ドラマル

『10の秘密』1話のネタバレ感想!原作なしで謎多く面白い!松村北斗は只のピアニストじゃない?

2020年1月14日に放送されたドラマ『10の秘密』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、圭太の娘・瞳が何者かに誘拐され、圭太は元妻・仙台由貴子を探すことに!
そんな中、瞳が自分ではなく音大生の伊達翼(松村北斗)を信頼していると圭太は知り…。

関連記事

『10の秘密』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『10の秘密』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「カンテレドーガ」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『10の秘密』1話のあらすじネタバレ

秘密を持ちすぎた人間は、いつか秘密に殺される…
仙台由貴子(仲間由紀恵)は、屋上から飛び降りようとしている矢吹(中林大樹)に声をかけます。振り返った矢吹に手を差し出し、止めようとする由貴子。しかし、矢吹は後ろ向きのままビルの下へ…。

建築確認検査員の白河圭太(向井理)は、14歳の娘・白河瞳(山田杏奈)と2人暮らし。塾から帰る瞳のために、今日も節約レシピだが、栄養たっぷりの手料理を作っていました。
瞳が帰宅。喜んで食事を済ませた後、瞳は受けたいバイオリンのレッスンがあると圭太に相談します。料金が少し高額とのこと。圭太は、お金のことは考えなくていいと、日々節約しながら瞳の夢を応援していました。
「もっと上を目指したいの」と言い残し、元妻の由貴子が幼い瞳を置いて出て行ってから、圭太はずっと1人で瞳を育ててきました。その由貴子は、相変わらず派手な生活の写真をSNSに載せていました。

そんな中、仕事中の圭太の元に突然非通知の電話が。
「娘を預かった。3日以内に娘の母親の仙台由貴子を捜せ。警察に知らせたら娘を殺す」と男の声。瞳の声も聞こえていました。圭太は慌てて瞳の携帯にメッセージを入れますが既読になりません。由貴子にも電話を入れますが、その電話番号は現在使われていないというアナウンスが流れます。

圭太は由貴子の勤務する法律事務所を訪ねますが、先週突然電話1本で退職したと聞かされます。引継ぎも何もせず消えてしまい連絡もとれないため、クライアントへの対応に追われているとのこと。由貴子直筆の退職届も送られてきたため事件性は考えられないと聞き、圭太は首をひねります。瞳へ送ったメッセージにも未だに既読は付かず。
圭太は瞳の学校に電話を入れて、そこで初めて瞳が登校していないことを知ります。風邪で休むと男性の声で連絡があったとのこと。しかも、最近休みが増えていると担任から聞かされ動揺する圭太。瞳の友人の泉崎真衣(河村花)からは、2ヵ月位まえから瞳は部活にも来なくなり、塾もとっくに辞めていると聞きます。状況がつかめず信じられない様子の圭太。

圭太は幼馴染の石川菜七子(仲里依紗)の実家の蕎麦屋に瞳が来ていないか訪ねますが、来ていないとのこと。そこへ菜七子が帰宅。圭太の様子を見て「何かあった?」と尋ねます。菜七子に事情を打ち明ける圭太。何が起きているのか分からず、警察に相談するしかないと圭太は警察へ。菜七子も付き添います。
誘拐事件として捜査を始めることになった矢先、瞳から電話が。「お父さん、ごめん。さっきのは嘘。しばらく帰りたくない」と瞳。その電話を受け、警察からは家出人として届け出を出すように言われます。

警察から出る圭太と菜七子を、1人の男が車から見ていました。

帰宅後、瞳の部屋に入る圭太と菜七子。瞳のパッドを見ようとしますが、パスワードが分かりません。由貴子の誕生日ではないかと菜七子に言われ、入力するとパッドは開きました。瞳は由貴子のことを嫌っていたはずなのにと、圭太はショックを受けます。
パッドの中には、「誰にも本音を言えない。特に父親には」「母親に相談したいが無理。むこうはセレブだから」などと、圭太の知らない瞳の言葉が綴られていました。
菜七子はピアノを弾く男の写真を見つけます。写真の日付から、ここ2か月の間に知り合ったのではないかと菜七子は推測。瞳の貯金も全額下ろされていました。

そこへ瞳の携帯から再び電話が。「警察に行くなと言ったはずだ。今一緒に居る女にも言っておけ」と男の声。監視されていたと気づいた圭太と菜七子が急いで外に出ると、瞳の携帯とバイオリンケースが置かれていました。圭太は、犯人の要求通り由貴子を捜し出し、瞳を絶対に助け出すと心に決めるのでした。

