ドラマル

『10の秘密』2話のネタバレ感想!向井理が不法侵入!靴を脱ぐ圭太になぜの声?

2020年1月21日に放送されたドラマ『10の秘密』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、圭太は瞳が誘拐された当日、ピアニストの翼と会う約束をしていたことを知る!
娘の瞳を救い出すため、翼を見つけ出した圭太だったが…。

関連記事

『10の秘密』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『10の秘密』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『10の秘密』2話のあらすじネタバレ

夫婦とは、いくつもの秘密を共有する最も小さな共同体である。

白河圭太(向井理)は、白河瞳(山田杏奈)を誘拐したのは何者なのかと、電話口の仙台由貴子(仲間由紀恵)に聞きます。仕事でトラブルに巻き込まれたと話す由貴子。10年前の秘密とも関係がある様子でした。
そこに車で、宇都宮竜二(渡部篤郎)が部下の磐城英明(高島豪志)と共に現れました。歩道橋に立つ由貴子に向かって「由貴子、話がある」と叫びます。逃げ出す由貴子。宇都宮と磐城は由貴子を追いかけます。
由貴子は路地に逃げ込みますが宇都宮に捕まります。そこへ圭太が追いつき、宇都宮を突き飛ばして由貴子を逃がしました。
「由貴子とトラブった相手ってあんた達か。俺の娘にまで手を出すなんて、瞳をどこにやった?」と圭太は叫びます。宇都宮は「何の話だ?勘違いも甚だしいな。私は彼女を救いたいんだ。何も知らない人間が余計なことをしないでくれ」と言い放ちます。
「じゃあ、いったい誰が?」と圭太は立ち尽くすのでした。

石川菜七子(仲里依紗)が働く幼稚園に、泉崎真衣(河村花)がやって来ました。瞳が居なくなった日、伊達翼(松村北斗)と瞳は会う約束をしていたので、翼と一緒にいるのではないかと真衣は言います。
瞳から口止めされていたので黙っていた真衣。こんなにも戻ってこない瞳が心配になり、菜七子に伝えに来たのでした。菜七子は直ぐにそのことを圭太に報告します。

圭太は抱えていた仕事を部下に引継ぎ、会社を出ました。圭太に検査日の優先を頼んでいた現場監督が、謝礼金を持って現れます。「今、部下に頼んできました」と言ってその謝礼金を受け取る圭太。そのお金を仕送りに充てます。

圭太は道で菜七子と会います。実家の蕎麦屋に圭太を誘う菜七子。蕎麦を食べながら、菜七子は以前、六本木で瞳と会ったことを話し始めます。六本木で酔っ払いに絡まれた空手黒帯の菜七子は、頭に来て酔っ払いを回し蹴り。逆に警察に呼ばれ困っていると、そこに何故か瞳が居て、悪いのは酔っ払いだと証言をして菜七子を助けてくれたとのこと。今思えば、あの時瞳は翼と会っていたのではないかと菜七子は話します。
そこへ圭太の母・白河純子(名取裕子)が偶然店に入って来ました。間が悪く、圭太は食べかけの蕎麦を残し店を出て行くのでした。

帝東建設では、社員の自殺について、社長の長沼豊(佐野史郎)の記者会見が行われていました。

一方圭太は、六本木でライブハウス、ジャスバーを周り翼を捜していました。瞳と翼の写真を見せると、1人の女性従業員が瞳のことを覚えていると。18歳と伝え、バイトの募集をしていないかと聞かれたと言います。しかも、2人の後ろに写りこんでいたジャズバーのオーナーも知っているとのこと。教えてもらった店に圭太は急いで向かいます。

