて矢吹のデーターを探ろうとしていると、白河純子(名取裕子)が訪ねてきました。
由貴子と鉢合わせした純子は「様子が変だったから寄ってみたらそういう事?あなたみたいな派手な生活をする人と圭太がやり直せるはずがない」と言い放ち、その場で圭太に電話を入れ、由貴子が家にいることを知らせます。
「由貴子を足止めしておいて欲しい」と圭太は純子に伝え家に急ぎます。

圭太が帰宅すると、一見和やかにお茶を飲む由貴子と純子が。瞳の進路について由貴子が相談にのっていて、鍵は瞳から預かっていたという話になっていました。圭太は純子を無理やり帰します。純子は由貴子の話したことを嘘だと疑っている様子。

パソコンが使用された形跡を見て、「データーを消しに来たんだろう?」と圭太は由貴子に迫ります。
由貴子は2度と帝東建設を脅迫しないという誓約書を出し、サインするよう圭太に言います。後で300万円を受け取れるようにしておくからと。脅迫は録音されており、サインしないと警察沙汰になると由貴子は伝えます。
圭太は「偽造建築のことを知ってて見過ごしてきたのか?データーを手に入れたかったのも隠蔽に手を貸すため?」と由貴子に聞きます。由貴子は矢吹を説得するはずだったが、味方の振りをして情報を会社に渡していたことに気づかれ、矢吹を死なせてしまったことを話します。「矢吹が飛び降りた現場から手帳は回収したが、次に切り捨てられるのは自分だと思った」と由貴子は言います。そして瞳が誘拐されたと。
しかし圭太は、由貴子こそが瞳から相談を持ち掛けられたことを利用して、二本松に瞳を誘拐させた本当の犯人だと指摘します。
「知らない方が良かった。ここからはあなたのような人が立ち入る権利はない。瞳に言える?私が誘拐犯だなんて」と由貴子は言います。
瞳が10年前の秘密を必死で知ろうとしているのに、何も分かっていない圭太を責める由貴子。だから利用してやろうと思ったと言います。
「矢吹が死んだのも計算外だったけれど、USBが見つからなかったのは完全な計算外。データーと手帳が揃わなければ有利な取引は出来ない。そこで圭太を思い出した。データーを探せる建築の知識があって、娘の1番の理解者だと思い込んでいるバカな親をね」と言い放つ由貴子。圭太は思わず由貴子に手を上げようとします。
「やめて、お母さんに何やってるの?」と瞳の声が。帰宅した瞳が立ち尽くしていました。
「何でもない、心配かけてごめんな」と謝る圭太。由貴子は「ごめんね。お父さんを怒らせちゃった」と瞳を抱きしめたあと出て行きます。
笑みを浮かべながら家を出る由貴子の姿を、純子から由貴子が家に来ていると聞いてやって来た菜七子が見ていました。
由貴子が誘拐犯だと圭太から聞いた菜七子。由貴子から手を引いた方がいいと助言するのでした。

圭太に不信感を抱いた瞳は、翼に過去の新聞記事を探してみようと思うとlineで相談します。すると、翼から電話が。何か気になって10年前の別荘地の火事の記事を調べてみたと言います。翼から送られてきた画像の記事を読む瞳。表情がみるみる変わっていきます。

翌朝、圭太に10年前の新聞記事の画像を見せる瞳。学校を休んで、圭太が嘘を言っていないか確かめて来ると言います。出て行く瞳を追いかける圭太。
圭太は業者から不正な金を受け取ったために、会社をクビになったことを瞳に話します。金を受け取ったのは家のローンや教育費のためだったせいもあるが、他にもお金が必要だったと。その記事にあるように、10年前の火事の延焼に巻き込まれて亡くなった1人の女性の子供に、匿名でずっとお金を送っていたと打ち明ける圭太。由貴子もこのことは知らないと言います。
「これで全部だ。瞳に隠してきたこと。瞳だけは失いたくない」と圭太は言います。
「本当に全部?昨日お母さんと何話してたの?なぜあんなに怒っていたの?」と瞳は聞きます。答えられない圭太。
「結局何か隠してるじゃん。もう顔も見たくない。私は人殺し。火事で知らない誰かを殺したのに罰も受けないで生きてきた。最低」と瞳。

瞳は家を出て行くことに。純子の家から学校に行くと言います。菜七子が送って行くことになりました。
圭太は菜七子に瞳を説得してほしいと頼みますが、「匿名でお金を送るくらいなら、10年前に名乗り出て罪を告白すれば良かった」と菜七子。「今更知らされる瞳の気持ちを考えると、かけてあげる言葉が見つからない」と菜七子は言うのでした。

「どちらが罪深いんだろう。頑なに秘密を守り切れる人間と、誠実でいたいがために明かしてしまう人間とでは。どちらの罪がより重いんだろう」と圭太は1人呟くのでした。

スポンサーリンク

『10の秘密』4話のネタバレ感想

50代女性

sun

仲間由紀恵さん扮する、由貴子の本当の姿に言葉を失いました。もはや母親ではなく、自分の利益のみを考える残酷な犯罪者ですね。由貴子が黒幕だと気づいた圭太ですが、母親を慕う瞳を思い由貴子と揉めていた本当の訳を言えませんでした。また瞳との距離が遠ざかってしまいましたね。
10年前の瞳が起こしてしまった火事の犠牲者がいないと嘘をついたのも、圭太が瞳を思ってのことでしたが、それも裏目に出てしまいました。仲良し親子に戻りたかったという圭太ですが、大人に近づいて来た瞳を認め、瞳を信じる努力を親としてしなければならない時が来ているのではないでしょうか。瞳を父親として守っていきたいという圭太の気持ちも分かりますが、真実を伝えてほしいと望んでいる瞳に対して、もう隠し事はするべきではないと感じます。由貴子のことも正直に伝えるべきなのでは。

火事で亡くなったという女性は、どうやら翼の母親であるようですね。翼は瞳と知り合ってから偶然にそのことに気づいたのか、以前から知っていたのか気になります。翼のことが更に明らかになっていくとは思いますが、何かを抱えた切ない表情の松村北斗さんの演技も素敵です。

毎回、少しずつ隠されていた秘密が明らかになっていくところにやはりはまってしまいますね。来週が待ちきれません。

さすがサスペンスの女王・名取裕子!仲間由紀恵の嘘を見抜く

4話では、由貴子の嘘をしらっと見抜いた圭太の母・白河純子(名取裕子)に注目が集まりましたね。

さすがサスペンスの女王・名取裕子さん!
普段は能天気そうな普通のおばちゃんですが、鋭いですね。

名取裕子さん演じる「白河純子 VS 由貴子」の構図の方が盛り上がるんじゃと思うほどに、4話での2人のシーンにワクワクしました。

圭太は石川菜七子(仲里依紗)に全てを打ち明けるでなく、母・純子をもっと頼ったらいいんのに…。圭太と純子の間には何か、まだ語られていない溝があるのかな?
今後も名取裕子さんの名推理(直観)が飛び出すのか、注目ですね。

『10の秘密』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『10の秘密』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――!

瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/story/05.html