圭太は仕事の休みを取り、由貴子のマンションを訪れますが、部屋への入室を断られます。そこへ帝東建設の宇都宮竜二(渡部篤郎)が話しかけてきました。先日、由貴子の会社で圭太のことを見かけたとのこと。宇都宮は由貴子と付き合っていて、由貴子は帝東建設の顧問弁護士だったということでした。
突然消えた由貴子を心配し、宇都宮も時々様子を見に来ていたのでした。宇都宮に由貴子の部屋に入れてもらう圭太。由貴子の荷物は残ったままでした。「探さないで」と一言だけのメッセージで由貴子は部屋を残したまま突然消えたと宇都宮は言います。
「付き合っていたんでしょ?これっきりって」と圭太。
由貴子はSNSではパーティーなどの写真をアップし派手な生活を装っていたが、実際はシャンパンを一口飲むだけですぐに帰り、上に行きたいと言う気持ちを持って仕事を頑張っていたと宇都宮は話します。由貴子宛の郵便物は督促状だらけ。投資を失敗し、かなりの損失を出していたらしいということも宇都宮から聞き、驚く圭太。少し前に誰かからの電話で、10年前の秘密のことで脅されていたみたいだと宇都宮は言います。
圭太は思い当たることがある様子でしたが、宇都宮には告げずに連絡先だけ交換して別れました。

帰りながら、「脅されてたのか、あのことで」と呟く圭太。

圭太は由貴子の実家があったアパートを訪れますが、今は誰も住んでいない様子。以前、由貴子と一緒に挨拶に訪れた店を訪ねます。店主から、由貴子の母親は先ほどのアパートで孤独死をしたこと。その時も由貴子は1度も顔を出さなかったことを聞きます。そして先月、由貴子を見かけたと。昔から高利で金を貸している悪い奴らと一緒だったと店主は心配します。

圭太はその高利貸しの永盛(高杉亘)に会いに行きます。無理やり追い返されそうになる圭太。元夫だと伝え、「利息だけでも払います。娘が危ないんです」と訴えます。永盛は「やばいぞ、あの女。この俺に1000万円貸してなんて言うぐらいだから」と話します。結局50万を貸したと言います。タワマンの権利は取られていて、高級車はレンタル。何もかも嘘のセレブ生活で担保にするものなんて何もないと永盛は圭太に伝えたのでした。

利息分を払ってしまった圭太のもとへ、取引先の現場監督から電話が入ります。謝礼金を用意したので検査の日にちを来週に都合付けてくれないかと言います。以前は断った圭太でしたが、金欠になってしまったため「謝礼金て、どれくらい…」と答えてしまうのでした。

再び非通知の電話が鳴ります。「見つかったか」と男の声。「瞳は無事なのか?声を聞かせて欲しい」と圭太が訴えると、瞳の声が。男は「残り1日で必ず捜せ。警察に言ったら娘を殺す」と言い放ちます。

圭太が帰宅すると、真衣を連れて菜七子が待っていました。真衣は瞳のパッドにあったピアノを弾く男が居る店には行ったことがないが、翼さんにならいろいろ相談できると瞳が言っていたと話します。翼とは恐らくその男のこと。そして、瞳は圭太が大事な秘密を自分に隠していると言っていたこと。その秘密を知りたくて由貴子に連絡を取っていたらしいということも明らかになります。
真衣が帰った後、菜七子は翼という男の写真をもっといろいろ調べてみると圭太に伝えます。そして「秘密って何?1人で抱えるのきついでしょ。私、聞くよ?」と圭太に呼びかけます。
圭太はかつての由貴子と交わした言葉を思い出していました。
「誰だって秘密の1つや2つ持っている。大事なのは隠し通せるかどうか。この秘密、墓場まで持って行ける?その覚悟ある?」

圭太は菜七子に「ないよ。秘密なんて。瞳は何か勘違いしている。ありがとう。菜々子がいてくれて心強い」と伝えました。菜々子は気になりながらも帰ります。

その頃、瞳は部屋に監禁されていました。覆面をした男が瞳に食事を出します。
「食え。言う通りにしていれば家に帰してやる。でも万が一逃げたりしたら、お前の母親は殺される。お前の父親も」

帝東建設に宇都宮が出社すると、会長の長沼豊(佐野史郎)に呼び出されました。
「進展は?」と長沼。「まだです。昨夜元夫と接触したのですが、思っていたより凡庸な男でした」と宇都宮は答えます。「君に任すよ。困ったね。仙台由貴子は危険だ。あまりにも多くのことを知りすぎた」と長沼は呟きました。

宇都宮の所へ部下が、死んだ矢吹のマンションの監視カメラ画像に由貴子が映っていたと画像を提示します。
その頃、瞳を誘拐した男の所に電話が入っていました。手荒なことはしていないことと、計画通りに実行すると男は答えていました。