店に入るとピアノを弾く翼が。圭太はじっと見つめます。翼が外に出てきたところで、圭太が声をかけると突然逃げ出す翼。圭太は走って追いかけます。マンション前で翼を捕まえ、瞳の居場所を迫る圭太。警察を呼ぶと叫ぶ圭太に驚いた翼は、圭太を部屋に入れます。
そして瞳とは会う約束はしたが、約束の時間に現れず連絡もつかないと説明。外であんな風に待ち伏せされていたので驚いて逃げただけだと圭太に話します。強引な圭太の行動を見た翼は、瞳が嫌がるはずだと呆れるのでした。
瞳は、塾もバイオリンも、父親の期待に応えるために頑張っている振りをしていたと翼に話していたとのこと。シングルファーザーの大変さを思い、自分達を見捨てた母親を見返すために最高の親子でいなくてはならない。それが父親の望みだからと瞳は言っていたと翼は話します。
約束に日、瞳からバイオリンを預かることになっていた翼。現れなかった瞳は結局父親の期待通りに生きる道を選んだのだと思い、連絡もしなかったと。
圭太は「娘のことは何でも知っていると言うこと自体、何も知らないってことだ」という翼の言葉にショックを受けるのでした。

翼のマンションを出た圭太は、1人の男とすれ違います。振り返り圭太を見る男のもとに電話が。男は、重要な取引の材料である瞳の無事を伝えていました。電話を切り、男は翼の部屋を見上げます。

帝東建設では、長沼が「逃げられた?万が一、例のことが表に出たら君の立場も悪くなる」と宇都宮に話していました。「すでに、手は打ってあります」と答える宇都宮。

圭太は、瞳を誘拐したのは翼ではなかったと菜七子に報告します。犯人は宇都宮だと確信をもつ圭太。
「瞳は俺の期待が重くて仕方がなかったんだって。俺は小さいころから、瞳はバイオリンが好きで好きで弾いていると思っていた。俺が1番アイツのことを分かっていると思っていたのに」と落ち込みます。
「そんなもんじゃない?成長してるってこと。保育園でも思う。子供たちは秘密を1つ持つ毎に大人に近づいていくって」と菜七子は圭太を励まします。
「バイオリンなんてどうでもいい。ただ元気で生きていてくれるだけで十分幸せだって、瞳に伝えたい。瞳の本当の気持ちを知りたいのに、何故今ここに瞳がいないんだ。どうやったら瞳を取り戻せるんだ」と嘆く圭太。そこへ由貴子から電話が入ります。
「連中と交渉した。瞳は元気でいると思う。瞳は彼らにとって大事な取引の材料だから。探して欲しいデーターがある。連中は私がそのデーターを持っていると勘違いしていて、そのデーターと瞳を交換すると言っている」と由貴子は言います。
重要なデーターが入ったUSBをもったまま自殺した矢吹(中林大樹)と、直前まで一緒にいた由貴子。連中は由貴子がデーターを持っていると勘違いしているとのこと。USBは現場検証でも発見されなかったため、矢吹の家のパソコンにある元データーを圭太に探して欲しいと由貴子は言います。
帝東建設が品川に建設中の大規模マンションの図面と、矢吹の撮った写真を突き合わせると大きな欠陥が分かるとのこと。その情報で帝東建設が世間に隠している大きなミスを、矢吹は世間に暴露しようとしていたのだと由貴子。連中は、矢吹に代わって由貴子が暴露することを恐れているとのこと。由貴子には建築の知識がないため、ミスの証拠のデーターの見分けがつかないので圭太に頼みたいとのことでした。
「瞳を救えるのは、あなたしかいない」と由貴子は言います。圭太は矢吹のマンションに向かいました。

圭太から話を聞いた菜七子も同行します。由貴子から聞いた場所から合鍵を取り出し、部屋に入る圭太。菜七子は廊下で見張ります。
圭太はパソコンを立ち上げパスワードを探ります。その間に宇都宮と磐城が玄関までやって来ました。親族から借りた合鍵を持っています。時間稼ぎのため、矢吹の知り合いの振りをして菜七子は宇都宮に話しかけます。その間に圭太はパスワードを開くことに成功。由貴子が言っていたデーターを探し出します。
菜七子は友人からのメールを見る振りをして、圭太に「人が来た、逃げて」とメール。
証拠データーをコピーしようとした圭太は、菜七子からのメールに気づきます。
菜七子の不自然な態度に不信感を持った宇都宮は、磐城に部屋に入るよう指示。「あなたは一体何者?」と菜七子に聞きます。
部屋に入った磐城は、矢吹のパソコンが立ち上げられていたことに気づき宇都宮を呼びます。既に圭太はベランダから逃げていました。ベランダを確認し、廊下にいた菜七子を連れて来るよう磐城に指示する宇都宮。そのころ菜七子はタクシーに圭太を乗せ逃げていました。
玄関に残された靴を見て「矢吹のパソコンで何を探していたんだ?」と呟く宇都宮。
危機一髪でデーターをコピーした圭太は由貴子に電話を入れます。「すぐに連中に伝える。ありがとう。すぐにまた電話します」と由貴子。ほっとする圭太。しかしこの時、圭太は由貴子の本当の秘密に気づいていなかったのでした。