3日目の朝。犯人の男から再び電話。「タイムリミットは残り1日」と。
圭太は由貴子のSNSの写真から、パーティーで一緒に写真に写っていた男を一人一人尋ねますが、由貴子の居場所を知るものはいません。
そこにまた非通知の電話が。「久しぶり。何故あなたが私を捜してるの?」由貴子からでした。圭太は「瞳が誘拐された。今日中にお前を見つけないと瞳を殺すって」と伝えます。それを聞いた由貴子は「私が行く。犯人の目星はたっている。私さえ行けば」と答えます。
圭太はかつて、由貴子と瞳と3人で幸せだったころのことを思い出していました。
「由貴子はどうなる?大丈夫なのか?逃げているんじゃないのか?」と心配する圭太。「あなたには関係ない。ほっといて」と由貴子。「瞳は絶対救い出す。お前に何が起きているのか話してくれ」と圭太は叫びます。
ふと見上げると前方の歩道橋に由貴子の姿が。
秘密のない人間は居ない。元妻にも、娘にも、もちろん俺にも…と圭太は考えるのでした。

スポンサーリンク

『10の秘密』1話のネタバレ感想

50代女性

sun

娘と暮らす、あまりにも爽やかな向井理さん演じる白河圭太に見惚れていたら、突然誘拐事件が発生し、更に分かり合えていたと思っていた娘の知られざる姿が次々と…という驚く展開。スピード間に引き込まれました。
誘拐犯と瞳がグルなのでは?と思いながら見ていましたが、どうやら違う様子。やはり犯人の要求通り、母親の仙台由貴子を捜し出すことが目的で瞳は誘拐されたようですが、一見セレブだと思っていた由貴子は実は借金まみれだったり、由貴子と付き合っていたと言う宇都宮も何だか怪しい。渡部篤郎さん、佐野史郎さんの雰囲気もサイコーですね。登場人物全てが、何か秘密を抱えていることは確かなようで。まだまだ情報が少なく、はっきりとしたものが見えないだけに、非常に来週の展開が気になってしまいます。これがはまったということでしょうか。

「10の秘密」という題名から10の秘密が暴かれていくと想像しますが、圭太と由貴子が抱えている10年前の秘密も関係するのでしょうか。所々で出てくる火事の映像も気になりますね。
いろいろな付箋が与えられた1話でした。少しずついろいろなものが繋がっていくとは思いますが、来週が早くも待ち遠しいです。松村北斗さん演じる翼の存在も気になります。
魅力的な役者ぞろいの期待できるドラマです。

原作なしで謎多く面白い!松村北斗は只のピアニストじゃない?

原作がないサスペンスだから、続きが気になり過ぎますね。

とりあえず1話は、もう謎だらけ、登場人物全員が何かしらの秘密を抱えていそうでワクワクしました。

中でも、誘拐された瞳(山田杏奈)が信頼を寄せる伊達翼(松村北斗)の存在が一番謎。
絶対に単なるピアノを弾く好青年ってだけじゃないですよね。

予想するに、松村北斗さん演じる伊達翼は、10年前に白川圭太(向井理)と仙台由貴子(仲間由紀恵)が起こした事件(火事)に深い関係がある人物だと思います。

事件(火事)で翼の家族や大事な人が亡くなった。
そのため、恨みを晴らすために瞳に近づいたんではないでしょうか?
オープニングの意味深な眼差し、割れる画面が、翼の強い恨みや憎しみを象徴しているような気がします。

公式でも「翼のある秘密が物語を大きく動かすことに」と記載があるので、翼が物語の重要な鍵(10年前の圭太・由貴子夫婦の秘密?)を握っていることは間違いなさそうですね。

『10の秘密』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『10の秘密』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

娘の瞳(山田杏奈)を誘拐されたことがきっかけで、元妻・由貴子(仲間由紀恵)のセレブ生活がすべて偽物で、多額の借金まで抱えていることを知った圭太(向井理)。ようやく連絡が取れた由貴子は、瞳が誘拐されたと聞いて一瞬動揺するが、犯人の見当はついている様子で、自分に任せてほしいと圭太を諭す。しかし圭太は、由貴子が仕事上のトラブルでは片づけられない、ただならぬ事態に巻き込まれていることを察知。「10年前の、あの秘密と関係があるのか?」と、圭太と由貴子がこれまで胸の内にしまっていた過去こそが、事件の発端なのではないかと問いただす。しかし次の瞬間、同じく由貴子を探していた竜二(渡部篤郎)が現れ、由貴子は動揺し逃げ出してしまう――。

そんななか、以前に瞳が夜の繁華街にいたことを知った圭太は、自分の知らない娘の顔をまた一つ知り、救出を急ぐ。一方、菜七子(仲里依紗)からは、瞳が誘拐された当日に、ピアニストの翼(松村北斗)と会う約束をしていたことを聞かされる。瞳の誘拐に翼が関係しているとにらんだ圭太は、翼を見つけ出すため、菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始。すると早速、ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが、圭太に声をかけられた翼は、突然走って逃げ出して……。

タイムリミットが迫るなか、圭太は娘を救い出すため、危険な行動に出る――!

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/story/02.html