スポンサーリンク

『10の秘密』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

瞳を助け出すために、2話でも必死に動いていた圭太に心打たれました。
2話で明らかになったことは、まず瞳は翼と一緒ではなかったこと。誘拐に翼が全く絡んでいないとは言い切れませんが、事件当日、瞳が翼と会う約束をしていたが現れなかったというのはどうやら真実らしいかと。瞳は翼にいろいろ相談していたようですね。瞳のことを1番理解していると信じていた圭太にとって、翼から聞かされた瞳の本当の思いは、親離れしていく子供の成長なのは確かなのですが、特にシングルファーザーの圭太にとっては少し残酷で可哀そうになってしまいました。
翼役の松村北斗さんの、ミステリアスな雰囲気も光っていましたね。

まっすぐで真面目な圭太も、検査日を融通して裏金を受け取ってしまった訳ですが、そのお金をどこかに送金していました。10年前の秘密と何か関係があるのでしょうか。

帝東建設の不正を暴くデーターが瞳の誘拐に絡んでいるようですが、黒幕は誰なのか。宇都宮と長沼は確かに絡んでいるとは思うのですが、どうしても由貴子がもっと深くかかわっているような気がしてなりません。
理解者である菜七子も、何か隠していることがあるような。登場するすべての人が、まだまだ怪しい感じがして気が抜けません。やはりこのドラマにはまってしまったようです。

向井理が不法侵入!靴を脱ぐ圭太になぜの声?

矢吹宅に不法侵入して、「失礼します」と言いながら悠長に靴を脱ぐ白河圭太(向井理)に"なぜ"という声が殺到しましたね。

靴の件は警察が自宅を調べたりする可能性もあり、足跡を残さないように考えていたとも考えられますが…
データはUSBにすぐに移して、後でじっくり検分すればいいような気がしますよね。

娘のために犯罪を重ねる向井理さん演じる白河圭太。
娘・瞳(山田杏奈)の気持ちを全く理解していませんでしたが、愛情は瞳に届いているようで良かった。
どんな秘密があるのかと思っていましたが、瞳ちゃん父親思いのすごくいい子でしたね。

さて、手に入れたUSB(証拠)ですが、どうも仙台由貴子(仲間由紀恵)には、娘を救うためというだけじゃない理由がありそう。
一体、由貴子にはどんな秘密があるのか?
10年前の火事に一体どんな秘密があり、伊達翼(松村北斗)がどう関係してくるのか楽しみですね。

『10の秘密』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『10の秘密』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すため、圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。誘拐犯との危険な取引を前に、圭太は由貴子の身を案じるが、由貴子はそんな元夫の心配をよそに、不正データが入ったUSBを手に、瞳を誘拐した二本松(遠藤雄弥)と対峙する――。

圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳の帰りを待ちわびるなか、そもそも、娘が誘拐された原因は、10年前に起きたある事件にあるのでは、という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、由貴子とともにこれまでひた隠しにしてきた、10年前の秘密について語り始める。さらに、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた翼は、まるで何かを知っているかのように、圭太に執拗(しつよう)に探りを入れて……。

そんななか、仕事に復帰した圭太は、決して公にされたくない秘密を会社に知られてしまい、取り返しのつかない事態に。八方塞(ふさ)がりとなり、追い詰められた圭太は、矢吹が残した秘密を武器に、疑惑の誘拐犯へ逆襲に打って出る――!

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/story/03.html